タグ別アーカイブ: 本

なんで暇人なのだろう

現役学生たちとも次第に年齢差がでてきた昨今、彼らの考えていることや悩んでいることを、過去の自分に重ね合わせてみることができるようになってきている。「あのときああしておけば。。。」という「苦い思い出」が、学生たちの言動や行動から引き出されてくるということでもある。非常に歯がゆいし、過去の自分をしかっているようで、あまりいい気分でもない。
卒業して稚内を去ることになった彼に僕がいったことは、
1.逃避していた就職活動にきちんと取り組むこと
2.そのためには、今の自分にどんな特徴があって、それをどのように売り込めばいいか考えること
3.足りないと思う部分については、さぼらずに勉強をつづけて、少しずつでも自分を向上させること
こうやって書き出してみると、いささか具体的すぎたかもしれないが、彼にどうしても伝えたいことをできるだけ具体的に整理して伝えたつもりだ。覚えていますか?
もしその言葉が彼に伝わっていたとするならば、彼が今公然と「暇人」を名乗ることは考えにくいし、ましてや友人から連絡が来ないという自分をひたすら憂うだけの言動を繰り返すとは思えない。
勉強よりも人間関係、という一戸ゼミのモットーは、勉強するなという意味ではなく、互いのことを気に掛け合い励ましあう中で、自分の目標を見つけて力強く進んでいこうということだ。でも結局それは「ぬるま湯」を作っただけで、もともとあった本人の自覚のレベルを引き上げる方向には作用しなかったということなのだろうか。
昔稚内に来る前に、新任の先生が東京で集まったことがあった。そのとき、すでに他界された宮前先生が、「僕は今の学生にはまず箸の上げ下ろしから教えるつもりです」といったことをよく覚えている。つまり学生を大人として突き放して扱うのではなく、いわば半人前として基本的な生活態度から正していくということだったのだろう。当時の僕はそれに違和感を覚えた。大学生を大人として扱うというのは、僕の中では大学教育の大前提だった。たぶん今僕がやっていることも、その延長線上にあると思う。がしかし。。。
彼を大人として扱うのではなく、それこそ「箸の上げ下ろし」から教えていたらどうだったろうか?
前向きになれないときはある。惰性で時をやりすごしたいときもある。
でも少なくとも、そこから発生する事態は、自己責任で受け止めるべきだと思うよ。今の状態を脱するためにどんな努力をしましたか?どれだけ勉強しましたか?
努力していないのだすれば、その結果が自分に返ってきているのだとしてあきらめよう。努力しているのだとすれば、どんなに小さくてもその成果を他人に伝えてみよう。伝わらなかったら、なぜ伝わらなかったかを考えて、足りない部分を補うためにまた勉強しよう。そういうプロセスにある人を、僕も一戸ゼミも、見捨てることはないです。自分を卑下せず、おごることもなく。
それと、同じような悩みを、たぶん友達も抱えているはず。そういう話が引き出せるようになれば、たぶん自分の考えも伝わるようになっていると思うよ。引き出せた分しか、他人にも自分の話を引き出してもらえないと考えたらいいんじゃないかな。

WAKHOK的なGree

教員の自分がやる気になったせいか、一戸ゼミでもGreeが急速に普及し始めた。
SFCでのブームから半年近く遅れている。指導教員のアンテナが鈍っているようでは、学生のアンテナが鈍るのもしょうがない。とはいえ、今日の時点で「稚内北星学園大学」というグループには23人、「一戸ゼミ」には9人が登録している。もちろん、早慶のような大所帯には及ぶべくもないが、北海道の大学でならば、北大の次に大きなグループがWAKHOKになるようだ。
丸安ゼミでは半年前には始まっていたのだろうし、自分も安藤先生からずいぶん前に招かれていたのだが。
この前も書いたけど、やっと意味がわかってきたところなのだ。
Gree、あるいはソーシャルネットワーキングの本来の意味が何なのかはさておいて、大学、とりわけWAKHOKのようなコミュニティで、これをどのように使うかが問題だ。もともと稚内もWAKHOKもコミュニティが小さいので、その小さなコミュニティだけに閉じているならば、あまり必要がない。Greeは友達の紹介文を相互に掲載するのだが、閉じられたコミュニティの中だけでその情報が流通すると、なんとも気持ちが悪い「ほめごろし」大会になってしまう。とりあえずSFCに半年遅れながら、一戸ゼミは名簿作りをGreeで実践中。OB・OGの皆さんもぜひ入って、ほめ殺しあってください。
一人の人間がいろんな種類のコミュニティに連なっていて、それらが人を介してシームレスにつながっていく。こういう面白さは、日々膨大な数の他人と道ですれ違っている都会人にこそ感じられるものなのかもしれない。
WAKHOKには今年から東京にサテライト校ができて、東京でも学生が在席している。東京の学生と稚内の学生は、8月のサマースクールをのぞけば、同じようなことを勉強しているにもかかわらず、普段顔をあわせることはまずない。たぶん一緒に何かやることで、お互いにメリットになることはみつかるんじゃないかと思う。まずはその辺からはじめるというのが現実的なところだろうか。