タグ別アーカイブ: 情報技術資格対策

敬和学園大学の情報メディアプログラム、ITパスポート向け新科目開設

4月からの履修科目を検討している敬和生もいるので、そろそろ告知。

敬和学園大学では、昨年から「情報メディアプログラム」をスタートさせている。これに伴い、昨年度も、映像制作の科目「現代メディア論」が始まり、今まで一戸が担当していた「情報管理基礎論」も、清水大輔先生が担当することになった。

Computer Lab in Keiwa College

今年は新しく、従来からあった科目「情報技術資格対策C」を拡充し、ITパスポートの対策講座を開設した。このブログの読者の多くには自明かもしれないが、学生には馴染みがないと思うので、簡単に言うと、IPA独立行政法人情報処理推進機構が実施している情報処理技術者試験の一つで、一番初心者向けのもの。

ITパスポート試験

ITパスポート試験

文系の学生の合格率は30%前後なので、初心者向けとはいえ、それなりにハードルは高い。ただ、これまで「情報技術資格対策」はマイクロソフト製品に関する試験ばかりであったが、ITパスポートは試験問題を実際に解くという部分もあるので、むしろ文系の学生にもチャレンジしやすいという面もあるだろう。

担当は「情報管理基礎論」と同じく清水大輔先生。前期のみの科目で、週2コマの集中講座で合格を目指す。特にほぼ単位を取り切った4年生、就職準備を進めたい3年生に、ぜひチャレンジしてほしい。

Webベースワープロ「Zoho Writer」が日本語化

敬和に来て最初に持ち上がったのが、Microsoft Office Specialist対策講座の単位化であった。

これだけすべてがウェブサービスに向かっている中にあって、レガシー側の代表たる、MS Officeの検定講座を単位化することには、正直いって違和感があった。でも、その後状況をきくうちに、どうやら議論の焦点はそこにあるのではなくて、「実践的」科目を単位化することの是非にあるということに気がついた。複雑な気分をかかえながら、僕は実践派に賛成する側に回り、めでたく今年度から「情報技術資格対策」の単位化が決まった。

学生に「Word/Excelの資格取ったほうがいいですか?」とときどき聞かれて、僕の認識をどのように語るべきか迷うけれども、僕の授業をとった学生には、Office Applicationのオンライン化の動きは、必ず話をしているはず。この文脈を理解してくれさえすれば、その人がOffice Specialistに取り組むかどうかは、どちらでもいいんじゃないかと思っている。

僕の話がちんぷんかんぷんの人は、恐らく情報に関係する仕事には「つかない」と思うので、逆説的だけど、Office Specialistにとりくむのがいいのかもしれない。たぶん今のトレンドが定着していくとしても、それが新潟の一般のオフィス環境に浸透する前に、みんな就職することになるだろうから。

ところで、Office系のアプリケーションのオンライン化については、Google Docs&Spreadsheetのことばかりを見ていたけれども、Zohoというサービスが別にあることを知った。

リンク: Webベースワープロ「Zoho Writer」が日本語化.

これらのファイルをZoho Writerに読み込んで保存しておき、ブラウザでアクセスすればどこからでも利用できるようになる。WYSIWYGのエディタ画面で編集でき、PDFなどに変換することも可能だ。他のユーザーと共有したり、編集履歴を管理する機能も備える。

すでに表計算ソフトは、先行して日本語化しており、プレゼンテーションソフトも日本語化をすすめているという。オンラインで文書が共有できるというのは、なかなかありがたい。昨日MLに投げたメールを携帯で受けた学生たちから、添付のdocファイルの再送依頼がきて、何通も再送したばかり。添付もやりたくないし、できることならこの手のサービスを使ってスマートに共有したいものだ。