タグ別アーカイブ: 社会運動

ドラマ「足尾から来た女」谷中村住民の集団移住先は、北海道佐呂間町であった

1月18日と25日、NHK総合で放映される「足尾から来た女」。田中正造の紹介で福田英子宅に派遣された女性を軸にしたドラマだ。

足尾から来た女

土曜ドラマ「足尾から来た女」|NHKオンライン

明治末。栃木県谷中村は足尾銅山の鉱毒で田畑を汚染された。田中正造の闘いもむなしく、村は16戸にまで激減。国は住人に村を捨てるように命じ、残った家の強制執行に踏み切った。
この谷中村の娘が田中正造の仲介で社会運動家・福田英子宅に家政婦として派遣された史実をもとに、一人の女性が見知らぬ東京の地で石川三四郎や幸徳秋水ら社会主義者たち、さらに石川啄木や与謝野晶子など多彩な人物と交わる中で成長する姿を描く。
故郷を失う苦しみを味わいつつ人間としての尊厳を守り、たくましく生き抜くヒロインを、NHKドラマでは連続テレビ小説「カーネーション」以来の単独主演となる尾野真千子が演じる。

尾野真千子さんは、「カーネーション」以来の「単独主演」ということだが、先日放映された「夫婦善哉」でも、森山未來さんと二人で主演している。文字が読めない貧しい農村生まれの女性が、とまどいながら東京で暮らすという設定を、見事に演じている。
柄本明さん演じる田中正造は、なんだか本物に見えてくるようであった。

さて、強制的に廃村に追い込まれる谷中村の人々はどうなったのか。ちょっと検索してみたところ、北海道常呂郡サロマベツ原野に集団移住したとある。稚内の近く「サロベツ原野」があるので、似ているなと思ったが、そこではなく、現在の北海道佐呂間町であった(その後、妻がいろいろ調べてみていたようで、「サロベツ」も「サロマベツ」も、もともとはアイヌ語の同じ言葉が語源のようだと教えてくれた)。

佐呂間町に「栃木」という集落があり、ここが谷中村の人々が集団で移住してきて、苦労しながら開墾した土地だそうだ。札幌の開拓記念館だっただろうか、道北開拓の歴史に関する展示を見たのを思い出した。


大きな地図で見る

佐呂間町のウェブページに「もう一つの栃木」という、集団移住者の歴史に関するページがある。開拓の歴史がかなり詳しく記録されている。
大切なサロマの歴史|佐呂間町の紹介|佐呂間町

2013年に、読売新聞が栃木地区を取材した記事も残っていた。住民が「栃木」という地名にこだわりをもって、祖先が苦労して切り開いた土地を守っていこうとしていると報じている。

102年前 北の大地へ入植 : 伝える 北海道の栃木 : 企画・連載 : 栃木 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

栃木の谷中村の痕跡については、産経に記事があった。
【ロケ地巡りの旅】ドラマ「足尾から来た女」渡良瀬遊水地 昔、ここに村があった 水塚や墓石…ヨシ原の中にわずかな痕跡+(1/2ページ) – MSN産経ニュース

6.22 大飯原発再稼働反対デモat首相官邸前 Anti-nuclear demonstration in front of Japanese Diet

「再稼働反対」:大飯原発再稼働に反対する人々の「シュプレヒコール」を曲にしたものがSoundcloudに

大飯原発の再稼働に反対する人々のシュプレヒコールを、悲しい曲調とうまく組み合わせたファイルが、Soundcloudにアップされている。

6.22 大飯原発再稼働反対デモat首相官邸前 Anti-nuclear demonstration in front of Japanese Diet

BY SandoCap.

「印象操作」という声もあるだろうけど、最新ソーシャルメディアで、ややマイナーな、音の共有サービス「Soundcloud」が、反原発の社会運動をサポートするという、非常に興味深い構図だ。

【追記】
この曲が出回りはじめてすぐに、「坂本龍一がサンプリングしたもの」というTweetを見かけた。真偽不詳のため、しばらく様子見していたが、当の坂本さんのアカウントから、自ら制作したことを認めたと思われるTweetが出た。

敬和学園大学学生たちが制作したLIPDUB公開

今月一戸の中国出張中に撮影された、敬和学園大学の学生たち制作による「口パク」ビデオLip Dubが本日完成し、公開された。いろいろ「あら」を探せばきりがないのだが、専門的な教育を受けていない学生たちがよくここまでがんばったと思う。この作品は、第1回国際第二言語「LIP DUB」コンテストに参加している。

関連動画にも出てくるが、大学生がキャンパス内で撮影して発信するLip Dub作品は、数年前から多数作られている。新潟県内では、新潟県立大学の学生たちが昨年の学園祭で制作し公開、今年に入って新潟青陵大学も制作・公開している。

映像制作の習得過程で、「勝手PV」の作成というのは、一番最初の実習課題として使われると聞く。ある程度決まったフォーマットで、出演者の動き方、カット割りなど、映像を制作していく上で重要な要素を、短時間で習得できるからではないかと思う。逆にいえば、基本的なことを習得した人が関係者に増えれば増えるほど、映像の質は格段にアップし、Lip Dubをはじめ、「敬和初」の良質な映像作品がもっともっと発信されることになるだろう。そのとき、皆さんの通っている敬和学園大学は、よい意味で「大化け」します(断言)。

今夏8月6日により、映像制作を中心にした授業「現代メディア論」(高谷邦彦先生)が始まる。集中講義初年度ということで、様子見を決めている学生が多いかと思うが、皆さんが映像制作のイロハをマスターするための「大切なこと」が、この授業にはすべて入っている。最終日には上映会も行う予定。科目登録の有無にかかわらず(また配当学年ではなくとも)、映像作りが楽しかったという学生の皆さんは、まず参加を検討して欲しい。

敬和学園大学のLIPDUB、撮影終了:デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」を思いだした | ICHINOHE Blog

敬和学園大学で新プログラム「情報メディアプログラム」スタート | ICHINOHE Blog

敬和学園大学のLIPDUB、撮影終了:デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」を思いだした

今日敬和学園大学で、Lip Dubの撮影が行われた。Lip Dubはいわゆる口パクによる、勝手プロモーション動画。最近、最後にプロポーズが行われる動画がかなり話題になったので、その際にLip Dubという言葉を耳にした方も多いだろう。

これはステキ!世界初のLip Dubパフォーマンスによるプロポーズ[動画] | インターネット・インバウンドマーケティング ブログ

このLip Dub、実は世界中の大学で、キャンパス内を紹介しながら撮影された作品が作られ、公開されている。

敬和でもLip Dubをやろうという話題が出たのは、今年に入ってからだっただろうか。年度をまたいた計画であったが、何度も行われたミーティングのほか、Facebookグループでもやり取りが続き、数度にわたる昼休みリハーサルを経て、今週ついに本番撮影が敢行された。自分も出演するつもりであったが、最終的に本番撮影が一週延期され、出張先の中国で撮影の様子を垣間見るだけになってしまった。

ただKeiwa Lunchの配信をやっているゼミの学生たちが、一戸の写真の入ったボードを用意して、それを持って踊ってくれたので、写真だけで参加する形になった。遠足に行けなかった友達の写真扱いだ。

Source: instagr.am via Shinya on Pinterest

 

先ほど今日撮影された動画の、最初のバージョンを見たが、非常によくまとまっていて、驚いた。参加している各サークルなどがギリギリまで調整して準備していたこともあるのだろうが、なにより参加者たちが楽しそうに笑って参加している様子が、とてもよかったと思う。

2年から編入してきて今年3年にあがった学生が、Twitterで、「Lipdubの動画見て、なんか涙出てきちゃった。編入してきて、本当に本当にほんっとーに良かった。こんな温かくて素晴らしい大学はありません!」と書いていた。彼女が編入するときの面接をよく覚えているので、このTweetを見る日が来たことを、とてもうれしく思った。と同時に、彼女からそのような言葉を引き出した、今日の撮影の現場に、自分がいられなかったことを、つくづく残念に感じた。

さてこのプロジェクトが今日ここまでたどり着いたところで、自分が思い出したのは、TEDで行われた有名なプレゼンテーション、デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」。最初の「フォロワー」の大事さを解いたプレゼンテーションだ。以下に字幕つきの動画を貼り付けておく。

今回のプロジェクトで、一人目に「踊った」リーダーがayaco先生なのは間違いないのだが、二人目、最初のフォロワーは誰なのか。今となってはよくわからない。少し時間はかかったけれども、じわじわと多くの人々がプロジェクトの趣旨を理解し、アイデアを出し、準備をして、今日の本番に結びついた。きっと何人ものメンバーが、「二人目」を自認し、ayaco先生とともに踊りはじめていたに違いない。敬和でともに学ぶ仲間たちとの濃密な人間関係を愛し、そのための場所としての小さなキャンパスを愛して、今日の撮影にみんな一致団結して「踊って」いるのはよくわかった。ayaco先生の「マキコミ」のうまさはもちろんすごいのだが、学生たちの「マキコマレ」もなかなかのもの。フォロワー(追随者)となるノリのよさ・前向きさも、小さな大学を盛り上げていく、大きな要素になるのだと思う。「断る力」も大事なのだが、「マキコ」まれる、ノリのよさのほうが、若いうちは大事なのではないか。

実学・資格志向の強まる中、大学、とりわけ、地方にある大学は、直接的な「実学」たることを求められる傾向にある(専門学校への進学率の高い地域は特にその傾向にある)。その中で、キャンパスの「自由」なるものが軽んじられている部分もある。学生たち自身も、「資格を取って何とかチャンスをつかめ」という、世知辛い世の中からのプレッシャーにさらされている。しかし、今日の撮影で多くの参加者が見せた表情は、そういう社会的な要請と対立はしないが、全く異なる次元にある、敬和学園大学の「自由な空気」「自由な雰囲気」の重要性を、示唆しているように感じた。この「空気」「雰囲気」をきちんと定義できるわけではないし、すべての構成員が「空気」「雰囲気」を共有しているわけではない。むしろ今回のムードは、ayaco先生のパーソナリティによって、できあがった部分が大きいかもしれない。ただひょっとすると、大学が時流に流されず、大事にし、不足があれば補ってでも、発展させていくべきものが、今日の撮影の中にあるのではないかと思うし、この「空気」「雰囲気」を、新潟で学ぶ学生たちに提供できることの意義を、再確認すべきなのだろう。

今日撮影した映像は、これからさらに編集した上で、コンテストへの出品を計画しているようだ。結果がどうであれ、参加者の皆さんが共有した「思い」が、一番大きな成果であったのではないかと思う。

日仏先端科学シンポジウムで、ソーシャルメディアについて報告

フランスニースで開かれた日仏先端科学シンポジウムに参加してきた。

先端科学シンポジウム-日本学術振興会

このシンポジウムは、「平成17年3月27日の日仏首脳会談において、次世代のための日仏学術交流強化について合意された事項の一つとして、平成18年度からフランス政府との間で、実施」しているもの。日本側のアレンジは、独立行政法人学術振興会が行っている。

研究領域は、Earth Science/EnvironmentからSocial Sciences/Humanitiesまで、8分野にわたり、それぞれの分野の研究者が、両国の先端的な研究成果を発表するとともに、分野を超えた議論を行うというもの。8分野といっても、「文系」の領域は、Social Sciences/Humanitiesの1領域のみで、ほかは「理系」の各領域。今年のSciences/Humanitiesのテーマがネットワークということになり、このテーマで話ができそうなスピーカーとして、お声をかけていただいたという次第だ。人文社会科学を代表する1人として、と考えると荷が重いが、「ネットワーク」について人文社会科学の立場から話す、と気が楽になるよう解釈して、お受けすることになった。

自分以外のメンバーはほとんどが国公立、それも東京大学、京都大学などのトップ校に所属している理系の研究者たち。フランス側も国立の研究所に勤めている人が多かった。正直なところ、数学、物理、生物、医学等他分野の研究内容を十分消化できたとは言い難いが、それでもいくつかの領域では、いまぶつかっている課題がある程度理解できた。同じ「科学」ということではあるのだが、人文社会の立ち位置は(少なくとも見かけ上は)特殊。さらに、地方私大にいる自分のような立場からすると、期待されている仕事の内容、経験、与えられた環境、いろいろなものが違うなあと感じた部分も多かった。もちろん、そうした要因と、シンポジウムで与えられた期待とは無関係であるので、自分なりに準備して臨んだつもりではある。

人文社会のセッションでは、限られた時間の中で、1) 世界的なFacebookやTwitterの勢いが、各地の社会運動を後押ししていること、2)独自の環境を維持していた日本や韓国も変わりつつあるが、日本ではそれが社会運動につながる機運はほとんど見られないこと、3)東日本大震災はこうした状況下で起こり、ソーシャルメディアの重要性を、別の意味で認識せしめた、といった話をした。震災から1年弱の間に、シンポジウムなどで他のパネラーから教えていただいたことを踏まえ、自分なりに考えたことを述べた形だ。

自分なりに分かりやすさや長さを考え、話す内容を調整するとともに、「食べログ」問題など新しいトピックも適宜盛り込むようにした。結果的に時間を超過してしまったが、それなりに言いたいことは伝えられたとは思う。その後ゲーム理論を応用したフランスのスピーカーからの報告があり、さらに60分にわたる長時間の質疑応答となった。自分が提起した問題については、恐らく多くの人が理解してくれたように思うが、僕自身が質疑応答で柔軟に対応できる言語能力を持っていなかったため、それぞれの人の質問が求める方向性を今一つ正確に把握できず、残念ながら議論を十分に尽くせたとはいいがたかった。これは大きな反省点。チェアとして仕切ってくださったNII上田先生や、PGMの東京大学岡本先生の力により、なんとか乗り切ることができた。

以下は利用したスライド。タイトルはセッション全体のものなので、ちょっとズレている感じがすると思うがご勘弁を。

会場となったホテルは、ニースの海岸に面したリゾート地。もちろん全セッションに参加するため、セッションの間は会議場に缶詰めになるのだが、朝や昼の休憩時間には、少し散歩する時間をとって、散歩をしたり写真を撮って歩くことができた。時差ボケもあり、妙に早起きだったのだが、残念ながら冬のニースの朝は暗く、7時半を過ぎないと明るくはならなかった。土日をはさんでの開催だったので、週末を楽しむ観光客に遭遇したのはつらかったが、シーズンオフのニースが奇跡的に好天に恵まれたようで、少しだけニースの楽しい雰囲気を感じることはできた(のだと思う)。また、到着してすぐや終了後の自由時間で、周辺の様子を見ることはできた。

Nice, France

今後もこの取組に参加させていただけるかどうかは分からないが、少なくとも今回経験させていただいたことをベースにして、国際的な研究交流の文脈で、自分なりの発信を続けられるよう、努力を続けていきたいと思う。

以下は休憩時間や早朝に撮った写真。

デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」:フォロワーの重要性

今日行われたTEDxTokyoで披露されたDerek Sivers氏のプレゼンテーション(実際のプレゼンテーションは2月に行われたもの。
社会運動(あるいは、あらゆるプロジェクト、といってもいいかも)が発展していくために、フォロワーがいかに必要か、という話。最初に運動を始める「リーダー」だけでは、うまくいかない。最初に勇気を持って「イイネ」といい、追随することは、非常に大事なのだ。

TEDxTokyoの動画は、これから順次Youtubeにアップロードされるようだ。

民主党浅尾慶一郎氏がBrightkiteに登場

イラン、ウイグルと、Twitterと政治社会運動とのリンクを想起させる事件が続く中、日本国内でも政治家によるTwitter利用が少しずつ注目されてきており、国会議員、地方議員のTwitterアカウントも、まとめサイトができはじめている。

昨日は、民主党の衆議院議員浅尾慶一郎さん(@asao_keiichiro)がTwitterを使い始めたようで、さっそくフォローしてみた。浅尾さんのTweetをよく見ると、

I’m at 大船駅(神奈川)
I’m at near Yamanouchi, , Japan
I’m at 鶴岡八幡宮例大祭
I’m at 大船駅(神奈川)

といった発言を、Brightkiteからしている。どうも最初から、Brightkiteを使って発言しているようだ。

というわけで、Brightkiteを利用する(おそらく)最初の国会議員である浅尾さんを、Brightkiteでもフォローした。

リンク: asao_keiichiro’s Friends – brightkite.com.

悪意のコメントをつける”アクプラー” – 問題が深刻化する韓国の現状と対策

ブログ(系のニュースサイトというべきか)炎上問題に対する韓国の対応が紹介されている。

日本で2ちゃんねるが話題になっていた頃、韓国ではネティズンという言葉が飛び交い、大統領選挙に影響を与えたという話が聞こえてきていた(真偽のほどは未検証だし、ひょっとするとネティズンの熱狂で選挙をやったことを韓国の人も反省しているかもしれない)。

が、その後日本でもSNSでも根付くようになった。一方で韓国でも「炎上」は起こっている。というわけで、情勢は共通してきているようだ。

リンク: 悪意のコメントをつける"アクプラー" – 問題が深刻化する韓国の現状と対策 (MYCOMジャーナル).

Naverの同好会サービスに開設された「ネイバーコメントリノベーション」は、Naverに掲載されたコメントに対する問題を考え、真の意思疎通ができる場としていこうという目的の下に作られた集まりだ。

ここでは集まりの趣旨に賛同するネティズンが参加して意見交換が行われるのと同時に、Naverのニュースに対するコメント欄で提供されている「コメントを隠す」機能を利用し、コメントを見ないようにしようという「コメントを見ない運動」も実施している。


メントを最初から見る価値のないものと捉え「見ないようにしよう」とする姿勢に対しては、会員の中で賛否両論の意見が交わされているところだが、気分良く
コメントを楽しむためにどうしたら良いのかを真剣に考え、対策を実行していこうという点において意義のある集まりだといえる。

このような倫理感に訴えるやり方は、「IMF」のときに海外旅行を自粛しようという運動が展開されたり、何かと社会運動が起こりやすい韓国ならではだなあと思う。それだけ社会の倫理観がが人々の行動を制約しているということでもあるのだろう。今の日本でこういうことを言っても、たぶんほとんどコントロールは不可能だと思うし、中国でも痰を吐くなといって倫理観だけでやめさせるのは難しいみたいなので、この手のやり方が通じる東アジアの国は、朝鮮半島にしか残ってないのかもしれない。

しかし直感としては、韓国でもこれでコントロールするのは難しくなっているんじゃないかという気がする。