タグ別アーカイブ: 燕

It's a tweetoff @ #thestudiotweetup

11/24開催「新潟県コミュニティ・フォーラム2012」に参加します

昨日新潟日報に記事が出たようなので、一応ブログでも告知。コワーキングスペース「Jelly Jelly Cafe Niigata」を立ちあげメンバー、西村治久さんが、県内のコワーキングスペース、コミュニティカフェ、交流スペース、コミュニティ活動、シェアハウス、ゲストハウスなどなどをつなげるイベントを開催する。声をかけていただいたので、15時30分からNSMCの話をさせていただく予定。

It's a tweetoff @ #thestudiotweetup

By John Biehler

多くの活動紹介が予定されており、名前だけ聞いたことのある活動も多数あるので、交流のきっかけにさせていただければと思う。

一般参加の申し込みは11/12までだそう。コクヨ北陸新潟販売さんの『ライブオフィス』にうかがうのも、大変楽しみだ。

新潟県コミュニティ・フォーラム2012

【新潟県コミュニティ・フォーラム2012】参加申込フォーム

——- 主旨

県内のコワーキングスペース、コミュニティカフェ、交流スペース、コミュニティ活動(朝活、○○会など)、シェアハウス、ゲストハウス、その他もろもろのコミュニティ(もしくはそれらを今後つくりたい人)が一堂に集結し、互いを知り、つながり、ひろがることが目的。

また、新潟県へ移住/移住予定の人、もしくは新潟県とつながりたい方々など、皆さんの活動の場、発表の場の幅が広がることを願い、開催します。

——- 概要

■イベント名
新潟県コミュニティ・フォーラム2012

■日時
2012年11月24日(土)13:00〜19:30
*タイムテーブルは下記に掲載

■会場
コクヨ北陸新潟販売(株)『ライブオフィス』
http://www.kokuyo-h.com/liveoffice/niigata/index.html

■参加方法
エントリーフォーム
http://bit.ly/niigatacf_form
☆応募締切 2012年11月12日(月)24:00

■会費
2,000円
*学生証の提示で500円

■事務局へのお問い合わせ先
west2538@gmail.com 担当: 西村
TEL 090-6193-6086 担当: 卯田(ウダ)

■主催者のメッセージ
昨今、コワーキングスペースはもちろん、県内で新しいコミュニティが各種生まれています。

それらのコミュニティが、会社や自宅につぐ第三の職場であり活動拠点として需要が高まっていることに対応し、一堂に集結する【新潟県コミュニティ・フォーラム2012】という県内初イベントを開催することにしました。

県内のコミュニティ関係者はもちろん、すでに利用されている方、これからの利用を検討される方、今後コミュニティを作りたい方、そしてプレス、行政、教育機関、企業を巻き込んで100人超の規模にするつもりです。

開催宣言後1週間も経たずして数十名の賛同者を得ており、期待の大きさを感じております。

コミュニティが個々に奮闘するのでなく、互いを知り、つながり、ひろがることで、皆さんの活動の場、発表の場の幅が広がることを願っています。

■ゲストスピーカー(以下3名様)

・河田 珪子さま
http://www.chiiki.pref.niigata.jp/dukuri/pickup/no_9.html
新潟県新発田市出身。
全国に広まった常設型・地域の茶の間というコミュニティの創設者。

・広瀬 眞之介さま
https://www.facebook.com/hirose/info
東京・水道橋のコワーキングスペース【ネコワーキング】の代表。
全国の地方コミュニティの成功事例に関わっています。

・金森 裕樹さま
http://www.worksight.jp/
コクヨ WORKSIGHT LAB.
WORKSIGHT編集員。2006年にコクヨに入社。欧州のオフィス家具の国内販売企画や各種イベントプロモーションを担当。2011年には東日本大震災復興支援プロジェクトに所属。2012年よりWORKSIGHT LAB.所属 働くしくみと空間をつくるマガジン[ワークサイト]の編集に携わる。

■情報発信用アドレス

・Facebookグループ
http://bit.ly/niigatacf

・Twitter ハッシュタグ
#niigatacf

☆以上を、フォーラム開催後も新潟県コミュニティの情報交換の場として活用します

■フォーラム当日、ライブ配信します
Ustream番組【PLAGE-TV(プラージュ-ティーヴィー)】にて
http://www.ustream.tv/channel/plage-tv

——- タイムテーブル

▼12:30 開場

▼プロローグ
13:00 開幕の挨拶&1day cafe紹介(プロデューサー・西村 治久)
13:05 会場スポンサーの挨拶(コクヨ北陸新潟販売株式会社)
13:10 ゲストスピーカーの講演 1(常設型 地域の茶の間 創始者・河田 珪子)
13:40 休憩

▼第1部(県内コミュニティ プレゼン)
13:50 新潟駅南・JELLY JELLY CAFE NIIGATA
14:00 新潟市東区・Yumeスペースひだまり/Cafe korarema/シェアベーカリー工房
14:10 新潟市古町・meme
14:20 燕市・Nico*mam
14:30 燕市・サマンサハート
14:40 新発田市・古本いと本
14:50 村上市・地域の茶の間 心のわが家
15:00 休憩
15:10 新潟×朝活/green drinks Niigata
15:20 無名大陸
15:30 新潟ソーシャルメディアクラブ
15:40 新潟フューチャーセンターネットワーク
15:50 シェアハウス/ゲストハウス
16:00 サロン・ド笑天街
16:10 新潟プレゼン研究会
16:20 ビデオレターTime
16:30 休憩&1day cafe終了案内

▼第2部
16:40 ゲストスピーカーの講演 2(東京都 ネコワーキング 代表・広瀬 眞之介)
17:10 近県コミュニティ プレゼン 1(石川県金沢市・cafe? IKAGAWADO)
17:20 近県コミュニティ プレゼン 2(長野県上田市・HanaLab.)
17:30 近県コミュニティ プレゼン 3(栃木県足利市・SPOT3)
17:40 休憩

▼第3部
17:50 コクヨ WORKSIGHT・金森 裕樹『シリコンバレーにみる先端オフィス事例』
18:20 コミュニティデザイナー・唐澤 頼充からの提案
18:30 プロデューサー・西村 治久『フォーラムの今後と予告/本編閉幕の挨拶』

▼エピローグ
18:40 交流会
19:30 撤収
*交流会が始まったら自由解散となります

——-

【下記を必ずお読みのうえ、ご参加ください】

■当日は受付の際、事前にお申し込みいただいたお名前(もしくは団体の代表者名)をおっしゃってください
■駐車場の台数に限りがありますので、あいのりでのご来場をおすすめします
■Wi-Fiおよびインターネット接続環境は各自でご用意ください
■飲食物の持ち込みOKです。ただし、ゴミは各自でお持ち帰りください。また、会場にある当日限りのカフェ(1day cafe)でも軽食を販売しています(にいがた農園倶楽部のおいしい新米を使ったおにぎり等)
■会場内では、相席のうえ交流をお楽しみください。また、開催中の席の移動や飲食、1day cafe/トイレ/キッズスペース/喫煙室の利用、質問はいつでもOKとなっています
*一般的なセミナー形式と違い、席の位置や各種タイミングを固定せず、交流しやすい雰囲気を尊重しています。ご質問ある方は随時、挙手のうえどうぞ
*上記タイムテーブルのうち10分枠のプレゼンタイムでは、各5〜7分のプレゼンのあと、3〜5分のディスカッションタイムがありますので、プレゼンテーターと積極的に意見を交わしてみてください
■ご質問・お問い合わせは、担当・卯田(ウダ)まで TEL 090-6193-6086

——-

■参考事例

・以下、他地域での同様のイベント開催事例です。

▼東京。コワーキングカンファレンス東京2012
http://cct2012.coworking-jp.org/

▼大阪。コワーキング・フォーラム関西2012
http://cfkansai.org/

▼札幌。コワーキング・パーティー
http://www.hkd.meti.go.jp/hokid/20120824/index.htm

以上、皆さんのご参加をお待ちしております。

三条で人気の大衆焼肉「さんきらく」に行ってきた。

昨日、魚沼方面からの帰り、お腹がすいたので三条燕ICで高速を降り、三条の焼肉屋「さんきらく」へ行ってきた。以前に一度、団体で食事に行ったことはあるのだけど、個人でメニューを見て注文するのは今回が初めて。

赤?白?

店内は煙が充満。

土曜夜なので、店は混み合っていて、奥の方は賑やかな団体の声が響いていた。たまたま席が空いたタイミングだったので運良く座ることができたが、その後の何組かが満席であきらめて帰ったようだった。

赤と白が基本のようなので、まずはこの二つが入ったセットを注文。これに380円の単品をとりあえずたのんでみた。「赤」はカシラのタレ味。「白」はモツ。

ナンコツ。かなり硬い。

カシラ。これは「赤」の塩味なので、ダブっているということに後で気がついた。

レバー。

ハツ。

380円メニューのほかに、カルビやハラミも美味しかった記憶があったのだが、残念ながら満腹なので、これで終了。大変おいしゅうございました。アルコールもほとんど飲まなかったので、非常に安くおさまった。

さんきらく
0256-35-4405
新潟県三条市本町1-8-4


大きな地図で見る

さんきらく – 北三条/焼肉 [食べログ]

焼肉の聖地 「さんきらく(三条市)」の魅力 – 肉まみれ ~いつも心にキン肉マン~

ちょうブログ – 大衆焼肉「さんきらく」@三条市

新潟市内で燕三条系ラーメンといえば福来亭(関屋)

燕三条界隈の名物「背脂ラーメン」は、知名度が上がり、東京でも食べられるようになったらしいが、燕三条の人々から見ると、新潟市内の燕三条系を名乗る店でも、「話にならない」店が結構あるんだとか(ちなみにどこが「話にならない」店なのかはわからない)。そのような燕三条ラーメン通の教えを受け、燕の杭州飯店の味に魅せられた自分も、新潟市内では燕三条系のラーメンに手を出すことがほとんどなくなった。

しかしそんな中で燕三条の人々が一目置いている(と思われる)、新潟市内の老舗が、福来亭。たしか燕三条にも同じ名前の店があって、そこから暖簾分けと聞いたような気がするが、記憶は定かではない。最近はおみやげも販売しているほどの人気店だが、実は行ったことがなかった。今日初めて訪ねてみた。

店構えは、いたって普通の、昔からあるラーメン屋の雰囲気。

ウェブでのコメントを参考にしつつ今日はチャーシュー麺に。麺は太麺で燕三条の感じに近い。油の量はさほど多くなく、意外とあっさりとした味であった。やはり燕三条系とはいうものの、杭州飯店なみの濃厚さでは、ちょっと新潟人にはウケないのだろうか。ライトな燕三条系だが、油の量が気になっていた自分としてはかえって好都合だ。燕の福来亭も、同じような味なのだろうか。

駐車場は少なく、裏手の駐車場はわかりにくいので、そこがちょっとだけハードルが高いのだが、燕まで遠征することを思えばかなり楽。また訪ねてみたい。

福来亭 ふくらいてい – 関屋/ラーメン [食べログ]

住所 新潟県新潟市中央区関屋大川前2-3-10
営業時間  10:00~15:00(売り切れ次第終了)
定休日 日曜日

敬和学園大学の広報誌「敬和カレッジレポート」に寄稿:新潟のソーシャルメディアと敬和での教育について

フランス出張の前にすでに公開になっていたのだが、告知が遅れてしまった。
敬和学園大学の広報誌「敬和カレッジレポート」の69号に寄稿した。

内容は、2006年から敬和で情報教育を担当するようになって取り組んできたことや、新潟ソーシャルメディアクラブ(NSMC)、新潟フォトウォークなどの「新潟」でのプロジェクトについて。大学での活動については5年半とりくんできて、ようやく大学の広報誌にとりあげてもらえるようになった。実は大変感慨深い。今年もゼミの希望者は伸び悩んだようだし、大学や学科の中で、認知度が高まるまでの道のりはまだまだ長いのだが、「ソーシャルメディアで風通しがよくなった」大学として、その結果みんながハッピーになった大学として、認知度が高まっていくよう、さらに努力を積み重ねていこうと思う。またNSMCやフォトウォークも、同僚の皆さんには、ちんぷんかんぷんの世界なのかもしれないが、それでもとりあえず、自分の活動について知ってもらうきっかけになったとすれば、大変うれしい。

Keiwa Campus Report Vol.69

View more documents from Shinya ICHINOHE.
校正前の原稿なのでひょっとすると中身が少し違うかもしれないが、すでに公表から時間もたったことだし、以下にテキストを貼り付けておこう。

敬和学園大学に「情報」科目の担当として着任して、5年が経ちました。これまでの5年間、前例にとらわれず、変動する情報社会に適応できる学生を育てようと努力してきました。せっかくの機会をいただきましたので、学内外でのソーシャルメディアを利用したこれまでの取り組みを、ご紹介させていただこうと思います。

 

着任当時ネット業界では、「Web 2.0」という言葉がもてはやされ、インターネットは次の時代に向かうという機運にあふれていました。この言葉はあまり使われなくなりましたが、「ソーシャルメディア」という昨今使われ始めた言葉が意味するところもまた、当時言われていたことの発展形といっていいでしょう。情報の送り手と受け手の分断された関係が終わりを告げ、ユーザの活動自体がコンテンツになるという潮流は、今も変わらず、社会の中で進行する現象そのものです。

 

当時新潟には、あるいは敬和学園大学の中でも、新しいウェブの潮流が広がっていく機運は、ほとんどありませんでした。しかし人文系の敬和だからこそ、学生や教職員の活動を支えるような、先進的なネット文化を育てられるのではないか。そう考えた私は、少しずつ新しいウェブの世界を授業の中に取り入れて行きました。残念ながら、当初の学生の反応はあまり芳しくありませんでした。2007年度から一部の授業で学生たちにも教え始めたTwitterは、まだメニュー部分が英語でしたし、学生たちの多くは、授業の後、普段から使っているmixiに戻りました。今思えば不遇の時代でした。

 

この間、私自身はしばしば上京して、ブロガーの集まる各種勉強会やイベントなどに積極的に参加して、進取の精神にあふれた人々にお会いしました。こうした経験の中で、学生がこの流れについてくるまでには少し時間がかかるかもしれないが、まずは新潟県内の社会人を対象に、コミュニティを作ってみようと考えるに至りました。

 

まず手始めに2009年から、当時の2年ゼミ(現4年)の学生たちと「新潟フォトウォーク」をスタートさせました。フォトウォークは、決まったコースをみんなで歩き、それぞれの視点で写真を撮るイベントで、撮った写真をFlickrなどの写真共有サイトにアップロードします。最初のフォトウォークは2009年6月に新潟市の上古町で開催しました。さまざまなサービスを通じて告知をしましたが、最初の参加者は10名でした。その後TwitterやFacebookが新潟でも普及するようになったことで知名度もあがり、徐々に参加者も増えるようになりました。これまで開催したのは、村上、新発田、五頭温泉(阿賀野市)、新潟、燕、田上、栃尾(長岡市)、弥彦、高柳(柏崎)、佐渡。最近は、開催地までの距離にもよりますが、毎回おおよそ30名以上の参加があります。9月に新潟市古町で開催した際には、50名もの参加がありました。

 

新潟フォトウォークで撮られた写真は毎回1000枚以上あり、位置情報のついたデータも多いので、アプリを利用して、iPhoneやiPadで地図からこれらの写真を見ることも可能です。単に写真を撮って歩くというだけでなく、地域の共有データベースを作っていくという「社会貢献」としての要素も、この活動には含まれていると考えています。

 

2009年には、新潟でも徐々にTwitterのユーザが増え始め、こうした人たちがフォトウォークにも参加してくれたり、小規模ながらリアルイベントも開催されたりするようになります。私自身もこのころから少しずつ、各種メディアなどで「Twitterに詳しい」敬和学園大学の教員として登場させていただくようになります(「Twitterに詳しい」という形容は、ちょっと恥ずかしいのですが)。2009年12月には、敬和学園大学のTwitterアカウント @keiwacollege が本格運用となり、大学の広報担当者から、さまざまな情報発信が行われるようになります。

 

こうした機運を受けて、2010年1月29日、新潟のコミュニティ「新潟ソーシャルメディアクラブ」(略称:NSMC)がスタートします。この日の参加者は70人ほど。ちょうどテレビ局もTwitterについて取材していて、この時の様子はテレビで放映されました。NSMCは私を含む7名のスタッフが運営していますが、会員組織を作るわけではなく、毎回オープンに誰でも参加できる形で開催しています。これまで9回のイベントを開催、新潟フォトウォークもNSMC主催として実施していますので、すでに20回以上イベントを、NSMCとして開催していることになります。イベントには、メディアジャーナリストの津田大介さん、ビデオジャーナリストの神田敏晶さん、テーブルマーク広報(当時)の末広栄二さん、アルファブロガーのコグレマサトさん・いしたにまさきさんなどをお招きし、お話をうかがうとともに、さらなる交流につなげてもらっています。私自身、これらの活動を通じて、多くの人々と知り合いになり、新潟県内各地に頼れる友人ができました。

 

NSMCというコミュニティの目的は、孤立する「アーリーアダプタ」(新しいウェブのサービスをいち早く試そうとする人たち)を支援すること。「アーリーアダプタ」の多くは、ネットオタクで話の通じない人たちではなく、むしろ非常にオープンで、コミュニケーション能力も高い人が多いのですが、新潟ではまだまだ少数派です。新しいツールを自社の仕事の中でも積極的に活用しようとして、社内で理解を得られず、苦しんでいる人も多いです。NSMCはこうした人たちをバックアップし、交流するための「場」を提供しつづけたいと思います。

 

ソーシャルメディアが普及する中で、敬和学園大学の中でも学生たちの理解も進み、TwitterやFacebookの利用が広がっています。Twitterは2010年から、必修の情報処理論1(と情報メディア論1)の授業で全員に教えるようになりました。使い方を教えるにとどまらず、「ハッシュタグ」という共通のキーワードを設定して、授業中の情報共有にも活用しています。学生のその場での書き込みをスクリーンに表示しながら進行しますので、講義内容の要約や質問が飛びかうことになります。学生たちも、最初はとまどいますが、みんなで情報を共有することの価値に、徐々に気付いてくれます。授業以外でも、教務課から休講情報が発信されるとともに、その他ささいな相談事も、差しさわりのない範囲でTwitterで共有されています。学生への普及が進んだ結果、広報、入試、就職などの各部門も、学生や地域の皆さんと交流するツールとして、TwitterやFacebookを活用していますし、教員の中にもTwitterやFacebookを使うメンバーが増えてきました。ソーシャルメディアを通じた「風通しの良い」大学が、ますます実現しつつあります。

 

私のゼミ生たちには、Ustreamというインターネット生放送サービスを利用して、お昼休みの生配信番組「Keiwa Lunch」を放送してもらっています。企画からゲストへの出演交渉、当日の進行まで、学生たちに全部自力でやってもらっています。この取り組みは新潟日報でも大きく取り上げていただきました。

 

ゼミ生たちには、新潟ソーシャルメディアクラブのイベントにも、できる限り参加するように指示しています。遠出をしたり、懇親会に出るのにはお金がかかるのですが、それ以上に得るものも多いと思います。県内各地の商工会議所などのTwitter・Facebook講習会に、私が講師としてうかがう際にも、できるだけ学生たちをアシスタントとして連れて行き、社会人のソーシャルメディアへの関心を、肌で感じてもらうようにしています。

 

これらの取組みは、「ネットに強い学生を育てる」という単純な意味で行っているものではありません。社会のあり方が変わり、一人一人が組織を離れても生きていける力が求められる中で、自ら発信し、人々とつながっていく力のある学生を育てていこうというのが、本当の狙いです。その上で大学では、検索エンジンで調べればわかることを教えるのではなく、その先を学生と教員が一緒に切り開いていく教育を、行う必要があると考えています。

 

ソーシャルメディアを利用した「風通しのよい」環境づくりは、敬和の掲げるリベラルアーツ教育の、本質の一部です「敬和カレッジ・レポート」の読者の皆さんとも、TwitterやFacebookでますますつながりや共感を深め、協力関係を深められるようになりたいと思います。

FM

燕三条エフエム「twiフレンズ」に出演

燕三条地区のコミュニティFM「ラジオは~と」の番組「twiフレンズ」に出演してきた。「ラジオは~と」は燕三条駅の中にある。のは知っていたのだが、どこにあるのかわからずにいったので、しばらく駅の中を歩きまわることになった。
FM

続きを読む

新潟日報連載「地域へ世界へ-県内大学研究室から」にて一戸信哉研究室紹介

2011年3月5日、新潟日報朝刊10面にて、僕とゼミの学生たちを紹介する記事「ソーシャルメディアを活用 敬和学園大学 一戸信哉研究室」を紹介していただいた。書いてくださったのは、吉岡和彦編集委員。
æ�°æ½�ç��ã�®ã�½ã�¼ã�·ã�£ã�«ã�¡ã��ã�£ã�¢å��é§�è��ä¸�æ�¸å��ç��ã... on Twitpic

続きを読む

弥彦神社、新潟県、日本。 yahiko jinja, niigata city, japan

新潟フォトウォーク 第六回: 弥彦、桜咲く(はずの)4月10日(土)開催(参加者募集中)

前回の村上フォトウォークからあまり日が経っていないが、次回の新潟フォトウォークの企画が固まってきたので、ご案内。4月10日、桜が開花しているはずの弥彦での開催が決定した。
申込はいつもの通り、以下のATNDで。

弥彦神社、新潟県、日本。 yahiko jinja, niigata city, japan

続きを読む

Googleストリートビュー、新潟でもスタート

敬和の授業で紹介した際に、ほぼ100%の学生が知らないGoogleストリートビュー。新潟県民にあまり関係のない風景ばかりだったこのサービスが、明日から新潟でもスタートする。

リンク: 新潟日報社 netpark ::: 「ストリートビュー」県内でも開始.

米インターネット検索大手のグーグル社は1日、地図上のある地点の風景を360度のパノラマ写真で眺められるネット上のサービス「ストリートビュー」の対象エリアを2日から本県にも拡大すると発表した。
 

県内では新潟、阿賀野、五泉、佐渡、新発田、胎内、燕、阿賀、出雲崎、川口、聖籠、田上、関川、弥彦の14市町村が主な対象。公道から撮影した風景などを公開する。

新潟市内だけではなく、新発田、聖籠、阿賀野、胎内など、敬和の学生たちに比較的縁の深い阿賀北エリアもカバーされているようだ。来学期の授業で紹介した際に、どれぐらいの学生から「それ知ってる」という反応が出るか。

明日は敬和学園大学界隈の風景をストビューで探ってみようと思う。

分水おいらん道中

先日、今年から僕のゼミに所属することになった学生に、出身地が「ぶんすい」だといわれて、どこにあるのかわからなかった僕だが、今日は「分水」で行われる「分水おいらん道中」を見に行ってきた(実際には学生にいわれる前に、新聞でこのイベントのことを知っていので、「分水」のことも知らなかったわけではないけれど)。

「分水」というのは、少し前まで分水町だったところで、現在は燕市になっている。

続きを読む

停電で上越新幹線が停止

新潟発着の列車、今日はあちこちで大荒れで、在来線がいなほを含めてずいぶん運休するという情報があったのだけど、上越新幹線も止まったようだ。

リンク: 停電で上越新幹線が停止.

停電で上越新幹線が停止   浦佐-燕三条間

 24日午前9時ごろ、上越新幹線の浦佐-燕三条間の上下線で停電し、越後湯沢-長岡間で上下線とも運転を停止した。JR東日本が原因を調べている。

 同社によると、停電から約5分後に下り線のみ復旧したが、上り線は停電が続いた。

今日は東京開催の会議を欠席することにしたのだけれど、行くことになっていたら立ち往生だったのだろうか。

新潟-東京間は、2時間ちょっと。「ご利用の多いお客様」への割引をもうちょっと改善してほしいとか、価格面での不満はある。しかし、距離のハンディをそれほど感じることなく、活動することができているのは、新幹線のおかげだ。天災等でひとたび新幹線が止まってしまうと、新潟ー東京間は300キロ以上離れているという現実に、一気に引き戻されることだろう。

追記:この記事をアップすると同時に、47Newsの速報に運転再開の記事が出た。当初ネットユーザに完全に無視された47Newsだが、Twitterの非公式Botで存在感を復活させた(させてもらった?)ように感じる。ニフティクリップとはてなブックマークへの登録ボタンがついたけれど、過去記事も保存・公開した状態になるのだろうか。52新聞社と共同通信の連合サイトだということを考えると、足並みをそろえるのは無理か。