タグ別アーカイブ: 新潟市

新発田に行ってみよう「新発田の最大の人材は高校生」

僕が所属する敬和学園大学は、新潟県新発田市というところにあるが、僕自身は新潟市に住んでいる上、大学自体が新発田市のはずれの、もっとも新潟市に近いところにあるので、新発田市内に行くことは少ない。

新発田市の商業施設も、新発田駅を中心とする中心市街地からどんどん郊外に移行してきている。新発田市のまちづくりについて、敬和学園大学の教員として発言することは、どれくらいデリケートかというと、たぶんこれから広がっていくであろう大学外のお付き合いを想定すると、多少ためらいがある、ぐらい。ただ、中心市街地が寂れてきていること自体は、全国共通の現象であるばかりか、大学自体は「周辺」の新興エリアに含まれているので、大学の利益に反することはなさそうだ。

で、以下の記事。文面から地元経済界の方と思われるので、発言は慎重にしつつも。。。

リンク: Yahoo!ブログ – 新発田に行ってみよう「新発田の最大の人材は高校生」

敬和学園大学がまちなかで「新発田学」を構築しつつありますが、高校生の能力をもっと活用するすべを検討してはいかがでしょうか。

 勉強もせず、赤点科目数を競っている一部の学生だって、十二分に能力はあります。勉強が嫌いなだけで、興味・関心があれば、おそろしいくらいに能力を発揮します。
 その最たるものが、携帯電話の利用とメール送信。飽きることなく、継続してやっています。
 好きなら継続力・忍耐力は申し分ないくらいにありますね。

 そんな能力を地域の発展のために生かすため、例えば、土日、おじいちゃんおばあちゃん相手の携帯電話・メール送信教室の開催、振り込め詐欺防止教室、商店の新商品の展示情報の送信、バーチャル商店の構築、新発田市内への観光客の誘致PR、などなど。

 アルバイト感覚で仕事ができるような配慮を、商店主の皆さんがお考えになれば、だいぶ変わってくると思うのですが、いかがでしょうか。

なるほど、通学してくる高校生がただ家に帰してどうするのよ!ってことだ。その発想はよく分かるが、ネット系の活動に高校生を引き込むのは、現状では絶望的だと思う。私の印象であるが、高校の情報教育はそもそも情報科目を「履修漏れ」の対象にしていたわけだし、「なんらのスキルも持たない」で進学してくる大学生が大多数だ。

上にあがっている活動で言えば、「商店の新商品の展示情報の送信」「バーチャル商店の構築」は無理だ。「振り込め詐欺防止教室」はよくわからないが、フィッシング詐欺なんかに引っかかりそうな生徒はたくさんいる。「おじいちゃんおばあちゃん相手の携帯電話・メール送信教室の開催」は、いいかもしれない。絵文字連発の彼らの語法に、おじいちゃんおばあちゃんは面食らいそうだけど。

つまり、現状は相当厳しい。まず第一に、こういうことに高校側が関心を持って、意識的に取り組むことが必要だし(そういう機運はほとんど感じられない)、地域からもそのような働きかけが必要だろう。大学にも(といっても僕だけになりそうだが)、なにかあったらお声かけください。

ITmedia D LifeStyle:ネットから長文が消えたいくつかの理由 (1/3)

なぜネットには長文がないのか。以前からぼんやりと考えていたことを、小寺信良さんが書いている。

心理的要因もあり、ウェブ、パソコンなど、ツールの仕様にも原因があるのかもしれない。もともと長文がかける人なんて、ごくわずかだった、という指摘もある。

リンク: ITmedia  D LifeStyle:ネットから長文が消えたいくつかの理由 (1/3).

最後のほうにはてなブックマーク(つまりソーシャルブックマーク)の話が出てくる。

 記事に対してブックマークするということは、関心があるという表れに違いない。だがその反応の詳細は、明らかになることがない。良いことか悪いことかわからないが、とにかくなんらかの反応があったということがわかるという、出席簿みたいなものである。

 これが2年前であれば、同じブログでも文章でリアクションが帰ってきた。だから多くの人がひとつの問題に対してどのように感じたのかがわかったし、多くの意見を吸収することができた。ある意味、知識のエコシステムが動作していたわけである。

 「はてな」のユーザーは、このブックマーク機能の登場により、いちいち文章をつむぐ必要がなくなった。ブログを始めたはいいが何を書いていいかわからない、という人にとっては、敷居を下げる効果はあっただろう。

はてなブックマークとブログの話が混在しているが、たしかに現象は一つのつながりで見ることができる。ブログも自分で長文を書く人は減っていて、むしろはてぶ的なリンクだけでほぼ終わっているものが多いのかもしれない。読者側も長いのはあまり読まなくなってきているので、この傾向は読者側からも助長されている。

 文章を書くのが苦手という人は少なくない。だがあなたが何かモノを考えるときには、なんらかの言葉が脳内で鳴り響いているはずである。人間は言葉なしに、考えることはできない。またこれができるから、人間は動物から袂を別って進化したのである。

(中略)

つまり人間が何かモノを考えて、その場で判断なり結論が出せるということは、言葉を紡ぐ能力があるということである。文章を書くのが苦手なのは、考えるスピードに対して書くスピードが追いつかないとか、文章というフォーマットを意識しすぎるからではないだろうか。

大学で教え始めた頃、文章で答案やレポートは書けないけど、イラストでだったら書ける、っていう学生がいた。頭の中に去来したものを文章という形に落とし込むというのは、結構高度な処理を伴っているのだと思うが、それと彼の言っていたイラストとは、どういう関係に立つのだろうかと、ときどき思い出す。

ただ「出席簿」みたいなはてなブックマークは、よく見ていると、長文のおしゃべりはできない、サイレントマジョリティに属する人々の声を、現しているのかもなあと感じることもある。最近学生たちと話していて思うのは、このサイレントマジョリティとしての参加権ですら、それを欲している学生は、実は多くないということ。「ゆとり第一世代」の今年度入学の学生たちは、結局、そのほとんどが「指示待ち」だけの独創性の乏しい人たちだ。「ゆとり」で何かが達成された感じは全くない。

ひょっとすると、先生がなんていおうと、私たちは「お勉強」の世界の勝者じゃないので、こんな知的な活動への参加資格はないんだと思っているのかもしれない。その一方で、いわゆる「資格・検定」に関心のある学生は少なくない。

今日は午後から、新潟市内の高校で出前授業。
コンテンツの作り手となる参加権は、みんなに平等にあり、WEBの世界でそれらは平等に評価されるんだ。これからきっと、ますますその仕掛けは洗練されていく。努力を怠らないでいこう。
そういう話がどこまで通じるか、やってみます。

「情報セキュリティシンポジュウムin新潟」

稚内での一週間が終わり、無事帰着した。
昨日の会合には間に合わなかったが、今日は以下のイベントにこれから参加。うちの近所でこの手のイベントが行われることはめずらしい。

リンク: 「情報セキュリティシンポジュウムin新潟」


        【日 時】 平成19年2月3日(土)16:30~18:00

            
            【会 場】 本学10階大講義室
                  ※駐車場はございませんので、公共交通機関や有料駐車場をご利用ください。
            
            【参加費】 無料

      

 

   

 

 

   

 
 

 

 

 

 

   

 
 

 

 

 

 

 

 

 

   

 
 

 

 

 

 

 

 

【プログラム】
16:30~16:35 開会のご挨拶
NPO新潟情報セキュリティ協会 石黒義久氏
16:35~17:00 講演
新潟県総合政策部情報企画監 松下邦彦氏
テーマ:新潟県の情報政策のこれから
17:00~16:00 講演
内閣官房情報セキュリティセンター参事官 小林正彦氏
テーマ:企業経営における情報セキュリティの重要性

      


      【定 員】 100名(定員に達し次第締め切らせていただきます。)
      
      【お申込】 お申し込みはコチラから

【主 催】 特定非営利活動法人 新潟情報セキュリティ協会

【共 催】 事業創造大学院大学

【後 援】 経済産業省、情報セキュリティ政策会議
      (議長:内閣官房長官、事務局:内閣官房情報セキュリティセンター)、
      新潟県、新潟県警察、新潟市

Kaga Age / 加賀揚げ

加賀揚げ

Kaga Age / 加賀揚げ

新潟駅南の「米百俵」にて。
店の人がいうには、「さつま」とは違う「加賀」揚げっていうのがあるんだそうだ。形が俵型で、野菜も入って、すごくおいしかった。

今日スーパーでも「加賀揚げ」と称する商品を見つけたので買ってみたが、こんなに大きなものではなく、イマイチだった。

旬菜料理 米百俵
住所:新潟県新潟市米山1-9-27 2F
電話番号:025-249-4700
JR「新潟」南口より徒歩約5分 
営業時間:11:30~14:00/17:00~翌1:00(平日)/17:00~翌1:00(土) 
ラストオーダー:24:00(料理)/24:30(ドリンク) 
定休日:日曜 

新潟市 『インド料理ナイル』のカレー

どうして新潟のタウン情報は、そろいもそろって古めかしい仕様なんだろう。WEB2.0という言葉は、関越トンネルで迷子になっているような気がする。

さて、インドカレーの件で、耳寄りなコメントをいただいた。新潟のタウン誌「Komachi」の紹介ページが例によってしょぼいので、ブロガーのページをリンク。

『インド料理ナイルのカレー』.

なんと新潟から新発田へ行く途中、豊栄(とよさか)というところに!
これは通勤途中に寄れるぞ。情報どうもありがとうございました。

ちなみに、marsさんに教わった店「ナタラジャ」には行ってきた。ちょっと値段が高めだったこと、うちが新潟のインドカレーの元祖だ!というプライド、チキンティカのつくりおきっぽい感じ、がちょっと気になったのだが、総じて再現性は高く、また行きたい感じだ。

Bistro de またのり

新潟でもヒューガルデンを出す店はいくつかある、ということが最近分かってきた。こうしたマニアックな情報の集積度では、新潟はまだまだ改善の余地がある。
ただ、駅周辺でということになると、どうやらここだけのようだ。食べ物も、○○料理っていう感じではないのだが、どれもきちっとした味。ヒューガルデン目当ての客ということで、すでに店の人にも覚えられつつある。たしかに周りの客を見ると、店の自慢を無視して、エビスなんかを飲んでる人も多い。

お客さんがきたときにご案内するところではないが、常連化の予感。

  • びすとろ DE またのり (ビストロ・ド・マタノリ) 新潟市天神2-1-20  グランティグルパート2 1F
  • 025-244-0221 
  • 不定休 
  • 11:30~14:00 18:00~23:30