タグ別アーカイブ: 敬和学園大学

敬和学園大学のLIPDUB、撮影終了:デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」を思いだした

今日敬和学園大学で、Lip Dubの撮影が行われた。Lip Dubはいわゆる口パクによる、勝手プロモーション動画。最近、最後にプロポーズが行われる動画がかなり話題になったので、その際にLip Dubという言葉を耳にした方も多いだろう。

これはステキ!世界初のLip Dubパフォーマンスによるプロポーズ[動画] | インターネット・インバウンドマーケティング ブログ

このLip Dub、実は世界中の大学で、キャンパス内を紹介しながら撮影された作品が作られ、公開されている。

敬和でもLip Dubをやろうという話題が出たのは、今年に入ってからだっただろうか。年度をまたいた計画であったが、何度も行われたミーティングのほか、Facebookグループでもやり取りが続き、数度にわたる昼休みリハーサルを経て、今週ついに本番撮影が敢行された。自分も出演するつもりであったが、最終的に本番撮影が一週延期され、出張先の中国で撮影の様子を垣間見るだけになってしまった。

ただKeiwa Lunchの配信をやっているゼミの学生たちが、一戸の写真の入ったボードを用意して、それを持って踊ってくれたので、写真だけで参加する形になった。遠足に行けなかった友達の写真扱いだ。

Source: instagr.am via Shinya on Pinterest

 

先ほど今日撮影された動画の、最初のバージョンを見たが、非常によくまとまっていて、驚いた。参加している各サークルなどがギリギリまで調整して準備していたこともあるのだろうが、なにより参加者たちが楽しそうに笑って参加している様子が、とてもよかったと思う。

2年から編入してきて今年3年にあがった学生が、Twitterで、「Lipdubの動画見て、なんか涙出てきちゃった。編入してきて、本当に本当にほんっとーに良かった。こんな温かくて素晴らしい大学はありません!」と書いていた。彼女が編入するときの面接をよく覚えているので、このTweetを見る日が来たことを、とてもうれしく思った。と同時に、彼女からそのような言葉を引き出した、今日の撮影の現場に、自分がいられなかったことを、つくづく残念に感じた。

さてこのプロジェクトが今日ここまでたどり着いたところで、自分が思い出したのは、TEDで行われた有名なプレゼンテーション、デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」。最初の「フォロワー」の大事さを解いたプレゼンテーションだ。以下に字幕つきの動画を貼り付けておく。

今回のプロジェクトで、一人目に「踊った」リーダーがayaco先生なのは間違いないのだが、二人目、最初のフォロワーは誰なのか。今となってはよくわからない。少し時間はかかったけれども、じわじわと多くの人々がプロジェクトの趣旨を理解し、アイデアを出し、準備をして、今日の本番に結びついた。きっと何人ものメンバーが、「二人目」を自認し、ayaco先生とともに踊りはじめていたに違いない。敬和でともに学ぶ仲間たちとの濃密な人間関係を愛し、そのための場所としての小さなキャンパスを愛して、今日の撮影にみんな一致団結して「踊って」いるのはよくわかった。ayaco先生の「マキコミ」のうまさはもちろんすごいのだが、学生たちの「マキコマレ」もなかなかのもの。フォロワー(追随者)となるノリのよさ・前向きさも、小さな大学を盛り上げていく、大きな要素になるのだと思う。「断る力」も大事なのだが、「マキコ」まれる、ノリのよさのほうが、若いうちは大事なのではないか。

実学・資格志向の強まる中、大学、とりわけ、地方にある大学は、直接的な「実学」たることを求められる傾向にある(専門学校への進学率の高い地域は特にその傾向にある)。その中で、キャンパスの「自由」なるものが軽んじられている部分もある。学生たち自身も、「資格を取って何とかチャンスをつかめ」という、世知辛い世の中からのプレッシャーにさらされている。しかし、今日の撮影で多くの参加者が見せた表情は、そういう社会的な要請と対立はしないが、全く異なる次元にある、敬和学園大学の「自由な空気」「自由な雰囲気」の重要性を、示唆しているように感じた。この「空気」「雰囲気」をきちんと定義できるわけではないし、すべての構成員が「空気」「雰囲気」を共有しているわけではない。むしろ今回のムードは、ayaco先生のパーソナリティによって、できあがった部分が大きいかもしれない。ただひょっとすると、大学が時流に流されず、大事にし、不足があれば補ってでも、発展させていくべきものが、今日の撮影の中にあるのではないかと思うし、この「空気」「雰囲気」を、新潟で学ぶ学生たちに提供できることの意義を、再確認すべきなのだろう。

今日撮影した映像は、これからさらに編集した上で、コンテストへの出品を計画しているようだ。結果がどうであれ、参加者の皆さんが共有した「思い」が、一番大きな成果であったのではないかと思う。

Keiwa Open College (a series of lectures for citizens) in Sanjo City, Niigata

新潟市北区の市民講座でソーシャルメディアについてお話ししてきた

昨晩、新潟市北区の豊栄地区公民館で開催された、敬和学園大学のオープンカレッジでお話をさせていただいた。

Keiwa Open College (a series of lectures for citizens) in Sanjo City, Niigata

昨日は写真を撮り忘れた。上は三条で2008年にお話させていただいた時のもの。

オープン・カレッジ 「「絆」~見えるつながり・見えないつながり~」(新潟市北区会場)のご案内 – 敬和学園大学

今回は4回シリーズの1回分の担当。「ネット」や「ソーシャルメディア」が統一テーマであるわけではないので、受講生の皆様も、「ネット初心者」でもなく、ひょっとすると、「ネットに関心のない人たち」も含まれていたように思う。実際中高年の方も多く、「最近スマートフォンに機種変更された方いらっしゃいますか?」と聞いたところ、全く手が上がらなかった。

最近のネット、ソーシャルメディア、スマートフォンなどの事情についてお話しし、その上で、それが震災などの非常時にどのように活かされたか、課題はなかったか、について私なりの見解を述べさせていただいた。

普段はネットを使っている人、あるいは、TwitterやFacebookを始めたい人、を相手にお話をすることが多いので、なかなかハードルは高かったが、自分なりにお役目は果たせたのではないかと思う。中高年にソーシャルメディアについて理解していただくのは、骨の折れる作業ではあるが、社会的にも大事な仕事だと考えている。機会をいただければ率先して出かけて参りますので、お声掛け下さい。

長岡造形大学のビデオ

長岡造形大学の紹介ビデオ。冒頭からなかなか凝った映像で、造形大学の幅広い実習内容のわかるセンスの良いビデオ。

県内他大学だけ紹介していると、どこかから怒られそうなので。敬和学園大学も現在新年度のビデオを制作中。一眼レフで撮影した部分もあり、なかなかいい感じに仕上がりつつあるようだ。近日公開予定。

Source: shinyai.com via Shinya on Pinterest

こちらは昨年度作成の紹介ビデオ。

敬和学園大学学生制作のフリーペーパー「Keiwa Crew」完成 #keiwa

昨年の後期に募集した、テクスファームさん指導による学生情報発信チーム「Keiwa Crew」から、フリーペーパー「Keiwa Crew」の第1号が出た。表紙のタイトルは、「これを読めば、敬和学園大学のだいたいがわかる!」。

Keiwa Crew #keiwa - from Instagram

チームの選んだ学生5人を取材し、インタビューや友人の証言をもとに、それぞれのメンバーの人となりを明らかにする。5人の人物像は、大学のすべてを描いているわけではないが、「だいたいがわかる」という構成。

我々教職員の目線で、網羅的で硬く作られがちなパンフレットとは異なり、「だいたい」ではあるけれど、若い学生たちの視点で、敬和学園大学の実像が照らし出されている。

一般への配布方法については、近く大学からアナウンスがある予定。ぜひ手にとってご覧いただければ幸いです。

【追記】
6/8から新潟市内の以下の場所にある「新潟美少女図鑑」のラックに、Keiwa Crewを置いていただきました。どうぞ手にとってご覧ください。

・BP-ビルボードプレイス(1F)
・BP2(1F)
・アクロスパーキング(1F入り口)
・新潟アルタ(2F入り口)
・ラフォーレ原宿・新潟(4F エレベーター脇)

【さらに追記】
またこのほかにも、以下の場所にも設置をお願いしてきました。
・エミタイ(敬和学園高等学校前)
・カフェノバ(新発田市中央商店街)

Keiwa Lunch、今日のゲストは高井さん #keiwalunch – from Instagram

本日のKeiwa Lunch配信前の一コマ。ゲストの高井さんは、新潟ローカルNSTのテレビ番組「スマイルスタジアム」にレポーターとして出演している。今週末も出番があるとか。NSTの玄関のパネルには、写真も出ているらしい。

今日のゲストは、えいこさん #keiwa #keiwalunch - from Instagram

配信自体は、今週も音質が改善できず、機材班は苦戦していた。もう少し事前の準備で問題を解消できるように頑張って欲しい。

Keiwa Lunch | Keiwa Lunch:毎週木曜日のお昼休み、敬和学園大学の学食からUstreamで放送中

スマイルスタジアム-NST-

高井さんが「Cut IN Campus」の表紙を飾ったときの記事も出てきた。

エイコさん、CUT IN Campusの表紙に! 4/13|アナウンサーレッスンを新潟で!

敬和学園大学のパンフレットが完成:デザイン担当は「新潟美少女図鑑」のテクスファームさん

敬和学園大学の新年度パンフレット(2013年版)が完成した。

敬和学園大学キャンパスガイド2013が届いたよ! #keiwa | keiwastagram

5e615fa6fb8e307af55d93dbf2db7e73

今年から地元のデザイナーと協力して制作しようということで、編集からデザインまで、制作を新潟美少女図鑑のテクスファームさんにお願いし、1年間綿密な議論をしてきた成果だ。「美少女図鑑」のような派手な形ではなく、クラシックなスタイルの表紙を選択した一方で、中では学生や卒業生、教職員の生き生きとした姿を表現していただいた。

株式会社テクスファーム|TEXFARM

ぜひ一度、手にとってご覧いただきたい。

今年設定した大学のキーワードは「可能性は力になる」。新潟の大学で、もっとも「可能性」を広げることができる大学、広げた「可能性」を社会で生きていくための力にする大学、あるいは、地域社会の力として輩出する大学、というメッセージを込めたつもりだ。子どもたちにしたら真剣な「夢」だが、大人から見たら現実的ではない「夢」(ひょっとしたら、それは「中二病」かもしれないけど)も受け止めて、広げて、最後の形として満足できる進路に結実させる。「リベラルアーツ」大学の自由さを生かしつつ、ひとりひとりの「現実」に向きあう大学として、着実な教育活動に取り組んでいこうという趣旨だ。

【追記】記事を公開した後しばらくして、テクスファームで制作の中心となってくださった加藤雅一さんが、InstagramやFacebookに、写真やメッセージを寄せて下さった。お世話になりました。加藤さん撮影の写真で見ると、さらにスタイリッシュ。

17fba3549bb5cd9f278b8f0a2a821027

Flipboard

Flipboardの「あれこれ検索」の活用:Instagramのハッシュタグウォッチなどによさそう

Flipboardの設定をいろいろいじってみていたら、「あれこれ検索」という検索窓があることに気がついた。今までFlipboardでは、Twitterのリストをのぞけば、それぞれのアカウントの「Home」を見るためにしか使っていなかったのだが、この検索機能を使えば、さまざまなサービスのリアルタイム検索を眺めることができる。Flipboardはビジュアル表示に優れているので、Instagramのハッシュタグウォッチに力を発揮しそうだ。

トップページだと赤いリボン、ブラウジング中の場合には、虫眼鏡ボタンを押す。

Flipboard

「あれこれ検索」の窓に、何かキーワードを入れてみる。

Flipboard

たとえば、「#niigata」と入れると、Twitter検索でこのキーワード検索した結果を乗じアップデート表示することができたり、その他、これに関連するTwitter、Facebook、Facebookページ、Facebookグループ、Flickrのユーザ名、Flickrのグループ名などが検索結果に出てきて、これらを追加できる。

Flipboard

Instagramについてもこのようにいろいろ。すでに投稿されている写真があるタグが、候補として表示されるようだ。

Flipboard

追加したいものの横にある「+」マークを押せば良い。ただし、表示順は一番最後になる。すでにたくさん表示させている場合には、「マイFlipboard」→「編集」に進み、順番を変えてやれば良い。右側のグレーの「三」の部分を移動させる。

Flipboard

Instagramの検索タグとして、普段使っている「#keiwa」と「#niigata」を設定し、一番前のカバーストーリーの下においてみた(このブログでのリンク先は、いずれもlistagram)。これで「keiwastagram」に投稿された写真についても、Flipboardで確認して、反応することができる。

Flipboard | Flickr – Photo Sharing!

関連エントリー:

Solaryman 20120518

働く人が宙に浮く写真シリーズ「ソラリーマン」で撮影してもらった

カメラマンの青山裕企さんの作品集の一つに、「ソラリーマン」というシリーズがある。(主として)スーツを来た男性が、真顔でジャンプして、宙に浮かんでいるというもので、すでに写真集も出されている。帯のタイトルは「働くって何だ?!」。このシリーズの撮影が、今日新潟であり、関係者に推薦していただき、自分も出演(?)させていただいた。スーツは着てないので、「サラリーマン」ぽくないけど。

撮影は敬和学園大学。金曜の午前は、チャペルアッセンブリーアワーが大教室で行われているのだが、チャペルが終わった教室を利用した。チャペルアワーの時間の熱気が、まだ教室に残っていた。祈りの時間の後が、ソラリーマンの時間となった。

ソラリーマン | 青山裕企

青山 裕企 / Yuki AOYAMA (yukiao) は Twitter を利用しています

数日前からゼミの学生たちには情報を流していて、エキストラの出番がありそうなので、出てくるように連絡していたのだが、誰も来ておらず、急遽公開Tweetをするなどして、大学にいる学生たちに集まってもらった(撮影の準備をしている間、学食あたりでいろんな学生たちをさそってくれたのは、学生カメラマンとして頑張っているSakumaくん。どうもありがとう)。

教室の状況を見てもらった結果、「学生たちがまじめに勉強しているのに、教壇にいる自分だけが飛んでいる」という設定になった。笑ってしまいそうな学生たちに我慢してもらって、私もそれなりに真顔で、飛ばせていただいた。ただ飛んでいるだけなのに、スタッフの皆さんには、いろいろ言葉を尽くして絶賛していただき、気持ちよく飛ぶことができた。明るい現場づくりは大事ですね。これも勉強になった。

撮っていただいた写真が、ウェブに載るのか、本に載るのか、ボツになるのか。それはまだわからない。でも良い体験をさせていただいた。自分のカメラも、テクスファームの加藤さんが撮って下さったので、遠目ではあるけど、飛んでいる写真が何枚か残っている。どうもありがとうございました。

教卓の前で飛んでいるシーン。

Solaryman 20120518

教卓から離れて飛んでいるシーン。

Solaryman 20120518

青山さんの撮った写真も、ちらっと見せてもらったが、もっと大きく迫力ある写真になっていた。

ちなみに青山さんは、吉高由里子の「UWAKI」という写真集も撮影している。

20120516

敬和読書同好会

敬和学園大学でも読書同好会があるというので、今日メンバーの写真が公開された。今年新しいサークルとしてスタートしたらしい。たぶん以前にも存在していたのだと思うが、新しく立ちあげられたということだろう。

20120516

本を読むという営みは、それ自体個人で行われるものであるが、同じ分野の本を読む人たちのグループが、多重に編成されていくというのは、大学生活を確実に豊かにしてくれるはず。このサークルの活動は、もっと評価されるべきだし、情報の発信もしていってほしいと思う。

ちなみに僕のゼミは今学期、各学年ともに藤代裕之「発信力の鍛え方」を読んでいる。3年生はコグレマサト・するぷの「必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意」も、並行して読み始めた。ゼミはオープンなので、このテーマで勉強してみたいという人は、ぜひ参加してほしい。

ゼミの学生が、まずはネットの使い手として一人前となり、さらに発信力を備えたブロガーになるところまで、育っていってほしいものだと思う。

本を読むという営みを学生の自主的な団体がサポートしようというのは、大学のゼミがこうした需要に応えきれていないということかもしれないが、学生同士が集まって、ああでもないこうでもないと語っているのだとすれば、きわめて健全なこと。こうした学生たちの活動からフィードバックを受けて、大学教育の中身が変わっていってもいいだろうし、逆に大学教育が自主的に読む題材を提供してもいいんじゃないかと思う。かつて、ゼミで勉強したのをきっかけに、法学部なのにマックス・ヴェーバーやニーチェを友人と読んでいたのを思い出した。

Keiwa Lunch 20110126

Flickr上のAviaryのフィルターを試してみた

Keiwa Lunch 20110126

Keiwa Lunch 20110126, a photo by shinyai on Flickr.

Flickr上のKeiwa Lunchの写真を整理していて、一枚だけAviaryのフィルターを掛けてみたところ、なかなかいい感じにしあがった。3月に卒業した学生たちが、昨年度最後のKeiwa Lunchに出演してくれたときのもの。

かけたフィルターは、「Effects」→「Singe」

Flickr、新しい写真編集機能にAviaryを採用 | ICHINOHE Blog