タグ別アーカイブ: 稚内

青森空港の除雪作業が素早すぎて話題に

後藤清安 (みほこ)さんが撮影した、青森空港の除雪作業の動画が、どうやら話題になっているようだ。

たしかにすばらしいチームプレーで、みるみるうちに除雪が進んでいくのだが、青森並みに雪が降る空港は北海道にもたくさんあるだろうし、他の地域の動画も見てみたいものだ。稚内空港の除雪風景も随分見たような気はするのだが、、、記憶に無い。

『 戦火に消えた我が樺太よ 』

『 戦火に消えた我が樺太よ 』 ー 忘れない心のふるさと ー』新潟展に行ってきた

週末、新潟県民会館で開催されていた全国樺太連盟の移動展『戦火に消えた我が樺太よ ー 忘れない心のふるさと ー』に行ってきた。

樺連ニュース : 樺太関係資料館 新潟移動展

『 戦火に消えた我が樺太よ 』

『 戦火に消えた我が樺太よ 』

稚内に6年住み、ユジノサハリンスクも一度訪問したことがある自分としては、正直北方領土よりも、樺太・サハリンの歴史やこれからに、より関心がある。「樺太」の領有権問題を蒸し返そうという人は、現在そう多くはないし、日本政府も積極的な主張をしているわけではない。正直遠く離れた新潟人の関心は、そんなに高くはないようで、来場者も多くはなかった。稚内では、樺太からの引き揚げの話を耳にすることもあり、対露感情が悪いのもやむをえないと感じる一方で、市役所にはサハリン課やユジノサハリンスク事務所があり、「日ロ友好最先端都市」をスローガンに、官民挙げてサハリンに活路を求めている状況もある。正直国境に近い稚内では、領土問題として「樺太」を扱おうという空気は、ほとんどなかったように思う。

さて、展示はサハリンを探検した間宮林蔵の頃の内容から、ウィルタ、ギリヤークなどの少数民族の様子、樺太の開発の歴史、人々の暮らしと続いて、ソ連侵攻の様子までを紹介していた。会場内には、全国樺太連盟の関係者の方がいらっしゃって、いろいろ説明して下さった。説明される方が、日ソ中立条約を破棄して攻め込んできたソ連の行為を非難するとともに、ふるさと樺太の返還に向けて世論を喚起したいということ、しかし日本政府やメディアもこの点にほとんど触れてくれないことなどをお話しされていた。国際法の問題としても、また現在の国際情勢に照らしても、「樺太の帰属問題」が政治課題として浮上してくる可能性は低いとは思う。が、1945年までの樺太の様子を見た後で、樺太で生まれたという高齢の説明員の方の、郷土を取り戻したいというお気持ちを伺うと、そんな野暮な現実論を話そうという気持ちにはならなかった。

撮影禁止ではなかったので、印象に残ったものを何枚か撮ってきた。こちらは漁船で引き上げてきた船が、浜頓別についたところ。

『 戦火に消えた我が樺太よ 』

ソ連の対日参戦後になって、樺太庁は本土への民間人の緊急疎開を決定したが、この輸送は終戦後の8月23日、ソ連によって禁止される。その後、引き揚げが始まる46年12月までの間に、漁船などで密航し、北海道を目指した人も多かったが、ソ連軍に見つかって沈没したものも多かったという。決死の覚悟で密航した人々のうち、なんとか浜頓別までたどり着いた人たちの写真ということになる。緊急疎開で小樽方面に移動していた船が、小平などの沖合で攻撃されて沈没した話は知っていたが、漁船で帰ってこようとした人たちがいたのは知らなかった。ちなみに攻撃を受けた緊急疎開の船のうち、一隻が一度稚内に立ち寄っていたことを、今回初めて知った。そこで船を降りた人たちは運良く助かったし、逆に稚内から乗り込んだ数名は、攻撃を受けることになったということになる。

「ソ連軍の大泊侵攻」というタイトル。たしかこの写真、ユジノサハリンスクの博物館(旧樺太庁博物館)にも展示されていたと思う。「敗走する日本人たち」というようなタイトルだったかと。

『 戦火に消えた我が樺太よ 』

旧樺太庁博物館を2005年に撮影したもの。この状態で、現在も残っている(はず)。
Japanese Styled Building in Russia

樺太での戦いは、8月9日以降に行われており、むしろ8月15日以降に、民間人の生活している地域への攻撃が行われ、多くの犠牲者を出している。樺太や千島では、8月15日以降も戦闘が行われたが、ここでの戦いで苦戦したソ連が、北海道侵攻をあきらめたという説もある。知れば知るほど、ソ連参戦の不条理と、その気配に気づけなかった日本の情報収集能力の限界を感じる。

2010年に復刻上映された、映画『樺太1945年夏 氷雪の門』の予告編。

1

敬和学園大学初の映像制作に関する授業「現代メディア論1」開講

8/6からの集中講義期間に、敬和学園大学初の映像制作に関する授業「現代メディア論1」が開講された。

1

この授業は、情報メディアプログラムのスタートにあわせて復活、映像制作を主として行う授業としてリニューアルスタートとなった。授業の担当は名古屋短期大学の高谷邦彦先生。一戸の前任校、稚内北星学園大学で、学生たちが作るNPO法人映像コミュニティムーブユーのスタートに関わった、「市民メディア」の専門家。稚内とはまた異なる、新発田という新しい環境で、映像を使った地域の発見と発信を、学生と行おうという考えに共鳴し、名古屋から出張してきての集中講義を引き受けて下さった。

敬和生の皆さんへ新規開講科目紹介1:映像作品を作ろう「現代メディア論」 | ICHINOHE Blog

当初は新発田をテーマにした映像制作を考えたが、今回は受講生も少なく、高谷先生自身が初めて新発田に来たということもあり、大学をテーマにした映像を制作することにした。3チームにわかれて、3つの作品ができあがった。

現代メディア論、絶賛編集中その3 #keiwa

講義は6日−9日の間に開催され、最終日に上映会を実施した。夏休みで、集中講義に参加している学生以外はあまり学内にいなかったのだが、それでも多くの教職員や学生が上映会に来てくれて、受講生たちの制作した作品を見てくれた。作品は学生たちの個性が溢れており、普段文字で書かれているレポートよりも、数倍の説得力があったように思う。撮影時に何をカメラに納めておくか、編集時にどこを注意すべきか、一つ一つのポイントは、横で聞いている自分にもとても勉強になった。映像制作という作業を通じて、学生たちのメディアリテラシーが高まっていくというのも、手に取るようにわかった。この授業を企画して、あらためて良かったと思う。

上映作品は近く、Youtubeで公開される。2月にも「現代メディア論2」が開講される。多くの学生の皆さんの参加を期待したい。

新潟で集中講義 – Life3.0 ~ 短大教員の雑想

講義期間中に、新潟大学の新潟デジタルメディア研究会が行われたので、高谷先生とお邪魔した。高谷先生の共著『市民メディア論』『市民メディア活動―現場からの報告』を読んでいる人がいて、ちょうど話と縁がつながった。これからも新潟で映像を軸にした学生交流などもすすめて行けたらと思う。

※共著書名は、『市民メディア論』ではなく、『市民メディア活動』のほうであった。お詫びして訂正します。

Free Train Station Girls Talking on Cell Phones Creative Commons

10年来の番号を捨てて携帯を解約 : ついにiPhoneに一本化

長らく使ってきた「090-28xx-xxxx」の番号を放棄、解約してきた。というわけで、iPhoneの新しい番号一本になりますので、よろしくお願いします。

Free Train Station Girls Talking on Cell Phones Creative Commons

By Pink Sherbet Photography.

この番号は稚内時代から10年近く使ってきた番号(J-Phone時代から使っている)なのだが、最近はほとんど出番もなくなり、持ち歩くこともなくなってしまった。しばらく放置していたら、SIMカードが認識されなくなり、差し込んでいたハードの調子も悪く、ショップに持って行ったらどちらにも不具合があると言われた。というわけで、がんばって復旧する気力が失せたので、思い切って解約ということになった。実際このところ全く持ち歩いていないので、大きな不都合はないが、古い番号しか知らない方には、番号をお知らせする手段がない。

Facebookのプロフィールには、友人限定で番号も掲載してある。そちらからご覧いただければ。

電話番号がわからなくとも、これだけFacebookが普及すれば、一定時期以降に出会った方々なら、メールかFacebook、いずれか十分連絡可能だし、Facebookでつながれば、連絡先も確認してもらえる。平時にはおそらくそれで、全く問題ない。もし問題があるとすれば、訃報の伝達などで、めったに活用されていない電話帳がフル稼働するときぐらいだろう。

1962年の稚内:駐留米軍関係者の思い出フィルムから

Youtubeにアップされた1962年頃の稚内の映像。かつてあった、駐留米軍関係者が撮影したもの。

建物は変わっているけれど、稚内の街並みを特徴づけているのはむしろ、湾を取り囲む細長い地形で、その景観はそのまま残っているんだなという印象。冬の吹雪の様子も変わらない。やたらとにぎやかなのは、北門神社祭だろうか。だとすれば、これも今も変わらず。

稚内に住んでいた頃、北洋漁業で賑わっていた時代の話を、いろいろな人から聞いたが、その頃の風景はこんな風だったということか。米軍関係者が切り取った、断片的な映像なので、「賑やかさ」は必ずしも伝わってこないというのが正直なところ。

[rakuten]hokusen:10002249[/rakuten]
[rakuten]marumasa-bussan:10001384[/rakuten]
[rakuten]gourmet-m:10002170[/rakuten]
[rakuten]auc-sidasuisan:10000025[/rakuten]

沿岸バスのiOSアプリ「萌えっ子ばすなび」、最寄りのバス停から観光名所までの遠さがすごい

北海道の道北地域を広くカバーするバス会社沿岸バスが、「萌えっ子フリーきっぷ」というのを出している件は、以前このブログでも紹介したのだが、iOSアプリが出ていることがわかったので、昨晩いじってみた。無料。

(追記:このアプリは、沿岸バスの公式アプリではなく、沿岸バスの協力のもと、Artisan Forceが制作している。)

App Store – 萌えっ子ばすなび

萌えキャラと北海道旅行 沿岸バスの萌えっ子がiOSアプリに – ねとらぼ

萌えっ子ばすなびは、沿岸バスの周遊きっぷ「萌えっ子フリーきっぷ」に描かれているキャラのファンアプリ。沿岸バス公式アプリではないが、沿岸バスから画像提供などの協力を得て開発された。

 

アプリでは、萌えっ子フリーきっぷで乗車できるバス路線沿線を含む北海道北部の観光スポット322カ所を紹介。バス停留所付近の観光スポットを検索したり、停留所から観光スポットまでの直線距離を確認できる。景観の良さ、キャンプ場、紅葉などの条件で検索もできる。

 

以前自分が住んでいた稚内市は、「宗谷バス」の営業区域なので、沿岸バスにはあまりご縁がなかった。が、これを見ると、稚内市でも郊外になると沿岸バスの営業エリアになっているところがあるし、アトピーによいとされる豊富温泉がある隣町の豊富町も、営業エリアであったことがわかる。

たぶんメインの機能は実用的な部分ではなく、歴代萌えキャラ紹介。キャラクターの名前はみな、沿岸バス営業区域の地名にちなんだ名前になっているようだ。

暑寒ななか。暑寒別岳は、増毛にある山。札幌まで車で移動するときによく見ていたが、登ったことはない。

増毛智恵理。増毛町のことだろうけど、「増毛」って苗字あるのかな?

個人的に面白かったのが観光ガイド。フリーキップの話題が出た時にも思ったのだが、道北の交通事情を知らない人が気軽にフリーキップで乗り降りして大丈夫か?ということ。バスは運行間隔は長いし、観光拠点の近くにバスが停まるとは限らない。

このアプリで、停留所から最寄りの観光拠点を表示してみると。

一番近い観光名所まで5キロとか10キロとか。その距離をみんな歩くのだろうか?という距離が出てきてしまう。

道北で暮らした経験からすると、地元民はバス+徒歩で観光しようとは思わないのだが、夏場にこの距離を歩いたら気持ちよさそう、というので、出かけていく人たちがいるのだろうか。雨に降られると夏場でもそれなりに寒い思いをすると思うので、萌えっ子巡礼で沿岸バスの旅に出かける方は、くれぐれも雨具などの準備を怠りなく。

過去記事:
沿岸バス 萌えっ子フリーきっぷ (・∀・) | ICHINOHE Blog

[rakuten]answer:10001213[/rakuten]

Radikker

radikoスタートが揺るがす地方メディアの未来:新潟、富山、大分

今日から新潟、富山、大分、宮崎などの県域局がradikoに参加、ネット経由で聞くことができるようになった。あわせて、ラジオNIKKEIと放送大学は、全国配信になる。ここ数日、このブログに検索でたどり着く人にも、radikoの話題を探している人が多かった。

Radikker

現段階では、「実用化試験配信」という位置づけ。どうもiPhone用公式アプリの調子が悪いようで、まだ公式アプリでは聞けないのだが、radikkerでは新潟各局につなるようになることを確認した。PCのほうもあまり安定しないが、先ほどつながることを確認できた。

FM新潟にいたっては、お昼からradikoスタート特番を組んでいた。

さて、こうして新潟でもradikoでの配信が始まった。一般的には「ネットでも聴けて便利」という話だろうが、もう少し掘り下げてみよう。

若者へのリーチ

学生と話していると、ラジオの話題はほとんど出ない。今でも、受験生の時にラジオを聞いていた学生は、それなりにいるとは思うのだが、下宿している学生で、家にラジオがない人は多いだろう。その点、PCさらにはスマホでもラジオが聴けるというのは、少なくとも潜在的なリスナーを拡大できたわけであるから、たとえばソーシャルメディアやリアルイベントとうまく連動させて、若年層のラジオへの認知、関心を高めていきたいという期待は出てくるだろう。

地方の場合、テレビではローカル番組が少ないので、その分ラジオが忠誠度の高いリスナーを得る可能性は高いとは思う。

音質の改善

県域局をエリア内で再送信するだけなのだが、いろいろ聞いてみると、音質が改善されるという意味で、radikoに期待する声はある。稚内では県域FMが受信できなかった(そもそもカバーされていなかった)のだが、たぶん現在はradikoで聴ける状態になっているはずだ。新潟県内でも山間部では聞こえにくい地域は結構あったようなので、恩恵はありそう。

さらに日本海側の場合、大陸側のロシアや朝鮮半島からの電波との混信があるときく。たしかにチューニング中に、これらの言語が聞こえてくることは多い。これもradikoによって改善が期待できそうだ。

コミュニティFMは存在感をどう示すのか

さて県域局の存在感が高まる一方、コミュニティFMはかすんでしまわないか。もちろん、県域局の所在地とは違う地域、新潟でいえば、長岡、上越、柏崎、十日町あたりでは、地域性を強めた番組で独自性を出していくことはできるだろうが、県庁所在地やその近郊の局は、苦戦を強いられるかもしれない。

コミュニティFMには、サイマルラジオという同種の取組があるが、まだ知名度が高いとはいえない。

他局からの番組は配信していないので、自社制作の番組が増えないと、開いてみるといつでも聴けるという状態にはならないので、なかなか知名度はあがらないだろう。

モバイルWi-fiだと他地域につながる問題が認識(されてどうなるか?)

モバイル回線では、受信地域をきちんと認識できない。したがって、本来なら新潟では新潟の局一覧が表示されるべきところ、東京や大阪につながってしまう。モバイルWi-fiが普及した現段階で、地方にサービスが拡大してくると、「あれ、こっちでつなぐと別の局が出てくる!」という現象に、多くのユーザが気付くだろう。

そこで「ちゃんと新潟の局が受信できるようにほしい」という声になるか、「なんで全部聞こえるようにならないの」という声になるか。これは県域局の力量次第ということになるか。

コンテンツでリスナーを囲い込めるか

新潟でいろんな方と話をしていると、30代以上の層では、県域ラジオ局のファンは多い。おそらくそれは、地域向けにカスタマイズされた番組を流しているという理由で、テレビよりも親しまれているからだろう。東京のラジオも同じように聴きたいという声は、そんなに多くはない。

現在のradikoは、県域放送というこれまでの放送の仕組みを、ネットの世界にも当てはめている。いわば制度的な「囲い込み」を維持している。しかし本当に大事なのは、コンテンツのレベルで、地域のリスナーを囲い込むことができるかどうかだろう。radikoがどのように運用されようと、ustream、ニコニコ動画、ネットラジオなどなど、若年層から見れば、ラジオも多様なチャンネルの一つにすぎない。地域に根差した番組を発信しているラジオは、その中でも若者に支持される可能性のあるメディアだとは思うが、これからその実力が問われることになるだろう。

 

HO!

モバHO!は地方在住者にも恩恵があった。NOTTVは?

今日から日本初のスマホ向け放送局「NOTTV」がスタートした。

日本初スマホ向け放送局 NOTTV

「こんな質の悪い番組をわざわざ金払って誰が見るのか」とか「スマホのバッテリー消耗が激しい」とか、あまり明るい話題は聞こえてこない。とはいうものの、このサービスは三大都市圏とその周辺、福岡、沖縄だけがエリアなので、新潟を含む「その他の地域」の皆さんには関係がない。そして関係なくて腹が立つわけでもない、というのが、多くの人々の正直な感想であろう(あるいはまったく知らないか)。

NOTTVに否定的なコメントを寄せる人の中に、「モバHO!と同じ運命」と書いている人がいた。

NOTTVにモバHO!の匂いを感じる人たち – Togetter

で、たまたま部屋を掃除していたら、モバHO!のチューナーが出てきた。

HO!

稚内に住んでいた頃、モバHO!は貴重な情報源であった。当時住んでいたアパートはスカパーのアンテナを立てられる状態にはなく、海外放送を見る手段は限られていた。モバHO!は、J-Waveなどいくつかのラジオも配信していた。今となってはそれほど貴重でもなかったが、始まった当初は、北海道のはずれに住んでいる人間には、ほかの代替手段がないメディアであった。東京から引っ越していった自分にとっては、民放FM局がコミュニティ局しかない稚内で、J-Waveも聞くことができるというのはとても貴重だった。

地方在住者にはそれなりの恩恵をもたらしたモバHO!だったが、それでも長くは続かず、すでにサービスを終了している。

モバHO! ついに撤退 – コデラノブログ 3

モバHO!、加入者伸びず2009年3月で放送終了

これに対してNOTTVは、街の中にも娯楽があふれている都市部でのサービスだ。ネットを含めてこれだけ選択肢があふれている今、NOTTVははたしてい順調に加入者を増やしていくことができるのだろうか。多くの人々が語るのと同じく、自分も正直懐疑的にならざるをえない。可能性があるとすれば、都市と情報ギャップのある地方だろう。たとえば、フジ系のチャンネルがない青森県とか、テレ東系のアニメは、まだ需要がありそうだ(残念ながら地上波キー局が積極的になるとは思えないが)が、それも今ではニッチな需要のような気もする。

Gmap

ファミコン版 Google マップの発表

もう1つGoogleから新製品のリリース。ファミコン用に8ビットで再構成したGoogleマップ。

Google Japan Blog: ファミコン版 Google マップ 8 ビットができました。

Google では、より多くの方々にサービスを提供するため、幅広いデバイスに向けて、Google マップを開発してきました。そして本日、世界で 6,000 万以上の販売台数を誇るファミリーコンピューターで利用できる 「Google マップ 8 ビット」を発表します。ファミコンの歴史上では 18 年ぶり、1,054 本目のソフトとなります。

デモ動画が出ている。カセット版なので、デリケートな部分がある。

体験版をGoogleマップで試すことができた。いつも通りGoogleマップを使い、右上に出てくる「冒険」のボタンを押すと、地図が切り替わる。いくつかなじみの場所をたずねてみた。

新潟。三条が出てきてないような気がする。

Gmap

青森。

Aomori

稚内。南下しても、名寄まで地名が出てこなかった。

Wakkanai

左下の「ぼうけんをはじめる」ボタンを押したところ。以下のような表示が出た。

– 8 ビットのランドマークを見物
– 勇者になって世界中をぼうけん
– 隠れたモンスターをみつける
8びっとぼうけんまっぷ は Google が提供するベータ版のマップ テクノロジーです。ご利用にあたってはシステム要件をご確認ください。お使いのシステムは 8 ビット処理に必要な最小要件を満たしていない可能性があります。

20110714 Keiwa Lunch

敬和学園大学で新プログラム「情報メディアプログラム」スタート

敬和学園大学で、今春から、いくつかの新科目がスタートすると書いた。

実はもう一つ新しくスタートするものがある。既存の科目のうち「情報メディア」に関連する科目を履修することで、一定の能力があることを証明する「プログラム」として、「情報メディアプログラム」が4月からスタートする。人文学部一学科で、情報やITとは無縁に見えた敬和学園大学だが、このプログラムはその中では、大きな変化だ。新潟で情報やITといえば敬和が一歩進んでいる、あるいは特色がある、そういう認識を持ってもらえるよう、プログラムの充実を図っていきたい。このプログラムのスタートは、敬和の情報メディア教育全体を変革する「狼煙」のつもりだ。

20110714 Keiwa Lunch

Keiwa Girls

敬和には、従来から「日本語教育プログラム」などの独自認定の制度があったのだが、今回のプログラムはこれに追加する形。所定の科目のうち、32単位を修得することで認定される。現行カリキュラムのままのスタートなので、現在の在学生も認定を受けることができる。ただ現時点では、一戸の演習の単位を含めないと、32単位を積み上げるのは難しいかもしれない。まあ演習の参加者数は少ないので、他ゼミに参加している方でも(国際文化学科以外の学生でも)、時間割の調整がつくなら、どうぞご参加ください(お客さん扱いはしません)。

このプログラムの構想は、1年前からあった。1年前に学内調整用の資料として作ったスライドは以下の通り。提案段階での文書なので、詳細部分まで承認を受けたわけではない。個人的に作成した文書だと理解してほしい。

「副専攻」として情報メディアを学ぶ

敬和学園大学は、「リベラルアーツ大学」を標榜しているが、情報教育は従来「外付け」のポジションで、共通基礎科目の一角に、選択必修科目として置かれてきた。学生の情報リテラシーの向上や一般科目での情報機器、ネットワーク利用が広がる今日、この位置づけは徐々に変化していくべきだという考えも、このプログラムを設置を推進した背景にある。

学生たちにとって、このプログラムの修了証が、何か明るい未来を保証する手形になるかというと、そうではない。どちらかというと、「副専攻」のような位置づけで、情報メディア関連の科目をとらえて、高い意識を持って勉強をするきっかけにしてほしいと考えている。こうした意識と学び、さらにはこれに裏付けられた自信は、学生たちがITやメディアの領域への就職を目指す際の、後押しにはなるだろう。実はいまだに、自分を「アナログ人間」と位置付け、必修科目の単位が取れると、ネットあるいはPCから離れようとする学生がいる。しかもそういっている学生たちは、必ずしも「アナログ」ではない。こうした学生たちの向学心に対して、少しでも刺激になる枠組になればと思う。

どんな科目があるのか

今年度の段階では、新規開講はほとんどないのだが、現在開講されている科目をまとめただけでも、それなりに充実した科目が並んでいる。

情報処理論1、情報メディア論、情報法が一戸の担当。情報法はビジネス著作権検定に対応して今年実施し、初級については18人受験して14人が合格した。

情報処理論1情報メディア論1は、選択必修の初年次科目だが、ソーシャルメディアの利用を全面的に取り入れ、Twitter、Facebook、ブログを活用して展開している。情報メディア論については、既存メディアを含めたメディア環境の変容について、学生とともに調べて学ぶという授業になっている。これらの科目を通じて、ソーシャルウェブの最新事情について実践的に学び、そのメディア論的な意義について、考えを深めることができる。毎年アップデートし、新しいサービス動向について知り、考えることができる科目は、新潟では他にない(というつもりでやっている)。

情報処理論2は、新潟通信サービスの本間誠治先生が担当。ネットワークの基本について学ぶことができる。

メディア英語は、山崎由紀先生と学ぶ英語ニュースの読み方講座といったところ。単に英語を勉強するというよりは、それぞれのニュースの背景まで掘り下げて学ぶことが求められるだろう。履修条件がついているので、英語レベルの低い学生は受講できないようだが、むしろこれぐらいの英語や国際ニュースを理解できる程度の社会常識は備えてほしいと、情報メディアプログラムの側からもお願いしたいところだ。

視覚芸術論は、写真を用いたアート・プレゼンテーションを実践する。担当は吉原悠博先生。新発田市内の写真館、吉原写真館の館主であるとともに、アーティストとしても幅広く活躍されている。

メディア・コミュニケーション論は、新聞社OBの本間正一郎先生が担当。ニュースをめぐるお話が多いが、既存メディアとネットの融合やその課題といった視点でもお話をされているので、学生たちにも人気がある(というのが、学生たちのTweetからうかがわれる)。
現代メディア論は、高谷先生による映像制作の科目。情報管理基礎論は、清水先生によるウェブサイト制作の科目。ということはそれぞれ昨日のエントリーで紹介したところ。

これらに一戸が担当する演習(ゼミ)と、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)関連の科目を加えたものが、4月からスタートするプログラムの全体像。

今後の拡充構想

さらに今後拡充したいもの。お金に糸目をつけずにやるならば、東京や新潟の魅力的な人たちに来てもらい、いろいろ指導してもらいたいのだが、当面は地元を中心に、選択と集中でプログラムの充実を図っていきたい。

一つは資格関係。決して資格至上主義ではないが、MOSと著作権検定だけではちょっとさみしい。文系の学生でも手が届きそうな資格に対応する講座を、来年度から開講できるよう研究と調整を進めている。もう一つは、「発信力」の強化。映像表現とウェブ制作については、今年から科目や担当者を補強した。写真についても吉原先生の講座がある。あとはウェブで検索し、さらに現地で調査して、ブログにまとめるといった、いわば「デジタルジャーナリズム」の領域がほしい。当面一戸自身も、演習などで取組を強めていくつもりだが、できれば経験豊富な方に指導していただく科目を作りたい。イメージとしては、伊藤穣一さんが慶應でやっていた科目だが、これは大学院の科目なので、もう少しレベルを下げるカスタマイズが必要だろう。あと、インフォグラフィクスのような、ビジュアル化に関連した科目も、教えて下さる方がいれば、ぜひ始めたい。プレゼン資料の作成を含めて、恐らくこれからの学生にはとても大事な能力になるだろう。

このほか、インターンシップやスタディツアーなど、対外的な活動の位置づけ。これはこのプログラムに限らず、現地で経験するプログラムの学部教育への導入は、どこでも課題なのだが、本プログラムでも充実をはかっていきたい項目だ。

さて、プログラムの全体像をざっと説明してきた。もちろん欲を言えばきりがないのだが、少なくとも新潟の私立大学のプログラム、しかも「副専攻」のようなプログラムで、これだけ充実した情報メディア関連のプログラムは、他にはないはずだ。しかも、ソーシャルメディアを軸とする新しいウェブの潮流に掉さした科目を充実させているという点にも、ぜひ注目してほしい。構想どおり今後、統合・調整されたプログラムとして進めることができれば、新潟のITやメディアに関連する領域で、敬和生が幅広く活躍できるようになるだろうし、そうなるよう努力していきたい。

情報メディアとリベラルアーツ

ところで、これらの科目群とリベラルアーツとはどういう関係にあるのだろうか。大量の情報がネットワークで行きかい、人々がつながっていく時代にあって、これとは関係なく、教養教育が成り立つわけはない。ネットワーク以前の環境を生きてきた大人たちはともかく、これからの時代を生きる若者たちにとって、ネットワーク社会に対峙できるだけのITリテラシーは、必ず備えるべき教養といってよいだろう。しかもそれらは、「本の読み方」というような、ある程度固定化したスキルではなく、常に変化する環境の中にある。こうした流動的な環境下にあって、情報流通の仕組みを理解し、そこを行きかう情報を読み解き、自らもさまざまな形式で適切に発信し、他者とつながって活動するということは、まさしく現代のリベラルアーツに求められている、最重要課題だと思う。

とここまで書いてみて思い出したのが、前任校稚内北星の設置に関連して、丸山不二夫先生がよく書いていたフレーズ。当時の文書にはよく、「情報メディア教育は現代のリベラルアーツだ」という趣旨の発言が出てきた。検索したら出てきた。

稚内北星の情報教育が目指してきたこと

今ざっとメディアの歴史を駆け足で追って、電信からはじまって、我が国の25年前の 「超大型コンピューター」までざっとみてきました。僕の大学の情報教育の新しい展望を 語る前に、僕らが、これまでどういう関心をもって情報教育を行ってきたかを話させてください。 僕らは、地方の一短大ですが、「最北端は最先端」をキャッチ・コピーに、先進的な情報教育を 展開をおこない、全国的にも評価を受けるようになりました。 最近は、主に2つの関心がありました。第一は、「現代のリベラル・アーツ」として ネットワーク・リテラシーをきちんと学生に教えたいというものです。第二は、高帯域の ネットワーク・マルチメディア環境をつくるということです。

 

「現代のリベラルアート」を重視

最初の、「現代のリベラルアート」ということでは、次のようなことを考えていました。 まず、ネットワークへの自由なアクセスを、技術と環境の両面で学生に保障するということ です。また、メディアの情報を利用するスキルと、内容的には、それを批判的に受容する スタイルを確立すること。同時に、ネットワーク上で情報発信するスキルを育てること。これは、 煎じ詰めれば単なる技術の問題ではなく、表現すべき自己を確立することが重要だということに 行きつきます。そうして、感性の問題もあります。多様な情報を感性的に統合する技術とスキル を重視すること。僕は、「スキル」という言葉をよく使います。情報教育におけるスキルの 重要さを示す一番いい例が、タイピングのスキルだと思います。僕は、タイピングは、 コンピュータを使いこなす上で、非常に大事だと考えているのですが、そうした理解は、 情報教育の世界では、実践的には、必ずしも十分ではありません。たとえば、いつからタイピング を教えるべきかという問題が、あまり議論されているようには見えません。個人的には、 小学生の高学年から、タイピングの練習は可能だと考えています。

また検索の過程で、長崎県立大学の河又貴洋先生の論文「現代教養学としての「情報メディア学」-高等教育におけるリベラルアーツとしての情報メディア教育に向けて-」が出てきた。これまた大変興味深い。

自分自身は、与えられた現場で、担当した科目についてベストを尽くすという仕事しかしてこなかったので、リベラルアーツの中での情報教育の位置づけについては、それほど深く考えてこなかった。ただ時代が変われば変わるほど、「情報メディア」はリベラルアーツの中核に位置してくるような予感はある。それはもちろん、ツールとしての情報機器の操作自体は、大学教育の中では重視されなくなり、本来的な意味での「リテラシー」教育が、主軸となってくるのかもしれないとは思う。しかし、ハード・ソフトともに日進月歩で動く今日においては、「操作」についての習熟度も人それぞれという面があり、これらを含めた形で、「リテラシー」教育が必要になってくるのかもしれない。

しばらくは試行錯誤というか、方向性を考えながら、「情報メディアプログラム」を構築していくことになる。ともあれ、この領域に関心を持ち、ともに学びを深めるとともに、将来ITやメディア領域で活躍することを目指す学生たちが、一人でも多く集ってくれることを願っている。