タグ別アーカイブ: 衆院選

ネット選挙運動関連で取材協力などまとめ

11月に衆議院が解散、それからあっという間に選挙が始まり、14日に結果が出た。今回は「ネット選挙運動」が解禁されて初めての衆院選ということだったが、昨年の参院選同様、盛り上がりは今ひとつ。選ぶ方もネット選挙運動なるものに何ら期待していないし、建設的な使い方をするつもりがなく、選ばれる方もまた、ネットユーザにうまくリーチする手法がわからず、また余計なことを言って炎上させるぐらいなら、寝た子を起こさないほうがよいという思惑もある。

とはいえ、まじめに「対話」をしている人を評価したいと思い、新潟日報モアでは、「新潟ソーシャルメディア選挙」というサブタイトルをつけて、候補者の情報発信について、いろいろ論評する活動をしてみた。どれぐらい話題になったのかはよくわからないが、新潟2区の鷲尾さんのところからは、終盤で連絡をいただいたので、一応関係者には見てもらえたのかもしれない。

カテゴリ:選挙|ソーシャル編集委員 一戸信哉「新潟ソーシャル時評」|モアブログ|新潟日報モア

新潟日報の紙版の取材も受けた。11/30の朝刊に、ネット選挙特集でコメントが掲載された。

ネット選挙 県内陣営歓迎、戸惑い|政治・行政|新潟県内のニュース|新潟日報モア

手法確立なお途上

 一戸信哉・敬和学園大人文学部准教授(新潟日報ソーシャル編集委員)の話

 衆院選では初めてインターネットを使った選挙運動が解禁となるが、まだ手法が確立されていない印象を受ける。前回の参院選では、共産党がネットをうまく使い、東京で無党派層を取り込んだ。各党が候補者をどれだけサポートできるかがテーマとなるだろう。

 公職選挙法では政治活動と選挙運動は区別されているが、実質的にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上では、連続している状態だ。以前からSNSを活用している人は、選挙に向けてスムーズに使いこなせているが、選挙のために始めた人は試行錯誤している。

その他、テレビでは新潟放送BSN(2014/11/28放映)、テレビ新潟TeNY(2014/12/11放映)のインタビューを受けた。BSNの番組では、3年ゼミにも取材にきていただき、学生たちと候補者のソーシャルメディア利用について見ていった上で、学生たちにもコメントをしてもらった。こちらの学生のコメントも、関係者には好評だったよう。

インフルエンサーの推薦は無党派層を動かせるか?:湯浅誠さんの推薦候補者名発表から

昨日湯浅誠さんが、Facebook上で、秋田の民主党候補である松浦大悟氏を応援しにいったというポストとともに。自ら推薦する候補者名を発表した。

Street Speech of Election of The Presidents of Democratic Party of Japan
Photo by Dick Johnson.

湯浅 誠

なお、私は参院選で、以下の方たちの推薦人(的なもの)になっています。
ご要請をいただき、かつ、国会で力を発揮してもらいたいと私が思う人たち。

(五十音順)
大河原雅子(東京)(無所属)
鴨ももよ(比例)(社民)
鈴木寛(東京)(民主)
田口まゆ(全国比例)(緑の党)
松浦大悟(秋田)(民主)

これに対しては多少批判的なコメントもついていたようで、その後非常に長いコメントで、自らが個人的に推薦する候補者を表明した理由を述べている(以下は一部抜粋)。

自民党圧勝確実と言われる中、私はそれが望ましいとは思わないので、1人区でも勝てる可能性のある候補がいるなら応援したい。
自分が動いても、しょせん数票とか10票とかにしかならないかもしれないし、1票にもならないかもしれないが、「競ってる」勝負なら、もしかしたら意味があるかもしれない。
「最善を求めつつ、最悪を回避する」ことが重要と思うから。
それが自殺対策や社会的包摂をやってきた松浦大悟なら、なおさら。

政治的中立とは、すべての候補者を平等に評価します、ということ。
政治総体に対して批判的立場を堅持とは、「どうせ誰がやったってダメだよ」とか言いながら棄権する(もしくは白票)ということ。
でもそれは、私がやらなくてもマスメディアがやっているし、多くの有権者がやっている。
私も、前回の衆院選までは、誰かの推薦人になることはすべてお断りしてきた。
でも前回から、個人単位で推薦人を受けることにした。
間近で見てきて、誰が、何を、どういう思いでやっているのかを多少なりとも知ってしまったのに、頼んできた相手に「あなたを他候補と平等にしか評価できません」とは言えなかったから。
そして、いま私は、誰かを応援することによって私が受けるリスクよりも、誰も応援しないことによるリスクのほうが高く、そこに一有権者としての責任を感じているから。

ご本人は、「自分が動いても、しょせん数票とか10票とかにしかならないかもしれないし、1票にもならないかもしれない」と謙遜しているが、都市ならばもっと大きな動きがあるのではないか。秋田での影響力は未知数だが。

公職選挙法の改正の中で、主に懸念されていたのは、「なりすまし」や「誹謗中傷」の横行であったと思うが、これまでのところ、目に見えて大きな影響は見えていない。また、所属する政党の財力によって、露出が左右されてることも懸念され、ネット広告についてはそれなりの規制がなされている。しかしネット選挙運動解禁で大きく変わるものの一つは、実は湯浅さんのような発言力のある個人、インフルエンサーの影響力なのではないか。湯浅さんの発言への反響を見ると、どうもそんな気がしてきた。

実はこの点、6/1の情報ネットワーク法学会特別講演会で、韓国中央選挙管理委員会選挙研修院教授高選圭さんから指摘があった。韓国でも、「Power Twitterian」と呼ばれる「インフルエンサー」の動きが注目され、候補者がこうした人々を訪問するといった動きが見られているという。

特別講演会「インターネット選挙運動解禁で選挙はどう変わる」

湯浅さんはおそらく「リベラル」を自認する人たちから比較的支持されているはずで、そのなかにも「無党派層」は多数いるはず。こうした人達が、たとえば秋田の選挙区で、どれぐらい動くのか。新潟で様子を見ている限りでは、地方の選挙区がこれで動いていくのは容易ではなさそうだが、たとえば秋田県でも秋田市その他の都市部では、一定程度、湯浅さんを知っているリベラル層は存在しているはずなので、この辺の票を掘り起こす効果があるかもしれない。

この講演会で、情報セキュリティ大学院大学の湯淺墾道先生が指摘していたのは、地方議会議員選挙のケース。地方議会議員選挙では、次点との得票数の差が1桁ということはよくあるそう。となると、インフルエンサーが誰を支持するかというのが、実は非常に大きな影響を持つ可能性もある。参院選は比較的選挙区も大きいので、一人の発言で結果が大きく左右されることはないのかもしれないが、湯浅さんの発言の反響を見ていると、そうとも言い切れないような気がしてきた。となると、地方議員の選挙だと、さらに振れ幅は大きくなるのかもしれない。

このほか厳密な意味では個人ではないのだが、楽天の三木谷浩史さんが、「新経連」という立場で、8人の候補の推薦を発表している。

三木谷浩史楽天会長や、北村晴男弁護士ら著名人も参院選の応援演説

衆院選:新潟小選挙区はすべて自民に

衆院選の結果が判明。圧倒的な自民の勝利となった。迷える有権者は、迷いつつ、タカ派の安倍さんに不安を感じつつも、当面の経済対策に期待して、自民党に流れたということか。小選挙区制の問題が現れたともいえるだろう。

民主党は大物議員が軒並み落選しているが、前回小選挙区全員が民主となった新潟県でも、今回は全員自民となり、完全に入れ替わった。世間では田中真紀子さんの落選が話題だ。中越地域を中心に、影響力の及んでいる企業もあるのだが、今後何が起こるのだろうか。

県内小選挙区、自民が全勝|政治・行政|新潟県内のニュース|新潟日報netpark

新潟市中心部の1区は若手の自民新人石崎とおる(石崎徹)さんに。かつて敬和で非常勤をされていた、現職西村ちなみ(西村智奈美)さんが落選した(私は面識ない)。

自分の知り合いでは、4区の金子めぐみ(金子恵美)さんが、現職の菊田真紀子さんを破って当選した(菊田さんは比例復活)。

Source: kenoh.com via Shinya on Pinterest

 

女性候補対決となった新潟4区は初出馬の金子恵美氏=自民・新=が菊田真紀子氏=民主・前=を突き放して初当選を果たす(2012.12.17)

金子さんは2010年の新潟ソーシャルメディアクラブ #1の際、当時新潟市議会議員の立場で、出席していただいた。その後Twitterを始めたいということになり、NSMCの企画で、「Twitter議員」を作る会を開催した(ただし、当時のアカウントはすでに使われておらず、選挙前に新しいアカウントに変わっていた)。

新潟市議の金子めぐみさん、twitterをはじめる | ICHINOHE Blog

今回の選挙では、結局公職選挙法は改正されなかった。候補者はソーシャルメディアの更新をやめたが、政党の広告は飛び交ったし、一般ユーザは匿名で、さまざまな「怪文書」的Tweetを飛ばした(実名で賢明な人は、誰かに肩入れする発言を差し控えた)。

2009年、2012年、いずれも選挙は大きく振れた。「脱原発」は争点化出来ず、「景気対策」の影に隠れた。有権者は、どこの党にもイマイチ賛成しきれないまま、当面の経済対策を手当してくれそうな自民党を(バラマキへの懸念を覚えつつ)えらび、散々期待を裏切った民主党を見限った。とはいうものの、投票率も下がっている。

ネットでの選挙運動を解禁することだけで、簡単に自体が改善するとは思えないが、これだけ問題が複雑化し、今までの「右肩上がり」が期待できない今、ひとりひとりの政治家へのアクセスが容易になり、それぞれの人となりも見えるというだけでも、政治への国民参加は促されるのではないか。永田町にいる間でも、有権者と胸襟を開いて対話する姿勢を見せる人なのかどうか、いろんなものが可視化されるようになるように思う。で、選挙カーでの運動、街頭演説を、もっと制限したらよいだろう。基本的に誰も求めてないのだから。

【衆院選新潟1区新潟3区候補者アンケート】MIAU「インターネットユーザーからの10の質問」、政論検索でも確認可能に

先日公開したインターネットユーザ協会(MiAU)のアンケート、「インターネットユーザーからの10の質問」の、新潟1区と新潟3区の結果を、政論検索というサイトでも公開した。

人物ごと、質問ごとに、それぞれの設問に対する大まかな態度を確認することができる。

MiAUのサイトに公開された選挙区ごとの回答一覧表も再掲。

続きを読む

e国政が公示前最後の更新?

Janjanの選挙情報サイト、「e国政」が公示前最後の更新を行っているようだ。すでに立候補予定者からの動画投稿は締め切りとなり、選挙区ごとの週刊誌による「下馬評」リストも、新しいものに更新になった(投稿された動画が、18日までにもう少しアップされる可能性はある)。

新潟県については、以下の通り。

リンク: 次期総選挙(第45回衆院選)e国政・新潟県 -ザ・選挙-.

動画を投稿している候補者

  • 民主・西村智奈美(新潟1区)
  • 民主・鷲尾英一郎(新潟2区)
  • 自民・稲葉大和(新潟3区)
  • 自民・米山隆一(新潟5区)

というわけで、新潟県の場合、各選挙区1人以下というお寒い投稿状況だ。

続きを読む

【衆院選新潟1区新潟3区候補者アンケート】インターネットを使った選挙期間中の選挙活動について

MiAUが作成して、一戸と敬和学園大学一戸ゼミが協力・実施し取りまとめた、「インターネットユーザーからの10の質問」に対する、第45回衆院選新潟1区及び3区立候補予定者の皆さんからの回答。

以下に公開されている回答を、質問ごとに並べ替えて公開している。。

続きを読む

浅尾慶一郎(@asao_keiichiro)さん、民主分裂で衆院選出馬へ

Twitter議員の一人で、BrightkiteやTumblrも使いこなしている浅尾慶一郎参院議員が、民主党を離党し、衆院選に立候補することにしたそうだ。

リンク: 神奈川4区、民主党が分裂選挙 参院浅尾氏が衆院選出馬へ – 47NEWS(よんななニュース).

民主党の「次の内閣」防衛相浅尾慶一郎参院議員(45)=神奈川選挙区=が、民主党を離党し、衆院選で神奈川4区から立候補する意向を支援者に伝えたことが23日、関係者の話で分かった。24日にも離党届を提出し記者会見する予定。
 

民主党は、同区で元神奈川県逗子市長長島一由氏の擁立を決めており、事実上の分裂選挙になる。

続きを読む

「Twitterの選挙活動への利用は、公職選挙法に違反する」と閣議決定

選挙でのTwitter利用について、民主党参議院議員藤末健三さん(@fujisue)の質問を受けて、政府は閣議決定を行った。

リンク: 選挙:衆院選 「つぶやき」は公選法違反 政府「トゥイッター」禁止 – 毎日jp(毎日新聞).

政府は21日の閣議で、インターネット上で短い文章を投稿・閲覧するサービス「Twitter(トゥイッター)」を選挙運動で利用することについて、「公職選挙法に違反する」との答弁書を決定した。民主党の藤末健三参院議員の質問主意書に答えた。


続きを読む

新潟県の衆院選立候補予定者のWEB活動を可視化する「poligata」

衆議院解散の見通しは、まだ波乱含みの部分もあるようだが、とりあえず8月18日までは候補者の皆さんもウェブを更新するものと考えておいて、FriendfeedとTwitterにPoligataというアカウントを作ってみた。

フォローや購読はご自由に。

新潟県の選挙区から立候補するであろう人たちが、ウェブ上でどんな言動をしているかを拾い集めようというものだ。

続きを読む