タグ別アーカイブ: 書籍

往年の雑誌「ラジオパラダイス」を元に作られた書籍「なつかしラジオ大全」発売

高校時代、三才ブックスには大変貢献していたワタクシ(ラジオライフは買ってないけど)。「ラジオパラダイス」も、高校時代の一時期、毎月購入していた。そんな自分を含めて、かつてのラジオファンの心をくすぐる一冊が、三才ブックスから出るようだ(Facebookで教えていただいた)。昔の「資産」を再構成ということか。

深夜ラジオ黄金期振り返る1冊、当時の雑誌「ラジオパラダイス」資料に。 | Narinari.com

バブル真っ只中だった1980年代に“黄金期”を迎え、多くの若者を夢中にさせた深夜ラジオ。そんな“黄金期”を彩った深夜ラジオ番組の数々を、当時発行していた月刊誌「ラジオパラダイス」の記事・写真をもとに振り返る「なつかしラジオ大全」が、三才ブックスより6月28日に発売された。価格は1,143円(税別)。

 

Source: narinari.com via Shinya on Pinterest

 

「ひとつのメインカルチャーとして若者に支持されていた時期のラジオをいま見返すことで、それが現在にどのような影響を与え、そしてどう変貌してきたかについても知ることがでる一冊となっている。」とのことで、単に昔を懐かしむだけではないぞといっているわけだが、買う人は懐かしむ目的で買う人がほとんどだろう。

今では深夜放送の話題が若者の話題の登ることは少なくなり、ラジオを聞く環境のない学生も多い。そこに「radiko」ということなのだが、がんばって他地域のラジオを聞くという楽しみが、radikoの場合にはない(なくはないのだが、ちょっと後ろめたい)。「ラジオパラダイス」では、なぜか(?)全国のラジオ番組の番組表が載っていて、それぞれの地域の番組紹介もあり、「がんばって」聞くモチベーションを高めてくれた。特に地方在住の場合、テレビよりもラジオで、都会の情報や空気を感じている若者も多かったはず。民放が2局しかない時代の青森県で育った自分は、遠くのラジオまで受信できる、AM用の大きな室内アンテナを買って、全国のラジオを聞いていた。日曜の夜は全国のほとんどの局が放送休止となる中、唯一放送していたラジオ大阪の「ぬかるみの世界」がクリアに聞こえたので、青森の「ぬかる民」になった。

大学に合格して上京してからは、ラジオを聞くこともほとんどなくなり、アンテナも、ヤクルトファンで、全国のラジオを聞きたいという大学院の先輩にさしあげた。

今ネット界隈で発言している人の中にも、ハガキ職人だった人は、そこまでいかないまでも、ラジオを良く聞いていた人は多いときく(特に40代以上)。再びラジオの時代が戻ってくるとは思わないが、名物パーソナリティのような役回りが、若い人達の心を支えるというのは、社会的にも重要な機能なので、社会のどこかで、このような機能は吸収されていくんじゃないかなと思う。

新潟美少女図鑑ファンミーティング #niigata

新潟美少女図鑑ファンミーティングに行ってきた

テクスファーム主催の「新潟美少女図鑑ファンミーティング」が6月24日に開催された。Facebookを通じて、自分のところにもご招待をいただいたので、少なくない「アウェイ感」を感じつつも、参加させていただいた。

自らもイベントを開催する立場なので、他の方が主催するイベントには積極的に出かけていって、運営方法や参加者への配慮の仕方などを勉強するのは、とても大事なことだと認識している。そういいつつなかなか実践できていないのだけど。

この日のイベントは、新潟美少女図鑑相関10周年を記念するとともに、以下の3つが開催理由として挙げられた。

その1)最新号「Vol.21 Funny」発行記念
その2)電子書籍「小説・新潟美少女図鑑」リリース記念
その3)新潟美少女図鑑モデルの新曲「抱きしめて☆セツナ」披露

会場は新潟市中央区東堀通の、写真家タキザワフミオさんのスタジオ Takizawa Photo Works。タキザワさんには今年の敬和学園大学パンフレットの取材でも、たくさんいい写真を撮っていただいた。

自分のカメラは入院中で、撮影はiPhoneだけとなったが、会場内にはたくさんのカメラとプロカメラマン。絵になるモデルの皆さんが多数。

新潟美少女図鑑ファンミーティング #niigata

19時からは電子書籍「小説・新潟美少女図鑑」が発表になった。電子書籍は6月30日にiTunesからリリース。ストーリーは5つでコンテンツ課金となり、最初の一本目だけ無料公開。残りは各85円で、Movie、Story、Photoのセット。小説は藤田雅史さん。映像制作は、SOLU MEDIAGE inc.。新潟人の心をくすぐる映像になっていることが、予告編からも推測できる。

20時からは、新潟美少女図鑑モデルのユニット「セツナーズ」(と急遽決めたっぽかった)の新曲「抱きしめて☆セツナ」が披露された。また、この曲のCDは来場記念にいただくことができた。詳しく書いていいかわからないのだが、メンバーの一人とは結構ゆかりがあることがわかり、かなり親近感を持った。

関係者の皆さんに気を使っていただいたこともあり、さまざまな方々とお話しすることができ、また楽しいネットワークができた。

新潟美少女図鑑ファンミーティング

新潟美少女図鑑ファンミーティング報告書|テクスファーム小林のブログ

新潟美少女図鑑ファンミーティング☆|MIE☆BLOG ~COYOTE/S.A.L~

電子書籍アプリ「小説・新潟美少女図鑑」予告編公開

「新潟美少女図鑑」の電子書籍アプリ「小説・新潟美少女図鑑」が6月30日に公開される。

これに先駆けて、予告動画が先ほど公開された。「電子書籍」ではあるが、映像がふんだんに盛り込まれたものになるということだろうか。

Shinsen Station

佐野眞一『東電OL殺人事件』 (新潮文庫)

6月7日に東京高等裁判所が再審を決定した、「東電女性社員殺害事件」。97年当時、センセーショナルな報道があったことは記憶にあるが、あまり強い印象はなかった。おそらく自分の身の回りのことだけで精一杯だったのだろう。

Shinsen Station

Photo by yattsan.

その後ネパールと関わるようになり、ネパール人たちの東京での生活ぶりや日本での彼らの立場についても、いろいろ知るようになった。それでもこの事件について深く追求することはなかったのは、なぜなのだろう。自らの想像力の欠如を、正直恥ずかしく思う。

再審決定を契機として、一体何かがあったのか、ひとまずウェブで調べてみた。どうも佐野眞一氏の本が、かなりこの事件を深く追求しているということがわかったので、本屋の近くを通る機会があって買ってきた。

ウェブを検索するだけでも、事件の概要はもちろんのこと、事件にまつわる場所の写真なども出てくる。神泉界隈は、正直あまり縁のない場所だったが、渋谷にはよく行っていたので、97年当時を思い起こすことはできる。また、マイナリ氏は自分とそんなに年齢の変わらないので、15年間異国の地で彼が受けた苦難は、いかばかりであったかと、あらためて思う。

社会をつくるノウハウ満載の一冊:グリーンズ編「ソーシャルデザイン−社会をつくるグッドアイデア集」

副題は「社会の問題は、楽しく解決できる」。

日本社会も閉塞感、地域社会にも閉塞感、その日本社会にある自分たちの職場やコミュニティにも閉塞感。と、口を開けば「閉塞感」が語られる今日、「未来はもっと素敵になる」「自分の手で、未来をもっと素敵にできる」と考えて、行動している人たちのアイデアを紹介する一冊。ウェブサイトgreenz.jpが、これまでの取材に基づいてまとめた事例集。

greenz.jp グリーンズ | あなたの暮らしと世界を変えるグッドアイデア厳選マガジン

肩肘張った「社会貢献」という言葉ではなく、自分の身の回りある「何とかしたい」事柄を、人々と共有し、楽しく解決していこうというプロジェクトが多数登場する。また、アイデアを形にしている「ソーシャルデザインな人々」やそのためのちょっとしたコツを紹介する「ソーシャルデザインな Tips」というコラムも各章に配置されている。

いろいろ興味深かったのだが、いくつか紹介。
1.「うわさ」のちからで街を賑やかにするアートイベント「八戸のうわさ」
アーティストの山本耕一郎さんが、本八戸駅の商店街で、それぞれのお店の情報を聞き取り、「○○らしい」という噂を黄色い吹出しに印刷して、店頭に貼り付けるというもの。たとえば、「酔ってお店の2階から飛び降りたお客さんがいるらしい」というような。八戸にしばらく行っていないが、どんな様子なのか見に行ってみたい。

八戸のうわさ – 八戸ポータルミュージアム

2.スピードを「守った」人に宝くじが当たる「スピード・カメラ・ロッタリー」
The Fun Theory(楽しい理論)で賞をとったアイデア。スピード違反を取り締まるカメラで、違反車両を記録するだけでなく、法定速度を守った車両を記録し、守った車両の運転手に宝くじが当たるというもの。実際スウェーデンで採用されたようだ。The Fun Theoryで注目されたアイデアには、ほかに、地下鉄に設置された音のなる階段がある。階段利用を促進するアイデア。

Volkswagen Speed Camera Lottery | The Inspiration Room

3.マイカップ持参でポイントをシェアする「カルマ・カップ」
マイカップを持参した人の数をカウントし、「キリ番」になったところで、次に注文する人のコーヒーを無料にするという、カフェの制度。マイカップを持参した人だけが対象ではないというのも面白いところで、これによって持参していない人も興味をもつという、「マキコミ力」が発揮されている。

Source: jovoto.com via Shinya on Pinterest

betacup drink sustainably

jovoto / empowering creatives / | Ideas

4.途上国の電力不足を解決する自家発電型サッカーボール「ソケット」
15分間蹴ると3時間分の小型LEDランプの電力になるという光るボール。昼間は外でサッカーをして遊び、夜はそのボールを灯りにして勉強できる。一個60ドル。

Uncharted Play: Innovate. Play. Empower

一つ一つの記事は短く、コンパクトにまとめられていて、文章も読みやすい。また、全体的に前向きなトーンでまとめられていて、読んだ後「何か自分でもできそう」な気分にさせられる。

Bloggers Meetup 20120322

田中信太朗『tumblrハンドブック』(秀和システム)

先週の「プロブロガー」オフ会で初めてお会いした田中信太朗さんが、Tumblr本を出された。

【お知らせ】「tumblrハンドブック」を出版しました。 – Tanakamp的ヒトコト。

今までtumblrを解説した本は週刊アスキーさんが出したものがありますが、個人名義のものはおそらく日本で初めてだと思います。

たしかにTumblrは、「コンテンツを詰めた麻袋を武器に河川敷で殴り合ってるイメージ」というたとえにある通り、ある種特殊な世界なので、書籍にはまとめずらかったのではないかと思う。その意味では、田中さんがどこまで「健全」なTumblrの世界を描き出しているのか、大変興味があるところ。

著者近影(先週のオフ会での一枚)。

Bloggers Meetup 20120322

東京ITニュース 自分の作品を電子書籍にしよう

MXテレビ「東京ITニュース」で、自作電子書籍特集。

一太郎2012承は、縦書きが可能になったEPUB3.0に対応、出来上がったファイルをすぐにパブーにアップする機能も搭載したようだ。

アップルのiBook Authorについても紹介。日本ではまだ販売するためのプラットフォームは提供されていないという。

一太郎2012 承 プレミアム バージョンアップ版

一太郎2012 承 プレミアム バージョンアップ版

一太郎2012 承 スーパープレミアム バージョンアップ版

一太郎2012 承 スーパープレミアム バージョンアップ版

一太郎2012 承 アカデミック版

一太郎2012 承 アカデミック版

一太郎2012 承 通常版

一太郎2012 承 通常版

一太郎2012 承 特別優待版

一太郎2012 承 特別優待版

YDC1000

有斐閣・日本ユニシスの定額制電子書籍選集閲覧サービス「YDC1000」スタート

有斐閣の古典文献が定額で読み放題となるサービスがスタートした。
YDC1000

有斐閣の古典文献がオンラインで読み放題!YDC1000| 有斐閣
有斐閣、日本ユニシス、定額制電子書籍選集閲覧サービス「YDC1000」の提供開始 -2011年12月20日- 日本ユニシス

続きを読む

WISH 2010, Roppongi, Tokyo

WISH2010に参加してきた:大賞はパブー

8/28に開催されたWISH2010に参加してきた。

今回はGreeの田中さんらを招いたパネルディスカッションの後、15のスタートアップによるプレゼンテーションが行われた。結果は以下の通り。

WISH 2010, Roppongi, Tokyo

参加者は、Twitterを使っている人がほぼ全員、EvernoteやDropboxを知っている人もほぼ全員という感じで、かなり濃い人たちばかりが集まった。したがって、Togetter、Twitraq、カーリルなど、すでに多くのユーザが使っているサービスは不利な面はあったように思う。僕自身、大賞を受賞したパブーをずいぶん前に見ていたので、今回はさほどのインパクトはなかったので、大賞といわれて「あれ?」という気分ではあった。

もちろん、電子書籍を誰でも簡単に作ることができるサービスを、あっという間に作ったのがパブーであり、今後amazonやAppleなどが日本市場に入ってきても、パブーがそれなりの地位を守り続ける可能性はあるように思う。

懇親会では、新しい人もお会いできたし、久しぶりにお話しできた方もいた。しばらく東京のイベントから遠ざかっていたにも関わらず、Twitterでフォローしてますなんて声をかけていただけたのは、とてもうれしかった。

15のサービスのほとんどが興味深かったし、これから使いこんでみよう(始まったらすぐに加入したい/買いたい)と思うようなものばかりであった。できればそのうちいくつかについては、このブログでも紹介したいなと思っている。

 

続きを読む

ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム

個人向け電子書籍作成サービス「パブー」

paperboy&co.が、個人向け電子書籍作成サービス「パブー」をスタートさせた。

ブクログのパブー | 電子書籍作成・販売プラットフォーム

「パブー」は、ウェブ上で電子書籍の作成・公開・販売が行えるオンラインサービス。アカウントを作成することで無料で利用できる。サイト上の作成画面から、本のタイトルやカテゴリーなどを決め、ページを追加してテキストや装飾、画像などを編集していくことで、電子書籍が作成できる。
 

作成した電子書籍は、「パブー」のサイト上で公開できる。また、EPUBおよびPDF形式のファイルも自動作成され、iPadやKindleなどの電子書籍リーダーでも閲覧できる。
 

書籍を公開する際には無料または有料を選ぶことができ、有料で販売する場合には10円~3000円の販売価格が設定できる。販売価格から手数料を差し引いた70%が作者の報酬となる。無料で読める試し読みページの分量も設定できる。

作者が70%取る仕組みは、アマゾンがKindleで導入している印税率と同じということなのだろうか。

個人の電子出版がこれで一気に加速するのかどうかはよくわからない。だが、有料のオプションも選択できる、個人向けの電子出版というのは、画期的なサービスといっていいだろう。今後対応する予定として、以下のような項目が挙げられている。

    *  複数人で本を編集できる機能
    * ブログからのインポート
    * 本へのタグづけ機能
    * クレジットカードでの本の購入
    * iPad アプリ・表示最適化
    * iPhone アプリ・表示最適化
    * 携帯電話対応
    * Amazon DTPへの登録代行
    * iBooks storeへの登録代行

ここまですべて対応したら、書き手だけでなく読み手の注目も集まってくるだろう。その時にどこまでコンテンツがそろうかが、このサービスにとってはカギになりそうだ。