タグ別アーカイブ: 情報メディア

卒業生たちの結婚式で乾杯前あいさつをしてきた

2017年9月16日、2014年までKeiwa LunchのMCをしていた、まるりさんが結婚式を挙げた。私は、まるりさんと同期のゼミ生たちとともに、結婚式に出席、披露宴では乾杯の担当をさせていただき、少しお話をさせていただいた。2人とも敬和の卒業生なので、たくさんの卒業生に会うことができた。

護国神社での式を終えたところ。

Keiwa LunchのMC3人が、かつてのアイコンの並びで。

ゼミメンバー(と会社の先輩)で、集合写真。このポーズの意味は不明。

まるりさんの結婚相手は、彼女より一個上の卒業生徳太郎くんで、2人の接点を作ったのは、映像制作の授業「現代メディア論」だった。そのことをスピーチで述べた。

披露宴のオープニング映像では、最近大学で撮影したと思われる映像が上映された。敬和が縁で結ばれた二人が、あらためてキャンパスで映像を撮って、自分たちで編集したようだ。大学関係者として、とてもうれしかった。

 

卒業生に支持される大学であることは大事だし、そのためのコミュニティをきちんと維持していくべきだと思うが、個人ですぐにできることには限界がある。まずは自分のゼミのメンバーと、細くともきちんとつながり続けていこうと思った。

以下はあいさつのために用意した原稿。実際には話し始めてから、一部表現を変えている。

————————–
徳太郎君、るり子さん、ご結婚おめでとうございます。 心よりお祝い申し上げます。
ただいまご紹介に預かりました、敬和学園大学で教員をしております一戸です。
僣越ではございますがご指名により、乾杯の音頭をとらせて頂きます。

今日ご結婚されるお二人は、いずれも私達の大学の卒業生で、敬和が二人を結びつけたことになりますので、大学で働くものの一人として、とてもうれしく思います。

実はお二人ともそれぞれ違う学科の所属で、ふたりともわたしの所属する国際文化学科の卒業生でもないのですが、なぜかいろいろと私との接点がありました。るり子さんは、在学中、福祉系の共生社会学科から、私の情報メディアゼミに参加してくれて、いつの間にかゼミのリーダー役まとめ役になってくれました。思い出に残る、またゼミの歴史に残る卒業生の1人です。徳太郎くんは、英語文化コミュニケーション学科の活発な学生の一人で、いろんなサークルでも活躍していて、つまりはとてもいそがしくて、うちのゼミには来てくれませんでしたが、最後の頃は卒業記念パーティで上映する映像をかなりの時間をかけて作っていたので、その頃うちのゼミのメンバーと、かなりの時間一緒に活動していました。学生時代、二人が交際していたのかどうか、私はよく知らないのですが、そのころから息の合った似合いの二人だったと、いま振り返ると思います。

私が関わる映像制作の授業で、グループに分かれ、地域のさまざまな事象、文化を映像ドキュメンタリーにするものがあります。4年前、私が引率して、酒蔵に取材に行ったときのメンバーに、徳太郎くんとるり子さんがいたのですが、実はこの時がお二人の最初の接点だったと、最近聞きました。できあがった映像作品は、これまでの名作の一つとして、今も大学のYouTubeにのっています。映像には、まだ飲んだことのない飲み物「日本酒」に挑戦する、初々しいレポーターの、るり子さんしか出てきませんが、カメラの後ろのメンバーの一人に、徳太郎くんがいて、密かに将来の伴侶を見つめていたことになります。そう思いながら見ると、ただひたすら初々しい、あるいは、たどたどしい、るり子さんの「日本酒」体験レポートも、何か違ったものに見えてきます。この映像、るり子さんの今のお立場を考えると、あまり大きな声では言えないのですが、「金升酒造の日本酒」というタイトルでYoutubeにのっています。機会あれば、初々しいるり子さん、映ってないけどカメラの後ろから気配を出す徳太郎くんを、ぜひご覧ください。

そこから4年の間に、どこでどのように、二人の距離が縮まって、今日この日に至ったのか。私も必ずしも存じ上げませんが、ゆっくりと、信頼関係を築いていった、強い絆を、最近のお二人に感じているところです。

徳太郎くん、るり子さん、これからはふたりで力を合わせ、互いを尊敬しあって、幸せな家庭を築いて下さい。私たちも、できる限りで、お二人のあゆみを応援したいと思います。

それでは皆様、乾杯のご唱和をお願い致します。

ご両家の益々のご繁栄と徳太郎くん、るり子さんの末永いご幸福を祈念致しまして、 乾杯したいと思います。乾杯!

高井瑛子さん、坂元楓さん、2人の敬和卒業生が新潟の主要番組に登場

2017年4月から、敬和学園大学卒業生2人が、新潟の主要番組に登場した。登場したのは、2013年卒業の高井瑛子さんと2016年卒業の坂元楓さん。2人とも在学中からテレビにレポーターとして出演し、経験を積み上げていて、満を持してというところもある。

高井瑛子さんは、UX新潟テレビ21の土曜朝の番組「まるどりっ!」に出演。やまだみつるさんの人気コーナー「旅してちょーない」の5代目パートナーとなった。

まるどりっ! » 2017年4月1日放送 400万円つぎこんだ宝の山 ~長岡市~

高井瑛子さん

高井さんは大学卒業後、岩手朝日テレビのアナウンサーとして、岩手県で活躍。新潟のテレビ番組で見ることはほとんどなかったが、高校野球地方予選の番組を担当するなど、人気アナウンサーとして活躍していた。4年間の岩手での経験をへて、地元新潟に戻ってきた。「旅ちょ」1回目から「大食いキャラ」ぶりを発揮していたよう。「旅ちょ」も長らく続けてきて、ネタ切れになりかねないところがあるように思うが、やまだ・高井の新コンビで、新潟県の町から新たな話題を提供してほしい。

坂元楓さんは、NHK新潟放送局の「新潟ニュース610」に出演。4/3に外からのレポーターとして登場したようだ。今後キャスターとして登場するものと思われる。

NHK新潟放送局 | アナウンサー・キャスター | 坂元 楓 (さかもと かえで)

坂元楓さん

坂元さんは、大学卒業後、湯沢町の第54代ミス駒子として活動しながら、民放局の番組に出演していた。情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢で、越後湯沢から新潟に戻ってきた新幹線で、ばったり会ったこともある。あきらめずに粘り強くがんばったことで、ローカルニュースの「大役」の座をつかんだ。NHKのニュースキャスターは、原稿読みを含めて、言葉遣いの正確さを、かなり厳しい目で見られている。これまでの経験を活かして、がんばってほしい。

卒業生二人の活躍について、自分がとりたてて何かをしたわけではなく、幾つかの授業を担当しただけだが、大学の情報メディア教育を担当するものとして、素直にうれしい。女子アナの任期は短いのだが、二人にはまずは今の場所で活躍し、そのまま息の長い活動を続けていってほしい。

ちなみに在学中に2人共、Keiwa Lunchに出演してくれたことがある。今となっては本人には「黒歴史」かもしれない(そうでないことを願っている)が、検索して見に来ている人がいるのだろう、どちらの動画も、Keiwa Lunchのアーカイブとしては、それなりの再生回数になっている。

Keiwa Lunch – Keiwa Lunch:毎週水曜日のお昼休み、敬和学園大学の学食から放送中

敬和学園大学の集中講義「現代メディア論2」の映像作品を公開(一部):新発田・新潟を題材にした二作品

高谷邦彦先生担当の集中講義「現代メディア論」、2012年後期に制作された映像作品が2本公開されている。この授業は前期後期にそれぞれ集中講義として開講され、期間中に一本の映像作品を作成するというもの。前期は、大学を素材に制作するものだったが、後期は新発田を中心に、学生たちが街に出て撮影・取材して作品にまとめた。

4月に入り、科目登録の時期が近づいているので、今回は2作品を紹介。前期の科目登録の参考にしていただきたい。

1つ目。「新潟うまいもの調査隊(仮)」

この作品は、イタリアン、ぽっぽ焼き、もも太郎、3つの素材を「B級グルメ」の軸でつなげてみようという作品。「インタビュー」「食べる」というパターンでテンポよくまとめてくれた。
学生たちの試食レポが中心だが、県外の人にもわかるような説明を盛り込むとか、「うまさの秘訣」を取材してくるとかすると、もう少し厚みが出て、わかりやすくなっただろうか。
このチームは男子3名で、それはひょっとしたらハンディだったかも。交渉力のある女子学生が1人でも入っていれば、あちこち取材できたかもなあという気がする。

2つ目。「特捜!から寿司最前線」

「から寿司」を提供している、各店舗に突撃し、知る人ぞ知る新発田名物取材してきた作品。短期間で各店舗にアポをとって取材を実現した交渉力は立派であった。最終的に素材が足りなくなってしまって強引にまとめたところはある。構成をしっかり考えて素材を集めておくと、もう一捻りできたかなとは思う。

本当はもう1チーム、新発田市の酒蔵金升酒造を取材した作品がもう1本あり、ほぼ完成しているのだが、4月に突入してしまったので、とりあえず以上2本で公開する。

金升酒造 20130204

今回やってみて、この授業は「総合力」が問われるということが、あらためてよくわかった。そもそも素材をさがせるアンテナが必要だし、取材を進めていく上ではコミュニケーション能力も必要。編集についても、技術というよりは、構成力が必要だ。

取材を通して学生たちは、地域の事をいろんな側面から知ることになる。学生たちが得るものは大きい。まだまだ完成度が高いとはいえないが、学生たちなりの視点で、新発田、新潟など各地の素材をまとめていけば、面白いことができそうだ。

【学生の皆さんへ】
現代メディア論は、前後期とも集中講義として開講され、情報メディアプログラムの対象科目。今年から配当年次は2年になったので、2−4年が科目登録をした上で参加することができる。作品を作ることが目的なので、履修者が増え過ぎない限り、在学生は聴講生として参加することも可能で、単位取得者が再度作品制作に挑戦することも歓迎。

【追記】完成が遅れていた、金升酒造を取材した作品「升酒造の日本酒〜酒へのこだわりと新たな一手〜」が公開された。時間はかかったが、大変見応えある力作となった。

もともと「昔ながらの蔵の風景が絵的によい」という話からスタートした取材だったが、高橋綱男社長の饒舌な語り口にみんな引き込まれ、蔵の風景の映像を生かしつつ、よい作品に仕上がったと思う。メンバーも、Keiwa Lunchのメンバー+芸達者の大竹くんという顔ぶれで、バランスもとれていた。

今回公開された上映作品について、上映と学生たちのトークでつなぐイベントを6/18に予定している。ぜひご参加ください。

社会人向け講座 – 敬和学園大学 新潟県新発田市にあるリベラル・アーツ大学

新発田市オープン・カレッジ 「新発田のお宝・世界のお宝」

2013年6月18日 火 19時00分から20時30分「学生たちが撮ったまちのお宝~学生製作映像上映会~」(会場:新発田学研究センター)

敬和学園大学の情報メディアプログラム、ITパスポート向け新科目開設

4月からの履修科目を検討している敬和生もいるので、そろそろ告知。

敬和学園大学では、昨年から「情報メディアプログラム」をスタートさせている。これに伴い、昨年度も、映像制作の科目「現代メディア論」が始まり、今まで一戸が担当していた「情報管理基礎論」も、清水大輔先生が担当することになった。

Computer Lab in Keiwa College

今年は新しく、従来からあった科目「情報技術資格対策C」を拡充し、ITパスポートの対策講座を開設した。このブログの読者の多くには自明かもしれないが、学生には馴染みがないと思うので、簡単に言うと、IPA独立行政法人情報処理推進機構が実施している情報処理技術者試験の一つで、一番初心者向けのもの。

ITパスポート試験

ITパスポート試験

文系の学生の合格率は30%前後なので、初心者向けとはいえ、それなりにハードルは高い。ただ、これまで「情報技術資格対策」はマイクロソフト製品に関する試験ばかりであったが、ITパスポートは試験問題を実際に解くという部分もあるので、むしろ文系の学生にもチャレンジしやすいという面もあるだろう。

担当は「情報管理基礎論」と同じく清水大輔先生。前期のみの科目で、週2コマの集中講座で合格を目指す。特にほぼ単位を取り切った4年生、就職準備を進めたい3年生に、ぜひチャレンジしてほしい。

Be Social Seminar

12/21「BEソーシャル!」出版記念セミナーに登壇予定

今週末12/21(金)開催の「BEソーシャル!」出版記念セミナーにて、モデレータの仕事をいただいたので告知。

Be Social Seminar

【統制から透明へ。競争から共創へ。】
~ソーシャル時代の組織の在り方、持続的な経営とは?~

12/21(金)13:30〜17:00
新潟テルサ 3階 大会議室

▼プログラム
◎第1部:BEソーシャル!出版記念セミナー
「ソーシャルシフト」「BEソーシャル!」をはじめ、ソーシャルメディア関連の著書を多数執筆されている斉藤徹さん(ループス・コミュニケーションズ代表取締役社長)をお招きし、BEソーシャル!出版記念講演をしていただきます。
※ソーシャル時代の組織の在り方を中心に、ソーシャルメディアの活用事例も交えた、軽妙なお話しは必聴です!

◎第2部:ディスカッション
斉藤さんとともに、ソーシャルメディアを活用されている県内の皆様を交え、ディスカッションを行います。
新潟の企業がいま、どのようにソーシャルメディアを活用しているか、事例もご紹介します。

コーディネーター:
一戸信哉(敬和学園大学 国際文化学科准教授)
スピーカー:
斉藤徹(ループス・コミュニケーションズ代表取締役社長)
高野雅哉(燕商工会議所/磨き屋シンジケートのご紹介)
今井進太郎(コマスマーケティング株式会社代表取締役/新潟マーケティング大学)
▼後援
トッパン・フォームズ株式会社 新潟営業所
▼協賛
有限会社ソルメディエージ
▼参加費
4,000円(学生2,000円)
※セミナー当日、会場で現金にてお支払いください。

申し込みは以下から。

【BEソーシャル!出版記念斉藤徹氏セミナー】お申込み – 新潟マーケティング大学公式ホームページ

斉藤徹さんは、日頃勉強させてもらっているブログ「In the looop」を率いている。「ソーシャル化」を解説した「ソーシャルシフト」でも広く知られており、新潟でお話されるのは初めてというので、大変楽しみだ。

[新] In the looop ソーシャルシフトを加速する情報メディア

パネルには磨き屋シンジケートの高野さんも登場。実は高野さんにも初めてお会いすることになる。ともあれ、第二部は話を展開するセッションで、メインは第一部、斉藤さんのお話だろう。今回は「ソーシャルシフト」というよりは新著「Beソーシャル!」について。こちらはどちらかというと、組織論の話。ソーシャルメディアを活用できる企業は、フラットで効率的な組織を作り上げ、外部ともフラットに連携できるというのが、「統制から透明へ。競争から共創へ。」というタイトルの意味するところであり、第一部の内容となるだろう。ソーシャルメディアの利用自体をためらっている企業には、ちょっとハードルが高いかもしれない。

一方、第二部では、この話が新潟の中小企業にどこまで適用可能なのか、新潟のビジネスに通じている今井さんと高野さんにお話をうかがいながら、もし課題があるとすればどうやって突破すればいいのか、斉藤さんも交えて、突破口をさがすセッションにしたいと思う。その意味では第二部は話の展開ではあるけれども、「Be!ソーシャル」の提言は新潟でも打倒するのか、すり合わせをする補完的なセッションとして機能させられたらと考えている。

21日、平日午後なので、なかなか仕事を抜けられない方も多いだろうが、ぜひ会場でお会いできたらと思う。

Keiwa Lunch 20120510

「企業との就職懇談会」でKeiwa Lunchチームがプレゼンします

明日(というか今日)の午後、ANAクラウンプラザホテル新潟で開催される「企業との就職懇談会」において、ゼミの活動に関するプレゼンをさせていただくことになった。大学のキャリアサポートセンターのイベントなので、主に人事担当者の皆さんに集まっていただくのだが、そこで学生たちの活動紹介をする時間をいただいた。いつもは、第二部の懇親の時間帯に出席し、いろんな企業の皆さんと楽しくお話ししているのだが、一部は結構硬い雰囲気なので、それに負けないできるだけ和やかなプレゼンテーションになればと思う。

Keiwa Lunch 20120510

ゼミを通じた課外活動やNSMCでの活動を通じて、「情報メディアで社会や人とつながる」という狙いについて、自分が説明した後、Keiwa LunchでMCをしている二人のメンバー(土田・西方)から、活動内容を紹介する予定。紹介するビデオは、プレゼンに参加できないまるりがMCをしている学園祭特集の映像を使うことになった。さて、どうなることか。

明日おいでになる方、どうぞよろしくお願いします。

現代メディア論、絶賛編集中その3 #keiwa

敬和学園大学をテーマに制作された「現代メディア論1」の動画3作品が公開された

8月6日からの集中講義「現代メディア論1」で、学生たちが制作した動画が、敬和学園大学の公式Youtubeチャンネルから公開された。参加した学生の皆さん、指導して下さった高谷邦彦先生、どうもありがとうございました。

現代メディア論、絶賛編集中その3 #keiwa

敬和学園大学初の映像制作に関する授業「現代メディア論1」開講 | ICHINOHE Blog

八幡・山田組。「好きな場所」。喫煙所をあえてとりあげた作品。唯一学外にも取材に出たチーム。一番の長編。

佐久間・小出組。「僕らの居場所」。普段写真をとっている佐久間くんのカメラワークがひかる。

見田・中野組。「おすすめスポット」。たくさんの学生がインタビューで出演、編集にも時間をかけていた作品。

今回は最初の開講だったので、主に大学の中だけでの撮影となった。しかし、この短いビデオを作る過程で、絵コンテの作成、素材となる映像の撮影、編集上のテクニックなど、学生たちは多くのことを学んだ。2月の「現代メディア論2」からは、大学の外に出て、新発田、新潟をテーマとした作品が作られることになるだろう。期待したい。

今回の作品を見て、自分も作ってみたいという方は、後期の「現代メディア論2」を履修してください。現在この科目は3年配当科目となっているが、聴講はどの学年でも可能だし、早く取り組めば、卒業までによい作品が作れるようになるだろう。多くの学生の参加を期待します。

敬和生の皆さんへ新規開講科目紹介1:映像作品を作ろう「現代メディア論」 | ICHINOHE Blog

敬和学園大学で新プログラム「情報メディアプログラム」スタート | ICHINOHE Blog

BSN

アメカゴオフ会「BSN見学会」に参加してきた

新潟日報のSNS「アメカゴ」の企画で、新潟放送BSNの見学会に行ってきた。今週月曜からちょうど学生と佐渡合宿に出かけていて、その最中に人数確認のご連絡を頂いたので、2名ほど学生からも希望が出て、3人での参加となった。アメカゴ、BSNの関係者の皆さん、どうもありがとうございました。アメカゴ5周年の記念手ぬぐいをいただいた。

会議室でのブリーフィングのあと、テレビサブ、スタジオ、ラジオサブ、レコード室等を一同で見学した。ラジオのスタジオには以前番組出演時におじゃましたことがある(今日はピンチヒッターで、山田かおりさんがしゃべっていた)のだが、テレビは自分も初めて。お台場のフジテレビスタジオ同様、時間帯の異なる複数の番組のセットが一つのスタジオの中に置かれていた。スタジオのセットに座っての記念撮影もOKをいただいたので、それっぽい写真を3人で撮ってみた。

BSN

BSN

BSN

BSN

BSN News用のスタジオには、プロンプタが用意してあり、手元の原稿を真正面に投影させることができるので、目線を下に落とすことなく、原稿を読むことができるようになっていた。これも特別に体験させていただいた。

会議室に戻ったあとの質疑応答の時間には、案外色々質問が出た。一緒に行った学生も、「視聴率を稼ぐためにどんな工夫をしているか」という、なかなか答えにくい質問をしていた。

アメカゴ自体もそうなのだが、今回は特に、参加者の平均年齢がやや高い印象を受けた。平日昼間の実施であるから無理もないのだが、大学生は夏休みだ。もうちょっと多くの学生が参加しても良さそうなもの。普段興味を示さない割には、実態を知らないにもかかわらず、派手さから放送局への就職を希望する学生は多いのだが。その分、敬和から参加した二人は、若者の少ない中でいろいろお話しをしてもらって、いい経験になったのではないか(これから「ラジオ聞いてね」と声をかけてもらっていた。若年層へのリーチは、なるほどラジオにとって大きな課題だろう)。

テレビやラジオ、その他マスメディアに、学生がどの程度接しているのかはさておき、やはり実際の現場におもむいて、実際の現場にいる人達がどのような思いで仕事をしているかを見ることは、非常に大事なこと。情報メディアを学ぶゼミの学生たちには、またどこかで機会を作りたいと考えている。関係者の皆さんご協力をよろしくお願いします。

BSN新潟放送

アメカゴ.net | マイホーム

今年はフジテレビ、JSOCに加え、ニッポン放送も訪問:敬和一戸ゼミの東京研修旅行(2月実施分) | ICHINOHE Blog

東京研修旅行終了:フジテレビとJSOCをめぐる | ICHINOHE Blog

1

敬和学園大学初の映像制作に関する授業「現代メディア論1」開講

8/6からの集中講義期間に、敬和学園大学初の映像制作に関する授業「現代メディア論1」が開講された。

1

この授業は、情報メディアプログラムのスタートにあわせて復活、映像制作を主として行う授業としてリニューアルスタートとなった。授業の担当は名古屋短期大学の高谷邦彦先生。一戸の前任校、稚内北星学園大学で、学生たちが作るNPO法人映像コミュニティムーブユーのスタートに関わった、「市民メディア」の専門家。稚内とはまた異なる、新発田という新しい環境で、映像を使った地域の発見と発信を、学生と行おうという考えに共鳴し、名古屋から出張してきての集中講義を引き受けて下さった。

敬和生の皆さんへ新規開講科目紹介1:映像作品を作ろう「現代メディア論」 | ICHINOHE Blog

当初は新発田をテーマにした映像制作を考えたが、今回は受講生も少なく、高谷先生自身が初めて新発田に来たということもあり、大学をテーマにした映像を制作することにした。3チームにわかれて、3つの作品ができあがった。

現代メディア論、絶賛編集中その3 #keiwa

講義は6日−9日の間に開催され、最終日に上映会を実施した。夏休みで、集中講義に参加している学生以外はあまり学内にいなかったのだが、それでも多くの教職員や学生が上映会に来てくれて、受講生たちの制作した作品を見てくれた。作品は学生たちの個性が溢れており、普段文字で書かれているレポートよりも、数倍の説得力があったように思う。撮影時に何をカメラに納めておくか、編集時にどこを注意すべきか、一つ一つのポイントは、横で聞いている自分にもとても勉強になった。映像制作という作業を通じて、学生たちのメディアリテラシーが高まっていくというのも、手に取るようにわかった。この授業を企画して、あらためて良かったと思う。

上映作品は近く、Youtubeで公開される。2月にも「現代メディア論2」が開講される。多くの学生の皆さんの参加を期待したい。

新潟で集中講義 – Life3.0 ~ 短大教員の雑想

講義期間中に、新潟大学の新潟デジタルメディア研究会が行われたので、高谷先生とお邪魔した。高谷先生の共著『市民メディア論』『市民メディア活動―現場からの報告』を読んでいる人がいて、ちょうど話と縁がつながった。これからも新潟で映像を軸にした学生交流などもすすめて行けたらと思う。

※共著書名は、『市民メディア論』ではなく、『市民メディア活動』のほうであった。お詫びして訂正します。

Keiwa College on Youtube

敬和学園大学紹介ビデオ公開

敬和学園大学の紹介ビデオ、今年のバージョンが、昨日YoutubeとFacebookに公開された。

今年は1年生もたくさん映っていて、在学生がまんべんなく見て楽しめる(?)内容になっているようだ。内輪で楽しむのは副次的な目的だけど。

1分40秒あたりで、3学科で学べる12分野の図もでてきて、「メディア」という言葉も入った。リベラルアーツの大学である以上、どのように学びの多様さを保証するかは、常に課題であるのだけれども、少しは現状を正確に伝えられるようになったのではないか。ともあれ、「情報メディアプログラム」は全学科共通のプログラム。「情報」「メディア」に関心のある学生は、どの学科でもどうぞ。

Keiwa College on Youtube

敬和学園大学で新プログラム「情報メディアプログラム」スタート | ICHINOHE Blog