タグ別アーカイブ: 豊栄

Keiwa Open College (a series of lectures for citizens) in Sanjo City, Niigata

新潟市北区の市民講座でソーシャルメディアについてお話ししてきた

昨晩、新潟市北区の豊栄地区公民館で開催された、敬和学園大学のオープンカレッジでお話をさせていただいた。

Keiwa Open College (a series of lectures for citizens) in Sanjo City, Niigata

昨日は写真を撮り忘れた。上は三条で2008年にお話させていただいた時のもの。

オープン・カレッジ 「「絆」~見えるつながり・見えないつながり~」(新潟市北区会場)のご案内 – 敬和学園大学

今回は4回シリーズの1回分の担当。「ネット」や「ソーシャルメディア」が統一テーマであるわけではないので、受講生の皆様も、「ネット初心者」でもなく、ひょっとすると、「ネットに関心のない人たち」も含まれていたように思う。実際中高年の方も多く、「最近スマートフォンに機種変更された方いらっしゃいますか?」と聞いたところ、全く手が上がらなかった。

最近のネット、ソーシャルメディア、スマートフォンなどの事情についてお話しし、その上で、それが震災などの非常時にどのように活かされたか、課題はなかったか、について私なりの見解を述べさせていただいた。

普段はネットを使っている人、あるいは、TwitterやFacebookを始めたい人、を相手にお話をすることが多いので、なかなかハードルは高かったが、自分なりにお役目は果たせたのではないかと思う。中高年にソーシャルメディアについて理解していただくのは、骨の折れる作業ではあるが、社会的にも大事な仕事だと考えている。機会をいただければ率先して出かけて参りますので、お声掛け下さい。

( )

新潟市近郊の「直売所」

昨日郵便受けに入っていた、週刊のフリーペーパー「新潟情報」に、「グルメな直売所」という特集があり、参考になった。載っていたのは以下の三店舗で、新発田から自宅までの範囲にあるので、それぞれ一度は行ってみようと思う。

続きを読む

インドカレー「ナイル」豊栄店


200611 013
Originally uploaded by shinyai.

コメントで情報をいただいていた、インド料理のナイル、豊栄店に行ってきた。
新潟東港のほどちかく、稚内チックな雰囲気漂うエリアに、違和感たっぷりなピンクのプレハブレストランが立っていて、それがインドパキスタン料理のナイルであった。

この辺鄙な場所にあって、人気なのもよくわかる。おいしい。ナンの味は八丁堀のナワブのほうがやはりいいと思うが、これはこれで問題なく、あとはガーリックナンとか他の種類もあればなおよい。

ディナーメニューはチェックしてこなかったので、あとは夜の部で、タンドリーチキンやティカの味をチェックしなくては。

ランチタイムは、ナンもライスも、そしてロティもおかわり自由。
といって、ナンのおかわりは普通難しい(量が多い)が、あえて今日はナン1枚にロティ1枚。

200611 010

実はこのお店、11月1日に新発田店をオープン、敬和でのランチにも利用可能だ。

新潟市 『インド料理ナイル』のカレー

どうして新潟のタウン情報は、そろいもそろって古めかしい仕様なんだろう。WEB2.0という言葉は、関越トンネルで迷子になっているような気がする。

さて、インドカレーの件で、耳寄りなコメントをいただいた。新潟のタウン誌「Komachi」の紹介ページが例によってしょぼいので、ブロガーのページをリンク。

『インド料理ナイルのカレー』.

なんと新潟から新発田へ行く途中、豊栄(とよさか)というところに!
これは通勤途中に寄れるぞ。情報どうもありがとうございました。

ちなみに、marsさんに教わった店「ナタラジャ」には行ってきた。ちょっと値段が高めだったこと、うちが新潟のインドカレーの元祖だ!というプライド、チキンティカのつくりおきっぽい感じ、がちょっと気になったのだが、総じて再現性は高く、また行きたい感じだ。