タグ別アーカイブ: 平和博

平和博『朝日新聞記者のネット情報活用術』(朝日新書)

朝日新聞編集委員の平和博さんの新刊。『月間ジャーナリスト』という雑誌で連載された「新人記者のためのネット取材講座」の現行が元になっていて、いわば新人記者に向けたネット利用指南なのだが、「デジタルネイティブ」ではあるものの「発信者」としては未熟な大学生、あるいは一般のネットユーザに対しても、非常に示唆のある内容となっている。

本書では、梅棹忠夫『知的生産の技術』を始めとする「情報の扱い方」についての過去の著作を例にとりつつ、本格的なネット時代でにあわせてこれらノウハウにもアップデートや新しい基礎知識が必要になってきたとし、その新たな能力を総称して「ネット力」と称している。その上で「ネット力」を、「収集」「保存」「確認」「編集」「発信」「共有」「安全」の7項目に分けて説明している。

普段から、ソーシャルメディアを含むネットを使いこんでいるユーザであれば、さほど新しい情報は出てこないのだが、大学で教えている立場からすると、整理の仕方は非常に参考になる。その中でも、Wikipediaを含む「ネット情報」の確かめ方に関する「確認」の項目は、学生はもちろんのこと、普段何気なく使っている大人にも役立つノウハウである。さらに、情報のまとめ方(編集)には、新人新聞記者を意識して、ウェブと紙の違いを踏まえた文章の書き方が書かれている。

全体的には、コグレさん・するぷさんの「プロブロガー」とは異なり、どちらかというと、藤代さん「発信力」に近い内容かもしれない。情報を収集・発信・共有といった全プロセスについて、網羅的にカバーしているのは、この平さんの本だろうか。いずれにしても、ソーシャルメディアやブログ、いやもう少し広く、メディアの世界に関心をもつ大学生は、この三冊、是非読んでみるべきだろう。

ダン・ギルモア「あなたがメディア! ソーシャル新時代の情報術」

今回大阪出張の際に(重いけど)持っていった本。ダンギルモア(Dan Gillmor)さんの「Mediactive」の翻訳。翻訳したのは朝日新聞編集委員の平和博さん。
まだ1章までしか読んでいないが、非常に興味深い。

新聞を読ませて、ちゃんとしたリテラシーを育てろ。今の学生たちはネットばかりやっていて、活字を読まないからダメなんだ。同世代より上の人たちと話していると、そんな話はよく出てくるのだが、「ちゃんとしたブログを書かせろ」とか「Twitterでの効果的な発信方法を指導しろ」とか「Facebookでは、どんなときにシェアをして、どんなときにいいねを押すべきか、反射的に行動しないように指導しろ」とか、そういう声はあまりあがらない(Twitterでヤバイことを言いださないように静かにさせろ、という圧力を、最近感じないこともないが)。

そのような危惧は、全く外れているわけではないのだが、もはや受信力を鍛えるだけでは不十分。自ら情報発信し、インタラクティブなやり取りの中で、信頼に足る情報も得るというプロセスを、構築する必要がある。学生たちや同僚など同世代以上の人たちにも、よくこんな話をするのだが、なかなか通じない。どちらかというと、「わたしそんなに暇じゃない」というような反応が多いような気がする。

本書は、既存メディアの存在が揺らぐ中、消費者もただ受け手としているのではなく、「メディアアクティブ」となって、働きかけながら新しい地平を作るべきだとし、その方法を解説している。まだその「解説」のところまでは読み進んでいないが、非常に実践的に、TwitterやFacebookなどソーシャルメディアを用いて、「行動する消費者」として活動していくべきかが書かれているようだ。