タグ別アーカイブ: 東京

VICEが朝鮮大学校の「リアル」に迫る映像を公開

Webサイト「Vice」が、小平市にある朝鮮大学校を取材した映像が、Youtubeで公開されている。学生たちが大学で学ぶ様子、寮生活、事務局長による学内紹介、保護者インタビューなどで構成されており、大学関係者にデリケートなところをインタビューするような内容ではないものの、大学の中の日常という意味では、飾らない「リアル」に迫っているように思えた。

全編朝鮮語で作られていて、Youtubeの字幕機能で日本語で理解できるのだが、冒頭に登場する学生たちの朝鮮語は、どことなく外国語として話しているように聞こえた。彼女たちはまずまちがいなく、日本語を全く問題なく話せるし、おそらく日本語のほうがうまいのであろう。

日朝関係はまだまだ雪解けとはいいがたいし、外交上の課題は多い。朝鮮大学校に対しても、批判的意見、攻撃的意見が、いろいろあるのはわかっている。こうした批判的な立場から、この映像それ自体が、ある種のプロパガンダだという意見(Viceは利用されているという意見)もあるだろう。

学生たちは大学の「民族教育」により、通常の日本人や日本の大学で学ぶ在日の人達よりも、母国に対する親近感を持つだろう。しかし一方で、彼ら彼女らが学んでいるのは日本であり、おそらく日本語で生活する時間もかなり長いであろうから、当然、母国に対する客観的な見方、複雑な思いがあるはず。ひょっとすると、それはあまり口に出さない(出しにくい)ものかもしれないが。

両国の境界線上で揺らいでいる人たちと、日本社会はこの先どのようにつきあっていくべきなのか。というよりは、排外主義の人たちがいろいろ言っているけれども、もうすでに彼ら彼女らは日本社会の中に入っているともいえる。
その「すでに入っている」という感覚が、全面朝鮮語で撮影されたこの映像からはからずも感じられて、非常に興味深いものを感じた。

超絶文教地区小平市鷹の台 (2) 朝鮮大学校 – 東京DEEP案内

家入候補、ハッシュタグで募集した意見から120の政策を発表

かつてリベラル系の政治家の選挙演説で、「しなやか」という言葉がよく使われた。あれは今でもどういう意味で言っていたのか、正確にはよくわからない。保守の強面・マッチョなイメージと対極にある、やわらかいイメージのことを語っているのだということは、なんとなくわかるのだが。

辞書的には、1)柔軟で,弾力に富んでいるさま。よくしなうさま。2)動作・態度に角張ったところがなく,なよやかなさま。たおやかで優美なさま。ということになるようだ。

しなやか とは – コトバンク

東京都知事選の終盤で、家入一真さんは、#ぼくらの政策 でFacebookやTwitterを通じて募集した政策から120の政策を決定し、発表した。

家入一真(いえいりかずま)東京都知事選立候補者 120政策決定

ieiri

都知事選当選に必要な票数は多いので、家入さんが当選するのはかなり困難だと思うが、たとえ落選したとしても、これを発表したことが、社会的には十分な成果ではないかと思う。彼はあらかじめ公約なるものを決めることをほとんどせず(「居場所を作る」ということは言っていた)、未来像をみんなで出し合って、それを政策としてまとめるというプロセスを「可視化」してみせた。どこまでガラス張りで作られたといえるかは、よく見てみないとわからないが、多くの人々のハッシュタグ付き投稿から、賛同できるものをピックアップしたということだろう(どのアカウントのTweetの意見を取り入れたかも、可能な限り明示されている)。

「子育て福祉をしっかりやります」「防災対策に力を入れます」、というような言葉を連呼する政治家は多い。実際には何をやるのか、演説ではよくわからない。また有権者の側も、「しっかりやってくれ。よろしく」と考えるか、関心がないか、いずれにしてもそれ以上深く突っ込むつもりがない人たちがほとんどであった(そして「ネット選挙運動」が禁止されていたため、ソーシャルを通じた「突っ込み」も不可能であった)。実際には、支持団体の意向というのが、それなりに政治家の言動を左右してはいるのだが、これまでそれは表には見えなかった。

家入さんの背後に、支持団体っぽいものが何もない、と考えるのはナイーブすぎるかもしれない。しかしながら、ソーシャルメディアを使って、ボトムアップで政策を作り、そのプロセスを「見える化」し、できあがった制作の束を背負って当選を目指すというスタイルが、可能だということは、はっきり見えてきた。少なくとも政策形成プロセスは透明であるように見える。これで思い出したのが、冒頭に出した「しなやか」という言葉。「しなやか」という言葉は、もうすでに手垢がついていて陳腐だが、柔軟さという意味でいうならば、このような政策形成こそ、よっぽど「しなやか」ではないかという気がしてくる。選挙演説でワンフレーズを連呼する人たちは、リベラルだろうと保守だろうと、ちっとも「しなやか」ではない。

今後こういうボトムアップで政策を選択する政治家が選ばれるべきと考えるか、自分や党が決定した政策を掲げる政治家が選ばれるべきと考えるか。首長の場合には、一人で判断・決断する場面があるわけで、ボトムアップ型の候補者は必ずしも歓迎されないのかもしれない。しかし、議員の場合には、党が政策を作るのではなく、ソーシャルから吸い上げた意見から政策を形成し、そこに類似性のある人達が、離合集散して会派を形成するというような形が、ひょっとしたらできてくるのかもしれない。そんな期待を抱かせるような現象であるように思う。

この現象の面白さが、どこまで票に現れるのか。政策の発表に際して、家入さんがFacebookで出していたメッセージも面白かった。固定電話世代の世論調査と、ネットの民意のギャップが、実際の投票結果にどのように現れるのか。この点も注目したいところだ。

この表を見てください。20代30代40代が動けば時代が変わるんです。どうせ舛添さんだろ、どうせ細川さん宇都宮さんだろ。そう思う方々も多いと思います。でも、もし僕らが動かなくても既定路線がそうなのであれば、僕に賭けて一票入れてみませんか

メディアが報じる予想票数。あれ、固定電話で調査してんだよ笑。僕らの周りはどれだけ固定電話持ってるんだろう。持ってないよね。ネットの民意、若者の民意を見せつけてビビらせてやろう。5人の友達に、それぞれ5人ずつ紹介してと伝えてください。

「それでもまだまだ新潟には帰りたくない」理由はそれなりにもっともだ

先日書いた「私がそれでも新潟に住む7つの理由」には結構反響があった。根っからの新潟人ではない自分からの意見だということもあるだろう。

類似のエントリーを見ていたところ、「まだまだ帰れないなー」という首都圏在住新潟人の方の以下のエントリーを発見した。これはこれで、東京に住んでいた自分としてはかなり納得できるところだったので紹介したい。

それでも僕がまだまだ新潟には帰りたくないと思う、首都圏と新潟の違い。 | むーろぐ

新潟では、デジタルな流行が一足遅い

僕が大学生の頃の話ですが、周りの誰もがiPhoneやらスマホを持ち始めていた時、地元で成人式がありました。
その時にiPhoneを使っていたら友人に「iPhoneじゃん!!」と珍しいそうに驚かれたことがもの凄く記憶に残っています。

非常によくわかる。調べてみるとiPhone 3GSが日本で発売されたのは2008年7月。

6月29日は「初代iPhone」の発売日。歴代iPhoneの発表を振り返ってみる : ギズモード・ジャパン

新潟ではこの時期にiPhoneを手にした人は少数派だった。少数派の一人としてよく「流行りモノ好きのミーハー」扱いで話しかけられた。

ただし、その後2009年に新潟フォトウォークが始まり、2010年に新潟ソーシャルメディアクラブが発足、以後はこの手のタイムラグは、(自分については)ほとんどない。

東京と同じタイミングで、新しいガジェットや新しいものをトライする人たちのコミュニティが、すでにできあがっている。もちろんその外側の新潟人は今も保守的で、デジタルな流行には敏感ではないかもしれないが、まあ自分の周りにタイムラグがなければ、さほど困ることはない。

なので、転職して戻ってくることになったら、ぜひNSMCに参加してください。

新潟では車がないと話にならない

地元に住んでいる大学生は自分の車を持って人が多いです。車がないと移動手段がないからです。雪も積もりますし、車がないと話になりません。

大学まで車で通学なんてことは当たり前で、電車で事足りる首都圏とは違うところです。

これはたしかにその通り。車がなくても不自由な生活がおくれるよう、あらゆる設計を考えなおしていくべきだろう。新潟の規模ならば、まだまだできることはありそうだ。この点「新潟シモ古町 ときどき脳内マレー半島」が指摘する、コンパクトに暮らせる古町の利点は、もう少し評価されてもよいだろう。問題は、誰がそれを「評価」して、新しく移り住んでくる人たちのために、住環境を整備していくか、なのだが。
僕がそれでも古町に住む理由 | 新潟シモ古町 ときどき脳内マレー半島

【2】雨の日も傘なしで街を歩ける

古町通りは白山公園の交差点からシモの11番町辺りまで約2キロにわたって、長いアーケードが続く。交差する柾谷小路、本町通りなどもアーケードでつながり、さらに西堀通りには地下街があるので、このエリア内なら傘がなくても屋根伝いで街を歩ける。特に冬など天気の悪い日が多い新潟では大変助かる。

この街に慣れてしまうと、古町以外に出かけるときにも傘を持って来なくて「しまった!」と思うこともたびたび。

【3】クルマがなくともそこそこ暮らせる

地方都市ではクルマは必需品と思っていたけど、古町に暮らし万代で働くようになってからクルマはほとんど必要なくなり、手放してしまった。

寂しくなったと言われる古町周辺だけど、日常暮らす分にはそう不便は感じない。本町通りのイトーヨーカドー丸大に行けば何でも揃うし、スーパーやドラッグストア、100円ショップなどもあちこちにある。バスで万代まで行けばロフトや無印良品などもあるし、新潟駅まで行けば電器店やスポーツ用品店もある。あとはコメリ書房が本当のコメリになってくれれば申し分ない(無理か)。

日常の買い物だけでなく、病医院や銀行、公共施設などが揃っているのも古町の便利なところ。街ではイベントやお祭りも多いので、そこそこ退屈せずに暮らせる。用もないのに郊外のショッピングモールなどに行って、散財することもなくなった。

さて、「まだまだ新潟には帰りたくないと思う」理由に戻ろう。

新潟では、アニメの放送が少ない

これは新潟だけではない。テレビ東京系列がない地域すべてが、ほぼ同じ状況なのだが、まあ都会と地元を比較すると、たしかに大きな違いなのだろう(自分はアニメを見ることがほとんどないので、この渇望感は必ずしもわからないのだが、フジ系のない青森で80年代を過ごしているので、その意味で趣旨は十分理解できる)。この点、地方のアニメファンは、全国共通で共有すべきコンテンツとしてのアニメ番組、ということをもう少し声高に主張してもいいだろう。またこういう地域ギャップを放置して、何ら対策を取ってこなかったテレビ業界全体から、若い世代が離脱してしまうのは、必然だと言えるかもしれない。

新潟の天気は、ぐずぐずなことが多い
これはどうしようもないので、天気が悪いほうが冬は趣があってよい、と思われるような取り組みをしたらいいのだろう。天気はぐずぐずだが、幸い雪は少ないのだ。まだ何か工夫できるところはあるはずだ。

というわけで、「まだまだ新潟には帰りたくないと思う」理由が書かれていたので、自分なりに考えてみた。よくわかるけれども、それなりに工夫はできますよ、という感じだ。

このほか、前回の自分の「住む理由」エントリーへの反応として、こんなコメントがあった。

これは新幹線最終との接続の話。21:40東京発の最終で新潟駅に戻ってくると、すでに在来線は終了しており、新潟駅自身がすぐに「閉店モード」に入って、いくつかの入り口が閉鎖されるまでになる。たしかにもうちょっと、東京から帰ってきて在来線で帰る人のことを考えてほしいと思う。

結局地方の場合には、仕事の問題に行きつく。自分の場合には、仕事があるから新潟に来た、わけだが、圧倒的多数は、地元には仕事がなくて都会へ出て行く。これはどの地方都市も、要改善だろう。

2020年オリンピック開催地は東京に:新潟は「2番手キャッチャー」としてがんばろう


2020年のオリンピック開催地が、東京に決まった。

Ginza, Tokyo, Japan

語学力のハンデがある中で、ゆっくりと伝わるような英語のプレゼンを準備していた東京チームのプレゼンテーションは、結果的に高い評価を得たようだ。滝川クリステルさんがフランス語で行った「お・も・て・な・し」プレゼンも、日本人にはかなり受けている。委員にもウケはよかったのではないか。現金の入った財布もちゃんと帰ってくるという点も。

プロモーション動画の評価も高い。

また、福島第一原発からの汚染水問題が注目を浴びる中、安倍首相自身が安全性を確約したことが大きかったという評価の一方、先行きが見通せないのに、安易に確約したという批判もある。もちろん福島での問題解決が見通せない中で、東京だけ安全宣言を出して、抜けだしていこうということに対する、気持ちの上での反発もあるだろう。

招致活動においては、「東京には福島原発の影響がない。東京には原発は一基もない」というしかなかった。それは理解できる。批判は覚悟の上で、安倍首相は「東京は安全で問題ない」といったはず。しかしその言動が、地方のことなど眼中にない東京の人々の傲慢に見えるというのも、これまた致し方のないところだ。

恥ずかしながら、自分の東京時代も、地方での出来事にはあまり関心がなかった。地方同士もお互い、他の街のことには関心は薄い。そう考えると、実は東京の人だけが問題なのではないのだろう。自分のところが便利ならば、他に目が向かないのは自然なこと。

さて、ますますメガシティ東京のパワーが増していく中、自分が暮らす新潟としてはどうするべきなのか。もちろん経済的には、東京の力からの反射にたよる部分が大きい。だがそれと同時に、「東京から2時間で行ける『裏』日本の拠点都市」として、あるいは、太平洋側で南海トラフのような大災害起きた時のバックアップ都市として、魅力を高めていくことが大事になるだろう。なかなか出番のこない2番手キャッチャーのような存在。あるいは、2番手ゴールキーパーのような存在だ。
出番を待つしかないが、しかし出番がきたときには、それはレギュラー選手の怪我、おそらく相当な大怪我の結果なので、出番が来たとしても喜べるような状態にはないだろう。

新潟ソーシャルメディアクラブのゲストとして、これまで何人ものブロガーその他発信力のある人達に、新潟に来ていただいた。新潟に来るとみなさん等しく、(リップ・サービスもあるだろうけど)「案外良かった新潟」という印象を語って帰る。新幹線の終着駅だけど、そんなに遠くはないし、雪が多いと思われているけれどもそれほどでもなく、そこそこの規模の都市機能がある。これらについて驚かれるということはつまり、東京人には新潟についての具体的な印象がほとんどないということだ。別の言い方をすれば、なかなか出番がないけど、たまに出てくると強肩を発揮するキャッチャーとして、自力はそこそこあるということかもしれない。

住んでいる人たちが、内向きに小さくまとまるのはあまりよくない。外に向かっても自分たちの街の良さを伝えられるようになることも必要なように思う。

青山裕企さん個展『 [記号的] ⇆ [個性的] 』

青山裕企さん個展『 [記号的] ⇆ [個性的] 』開催:一戸のソラリーマン写真も展示予定

2012年11月27日から、東京八重洲の和田画廊にて、青山裕企さん個展『 [記号的] ⇆ [個性的] 』が開催される。

青山裕企さん個展『 [記号的] ⇆ [個性的] 』

メインの作品は、顔を写さない女子高生のフェティッシュな写真のようだが、一戸も撮影していただいた、スーツ姿のはたらくおじさんが飛ぶ写真シリーズ「ソラリーマン」も展示される。先ほど教えていただいたが、一戸が飛んでいる写真も、他の「ソラリーマン」とともに展示されるようだ。

青山裕企

Wada Garou Co., Ltd.

こちらは別アングルの写真。展示される写真はさらに迫力がある。

Solaryman 20120518

12月4日には、『跳ばずにいられないっ! ソラリーマン ジャパン・ツアー』が徳間書店から出版される。こちらにも一戸の写真は収録される予定。この本の出版を記念したレセプションが、12月4日に和田画廊で予定されている。残念ながら自分は出席できそうもないが、ぜひ皆さん行ってきていただきたい。

個展は12月23日まで開催される。

働く人が宙に浮く写真シリーズ「ソラリーマン」で撮影してもらった | ICHINOHE Blog

「ソラリーマン」写真の掲載が決まりました | ICHINOHE Blog

上京したばかりの頃、東西線の黒ずんだ柱が嫌でした。まだ、自動改札ではなかった。ハサミの音が懐かしい。 #tokyo

薄汚れた東西線ホームに立って初心に帰る

今日は「Newslabおおつち」のイベントを見に行くため、地下鉄早稲田駅を利用した。新宿からのバスルートを忘れてしまい、ホテル近くの停留所に行ってみると、そこからは「練馬車庫行き」しかでていなかった。練馬車庫行きは山吹町あたりを通るのだが、若干遠いので、引き返して、都営新宿線で九段下に向かい、東西線で早稲田へ。

ちょっと遅れそうだなと思いつつ、ホームの真ん中を見たところで、一枚写真を撮った。

上京したばかりの頃、東西線の黒ずんだ柱が嫌でした。まだ、自動改札ではなかった。ハサミの音が懐かしい。 #tokyo

上京してすぐに暮らしたのは、落合のアパート。通学には自転車も使った(東西線の終電を逃してから歩くのは大変なので、夜中にダンキンやミスドで話し込む日には自転車を使った。ちなみどちらのドーナツ屋も、今はもうない)けれど、主な交通手段は東西線だった。東京に住んでいた頃は、就職してからも、時間は過去と「連続」していたので、薄汚れた東西線のホームに立ったところで、特に感慨はなかった。しかし、北海道、新潟と渡り歩くようになってからは、東西線のホームにたつと、かつての東西線の風景やその頃の気持ちにときどき引き戻されるようになった。

薄汚れたホームに、なんとも言えない不安感を煽られ、「こんな場所で生きていけるのだろうか」と思ったのは最初の一ヶ月ぐらいだっただろうか。そのうち東京での生活が「標準」となり、そのまま11年過ごした。東京を離れてみると、東京人がいかに自分の生活が当たり前と思い、東京以外の生活環境を理解していないか、いやなにより自分自身が、いつのまにかそのような「東京人」になっていたことに、驚かされた。したがって、思い出すのは受験生の頃の早稲田駅や、入学直後の早稲田駅の風景と、そのころの自分の気持ちだ。

リマインド効果をもたらす東西線だが、今日も九段下の柱は薄汚れていた。改札は自動改札になって、何年たったのだろう。カチカチというハサミの音が途切れなく鳴っている、地下鉄の音風景もまた、とても懐かしい。

カチカチという音がなる風景は見つからなかったが、80年台の地下鉄の映像を見つけた。

「こんな場所で生きていけるのだろうか」と思ってから、かなりの時間が過ぎた。大学に職を得た自分は、毎年、その頃の自分と同じように、期待と不安を抱く若い世代と接するようになった。今の現役学生の殆どは、薄汚れた柱を自分が見ていた時代には、まだ生まれていなかった人たちだ。でも期待と不安の気持ちはたぶん同じはずで、その現れ方が違うだけではないかと思う。彼らの気持ちに自分なりの立場でよりそいつつ、自分自身は、かつて抱いていた気持ちを思い出して、またチャレンジを続けていこう。

いろいろ調べていたら、葛西に地下鉄博物館というのがあるらしい。東京にいると見向きもしなかった気もするけれど、ちょっと行ってみたくなった。

地下鉄博物館

地下鉄博物館:ウィーン・福岡旅日記:So-netブログ

In Case You Forgot

東京やシンガポールの人々を撮り続ける、Jon Siegel氏を、Flickrブログがインタビュー

以前このブログでもとりあげた、シンガポールや東京で人物写真を撮影し、Flickrで公開している、Jon Siegelさんのインタビューが、Flickrの公式ブログに掲載されている。

In Case You Forgot

Meet Jon Siegel « Flickr Blog

Meet Jon Siegel – Part II « Flickr Blog

Satay Power

Airport Lounge

Just A Moment

Somerset Crossing

シンガポールの「いま」を切り取るJon Siegelの写真 | ICHINOHE Blog

Kepo Bagels

上北沢の本格的ベーグル店「Kepo Bagels」

京王線上北沢駅近くにあるベーグル店「Kepo Bagels」。2008年に開店した頃訪ねて、撮影した写真に、Flickrでアクセスがあったので思い出した。

Kepo Bagels

Kepo Bagels

プレーンベーグルにも、酵母の%によって、硬さの違う幾つかのタイプが用意してあって、好みに合わせて選べる趣向になっていた。たしか和ベーグルとNYベーグルと、二系統あったはず。ほかも含めて種類も豊富で、ベーグルにさして興味のなかった自分も、この店を知ってからベーグルに結構興味をもつようになった。

Kepo Bagels, Kamikitazawa, Tokyo

当時はまだ開店したばかりだっだが、結構焼きあがるとすぐに売り切れてしまうような人気だった(とはいえ、行列ができるほどの騒ぎではないのだけど)。最近はどうなのだろうか?検索をかけてみたら、お店のウェブサイトはあるので、引き続き営業されていることはわかったり、いくつかのブログにも記事が載っていた。

Kepobagels – ケポベーグルズ

営業時間 9:00〜18:00
定休日 火曜、水曜(祝日の場合は営業)※5月3日(木)、4日(金)は臨時休業します
場所 東京都世田谷区上北沢3-17-8
電話 03-6424-4859
メール shop@kepobagels.com
ツイッター http://twitter.com/Kepobagels

ケポベーグルズ Kepo bagels – 上北沢/ベーグル [食べログ]

パンある日記(仮)@この世にパンがある限り。:kepo bagels

ケポベーグルズ (Kepo bagels)@上北沢 花より何より団子でしょ!

Yakitori and girls

吉祥寺いせや公園店が休業し、建て替えへ

井の頭公園の入り口にあって、吉祥寺のシンボル的存在でもあった「いせや」公園店が、老朽化した建物を建て替えるため、休業するという報道。

Yakitori and girls

by Yu morita

朝日新聞デジタル:吉祥寺「いせや公園店」が休業、建て替えへ 老朽化で – 社会

東京都立井の頭公園の入り口にある焼き鳥店「いせや公園店」(武蔵野市吉祥寺南町1丁目)が、老朽化を理由に建て替えられることがわかった。6月末をめどに営業を休止し、約1年後に新店舗を完成させる予定。昭和レトロな店構えは、フォーク歌手の高田渡さんら多くの文化人にも愛された。地元からは惜しむ声も出ている。

吉祥寺には東京に住んでいた時代にはよく行っていたし、いせやの前もよく通ってはいたけれど、中に入って食べたり飲んだりした記憶はない。なんとなく周辺の別の店に入っていたからだろうか。数年前吉祥寺によく行っていた頃は、井の頭公園内のPepacafe Forestに行くことが多く、いせやの前はやはり素通りだった。

Pepacafe Forest, Kichijoji, Tokyo

いつまでもいけると思っていると、こういうことになる。6月末までに一度行く機会を作れるだろうか。

Igarashi tei Garden

スワンレイクビールが東京八重洲にSWANLAKE Pub Edoをオープン

新潟地ビールのスワンレイクビールが、東京八重洲に新しくパブ「SWANLAKE Pub Edo」をオープンする。

おめでとうございます。

Igarashi tei Garden

 

 東京都中央区八重洲2のビル1階にオープンし、面積は約60平方メートル。天朝閣グループが製造、販売する「スワンレイクビール」8~10種類と、岩手、長野など全国の地ビール計約30種類を販売する。本県産の肉や魚を使った薫製料理や自家製のパン、県産の日本酒も販売する予定だ。

 

5月7日(月)プレオープン、5月11日(金)グランドオープン。スワンレイクビールが8-10種類、タップで用意されている店は、阿賀野市のスワンレイクビール直営「五十嵐邸ガーデン」にはあるだろうが、実は新潟市内にもないかもしれない。

立地としては八重洲ブックセンターの裏あたり。新幹線で東京駅を利用する自分としては、早めに東京駅までいって、時間まで過ごす場所としても使えると思うし、さらには東京の友人と会って一杯飲んでから新潟に帰るという場面でもぜひ利用したい。


大きな地図で見る

スワンレイクビール

スワンレイクビール・五十嵐邸 (@twinswanlake)

SWANLAKE BEER@茶坊主 (@swanlake_chabou)
[rakuten]niigata:10001250[/rakuten]
[rakuten]niigata:10001254[/rakuten]
[rakuten]niigata:10001260[/rakuten]
[rakuten]craftbeer:10000109[/rakuten]