タグ別アーカイブ: 朝鮮半島

北海道新聞が撮影した、最北の激戦地占守島の映像

1945年8月9日、ソ連が南樺太・千島列島および満州国・朝鮮半島北部に侵攻したという話は、わりとよく知られているところだが、玉音放送が流れて「終戦」を迎えた8月15日以降、国境付近でどのような戦闘が行われ、どのように停戦に至ったのかは、(歴史好きの人を除けば)あまり知られていないように思う。もちろん、各地からの民間人の引き揚げが、非常に困難であったことは知られているのだが、戦いがすんなり終わらず、15日以降の戦闘で命を落とした兵士も多かったというのは、歴史の中のマイナーな事項として、あまり注目されていないように思う。

Untitled
Photo by VIOLA travel s.r.o.

占守島は北千島の最北、根室から1200キロ離れた島だ。この島には、8月17日にソ連軍が侵攻し、日本軍との間で数日間死闘が繰り広げられた。すでに玉音放送が流れた後の戦いで、多くの命が犠牲となったが、結果、ソ連が考えていた北海道への進行が食い止められたという説もあるほどだ。

この占守島と隣のパラシムル島(幌筵島)を、この夏北海道新聞の記者が訪ねた映像が、Youtubeにアップされている。

中編で記者は、クルバトワ岬(国端崎)を訪問、日本軍の戦車がそのまま残っているところを撮影している。この島の住民は岬の灯台守だけ。隣のパラシムル島も、かつて柏原であった街に、2600人が暮らしているだけだという。戦後何も開発せずこうやって放置しておくならば、侵攻してくる必要はあったのかと(誰にかわからないが)問い詰めたい気分になるほどだが、それこそ、北千島は足がかりで、そこからさらに南下するつもりがあったということなのだろう。

戦前多くの日本人兵士が戦って散っていった「最前線」の場所は、いろいろな理由で、容易に訪ねて行くことはできないところが多い。おそらk,北千島に普通の日本人が訪ねて行くのも難しいのだと思うが、ぜひ一度カメラを持って行ってみたいとも思った。

映像を見て非常に興味がわいたので、大野芳「8月17日、ソ連軍上陸す―最果ての要衝・占守島攻防記」(新潮文庫)を買ってきた。生き残った人々を丹念に訪ね歩き、証言が食い違っているひところも検証しながら、実際何が起こったのかを丁寧に探っている。

Shinjuku #tokyo

安世鴻個展「重重 中国に残された朝鮮人元日本軍『慰安婦』の女性たち」

写真展中止をめぐって、写真家とニコンで法廷での争いが続く中、ニコンサロンでの写真展をのぞいてきた。
この写真展は、名古屋市在住の安世鴻さんが、中国に残された元慰安婦と接触し、撮影した写真を展示するもの。開催にあたっては右翼団体が抗議行動にやってくるなどして、かなり揉めたようだ。実は個人的にはあまり事態を把握しておらず、Google+経由で(しかも英語で)、このイベントのことを教えてもらっただけだった。行く前に調べて少し事情がわかった。

新宿エルタワーからの眺望は非常にすばらしかった。

Shinjuku #tokyo

会場のニコンサロンでは、日大芸術学部の学生たちの写真展と、安世鴻の写真展で、半分ずつのスペースを使っていたが、外には安世鴻写真展の表示は出ていなかった。裁判所の仮処分に基づいて、安世鴻写真展に会場を使わせているというのが、おそらくニコンの立ち位置で、しかも異議申立てをしている最中でもあったので、このような消極的な対応になったのであろう。

一方入り口でのセキュリティチェックは、金属探知機を導入する物々しさで、この展覧会をめぐっていかに抗議が殺到していたかがわかった。

写真の内容は、正直そんなに衝撃的な内容ではなかった。中国のいずれかの町で、ひっそりと暮らす女性たちの日常を、(やや悲しさを強調する形で)撮影している。写真に対する説明には、日本統治時代の朝鮮半島から「慰安婦」として中国に渡ることとなり、そのまま残留することを余儀なくされた女性たちの深い悲しみが、述べられていた。

写真は、カメラマンと被写体が作る一つのストーリーであり、キャプションには、カメラマンあるいは出展者の意図が含まれる。これは普通のことだ。元「慰安婦」を撮影するという意思を持って中国に通い、被写体と信頼関係を作りながら、タイミングをはかって写真をとったと、説明には書かれていた。つまり撮影する際に、安氏は元「慰安婦」の現在を撮るという目的を持っていたわけで、そこに特定の意図が反映されるのは当然のことであろう。

もちろんこの写真展での展示内容に、違和感を覚える日本人がいてもいいだろう。しかしこうした取材モノの写真展はおそらくつねに、このような撮影者の意図を含んでいるわけだから、それぞれの判断で、この安氏の写真を読み解けばよい。

個人的には、中国の町でひっそり暮らす女性たちの姿を撮った写真としては、非常にリアリティのある写真だと感じた。しかしながら、この写真それ自体から、元「慰安婦」についての何かをすっと感じ取ることは、正直難しかった。

今日になって、ニコンの異議申立ては退けられた。案内板は出るようになっただろうか。

従軍慰安婦写真展:中止通告のニコン 異議認められず- 毎日jp(毎日新聞)

安世鴻 Ahn Sehong (ahnsehong) は Twitter を利用しています

photographer AHN SEHONG           写真家 安世鴻

Youtubeで検索すると、この写真展をめぐる動きやネットでの番組がいろいろ出てくる。

ニコニコ生放送「当事者に聞く」。6月25日の放送。

こちらは、Fotgazet通信。

Radikker

radikoスタートが揺るがす地方メディアの未来:新潟、富山、大分

今日から新潟、富山、大分、宮崎などの県域局がradikoに参加、ネット経由で聞くことができるようになった。あわせて、ラジオNIKKEIと放送大学は、全国配信になる。ここ数日、このブログに検索でたどり着く人にも、radikoの話題を探している人が多かった。

Radikker

現段階では、「実用化試験配信」という位置づけ。どうもiPhone用公式アプリの調子が悪いようで、まだ公式アプリでは聞けないのだが、radikkerでは新潟各局につなるようになることを確認した。PCのほうもあまり安定しないが、先ほどつながることを確認できた。

FM新潟にいたっては、お昼からradikoスタート特番を組んでいた。

さて、こうして新潟でもradikoでの配信が始まった。一般的には「ネットでも聴けて便利」という話だろうが、もう少し掘り下げてみよう。

若者へのリーチ

学生と話していると、ラジオの話題はほとんど出ない。今でも、受験生の時にラジオを聞いていた学生は、それなりにいるとは思うのだが、下宿している学生で、家にラジオがない人は多いだろう。その点、PCさらにはスマホでもラジオが聴けるというのは、少なくとも潜在的なリスナーを拡大できたわけであるから、たとえばソーシャルメディアやリアルイベントとうまく連動させて、若年層のラジオへの認知、関心を高めていきたいという期待は出てくるだろう。

地方の場合、テレビではローカル番組が少ないので、その分ラジオが忠誠度の高いリスナーを得る可能性は高いとは思う。

音質の改善

県域局をエリア内で再送信するだけなのだが、いろいろ聞いてみると、音質が改善されるという意味で、radikoに期待する声はある。稚内では県域FMが受信できなかった(そもそもカバーされていなかった)のだが、たぶん現在はradikoで聴ける状態になっているはずだ。新潟県内でも山間部では聞こえにくい地域は結構あったようなので、恩恵はありそう。

さらに日本海側の場合、大陸側のロシアや朝鮮半島からの電波との混信があるときく。たしかにチューニング中に、これらの言語が聞こえてくることは多い。これもradikoによって改善が期待できそうだ。

コミュニティFMは存在感をどう示すのか

さて県域局の存在感が高まる一方、コミュニティFMはかすんでしまわないか。もちろん、県域局の所在地とは違う地域、新潟でいえば、長岡、上越、柏崎、十日町あたりでは、地域性を強めた番組で独自性を出していくことはできるだろうが、県庁所在地やその近郊の局は、苦戦を強いられるかもしれない。

コミュニティFMには、サイマルラジオという同種の取組があるが、まだ知名度が高いとはいえない。

他局からの番組は配信していないので、自社制作の番組が増えないと、開いてみるといつでも聴けるという状態にはならないので、なかなか知名度はあがらないだろう。

モバイルWi-fiだと他地域につながる問題が認識(されてどうなるか?)

モバイル回線では、受信地域をきちんと認識できない。したがって、本来なら新潟では新潟の局一覧が表示されるべきところ、東京や大阪につながってしまう。モバイルWi-fiが普及した現段階で、地方にサービスが拡大してくると、「あれ、こっちでつなぐと別の局が出てくる!」という現象に、多くのユーザが気付くだろう。

そこで「ちゃんと新潟の局が受信できるようにほしい」という声になるか、「なんで全部聞こえるようにならないの」という声になるか。これは県域局の力量次第ということになるか。

コンテンツでリスナーを囲い込めるか

新潟でいろんな方と話をしていると、30代以上の層では、県域ラジオ局のファンは多い。おそらくそれは、地域向けにカスタマイズされた番組を流しているという理由で、テレビよりも親しまれているからだろう。東京のラジオも同じように聴きたいという声は、そんなに多くはない。

現在のradikoは、県域放送というこれまでの放送の仕組みを、ネットの世界にも当てはめている。いわば制度的な「囲い込み」を維持している。しかし本当に大事なのは、コンテンツのレベルで、地域のリスナーを囲い込むことができるかどうかだろう。radikoがどのように運用されようと、ustream、ニコニコ動画、ネットラジオなどなど、若年層から見れば、ラジオも多様なチャンネルの一つにすぎない。地域に根差した番組を発信しているラジオは、その中でも若者に支持される可能性のあるメディアだとは思うが、これからその実力が問われることになるだろう。

 

米軍カメラマンが撮った1945年のKorea

米軍カメラマンの撮った1945年の朝鮮半島。Flickrのブログで紹介されていた。一部の写真はカラーだ。引き揚げる日本人の様子は見当たらないけれど、日本占領下の朝鮮半島の様子も、窺い知ることができる。

リンク: Korea, 1945 « Flickr Blog.

Flickr member dok1 was a US Army photographer who served during and after WWII who photographed life in Korea following the end of the war. His set ‘Korea’ documented so many things from a very momentous time: country folk, soldiers & sailors, scenery, refugees, politicians, laborers and so much more.

悪意のコメントをつける”アクプラー” – 問題が深刻化する韓国の現状と対策

ブログ(系のニュースサイトというべきか)炎上問題に対する韓国の対応が紹介されている。

日本で2ちゃんねるが話題になっていた頃、韓国ではネティズンという言葉が飛び交い、大統領選挙に影響を与えたという話が聞こえてきていた(真偽のほどは未検証だし、ひょっとするとネティズンの熱狂で選挙をやったことを韓国の人も反省しているかもしれない)。

が、その後日本でもSNSでも根付くようになった。一方で韓国でも「炎上」は起こっている。というわけで、情勢は共通してきているようだ。

リンク: 悪意のコメントをつける"アクプラー" – 問題が深刻化する韓国の現状と対策 (MYCOMジャーナル).

Naverの同好会サービスに開設された「ネイバーコメントリノベーション」は、Naverに掲載されたコメントに対する問題を考え、真の意思疎通ができる場としていこうという目的の下に作られた集まりだ。

ここでは集まりの趣旨に賛同するネティズンが参加して意見交換が行われるのと同時に、Naverのニュースに対するコメント欄で提供されている「コメントを隠す」機能を利用し、コメントを見ないようにしようという「コメントを見ない運動」も実施している。


メントを最初から見る価値のないものと捉え「見ないようにしよう」とする姿勢に対しては、会員の中で賛否両論の意見が交わされているところだが、気分良く
コメントを楽しむためにどうしたら良いのかを真剣に考え、対策を実行していこうという点において意義のある集まりだといえる。

このような倫理感に訴えるやり方は、「IMF」のときに海外旅行を自粛しようという運動が展開されたり、何かと社会運動が起こりやすい韓国ならではだなあと思う。それだけ社会の倫理観がが人々の行動を制約しているということでもあるのだろう。今の日本でこういうことを言っても、たぶんほとんどコントロールは不可能だと思うし、中国でも痰を吐くなといって倫理観だけでやめさせるのは難しいみたいなので、この手のやり方が通じる東アジアの国は、朝鮮半島にしか残ってないのかもしれない。

しかし直感としては、韓国でもこれでコントロールするのは難しくなっているんじゃないかという気がする。