タグ別アーカイブ: 燕三条

新潟観光を欧米テイストでまとめた映像「What to do in Yahiko Village | Niigata, Japan」

数年前まで、新潟のコンテンツをYoutubeで探しても、女子高生のスカートの短さを伝えるものやアルビレックス新潟のゴールシーンぐらいしかなかった。今はだいぶコンテンツが増えてきたが、海外からの観光客が増える中で、ようやく新潟の動画も英語で出てきたよう。

「What to do in Yahiko Village | Niigata, Japan」は、コンセプトが特別な番組ではなく、東京から上越新幹線に乗ってきて、弥彦、燕三条、寺泊をめぐる旅映像。日本人がつくるのとは違う欧米テイストの仕上がりで、カメラワークもすばらしい。

Learn about and explore what to see and do in the hidden gem of Yahiko Village in Niigata Prefecture, Japan. Completely worthwhile btw!
LET ME KNOW: If you went to Yahiko, what are you most interested to see/do??

Finally!!!! someone pays me to make a travel video! Thank you Yahiko Village for inviting me to your wonderful town and sponsoring this video!

Hebrew subs by: Ira chan!!! – https://www.youtube.com/watch?v=6BwOj8F0PSs

More info on Yahiko:
-https://www.odigo.travel/neighborhoods/577b2c4769702d0edf1f0000
-http://www.japan-guide.com/community/mfedley/report-1649
-http://www.e-yahiko.com/english-welcome

Subscribe to everyone on the trip:
Mao: https://www.youtube.com/channel/UCflli65jykYa6D0AU8JSuGA
R&J: https://www.youtube.com/user/MyHusbandisJapanese
Mimei: https://www.youtube.com/user/mimei
Joey: https://www.youtube.com/user/TheAn1meMan
Kasia: https://www.youtube.com/user/TheUwagaPies
Chris: https://www.youtube.com/user/okanochris
Me: https://www.youtube.com/happyinjapan

Keep up with Andrew:
►http://www.twitter.com/andrewdmarston
►http://www.instagram.com/andrewdmarston
►Snapchat: andrewdmarston

Follow/Sub Happy in Japan:
►http://www.youtube.com/HappyInJapan
►http://www.facebook.com/HappyInJPN

Camera gear: Nikon D750, GoPro Sessions, Sony A7SII, Canon G7X, Sony rx100m3, Nikon F2, nintendo64!!!!!
Software: Adobe Premiere Pro, After Effects, Photoshop, Illustrator

あいかわらず「利用者不在」の新幹線駅名:「奥津軽いまべつ」「新函館北斗」

北海道新幹線の北海道北斗市までの駅名が決定しました。新青森からの先は「奥津軽いまべつ」「木古内」「新函館北斗」になります。

JR北海道は11日、北海道北斗市で建設が進む北海道新幹線の新駅名を「新函館北斗」、青森県今別町の新駅名を「奥津軽いまべつ」にすると発表した。札幌市の本社で記者会見した島田修社長は「多くの人に愛され、使ってもらえる駅になってほしい」と述べた。

 新函館北斗は「新函館」との仮称だったため北斗市側が反発。函館市との協議もまとまらず、両市はJR北海道に一任していた。禍根を残すことを恐れた同社は道に意見を求め、道は新函館の仮称がなじんでいるとする一方、立地する北斗市への配慮も求めていた。

 島田氏は「新函館北斗なら新幹線が函館行きであり、駅が北斗市にあることも分かる」と命名理由を説明した。

北海道新幹線新駅名は新函館北斗、奥津軽いまべつ  :日本経済新聞

北海道側の、駅の所在地である北斗市に配慮しつつも、おそらくメインの訪問地となる函館市の玄関口としての機能を重視して「新函館北斗」という名前になったということでしょう。たしかに北斗市のイメージはあまりないので、駅名に入ることにより、北斗とはどんなところなのか、想起してもらえる効果はあるように思います。

青森側の最北の駅「奥津軽いまべつ」の決定の経緯もまた、なかなかややこしいです。現在の駅が「津軽今別」で、新駅は「奥津軽」という駅名が当初予定されていましたが、今別町の提案に沿う形で「奥津軽いまべつ」に落ち着いたということです。

函館の集客力を前にすれば、現在の終着駅である青森ですら存在がかすみ、「通過駅」の存在になってしまう懸念があります。実際新青森開業の際にも、「函館まで延伸する前に、『通過駅』にならないよう自力をつけなければ」という話がでていたように記憶しています。はたして「自力」はついたといえるのか。青森出身者としては、実は正直、この点も心もとないです。

「北斗」は「函館」にくっついて名前が表示されることにより、存在を認知される可能性があるでしょう。北斗市については、ずーしーほっきーのイメージはありますが、そのほかは特に強く記憶に残っているものはありません。しかし駅の利用者はそれなりに見込まれるわけですから、これでも十分な宣伝効果があるのではないかと思います。

かたや「今別」はどうか。これは非常に苦しいところです。青森県今別町は、日本創成会議が先日発表した、全国市区町村別「20~39歳女性」の将来推計人口によると、2050年の「20~39歳女性」は、2010年の数との比較で-88.2%となる町です。人口も1200人台まで落ち込むと予想されています。あくまで予想といえば予想ですが、今別はつまり、圧倒的な「過疎」の町です。この今別を救済するいわば「起爆剤」として、「奥津軽」に「いまべつ」をくっつけるという案が提案され、採用されたということになります。地元が要望する気持ちは痛いほどわかりますが、この名前だけで、駅の乗降客が増えるとは考えにくいです。

ところでこれらの決定の経緯に、一般の利用者の利益はどれぐらい考慮されているのでしょうか。一般の利用者は、(鉄道ファンでもなければ)現時点でこれらの駅にさほどの関心はないので、どうしても「地元」の声が強まります。しかし長い駅名は、利用者にとってのメリットは少ないです。

上越新幹線では、「燕三条駅」がその典型でしょう。隣接する燕市と三条市、どちらの駅名にするかなかなか決まらず、結局2つ合わせた駅名になったと聞いています。「燕」が先か「三条」が先かが争われ、「燕」が先になったけれども、駅長室は三条市になったというような話を聞いたことがありますが、正確なところはわかりません。つまりそれぐらい、駅名をめぐる争いは激しかった。しかし今はどうでしょうか。実は燕市、三条市というそれぞれの存在よりも、圧倒的に「燕三条」という地名が存在感を得ています。他県の方の中には、燕市と三条市ではなく、燕三条市として認識している人もいるのではないでしょうか?

「奥津軽」という切り口はこれまで認識されてこなかったもので、青森の中でも津軽半島の北部には、津軽海峡をのぞんだ雄大な自然があるのではないかという、印象を持たせてくれます。そこに「いまべつ」をつけるかどうかは、正直利用者にとってはどちらでもよかったのではないかと思います。今別町にとっては、短期的に町の知名度があがるという効果がありそうですが、それだけでは乗降客は増えないと思います。むしろ「奥津軽」としてのブランドをどう築いていって、新青森でもなく新函館北斗でもないこの駅を、どうやって利用してもらうかを考えることが大事ではないかと思います。

さもなくば、新函館北斗駅に向かう乗客に、「誰もいないのになんで止まるんだろうなあ。政治駅だよな。」といわれる存在になってしまうことでしょう。

(Yahoo!ニュース個人より転載)

動画「燕三条ものづくりまるかじり」を公開

2月末にKeiwa Lunchチームで取材に行き、燕三条の「ものづくり」を取材してきた映像が、ようやくダイジェスト版としてまとまった。春休み中に終わらせることができず、結果公開まで時間がかかってしまった。

詳細な部分は省かれているが、非常に充実したツアーになっていることはお分かりいただけるかと思う。

今後、個別の訪問先で撮影した映像も、まとめていきたいと思う(実は編集のできるメンバーが少なすぎる、、、)。

古町どんどんに古賀絵里子さん登場「番組最後の締めコメ、記憶にないことがある」

昨日から開催されているイベント「古町どんどん」の企画で、BS-TBS「おんな酒場放浪記」に出演中の写真家、古賀絵里子さんのトークショーが行われた。聞き手は劇団NAMARAの江口歩さん。

 

会場につくと、古町どんどんに出展している店は、ほぼ店じまい状態で、天気も悪く人通りは少なくなっていたのだが、7番町の屋外ステージ(雨のため当日変更)の前に、100人ほどの人が集まっていた。開始前からステージには江口さんが立って、いろいろ話しながら空気を和ませていた。開始後も、江口さんが上手に話題をふり、会場との一体感を作っていた。

古町どんどん特設ステージ

古賀さんにはおそらく、新潟(とくに新潟市内)のイメージはほとんどなかったと思うが、取材で燕三条や佐渡に来たことはあり、佐渡でのテレビ取材がきっかけとなって、酒場放浪記への出演依頼が来たという。佐渡でのテレビ取材は、写真家として佐渡を訪ねて撮影するという企画で、取材先の佐渡は「好きな酒蔵を訪ねる」のが目的で自分で選んだそうだ(このイベントは、石本酒造がスポンサーで、来場者に越乃寒梅が一杯づつ配られていたこともあり、どこの酒蔵がお気に入りかは、明らかにされなかった)。

江口さんはこちらの動画で予習していたようで、ベンチの端にすわって倒れそうになったり、「ケダモノの香りがする」とコメントしたり、という、古賀さんの「天然」エピソードを紹介し、上手に彼女の個性に迫っていた。

個人的に印象深かったのは以下の二点。
– 番組最後の「締めコメ」、締めのコメントで、何をしゃべったか覚えていないことがある。

吉田類さんの「酒場放浪記」同様に、「おんな酒場放浪記」でも、お店から出てきて最後に「ほろよい」でお店についてコメントするというのが、この番組の一つの見せ場。この日も「実は飲んでいるのは水なのでは?」という質問が出ていたが、ちゃんとお酒を飲んでいるそう。吉田さんや古賀さんは、やや呂律が回らなくなっていることもあり、「最後のコメントを考えながら、楽しく飲む」というのは、なかなか大変だろうなと思ったのだが、実は「何をしゃべったか覚えてないことがある」んだとか。オンエアを見て、「え、こんなことを話してたんだ!」ということになるのだろう。

– 番組の台本はない。前日「ここいってください」と言われる。

佐渡で取材した番組を見て、出演依頼があったという話の中で、江口さんからは「初めて入っていくお店にもすっと馴染んで入っていけると思われたのだろう」とコメント。実際に番組の台本はない(ほとんどない、だったかもしれない)そうで、前日に「この店に行ってください。」といって突撃するのだそう。都内の人に聞くと、「今日は◯時から酒場放浪記の取材が入るんで」といったやりとりを、店の人とすることがあるらしいので、ということは、本人にも事前に情報を入れておくこともできるだろうし、事前打ち合わせも可能なんだろうけど、あえてそれはやらないで、「天然」の古賀さんに突撃させているのかもしれない。

全体的には、江口さんの話芸で、古賀さんの個性がうまく引き出された面白いトークであった。最後の質問が異性の好みを聞く方向に集中したのは、まあ「お約束」だろうけど、うーん、というところ。もう少し日本酒に関する方向に展開したほうが、世代性別を超えた話題になったような気もする。

よくわからなかったのは、撮影・録音が禁止だった件。酔っぱらって近づいてくる人がいないようにしておくのは大事だと思うけど、そこまで厳格にやる必要があったのだろうか(フラッシュ禁止ぐらいでよかったような)。アーケード街の公開ステージでやるわけだから、実際規制することは困難で、たびたび江口さんが「大人の事情で撮影は、、」と言わされていたのは気の毒であった。しかも「事務所のほうから、、、」と江口さんが言ったら、「私事務所はないです。」と古賀さんがしゃべってしまい、じゃあ「誰の都合なんだ?」という状況になっていた。実は本人からNGが出ていたのかもしれないけれど、主催側が過剰に気を使ったのでは?と思ってしまった。うがりすぎだろうか。

それともう一つ、古町どんどんが「店じまい」になっていたのも謎。トークイベントが終わってから、それぞれ個店に飲みに行くのでもよいし、その前に買い物を済ませてからというのでもかまわないけれど、「客寄せ」として期待していたのであれば、時間帯の設定には疑問が残る(ゲストの都合かもしれないが)。そもそも古町どんどんは、静まってしまった商店街に対する「カンフル剤」で、すっかり古町から離れてしまった人々に、「結構楽しいところだな」と思わせるのが目的のはず。だとすれば、昨日久々に古町に集まった古賀ファンは、古賀さんを見て満足したと思うけれど、「魔法」が解けて静かになった(しかも雨が降ってどんよりした)古町を歩いて、帰ることになったわけで、「寂れた古町」という印象を払しょくすることにはつながらなかったのではないか。

少し苦言っぽいことを書いてしまったが、古町らしい「文化的」なよいイベントであったと思う。ソーシャルメディアとの口コミとのうまく連携することなど、いくつか課題は残るけれども、これからもよい企画を続けていって欲しいと思った。

【おんな酒場放浪記】古賀絵里子さん【写真家】 – NAVER まとめ

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunchチームで燕三条の「ものづくり」を取材

2月25日、敬和学園大学で行なっているUST番組「Keiwa Lunch」で燕三条を訪問、「ものづくり」の現場を取材に行ってきた。撮影した動画は編集の上、Youtubeで公開の予定。

コーディネートしてくださった倉又清彦さん、訪問先で対応してくださった皆さん、どうもありがとうございました。

出演は、Keiwa Lunch MCの西方、まるり、横田。さらにゲストとして、三条出身の3年生野口さんにも参加してもらった。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

お世話になった訪問先を紹介。

1. 磨き屋一番館
県央マイスターの田中三男さんに指導していただき、学生たちが「磨き」体験。
Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

燕研磨振興協同組合 » 「燕市磨き屋一番館」事業概要

2. 島倉堂
個人的には以前フォトウォークで訪問したところ。鎚起銅器の制作現場を見学。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

鎚起銅器(ついきどうき)の島倉堂

3. ビストロNAOMI
ランチは、吉田駅前のフレンチレストランで。女子学生たちにも大変好評でした。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

NAOMI ナオミ – 吉田/フレンチ [食べログ]

4. 小林工業
こちらもフォトウォークで以前お世話になったところ。Luckywoodのブランドでカトラリーを作っている小林工業さん。フォトウォークのときは週末だったので工場に人はいなかったが、今回は職人の皆さんが働いているところを見せていただいた。大きな機械でスプーンの形状ができていくプロセスはすばらしかった。スプーンの違いでアイスクリームの味が変わる、という体験も、全員で行うことができた。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

LUCKYWOOD|小林工業株式会社

5. Snow Peak本社
新社屋が話題のSnow Peakさんでは、スノーモービル、スノーシューを体験。天気が悪い中、学生たちを載せたバナナボートをスノーモービルで牽引してもらった。カメラマンのうちの1人は、スノーモービルの後部席に乗って動画を撮影したのだが、なかなか迫力ある映像が撮れた。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

スノーピーク オフィシャルサイト アウトドア/ナチュラルライフスタイル用品 製品 製造・販売メーカー

6. 武田金型製作所
最後、18時を過ぎてから受け入れてくださったのが武田金型製作所さん。こちらもフォトウォークで以前うかがっている。残念ながらスケジュールがおしてしまい、十分見学する時間がとれず、申し訳なかった。一度武田金型スペシャルをやりたいと思います。

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

Keiwa Lunch特別取材 in 燕三条 20130225

[TKD]株式会社武田金型製作所 <プレス金型製作・設計>

敬和学園大学にも、燕三条地域出身の学生は結構いるのだが、県央地域は大学のある新発田からは新潟を挟んで反対側。学生たちは燕三条の「ものづくり」について、ほとんど予備知識なく出かけていったが、すべての場所で親切にご対応いただき、有意義で楽しい時間を過ごすことができた。地元新潟の学生たちが、県内企業の現場を理解するというのは、学生には大きなメリットがあるし、経済界にも長期的にプラスの効果をもたらすはず。Keiwa Lunchの活動を拡張していく中で、県内各地にお邪魔する機会を、今後も作って行きたいと思う。もし面白い企画案があれば、お知らせください。

Tsubame CCI 20130125

Keiwa Lunchチームが、燕商工会議所で撮影

昨年12月の「Beソーシャル!セミナー」でご一緒にした、燕商工会議所の高野さんからお誘いいただいて、燕で撮影をすることに。先週金曜に、燕商工会議所に学生たちを連れて行き、撮影をさせていただいた。

Tsubame CCI 20130125

目的は、高野さんのチームが計画中の、燕の金属加工技術を利用した新しい商品のビデオ撮影。商品は、12月のセミナーのときに見せていただいたモノだが、「ネタ」っぽいところもあるので、学生に映像を制作させてもらえることになったのだと思う。これから学生が編集して、よい作品にしあげてくれると思う。納得の仕上がりになれば、展示会場などでも使っていただけるそうだ。

以下は一戸が作った予告編。予告編なので商品名は出ていないが、この商品を見たことがある人にはすぐに分かってしまう内容。

撮影に参加したのは、MCの西方、撮影の見田とアシスタントの長井。最小限のチーム編成だったが、よいチームワークで効率よく撮影することができた。帰りには燕三条地場産業振興センターにも立ち寄ることができた。学生たちは全員新潟市在住で、燕三条の産品をよく知らなかったようなので、よい勉強になったのではないか。

[rakuten]aruarutsuhan:10001104[/rakuten]
[rakuten]aruarutsuhan:10001105[/rakuten]
[rakuten]happyhappy:10013515[/rakuten]
[rakuten]gs:10010115[/rakuten]

Moutains of Niigata viewed from Joetsu Shinkansen

上越新幹線、停電でストップ

今日の新潟は、急に大雪となり、通常の生活にも影響が出たが、上越新幹線は9時間にわたって止まったようだ。

Moutains of Niigata viewed from Joetsu Shinkansen

朝日新聞デジタル:上越新幹線、運転再開 33本運休、2.5万人に影響 – 社会

 上越新幹線は同日午前7時40分ごろ、燕三条―新潟駅間で停電が発生。越後湯沢発新潟行きの新幹線下り線「Maxとき481号」が駅間に立ち往生した。
(中略)
 復旧作業のため上越新幹線は燕三条―新潟駅間の上下線で約9時間にわたって運転が見合わせとなり、東京―新潟の区間で33本が運休、18本に遅れがでて、約2万5千人に影響が出た。

新潟県内の電車は、雪や風の影響を受けやすく、冬の在来線の運休は、2005年の特急いなほの脱線事故以降、頻繁に起こっている。しかし上越新幹線については、めったに運休することはなく、「ドル箱の新幹線だけは特別扱いだよね」という本当か嘘かわからない会話が、しばしば交わされている。今日は非常に例外的な日で、この日に移動することになった人たちは、かなり疲弊したことだろう。

新潟市内で燕三条系ラーメンといえば福来亭(関屋)

燕三条界隈の名物「背脂ラーメン」は、知名度が上がり、東京でも食べられるようになったらしいが、燕三条の人々から見ると、新潟市内の燕三条系を名乗る店でも、「話にならない」店が結構あるんだとか(ちなみにどこが「話にならない」店なのかはわからない)。そのような燕三条ラーメン通の教えを受け、燕の杭州飯店の味に魅せられた自分も、新潟市内では燕三条系のラーメンに手を出すことがほとんどなくなった。

しかしそんな中で燕三条の人々が一目置いている(と思われる)、新潟市内の老舗が、福来亭。たしか燕三条にも同じ名前の店があって、そこから暖簾分けと聞いたような気がするが、記憶は定かではない。最近はおみやげも販売しているほどの人気店だが、実は行ったことがなかった。今日初めて訪ねてみた。

店構えは、いたって普通の、昔からあるラーメン屋の雰囲気。

ウェブでのコメントを参考にしつつ今日はチャーシュー麺に。麺は太麺で燕三条の感じに近い。油の量はさほど多くなく、意外とあっさりとした味であった。やはり燕三条系とはいうものの、杭州飯店なみの濃厚さでは、ちょっと新潟人にはウケないのだろうか。ライトな燕三条系だが、油の量が気になっていた自分としてはかえって好都合だ。燕の福来亭も、同じような味なのだろうか。

駐車場は少なく、裏手の駐車場はわかりにくいので、そこがちょっとだけハードルが高いのだが、燕まで遠征することを思えばかなり楽。また訪ねてみたい。

福来亭 ふくらいてい – 関屋/ラーメン [食べログ]

住所 新潟県新潟市中央区関屋大川前2-3-10
営業時間  10:00~15:00(売り切れ次第終了)
定休日 日曜日

FM

燕三条エフエム「twiフレンズ」に出演

燕三条地区のコミュニティFM「ラジオは~と」の番組「twiフレンズ」に出演してきた。「ラジオは~と」は燕三条駅の中にある。のは知っていたのだが、どこにあるのかわからずにいったので、しばらく駅の中を歩きまわることになった。
FM

続きを読む

弥彦神社、新潟県、日本。 yahiko jinja, niigata city, japan

新潟フォトウォーク 第六回: 弥彦、桜咲く(はずの)4月10日(土)開催(参加者募集中)

前回の村上フォトウォークからあまり日が経っていないが、次回の新潟フォトウォークの企画が固まってきたので、ご案内。4月10日、桜が開花しているはずの弥彦での開催が決定した。
申込はいつもの通り、以下のATNDで。

弥彦神社、新潟県、日本。 yahiko jinja, niigata city, japan

続きを読む