タグ別アーカイブ: 弘前高校

弘前さくらまつり開幕:「お城と桜」の定番風景は、今年をのがすと、しばらく見ることができなくなる?

私の故郷である青森県弘前市の春のイベントといえば、GWが見頃となる弘前さくらまつり。今年も4月23日に開幕しています。

毎年開花の時期がいつになるか注目されるのですが、今年は28日が満開だそうで、期待通りGW前半が見頃になりそうです。かつて毎年のようにGWに満開を迎えていた弘前公園の桜ですが、昨今は温暖化の影響で開花が早まっていて、例年私が帰省するGW後半には「葉桜」になっていることもあります。市の関係者はあの手この手で開花時期を遅らせているという話も、よく聞きます。

弘前市には、「お城と桜とりんごの街」というキャッチフレーズがあります。りんごの産地である津軽地方ですので、りんごは当然に街のシンボルですが、それと同等に弘前城とその周りに咲く桜が、街を象徴する要素になっているわけです。石垣の上に立つ弘前城天守閣をバックに、桜が咲き誇る様子を、赤い下乗橋の上(やその近く)で写真に撮るというのが、市民にも観光客にも定番になっているように思います。

実はこの定番シーン、来年からしばらく見ることができなくなります。石垣の大規模修理が必要になったため、天守閣を移動させて、10年かけて大掛かりな修理を行うのだそう。

弘前城は2007年からの市の調査で、天守閣の石垣が東に約1メートル張り出していることが判明。崩落の恐れがあるため、市は約100年ぶりとなる大規模修理を実施することを決めた。
 市によると、修理は秋からで、重機を搬入するために内堀の一部を埋め立てる。石垣を積み直すため、天守閣も来年のまつり後に移動する。
 土台を持ち上げ、レールで動かす曳屋(ひきや)と呼ばれる方法を使う。本丸の北西方向に約70メートル移すため、有名な下乗橋の撮影ポイントからは写らなくなる。
 天守閣を移した後は約3000個の石を隙間なく積み直す。天守閣が元の位置に戻るのは5年後、工事全体の終了は10年後を見込んでいるという。

弘前さくらまつり開幕 今秋から石垣改修工事でしばしの別れ | 河北新報オンラインニュース

どのように工事が行われていくかは、こちらの動画でごらんになることができます。

弘前公園はその名もズバリ「城が動く」というウェブページを作っています。

弘前城石垣修理事業「城が動く」 | 弘前公園総合情報

元の風景に戻って写真が撮れるのは10年後。自分自身や家族が10年後どうなっているのかなあと思うと、今年はぜひ家族でこの場所で写真を撮っておいて、10年後にまた同じ構図で撮りたいものだなと、個人的には思っています(実際には混み合っていて、この場所で、家族揃っての撮影はなかなか難しい?)。「弘前の桜」を見たいという方は、ぜひ今年弘前までおいでになるとよろしいかと。修復前の弘前城の、はらみのある石垣を桜とともに見たいという、「石垣ファン」の皆さんにも、オススメできます。

もちろん弘前公園には、他にも桜が美しく映えるシーンがたくさんあります。来年以降も弘前までおいでいただく価値は十分ありますので、その点はご心配なく。

Hirosaki Sakura Festival 20110503

この情報は、私の弘前高校同期の友人のブログ「nonvlog from nonvey」の記事から得たものです。

弘前城と桜のコラボはしばらく見納めです!!

(Yahoo!個人掲載記事を転載)

高校野球青森大会で、母校弘前高校が準優勝:優勝した弘前学院聖愛は初優勝

今日行われた、第95回全国高校野球青森県大会決勝は、弘前の高校同士の対戦。自分の母校である弘前高校と弘前学院聖愛高校が対戦した。どちらも勝てば初優勝。弘前高校はかつて選抜大会に出場したことがあるが、聖愛高校は初めての甲子園ということになる。白熱するゲーム展開(といっても新潟ではテレビ中継がないので、もっぱらTWitterで見ていただけだが)だったが、7回に勝ち越した聖愛高校が勝利した。

弘 前|102 000 000|3
聖 愛|120 000 10×|4

聖愛高校は、2年連続の決勝進出で、ついに優勝を勝ち取った(2年連続ということは、最近知った)。聖愛高校は、弘前の歴史あるキリスト教学校で、もともとは女子校であった。2000年に共学化し、その後野球部が創部して、10数年で甲子園にたどり着いた。今回は八戸学院光星(元光星学院)、青森山田という、青森県の強豪私立を破っての堂々の優勝だ。
前任校稚内北星時代には、サマースクールに来てくださる先生がいた縁もあり、何度か聖愛高校にうかがったことがある。共学化に踏み切ったところで、新しいイメージ作りに取り組んでいる様子が、非常に印象的だった。同じ学校法人が設置している弘前学院大学との関係を明確にするため、「弘前学院聖愛」と弘前学院という名前をつけるようになったようだ。

弘前高校は、弘前では進学校なのだが、たしか昭和40年代に一度、選抜大会に出場している。「文武両道」をうたっているので、野球部も上位に勝ち進んでいた時代はあり、自分が青森にいたころにはまだ新聞で、「古豪」というキャッチフレーズが使われていたのだが、今回はほんとうに久しぶりの上位進出。ノーシードから勝ち上がり、決勝までのぼりつめた。久しぶりの母校の活躍は、県内の卒業生はもちろん、自分のような県外の卒業生の耳にも、ソーシャルメディアを通じて、広く届いた。

弘前高校は7月の学校祭「弘高祭」の前夜祭で、クラスごとに作ったねぷたを街中で運行する「弘高ねぷた」を行なっている。ねぷた自体をクラスごとに作るので、7月はみんなこの作業に集中する(ので、3年生もこの時期、あんまり受験勉強をしない。というか、できない)。この校内が盛り上がる時期に、野球部は毎年、県予選を迎える。みんなが盛り上がる「弘高ねぷた」にもあまり参加できず、ストイックに野球に取り組んでいるのが、弘前高校野球部ということになる。そう考えると、40年近く、なかなかチャンスをめぐってこなかったストイック集団には、なんとか甲子園にたどりついてほしかったというところ。実際、こうした歴史を積み上げた野球部OBの興奮はかなりのものだっただろう。

試合終了後

ただ、弘前高校平川投手の試合後のコメントには、負けた悔しさはあるものの、ある種の充実感は感じられる。

弘前初出場まであと1歩で涙/青森大会 – 高校野球ニュース : nikkansports.com

それでも今大会全6試合に登板し、この日も125球を投げきった平川は「青森は私学が甲子園に出ることが決まりきった感じになっていた。県立高がここまでやれることを示せて良かった」と充実感をにじませた。

青森県は長らく、高校野球の弱い地域で、かつて三沢高校が甲子園で準優勝して以後は、長らく低迷時代が続いていた。「あの三沢高校以来の悲願の初勝利を目指して」というフレーズがよく使われていた。その後、青森山田、光星学院の二校が積極的な選手の勧誘もあって、頭角をあらわし、県大会優勝の常連校となっただけではなく、今や甲子園でも常に上位をうかがう強豪校と目されるまでになった。県外から積極的に選手を受け入れる一部の私立高校が力をつけてきて、しのぎを削るようになると、もはやその他の私立高校や、まして公立高校が甲子園に行ける可能性はほとんどなくなっていった。こういう経緯の中で、弘前高校などに対しても、まだちょっとだけ可能性があるかのような「古豪」という言葉を使うようなことも、おそらくなくなっていたのではないかと思う。

また、青森山田は青森市、八戸学院光星は八戸市の学校なので、長らく弘前市の学校にもチャンスはめぐってこなかった。弘前の高校が夏の甲子園に出場したのは、96年の弘前実が最後で、それ以後は青森山田、八戸学院光星が代表を争う時代が続いてきた(何回か八戸工大一が出場している)。以下の様なTweetがたくさんRTされるわけだ。今回の決勝、弘前市内数カ所では、パブリックビューイングも行われたそうだ。

聖愛高校のキャプテンは一戸選手。二本柱のピッチャーの一人でもあり、クリーンナップの一角でもあり、チームの大黒柱のようだ。別に親戚ではないのだが、ぜひとも活躍してほしい。

ひょっとして弘前高校が勝ったら、どうにかして甲子園に見に行きたいと思っていたが、その心配はなくなった。聖愛高校の活躍を、新潟で応援しようと思う。

Alumni Reunion, Class of 1989, Hirosaki Highschool

獏不次男・阿部次男先生の訃報

弘前ペンクラブ前会長の獏不次男さんの訃報が、東奥日報に掲載された。弘前高校では、英語の先生で、僕らの学年の学年主任。のちに弘前高校の校長もつとめられた。
作家の獏不次男さん死去/Web東奥・ニュース20111220085332

時代小説「津軽隠密秘帖」や、本紙連載「津軽太平記」で知られる弘前ペンクラブ前会長の獏不次男(ばく・ふじお、本名阿部次男=あべ・つぐお)さんが19日午後3時32分、病気のため弘前市の病院で死去した。77歳。弘前市出身。自宅は弘前市禰宜町1の6。通夜、葬儀の日程は未定。喪主は長男直樹(なおき)氏。

弘前大学文理学部を卒業。弘前高教頭、三本木高校長、弘前高校長などを務めた。現在は弘前ペンクラブ顧問。

続きを読む

弘前高校平成元年卒業生同期会「一平会」総会

2011年1月2日、弘前高校平成元年卒の同期会「一平会」の総会が開催された。数年前にコアメンバー主催の宴会に参加したことはあったが、総会として公式に開催されるものに参加するのは初めてのこと。紀伊国屋書店弘前店の上パークホテル(僕の中ではいまだに「法華クラブ」)に、50名ほどのメンバーが集まった。

続きを読む

新潟鏡ヶ丘同窓会設立会

6月に以下の記事でとりあげた、弘前高校同窓会の新潟支部について、このブログを見た幹事の方から、ご案内をいただいた。

リンク: 鏡ヶ丘同窓会新潟支部発足: ICHINOHE Blog.

新潟東映ホテルにて、8月6日17時より開催。幹事団の卒業年次から察するに、僕が最年少ということになりそうだ。ご案内をくださった方は、32年卒とあるので、父と同世代ではないかと思う。

中林同窓会長と山上校長も弘前からおいでになるとのこと。wakhok時代に一度弘前高校を訪ねたことがあるのだが、その時進路指導でお相手してくださったのが、当時進路指導部長だった山上先生であった。

弘前高校卒業生で新潟在住の方、もしご関心のありであれば、ご一報ください。

鏡ヶ丘同窓会新潟支部発足

僕の出身高校である弘前高校の同窓会、鏡ヶ丘同窓会に、新潟支部ができるそうだ。「できる」ということは、これまでは形式的にも存在していなかったということなのだろう。

リンク: 鏡ヶ丘同窓会 青森県立弘前高等学校卒業生サイト – 同期会の案内投稿->★★★同期会の案内★★★->鏡ヶ丘 新潟支部発足と同窓会のご案内.

2009年8月6日(木)に鏡ヶ丘新潟支部の同窓会がございます。
詳細は学校事務局までお問い合わせください。

8月6日はおそらく新潟にいるので、出席することができそうだが、詳細は今後もウェブでは発表されないということなのだろうか?まあ発足の会なので、場所をあらかじめおさえるほどの規模になるのかどうか、様子を見るということなのかもしれない。

鏡ヶ丘同窓会(弘前高校同窓会)は7月4日開催

高校も大学も、同窓会の、しかも世代をまたがるような組織化されたものには卒業以来まったく参加したことがない。興味がないというよりは、地方暮らしが多いために、機会がないせいだろう。

弘前高校の同窓会「鏡ヶ丘同窓会」の今年の開催通知が出ていた。「鏡ヶ丘同窓会」の検索ログが残っていたので、フィードでちらっと見たのを思い出した。

リンク: 鏡ヶ丘同窓会 青森県立弘前高等学校卒業生サイト – 同期会の案内投稿->★★★同期会の案内★★★->平成21年度 鏡ヶ丘同窓会.

平成21年度鏡ヶ丘同窓会の予定です。
日時:平成21年7月4日(土)17:00~
場所:ホテルニューキャッスル 麗峰の間
会費:7,000円
今年の幹事年は昭和54年卒の皆様です。

続きを読む

におい部 - においフェチに捧げるコミュニティ

「あそこを通りかかるといつも」を共有できるにおい部

面白法人カヤックの新サービス、におい情報を共有するにおい部。学生たちに紹介したら意外とウケた。

リンク: におい部 – においフェチに捧げるコミュニティ.

におい部 - においフェチに捧げるコミュニティ

from shinyai

続きを読む

躍進を続ける一戸グループは、芸能界、政界、そしてついに、AV業界にも進出

青森を出て以来長らく、「いっと」、「かずと」、「いちのせ」など、数々の苗字読み間違いという迫害を受け続けてきたが、近時、「一戸」姓をめぐる状況は大きく変化している。

2000年代初頭に一戸奈美さんがデビューし、スキーのジャンプでは一戸剛さんが活躍、この二人の登場で、風向きが変わりはじめ、現在アメブロにも一戸恵梨子さん、一戸愛子さんという二人の女性タレントが、ブログを開設している。

一戸恵梨子さんのブログは「It is いっとちゃん」というタイトルをつけていて、長年誤読されてきた名前をあえてタイトルに持ってきているが、まだこの誤読が撲滅されたわけではないので、ここに「いっとちゃん」を持ってきてしまうのは時期尚早だ。

一戸愛子さんの「VIVA☆いちにょーへ」は、正しい読みを変化させた形なので、定着しつつある「一戸」姓をさらに補強する効果がありそうなので、こちらはいいネーミングとして評価できる。

このほか連合青森から、一戸ふみおさんが昨年4月に青森県議会議員に当選している。僕の出身校である青森市立筒井中学校のPTA会長でもある。当選後5月に「クラブ林檎」という会派を結成したとブログに記した後、更新が途絶えている。当選後は忙しくてブログの更新もままならないのかもしれないが、選挙の前後以外の有権者への情報提供のほうがむしろ大事なので、「一戸ふみおと県議会にいこう!」をYoutubeにアップする勢いで、がんばってもらいたい。

このほか弘前高校出身のいちのへ友里さんは、長らくタレントとして活動されていたが、昨年より国際放送「ロシアの声」日本語課スタッフとしてモスクワで活動している。彼女の苗字の表記は「いちのへ」とひらがなになっている。

 

「一戸グループ」ブログ一覧

 

一戸奈美さんにはブログがないようだ。もしタレントブログをはじめられるならばリストに加えたい。

さてこのように、一戸姓をめぐる社会情勢はさらに大きな変化を遂げており、各人のたゆまぬ努力によって、一戸姓の社会的認知は格段に向上しているのであるが、このたび思わぬ形で、これまでの努力が結実することとなった。

なんと「一戸のぞみ」を名乗るAV女優が登場した(ここはリンクをはらないでおくが、検索すればすぐに出てくる)。

このことを「一族の恥」のように思う人もいるかもしれないが、そうではない。AV女優というのは本名ではなく芸名を名乗る。しかも覚えられやすいとか、ゴロがいいとか、タレントの芸名に似ているというような名前を選択する。そうなのだ、「一戸」姓はついに、あえて芸名として選択される苗字としての地位を確立したのだ。

「いっと」「かずと」「いちのせ」と呼ばれる暗黒時代を知る者としては、非常に感慨深い。

# ただ、いまでもときどき「いちのせさん」と呼ばれていて、まあいいかとあきらめていることはある。

ちなみに一戸のぞみさんは、最近AV界に復帰したらしく、以前は「綾乃梓」という名前で活動していた(とウィキペディアに載っていた)。