タグ別アーカイブ: 留学

ホテル清風苑での写真がFlickrのExplore入り

8/6-9、集中講義「現代メディア論1」が行われた。映像制作を行う授業で、担当は元同僚の高谷邦彦先生。今回も学生3チームが、新発田市内で撮影を企画、編集した成果を9日に上映した。

自分自身はサポートを担当し、留学生チームが、月岡温泉で撮影するのにも同行した。月岡では、ホテル清風苑を取材させていただき、長時間撮影をさせていただいた。留学生たちは月岡温泉に行くことが自体が初めてだったようで、非常に良い経験になったのではないかと思う。映像は近日公開予定。

清風苑での撮影のあと、取材に協力してくださった清風苑の岡元さんと、学生たちが記念撮影を行った。楽しい雰囲気が現れたからだろうか、この写真がFlickrのExploreに入った。

ホテル清風苑で記念撮影 / 敬和学園大学集中講義「現代メディア論」 201308

Exploreは、Flickr上の「今日の優秀賞」のようなコーナーで、Favesやコメントの数で選んでいるらしい。ここに選ばれると、さらに反響が広がるという構造になっている。これまでにもExploreに選ばれたものはいくつかあるのだが、今回は久しぶり。

過去の選ばれたものがないかどうかは、Scoutというサービスで確認することができる。

Scout: Top Photos

My Explored Photos

新潟日報モア「新潟ソーシャル時評」:留学生1300人というアドバンテージ:マッチングが課題

昨日ある留学生が、県内企業に内定したということを知った。先月「新潟ソーシャル時評」にこの記事を書いていたので、直接は関係ないとは思うのだけど、大変感慨深い出来事であった。内定した学生には、「新潟人」としての自覚を持って、ますますがんばってもらいたいと思う。

留学生1300人というアドバンテージ:マッチングが課題|ソーシャル編集委員 一戸信哉「新潟ソーシャル時評」|モアブログ|新潟日報モア

磨き屋一番館

彼ら・彼女らのルーツはもちろん母国にありますし、母国への愛国心はありますので、「日本人」と同じマインドを持っているわけではないのですが、新潟という場所になじんで、この土地の風土を愛している「新潟人」になっているように感じます。緊張関係にある国の出身者からは特に、この気持ちを感じることが多いです。

こうした人達が、1300人以上在籍し、県内企業への採用数は30−40人。せっかく「新潟人」となった留学生たちに、もっとチャンスを与えてほしい。率直にそう思います。国際化を目指す新潟にとって、これら1300人の人材がいるというのは、大きなアドバンテージです。

——————
新潟日報モアについて:新潟日報モアは、新潟日報購読者向け無料サービス。世帯内で複数アカウントの発行は可能なので、新潟日報購読家庭であれば、すべての家族が登録可能だ。また、「購読予定」の人も登録ができるので、実は「これから登録しようかな」という人も、問題なく登録ができる(販売店が営業に来るのではないかと思う)。

蘇州大学の中の東呉大学

今年6月、蘇州大学を再訪した。昨年短期留学プログラムを作った後、蘇州で暴動が起きてしまい、プログラムの遂行が難しくなってしまったところ。今後どのように再開をしていくか、有意義な話をすることができた。

蘇州大学の中に、「東呉大学」と書かれた門がある。東呉大学は、現在台北にある大学だ。東呉大学は、1900年にキリスト教宣教師たちにより設立された大学で、国共内戦ののち、1954年に台北で再スタートしている。

蘇州大学

蘇州での説明では、関西学院大学と同じ人が創立者だということであったが、関西学院大学のウェブでの説明は、やや異なる。もちろん同じ教会の人たちが深く関わっており、関連性は深いのだろう。

中国語研修(蘇州大学) | CIEC 国際教育・協力センター Kwansei Gakuin University Center for International Education and Cooperation

前身の東呉大学は本学と同じ南メソジスト教会の宣教師によって創立され、本学創始者のW.Rランバス先生の妹夫婦がその創立に大きく関与しています。

その後残ったキャンパスは、再編を何度か経て、1982年から「蘇州大学」になっている。1900年当時の建物がいくつも残っていた。

慶應義塾大学の「グローバル動画」が話題に

東京の大手私大は、どこも「グローバル人材育成」を掲げ、留学生募集にも熱心に取り組んでいる。その中で、慶應義塾大学がとりわけ熱心だったという印象はないのだが、何も取り組みが無かったわけではないはずで、単に自分が知らなかっただけなのだろう。

ここ数日話題にのぼっているのが、以下の動画。

最初は「大学生が作った」という体裁なのかなと思ったが、そうではなく、Director/Producer/Editorは、Tim Whiteという著名な映像作家であった。出演している男性が、慶應義塾大学の留学生ということなのだろう。一見してプロの作った映像だとは思ったが、ひょっとして学生が全部作ったのかな?と思ってしまった。教員の名前が「Thanks to」にずらっと並んでおり、当然大学側もかなり制作に関わっているのだろうが、制作はTim White氏をはじめとする外部スタッフのようだ。

Tim White氏はオーストラリア出身で、おそらく東京生活の経験はほとんどないのではないかと思う。新旧の東京のエッセンスをうまく拾い上げて統合し、そこに六大学野球など、慶應での大学生活を重ねあわせている。「これでは『東京ライフ=慶應義塾ライフ』ではないか」というツッコミが他校から入りそうなところだが、そこはあえて無視をして、大胆に東京生活と慶應義塾大学を融合させている。たぶん東京生活の長い人であれば、このように大胆に慶應義塾と東京を結び付けられないような気がする。

ともあれ、映像の力は強く、「東京体験」「日本体験」へのワクワク感を、うまくかき立てている。新潟を含む地方都市や地方都市の大学は、自分たちの独自性を、これとは別のアプローチで考えてみるべきところだ。残念ながらこの作品と同じクオリティを出せるところはそう多くはない(プロに頼んでも難しいだろう)だろうが。

まずは、留学生が大学のある街を紹介する、このパターンの動画から作ってみるべきか。

弘前市が中国語の観光PR動画を作成:ナビゲータは弘前大学の留学生 | ICHINOHE Blog

Jiangsu, China, 201303

中国江蘇省の高校で敬和学園大学説明会

3/7−9の日程で、中国江蘇省を訪問、毎年恒例となった中国での大学説明会を行なってきた。江蘇省は、上海周辺の沿海部で、先に経済発展を遂げた豊かな地域だ。訪問先は、南京の江蘇卓越日語専修学院とその提携高校。今回は訪中メンバーのスケジュール調整の結果、滞在期間が2泊3日と短くなったが、賞味1日半の滞在で、南京の学院本校に加えて、鎮江、常州の高校3校、あわせて4校で説明会を行うことができた。南京の学院は、1年間で日本留学を目指す集中型の日本語学校で、このコースが江蘇省の高校に「フォーマット販売」されており、いわばフランチャイズの高校が、省内各地で展開されているという状況だ。本当は省内の高校全部を回りたかったのだが、今回は3校のみの訪問となった。
だいぶ事情もわかってきたので、今回は少し説明内容にも変化を加えてみたところ、大変好評で、各会場とも笑顔がたえない楽しい説明会となった。

Jiangsu, China, 201303

敬和学園大学説明会 in 鎮江 #zhenjiang #china #keiwa

敬和学園大学説明会 in 鎮江 #zhenjiang #china #keiwa

Keiwa Lunchのダイジェスト映像は、成田に向かう電車と南京行きの飛行機の中で制作したのだが、これも好評であった。

たまたま学院を訪問してくれた昨年秋から留学している学生も参加してくれて、敬和、新発田、新潟での大学生活について、非常に丁寧に語ってくれた。震災から2年が経過し、日本留学の分布も、西日本偏重から元に戻りつつある。もちろんそうなっても、学生たちの多くは東京や関西を目指すはずで、地理的に新潟のプライオリティは低い。しかし新潟という場所は、「住めば都」の典型なので、先輩の口コミが非常に大事な場所だ。説明に来てくれた彼の言葉には、みんな真剣に耳を傾けていた(でもしっかり笑いもとっていた)。

Jiangsu, China, 201303

「近くて遠い国」という関係は、日中双方にとって、それぞれ当てはまる言葉だ。
北京の大気汚染が懸念される中国だが、上海や江蘇省といった沿海部はさほど深刻な状態にあるわけではなく、マスクをしているのは日本人ぐらいであった。震災直後の中国のパニックぶりと今の日本人の騒ぎ方には、どこか通じるものがあるように感じた(それぞれどの程度シリアスな状況なのかは違うかもしれないけれど)
日本留学をとりまく環境はかなり深刻だ。現地では昨年の暴動以降、日中武力衝突の可能性が煽られて語られており、それは共産党内部の権力闘争の反映だと思っている人も少なくないようだが、そういってもみんなメディアには影響される。留学を目指す学生・生徒たち、さらには保護者にしてみれば、留学先で敵国民として嫌がらせを受けたり、暴力を振るわれたりするのではないかと感じてしまうのだろう。日本留学を目指す学生・生徒たちの間には、今回もかなりの動揺が広がったという。

こうした苦難を乗り越えて、数カ月後の試験に備えてがんばっている学生・生徒たちには、ぜひよい環境で日本留学をスタートしてほしいと思う。

冬を彩る光のまち 弘前(中国ウェブニュースサイト「日本大観」)

弘前市が中国語の観光PR動画を作成:ナビゲータは弘前大学の留学生

弘前市が制作した、冬の弘前観光に関する、中国語のPRビデオ。共同通信が監修し、新華社のウェブサイトでも公開されているという。弘前大学の学生がナビゲータになっている。

冬を彩る光のまち 弘前(中国ウェブニュースサイト「日本大観」)

雪灯篭まつりから始まり、温泉、ホタテの貝焼き、けの汁、イカメンチ、地酒、津軽三味線、坐禅(住職は、自分の高校同期です)などでまとめられている。弘大生二人の表情がなかなかよい。

以前から、新潟や新発田でも、留学生と一緒にこの手の映像を作りたいと思っていたのだが、なかなか実現できなかった。映像編集の体制も整ってきたので、一度チャレンジしてみたいと思う。

Keiwa Lunch 20121004

Keiwa Lunch 10/4配信分:留学から戻ってきた学生たち特集


しばらくサボっていたアーカイブ公開作業を再開したので。敬和学園大学でお昼に行なっているUstream番組「Keiwa Lunch」、10-11月も配信をつづけている。みんな忙しくなるとアーカイブの公開が遅れがちだが、10−11月の配信がだいぶ揃ってきたので、この辺でピックアップして紹介。

Keiwa Lunch 20121004

フィリピンセブ島での留学から帰国した二ノ宮さん、韓国での留学から帰国した宮本さん、英国から帰国した藤塚くんが、それぞれの国での体験を語っている。MCは土田舞歌。

敬和学園大学の公式ビデオで紹介している留学に関する部分(2009年のもの)。

留学・国際交流 – 敬和学園大学 新潟県新発田市にあるリベラル・アーツ大学

海外留学 – 敬和学園大学 新潟県新発田市にあるリベラル・アーツ大学

Keiwa Lunch

2012/10/4夏休み留学!! | Keiwa Lunch

Suzhou, Jiangsu, China

蘇州、同得興のラーメン

暴徒化している反日デモで、一番大きく被害を報じられた街の一つが蘇州。今年の3月に蘇州大学を訪問してから半年をかけて、ようやく短期留学プログラムがまとまろうとしていた矢先に、最悪の事件が起きてしまった。現地で恐怖に怯えている人たち、工場や店舗を破壊されてしまった人たちから見ると、私たちが被った被害など微々たるものだが、正直ショックは隠せない。

ただ、起きてしまったものはどうしようもない。日本人が古都蘇州を安心して訪ねられる日が戻ってくることを願いつつ、蘇州のおいしいラーメンやさんを紹介。

Suzhou, Jiangsu, China

Suzhou, Jiangsu, China

Suzhou, Jiangsu, China

3月に初めて蘇州を訪ねた際に食べたのがこちらの同得興の麺。上海ナビを見ると、お昼までの営業だそう。いわゆる「朝ラー」の店だ。3月に食べたのは紅麺といわれる黒い醤油ラーメンの方。ちょっと濃い目ながら、大変深みを感じる醤油味であった。

同得興 (蘇州)[トンダーシン] | 上海グルメ・レストラン-上海ナビ

もう一つの白湯のほうが定番のよう。日本人好みの澄んだ塩ラーメンといった趣。これもぜひいつか試してみたい。

蘇州-同得興(十全街)|アジアグルメ図鑑

同得興 蘇州はハオチー

中国で楽しむ 蘇州のラーメン「同得興」

同得興 【トリップアドバイザー】

平成生まれの学生たちと佐渡合宿へ行ってきた #のへさど

8月20−21日に3年ゼミ生たちと佐渡合宿に行ってきた件について。きっかけは以下の情報から。

大学生等応援キャンペーン ゼミ・サークル・合宿などで佐渡へ! | 旅館番頭の佐渡観光情報

学生さん(大学・短期大学・大学院・専門学校)は佐渡汽船のカーフェリーと高速船アイビスが安くなる!!
平成24年7月14日(土)~平成25年3月31日(日)まで
『大学生等応援割引キャンペーン』を実施!
窓口で学生証を提示して申込用紙を窓口で記入すれば割引!
新潟~両津航路(カーフェリー2等)  2440円→1620円(820円のお得!)
直江津~小木航路(カーフェリー2等) 2650円→1750円(900円のお得!)
寺泊~赤泊航路(高速船アイビス)   2880円→1880円(1000円のお得!)

いつもは「いいね」だけで終わることも少なくないのだが、今回は珍しく、3年ゼミがまとまりを見せて、リーダーシップを発揮する数名の学生がリードして、もたもたしている学生を引っ張り、合宿の実現に結びついた。久しぶりにゼミ単独での合宿となり、学生たちは全員「平成生まれ」となった(あ、留学生は確認してないけど)。

とはいえ、決まったのは1泊2日でいくことと、宿を両津に確保することまで。多くのメンバーが修学旅行などで佐渡に行った経験があるのだが、子供の頃の経験では土地勘もないわけで、なかなか計画がまとまらなかった。さいわい、8月12日のロックサンでのKeiwa Lunchに出演してくれた、イラストレータのささきとしさんが、昨年自転車で佐渡を一周したという経験者として合宿に参加することとなり、そこからようやく全体像が少しずつ定まっていった(といっても、最後の計画はフェリーの上で決めたような気がするが)。ちなみに前日まで行われていた「Earth Celebration」のことは全く頭になく、単にみんなのスケジュールを調整した結果、この日程になった。

佐渡チャリ一周 !!!佐渡汽船・両津港・北小浦ダイビングスポット・二ツ亀【1日目】 | にいがたインターネットテレビ

1日目。朝9時のフェリーで両津へ。今回ビデオを回す予定だった、今月現代メディア論を受講した唯一の学生がまさかの遅刻。船に乗り遅れたため、中の撮影はみんなで協力(遅れたメンバーは、新潟港で悩みに悩んだ末、ジェットフォイルで追いかけてきた)。船の中で1日目もレンタカーを二台確保(二日目は予約してあった)し、北部を目指すことが決まる。

[flickr id=”7836738804″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836738348″ thumbnail=”medium” align=”left”]

フェリーターミナルでブリかつ丼が目に留まるも、多くのメンバーはちょっと値段に恐れをなして他をあたることに。結局ターミナル近くの食堂に入ったが、佐渡っぽい食べ物はなぜかそろっておらず、全員がカツカレーとカツ丼を食べる展開となった。

[flickr id=”7836736940″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836733076″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836730250″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836728288″ thumbnail=”medium” align=”left”]

当初ここに泊まろうかと検討した二ッ亀。

[flickr id=”7836719124″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836720222″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836716052″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836584914″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836708380″ thumbnail=”medium” align=”left”]

続いて大野亀。この岩の上にほぼ全員が登った。過酷な山登り、というわけではないのだが、足場が悪く、みんな苦労した。頂上からの眺めは絶景。

[flickr id=”7836677830″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836681888″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836664406″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836686808″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836690216″ thumbnail=”medium” align=”left”]

この後相川、佐和田を通って両津の宿へ。両津の宿「金澤屋旅館」は、築120年の伝統ある建物。角部屋に屏風があったり、廊下を歩くときしんで音がするなど、いかにも伝統ある建物。思った以上に豪華な料理を出していただき、最後は焼きガキまでいただいた。その後夜はKeiwa Lunchの配信。今回「合宿」といっても、硬い勉強のテーマは設定しなかったが、このUst配信とその他ビデオ撮影がいわば実習となった。旅館に提供していただいた回線は安定していて、映像は安定していたと思うが、出演していた学生は、風呂と食事の後で眠くなりながらの配信となった。

その後自分とささきとしさんは、去年の佐渡フォトウォークで訪れた居酒屋「ほたる」へ。去年胃袋を満たしたぎょうざやいか団子をいただいてきた。月曜日ということもあるのか、両津の飲み屋街も静かだった。

[flickr id=”7826615524″ thumbnail=”medium” align=”left”]

部屋に戻ってみると、学生たちの部屋は妙ににぎやか。さっき眠そうにしていた学生たちが、少しだけお酒を飲み、音楽をかけたり、ゲームをしながら盛り上がっていた。ゲームをしながらというあたりが、彼らの盛り上がり方なのだろう。続々とプレイされるアニソンについて、彼らのいう「古い」ものすら、自分にはわからなかった。この「古い」ものをささきとしさんは理解できたので、自分と学生たちとの間には、「二世代」分のギャップがあるんだと理解した。

[flickr id=”7824214150″ thumbnail=”medium” align=”left”]

二日目は相川と小木方面へ。まずは昨年フォトウォークでも訪れた、相川の佐渡鉱山跡。その迫力に、学生たちは喜んでいた。今回は写真展の会場も開いていたので、往時の反映を写真で見ることもできた。

[flickr id=”7836612686″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836613338″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836610270″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836606924″ thumbnail=”medium” align=”left”]

つづいて積出港であった大間港へ。青森県民はマグロを連想してしまうが、漁村の雰囲気はない。

[flickr id=”7837039694″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7837036248″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7837014136″ thumbnail=”medium” align=”left”]

ここで相川は時間切れ。今回も相川の気になるカフェ「のらいぬcafe」には行けなかった。

新潟県佐渡島 のらいぬcafeへようこそ

アルバイトのため、先に新潟に帰らなきゃいけない学生を、ここから両津行きのバスに乗せ、一行は宿根木の集落へ。伝統的建造物群を見学。

[flickr id=”7836992516″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836978442″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7838350740″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836993670″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836994760″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836995736″ thumbnail=”medium” align=”left”]

宿根木の茶房やましたで食事したあとは、矢島経島のたらい舟乗り場へ行く展開。二台の車のうち一台は、海水浴へ出かけた。

茶房やました

岩屋山洞窟。洞窟の中に数々の石仏があった。昨年の旅で夕方に来たというささきとしさんは、とてもこわかったらしいが、真昼間に大勢でくるとそれほどでもなかった。たしかに洞窟の中はひんやりしていたが。

[flickr id=”7836950880″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836946198″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836944922″ thumbnail=”medium” align=”left”]

幸福地蔵。手の下に大きな蜂の巣がついている。たぶん取らないで残してあるのではないかと思う。

[flickr id=”7836934862″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836931362″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836927794″ thumbnail=”medium” align=”left”]

矢島・経島でたらい舟に。

[flickr id=”7836916642″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836915184″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836901366″ thumbnail=”medium” align=”left”]

実家も含めて一戸家で評判のよい、あごだし濃縮そばつゆ「佐渡情話」というのは、もともと浪曲の曲目から名前をとったものであった。そのストーリーに矢島・経島がでてくる。ということを今回の佐渡で理解した。たらい舟で柏崎まで毎晩通うのは無理だろうと思うわけだが。

料亭の味をご家庭に | 濃縮あごだしつゆ佐渡情話 | 良寛しょうゆ

最後は両津へ向かうまでのわずかな時間を利用して北雪酒造へ立ち寄った。あんまりゆっくりできなかったけれど。

[flickr id=”7836894740″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836894296″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836892150″ thumbnail=”medium” align=”left”]

というわけで、二日間かけて、変則的なコースながら佐渡一周線をすべて走破することができた。

両津港に到着後は、ターミナル上のビアガーデンに行ってみた。新潟行きの船に乗る人だけでなく、地元の人たちも夏のひと時を楽しんでいるようだった。久々に合宿をやってみて、合宿を通して学生たちの結束が高まること、イベント企画等の段取りの能力が身につくこと、という二点において、結構大きな効果を発揮するということをあらためて実感した。理想を言うなら3ヶ月に一回ぐらい、現実的に考えても半年に一回ぐらい、近場でもいいから合宿をするのがよいのかもしれない。

まるりさんのブログまとめ記事。イラストの出来栄えが秀逸。

【のへゼミ】ゼミのみんなと一緒に一泊二日で佐渡に行ってきたよ!その1【番外編】 | まるりわーどぷれす

【のへゼミ】ゼミのみんなと一緒に一泊二日で佐渡に行ってきたよ!その2【番外編】 | まるりわーどぷれす

今回の合宿では、いつのまにか「#のへさど」というハッシュタグが使われた。ハッシュタグを中心にTweetをまとめたTogetterページ。

一戸ゼミ佐渡合宿 201208 – Togetter

Flickrの写真。

撮ってきた動画の編集は、とりあえずダイジェスト版というのが公開されている。これも制作はまるり。

【追記】Slide.lyも作ってみた。

Keiwa Ichinohe Seminara Sado Camp 201208 from Shinya ICHINOHE on Slide.ly.

[rakuten]trendrush:10005327[/rakuten]
[rakuten]aandi:10001264[/rakuten]

Summer School in Kathmandu 2005

ネパール帰国前の再会

前任校の仕事で、ネパールに行っていた頃に知り合った「友人」が、近く帰国するというので、赤坂で会ってきた。

「友人」と、今ではそのように形容するしかないが、最初会った時に彼女はネパールの高校生であった。お父さんがネパール人、お母さんが日本人。当時から、日本語とネパール語と英語を話していた。東海スクールネット研究会が主催する、ネパールの高校生を集めたイベント「Summer School」で、彼女に出会ったのが最初であった。研究会の教員の皆さんはネパール渡航歴の長い人たちだったが、日本語ができる彼女は、参加者でありながらある種特別な存在で、イベントの成功に、大きな力となった。当時から、話の仕方もとても落ち着いていて、安心感、安定感があった。

2005年、Summer Schoolの開会式。
Summer School in Kathmandu 2005

しばらくした後、ネパールで彼女のお母さんと、彼女の進学についてお話ししたりしていたのだが、最終的に彼女は、早稲田大学に進学することになった。またこれも、いつどのような経緯で話したのか忘れたけれど、入学後彼女は、一戸が大学1年の頃参加していた国際交流のサークルのメンバーとなり、そこでも充実した時間を過ごしたようだ。ただ大学に在籍している間、彼女に会うことはほとんどなく、SNSでときどき近況を知る程度。あっという間に大学を卒業、その後南アジア圏でビジネスを展開する企業で活躍した。

という彼女、日本人の男性と結婚し、二人で「実家」のネパールに帰国する。お相手はてっきり大学の同級生なのかなと思ったがそうではなく、しかし出会いのきっかけは、自分もよく知っている場所で、とても親近感がわくなれそめであった。ネパールに共に渡るお相手の男性は、新しい環境に苦労すると思うが、落ち着いた彼女の様子を見ていると、なんとかなるんじゃないかなあという気になってくるのも、よくわかる。ほかにも、日本での仕事の話、日本とネパールの社会の違い、教育の違い、ネパールの電力事情、いろいろな話をした。彼女の日本での仕事は順調で、将来の幹部候補生として期待されていたことがうかがわれた。それだけに、今回の決断は傍目には思い切ったものに見えるが、おそらく彼女の頭の中では、いずれ帰国するというシナリオが、できていたのではないかと思う。

2時間ほど楽しくお話しして、赤坂駅前で別れた。次に会う場所はたぶん、アンナプルナ連峰の麓であろう。帰国後に行われる結婚式にうかがってお皿をプレゼントする(という慣例らしい)ことはできないと思うが、いずれまたネパールに行き、ご家族に会える日がくればと思う。

ネパール稲門会ってあるのかな?

彼女の進学が決まった時にも、一度記事を書いていた。
早稲田のネパール人留学生 | ICHINOHE Blog