タグ別アーカイブ: 燕

動画「燕三条ものづくりまるかじり」を公開

2月末にKeiwa Lunchチームで取材に行き、燕三条の「ものづくり」を取材してきた映像が、ようやくダイジェスト版としてまとまった。春休み中に終わらせることができず、結果公開まで時間がかかってしまった。

詳細な部分は省かれているが、非常に充実したツアーになっていることはお分かりいただけるかと思う。

今後、個別の訪問先で撮影した映像も、まとめていきたいと思う(実は編集のできるメンバーが少なすぎる、、、)。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunchチームで燕三条の「ものづくり」を取材

2月25日、敬和学園大学で行なっているUST番組「Keiwa Lunch」で燕三条を訪問、「ものづくり」の現場を取材に行ってきた。撮影した動画は編集の上、Youtubeで公開の予定。

コーディネートしてくださった倉又清彦さん、訪問先で対応してくださった皆さん、どうもありがとうございました。

出演は、Keiwa Lunch MCの西方、まるり、横田。さらにゲストとして、三条出身の3年生野口さんにも参加してもらった。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

お世話になった訪問先を紹介。

1. 磨き屋一番館
県央マイスターの田中三男さんに指導していただき、学生たちが「磨き」体験。
Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

燕研磨振興協同組合 » 「燕市磨き屋一番館」事業概要

2. 島倉堂
個人的には以前フォトウォークで訪問したところ。鎚起銅器の制作現場を見学。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

鎚起銅器(ついきどうき)の島倉堂

3. ビストロNAOMI
ランチは、吉田駅前のフレンチレストランで。女子学生たちにも大変好評でした。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

NAOMI ナオミ – 吉田/フレンチ [食べログ]

4. 小林工業
こちらもフォトウォークで以前お世話になったところ。Luckywoodのブランドでカトラリーを作っている小林工業さん。フォトウォークのときは週末だったので工場に人はいなかったが、今回は職人の皆さんが働いているところを見せていただいた。大きな機械でスプーンの形状ができていくプロセスはすばらしかった。スプーンの違いでアイスクリームの味が変わる、という体験も、全員で行うことができた。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

LUCKYWOOD|小林工業株式会社

5. Snow Peak本社
新社屋が話題のSnow Peakさんでは、スノーモービル、スノーシューを体験。天気が悪い中、学生たちを載せたバナナボートをスノーモービルで牽引してもらった。カメラマンのうちの1人は、スノーモービルの後部席に乗って動画を撮影したのだが、なかなか迫力ある映像が撮れた。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー

6. 武田金型製作所
最後、18時を過ぎてから受け入れてくださったのが武田金型製作所さん。こちらもフォトウォークで以前うかがっている。残念ながらスケジュールがおしてしまい、十分見学する時間がとれず、申し訳なかった。一度武田金型スペシャルをやりたいと思います。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

[TKD]株式会社武田金型製作所 <プレス金型製作・設計>

敬和学園大学にも、燕三条地域出身の学生は結構いるのだが、県央地域は大学のある新発田からは新潟を挟んで反対側。学生たちは燕三条の「ものづくり」について、ほとんど予備知識なく出かけていったが、すべての場所で親切にご対応いただき、有意義で楽しい時間を過ごすことができた。地元新潟の学生たちが、県内企業の現場を理解するというのは、学生には大きなメリットがあるし、経済界にも長期的にプラスの効果をもたらすはず。Keiwa Lunchの活動を拡張していく中で、県内各地にお邪魔する機会を、今後も作って行きたいと思う。もし面白い企画案があれば、お知らせください。

Gold Gardを持つ燕商工会議所高野さん

Keiwa Lunchチームで、燕商工会議所の新製品「Gold Gard」のPVを制作

以前予告編を公開した、燕商工会議所の新製品「Gold Gard」。見田大輔くん編集の動画が完成し、先週ビッグサイトで開催されたギフトショーで、使っていただけたようだ。すでにFacebookやYoutubeでは公開済みだが、あらためてブログにはっておこう。

写真右下のディスプレイに、映像がうつっているのが確認できるかと思う。1月下旬に燕商工会議所にうかがって1日で撮影、その後見田くんが編集をがんばってくれた。

Gold Gardを持つ燕商工会議所高野さん

Gold Gardは、ゴールドカード風のカードで、ステンレススチールに24金メッキを施したもの。ノーベル賞で使われた食器と同じ仕上げを行っている。Gold Gardの硬さで、クレジットカードが折れないように「ガード」するというダジャレ商品。真面目に語っているが笑ってしまうという線を狙った動画だ。

Keiwa Lunchチームが、燕商工会議所で撮影 | ICHINOHE Blog

一戸が制作した予告編はこちら。風でレポーターが飛ばされそうになっている映像は、結局本編では使われなかった。

Tsubame CCI 20130125

Keiwa Lunchチームが、燕商工会議所で撮影

昨年12月の「Beソーシャル!セミナー」でご一緒にした、燕商工会議所の高野さんからお誘いいただいて、燕で撮影をすることに。先週金曜に、燕商工会議所に学生たちを連れて行き、撮影をさせていただいた。

Tsubame CCI 20130125

目的は、高野さんのチームが計画中の、燕の金属加工技術を利用した新しい商品のビデオ撮影。商品は、12月のセミナーのときに見せていただいたモノだが、「ネタ」っぽいところもあるので、学生に映像を制作させてもらえることになったのだと思う。これから学生が編集して、よい作品にしあげてくれると思う。納得の仕上がりになれば、展示会場などでも使っていただけるそうだ。

以下は一戸が作った予告編。予告編なので商品名は出ていないが、この商品を見たことがある人にはすぐに分かってしまう内容。

撮影に参加したのは、MCの西方、撮影の見田とアシスタントの長井。最小限のチーム編成だったが、よいチームワークで効率よく撮影することができた。帰りには燕三条地場産業振興センターにも立ち寄ることができた。学生たちは全員新潟市在住で、燕三条の産品をよく知らなかったようなので、よい勉強になったのではないか。

[rakuten]aruarutsuhan:10001104[/rakuten]
[rakuten]aruarutsuhan:10001105[/rakuten]
[rakuten]happyhappy:10013515[/rakuten]
[rakuten]gs:10010115[/rakuten]