タグ別アーカイブ: 岩手

高井瑛子さん、坂元楓さん、2人の敬和卒業生が新潟の主要番組に登場

2017年4月から、敬和学園大学卒業生2人が、新潟の主要番組に登場した。登場したのは、2013年卒業の高井瑛子さんと2016年卒業の坂元楓さん。2人とも在学中からテレビにレポーターとして出演し、経験を積み上げていて、満を持してというところもある。

高井瑛子さんは、UX新潟テレビ21の土曜朝の番組「まるどりっ!」に出演。やまだみつるさんの人気コーナー「旅してちょーない」の5代目パートナーとなった。

まるどりっ! » 2017年4月1日放送 400万円つぎこんだ宝の山 ~長岡市~

高井瑛子さん

高井さんは大学卒業後、岩手朝日テレビのアナウンサーとして、岩手県で活躍。新潟のテレビ番組で見ることはほとんどなかったが、高校野球地方予選の番組を担当するなど、人気アナウンサーとして活躍していた。4年間の岩手での経験をへて、地元新潟に戻ってきた。「旅ちょ」1回目から「大食いキャラ」ぶりを発揮していたよう。「旅ちょ」も長らく続けてきて、ネタ切れになりかねないところがあるように思うが、やまだ・高井の新コンビで、新潟県の町から新たな話題を提供してほしい。

坂元楓さんは、NHK新潟放送局の「新潟ニュース610」に出演。4/3に外からのレポーターとして登場したようだ。今後キャスターとして登場するものと思われる。

NHK新潟放送局 | アナウンサー・キャスター | 坂元 楓 (さかもと かえで)

坂元楓さん

坂元さんは、大学卒業後、湯沢町の第54代ミス駒子として活動しながら、民放局の番組に出演していた。情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢で、越後湯沢から新潟に戻ってきた新幹線で、ばったり会ったこともある。あきらめずに粘り強くがんばったことで、ローカルニュースの「大役」の座をつかんだ。NHKのニュースキャスターは、原稿読みを含めて、言葉遣いの正確さを、かなり厳しい目で見られている。これまでの経験を活かして、がんばってほしい。

卒業生二人の活躍について、自分がとりたてて何かをしたわけではなく、幾つかの授業を担当しただけだが、大学の情報メディア教育を担当するものとして、素直にうれしい。女子アナの任期は短いのだが、二人にはまずは今の場所で活躍し、そのまま息の長い活動を続けていってほしい。

ちなみに在学中に2人共、Keiwa Lunchに出演してくれたことがある。今となっては本人には「黒歴史」かもしれない(そうでないことを願っている)が、検索して見に来ている人がいるのだろう、どちらの動画も、Keiwa Lunchのアーカイブとしては、それなりの再生回数になっている。

Keiwa Lunch – Keiwa Lunch:毎週水曜日のお昼休み、敬和学園大学の学食から放送中

岩手朝日テレビ高井瑛子アナ、Naverまとめができていた

昨年春に敬和学園大学を卒業し、岩手朝日テレビのアナウンサーとなった、高井瑛子さん。その後、夏の甲子園県大会に関するローカル番組で、メインキャスターをつとめるなど、(テレビでは見ていないのだけど)ウェブで活躍の様子を見ていた(たまに全国放送にも出ているみたいだが)。

岩手ではなかなか人気の様子であることがうかがえるのだが、最近Naverまとめにもページができているのを発見した。

画像【女子アナ】IAT高井瑛子(たかい えいこ)アナウンサーの画像など岩手朝日テレビ – NAVER まとめ

在学中の高井さんを一戸が撮影した、Keiwa LunchやMiss Cut in Campusの様子なども、まとめに掲載されていた。

昨年Miss Cut in Campusで優勝した後に、Keiwa Lunchに出てくれた時の映像も、少しずつだが再生数が増えているようだ。

ちょっと検索してみたら、秋から子供番組「ゴエティーニョ!」に出演し、えいこお姉さんとしても活躍していることがわかった。

ゴエティーニョ! | IAT岩手朝日テレビ

「子供の頃『ゴエティーニョ!』のえいこお姉さんに憧れてました」と、高校球児に言われるまで、ぜひ頑張っていただきたい。

えーこの~えぇこと!

Keiwa Lunch 20130110: Miss CUT IN Campus 2012 グランプリの高井瑛子さんを迎えて

【Keiwa Lunch】Miss Cut in Campusグランプリの高井瑛子さんがゲストの1/10配信分をYoutubeに公開


1月10日のKeiwa Lunch、この日のゲストは、12月21日開催のMiss CUT IN Campusでグランプリとなった高井瑛子さん。MCは、同じバイト先で仕事をしていたというまるり。

Keiwa Lunch 20130110: Miss CUT IN Campus 2012 グランプリの高井瑛子さんを迎えて

Keiwa Lunch 20130110: Miss CUT IN Campus 2012 グランプリの高井瑛子さんを迎えて

高井さんは現在、新潟の地方局NSTでもレポーター役として活躍、配信の中では、4月から岩手県でアナウンサーとして仕事をする予定であることが発表されている。

Miss Cut in Campus、敬和学園大学の高井瑛子さんがグランプリに | ICHINOHE Blog

終盤では、Keiwastagram10月月間賞のTシャツもお披露目された。モノ刷製作所で作っていただいたTシャツを着て、敬和祭当時のチアリーダー部、国際ダンスサークルの部長が、登場してくれている。

Keiwa Lunch 20130110

Keiwa Lunch 20130110

keiwastagram | 敬和学園大学の日常を写真で切り取る

いろんな「モノ」に印刷してくれるモノ刷製作所に行ってきた | ICHINOHE Blog

SAKE

10/27「くびき野メディフェス 2012」に登壇予定:藤代裕之さん、加藤雅一さんとともに、テーマは「地域メディアとしてのソーシャルメディア」

10/27-28に上越市で開催される「くびき野メディフェス2012」、27日午後の分科会をやらせてもらうことになった。もともと新潟市内でやったら結構お客さんがくるかなと思っていた企画を、たまたま上越で大きなイベント「くびき野メディフェス」があるというので、こちらに持ってきたという内容。ただ分科会は同時間帯にいろいろな企画がならんでいるので、やや心もとないので、皆さんのご参加と告知への協力をよろしくお願いします。

上越くびき野みんなのテレビ局-分科会の紹介

【2】 タイトル <地域メディアとしてのソーシャルメディアの可能性>

TwitterやFacebookなど、リアルタイム性と拡散力を備えたソーシャルメディアは、今日、世界各地で社会変革をもたらす大きな影響力を持つまでに成長している。一方日本国内でも、ソーシャルメディアユーザーは着実に増加しているが、依然都市に偏っている。地方でもユーザーは増えつつもあるものの、都市との間にギャップがある感は否めない。

ソーシャルメディアは今後「地域メディア」として、都市以外でも発展していく可能性はあるだろうか。 もし可能性があるとすれば、それはどんなメリットを、地域社会にもたらすだろうか。フリーペーパー「新潟美少女図鑑」を起点として活動する加藤、メディアとジャーナリズムの未来に提言を続けるとともに、岩手県大槌町で新たな地域メディアへの取り組みをスタートさせた藤代、新潟のソーシャルメディアコミュニティの育成に関わる一戸、三人の実践報告を中心に、地域メディアとしてのソーシャルメディアの可能性を模索する。

出演者
一戸信哉 (敬和学園大学人文学部准教授)
加藤雅一 (テクスファーム プロデューサー)
藤代裕之 (早稲田大学非常勤講師/JECJ代表運営委員)

担当者
一戸信哉 (敬和学園大学人文学部准教授)
日時     10月27日(土)  15:30 ~ 17:30
会場     高田駅前コミュニティルーム

藤代裕之さんは、ブロガーとして、さまざまな媒体での発言を続けているが、最近は大槌町での「NewsLabおおつち」での新しいメディア作りで活躍されている。実はこの企画、大槌での活動がここまで話題を呼ぶ前に作ってあったのだが、その後「大槌みらい新聞」の発行スタートとともに、にわかに脚光を浴びつつある。「地域メディア」を考える格好の事例報告になるだろう。

NewsLabおおつち

ガ島通信

加藤雅一さんは、「新潟美少女図鑑」を制作するテクスファームの中心人物。すぐになくなる高品質のフリーペーパー「新潟美少女図鑑」をはじめ、斬新な企画で「地方のブランド化」に取り組んできた経験から、これからの「地方メディア」を語ってもらう予定。

株式会社テクスファーム|TEXFARM

フリーペーパー[新潟美少女図鑑]

一戸からは、新潟ソーシャルメディアクラブの活動実績(NSMC)とこれからの方向性についてお話させていただく予定。NSMCの活動について上越でお話するのは初めてのことなので、ぜひ多くの方にお会いしたいと思う。

フリーペーパー[新潟美少女図鑑]

くびき野メディフェスと同時開催で、上越市内では、越後・謙信SAKEまつりも開催されている。こちらもあわせてお楽しみいただきたい。

越後・謙信SAKEまつり

SAKE

「大槌みらい新聞」、創刊準備号が発行された

「NewsLab♡おおつち」の大槌みらい新聞。創刊準備号が発行された。

大槌みらい新聞 | 未来のために今日を記録する

このプロジェクトは、情報発信による地域支援プロジェクト。東日本大震災で地元新聞「岩手東海新聞」が廃刊した岩手県大槌町で、地域メディアの立ち上げと、住民向けの発信力強化のワークショップなどを実施する。実施しているのは、日本ジャーナリスト教育センターNPO法人ボランティアインフォ。大槌町や地元NPO、商店街の協力を得て運営している。

今回発行された創刊号では、夏の甲子園の始球式で捕手をつとめた大槌高校3年生の金野利也さんのインタビューがトップ記事になっている。未来への希望を感じさせる明るい紙面構成だ。

「本当に幸せな瞬間でした」甲子園の始球式で捕手 大槌高3年金野利也さん | 大槌みらい新聞

編集部は、元茨城新聞の松本裕樹さんがリードし、学生インターンが現場で取材活動している。学生インターンの募集には、多くの学生からの応募があったようだ。拠点となっているのは、ボランティア宿泊施設「大槌きらりベース」。大槌北小学校の施設内。小学校の校庭に仮設商店街「大槌福幸きらり昇天がい」がオープンしており、これに隣接した宿泊施設内に間借りしている。地域メディアが失われた町で、一からメディアを作り上げていくという経験は、学生にとっても(いや学生でなくとも)、非常に貴重な経験になるはずだし、地域にとっても非常に重要な仕事だ。新聞は紙で地元に配布すると共に、ウェブでも公開される。紙かネットかという話ではなく、地元の人のためのメディアであるとともに、忘れ去られていく被災地の「今」を、外の人たちに伝えていく重要なメディアとなるだろう。

「NewsLab♡おおつち」のFacebookページでは、取材中の情報も掲載するなど、これからの展開を予測させるような作りになっており、リソースに限りがある(と思われる)プロジェクトなのに、ウェブの利用の仕方は新しいメディアのあり方を予感させる斬新なスタイルだ。

NewsLabおおつち

8月18日には、東京都内でJCEJ主催のワークショップが予定されている。

ワークショップ「みんなで考える、東京から被災地大槌へ伝わるニュース」を開催します。 – 日本ジャーナリスト教育センター / Japan Center of Education for Journalist

また、クラウドファンディングの「Ready for」において、目標金額150万円の支援募集も行われている。

津波被害で「沈黙した町」岩手県大槌に地域メディアを創る(松本 裕樹)創刊準備号発行しサイトも開設 – READYFOR?

以下はIT Proの記事。

ニュース – 被災地の情報をWeb・ソーシャル・紙で発信する「NewsLabおおつち」が始動:ITpro

Igarashi tei Garden

スワンレイクビールが東京八重洲にSWANLAKE Pub Edoをオープン

新潟地ビールのスワンレイクビールが、東京八重洲に新しくパブ「SWANLAKE Pub Edo」をオープンする。

おめでとうございます。

Igarashi tei Garden

 

 東京都中央区八重洲2のビル1階にオープンし、面積は約60平方メートル。天朝閣グループが製造、販売する「スワンレイクビール」8~10種類と、岩手、長野など全国の地ビール計約30種類を販売する。本県産の肉や魚を使った薫製料理や自家製のパン、県産の日本酒も販売する予定だ。

 

5月7日(月)プレオープン、5月11日(金)グランドオープン。スワンレイクビールが8-10種類、タップで用意されている店は、阿賀野市のスワンレイクビール直営「五十嵐邸ガーデン」にはあるだろうが、実は新潟市内にもないかもしれない。

立地としては八重洲ブックセンターの裏あたり。新幹線で東京駅を利用する自分としては、早めに東京駅までいって、時間まで過ごす場所としても使えると思うし、さらには東京の友人と会って一杯飲んでから新潟に帰るという場面でもぜひ利用したい。


大きな地図で見る

スワンレイクビール

スワンレイクビール・五十嵐邸 (@twinswanlake)

SWANLAKE BEER@茶坊主 (@swanlake_chabou)
[rakuten]niigata:10001250[/rakuten]
[rakuten]niigata:10001254[/rakuten]
[rakuten]niigata:10001260[/rakuten]
[rakuten]craftbeer:10000109[/rakuten]

新潟のラジオ局もradikoでの配信をスタート:4月2日から

本日付で発表があり、岩手、宮城、富山などのラジオ局と並んで、新潟の県域AMとFM3局が、4月2日よりradikoでの配信をスタートさせる。

radiko.jp

4月2日(月)12時(正午)より新たに民放ラジオ11局が参加、ラジオNIKKEIと放送大学を初の全国各地へ配信開始
『radiko.jp』に、新たにIBC 岩手放送、東北放送、ラジオ福島、新潟放送、エフエムラジオ新潟、新潟県民エフエム、北日本放送、富山エフエム放送、大分放送、エフエム大分、宮崎放送の民放ラジオ11局が参加し、4月2日(月)正午より実用化試験配信を開始します。

また、ラジオNIKKEIと放送大学を初の全国各地へ配信開始します。

プレスリリース(PDF)

radikoはスマートフォンアプリも提供されているので、これにより、新潟のラジオ3局のリーチも大きく広がることが期待される。これまで大都市圏に限られていたradikoの利用シーンは、徐々に地方都市に広がってきているわけだが、ここからの問題は、エリア制限をどうするか。今のところ新潟のラジオは新潟県内のIPアドレスからしか聞くことができない(したがって、モバイルWi-Fiでは聞けないはず)のだが、有料で他地域の番組が聞けるようになるというオプションを提供するなどして、それぞれの地域のラジオがしのぎを削る構造になっていけば面白いことが起こりそう。ラジオでも、出演者の知名度などでは、都会の方が有利には違いないが、テレビほどの差があるわけではない。地方発のメジャー番組が生まれ、それがラジオ全体の活性化につながるかどうか。新潟の3局にもぜひがんばっていただきたい。

Keiwa Lunch 20111223

敬和学園大学の2011年

今年はゼミ2年生を中心に運営してきた、UST番組「Keiwa Lunch」。先週の今年最後の配信では、大学の2011年10大ニュースというトピックをとりあげた。普段は学生に任せているのだが、今回は頼まれて自分も出演した。
Keiwa Lunch 20111223

Keiwa Lunch (keiwalunch)
Keiwa Lunch – 毎週水曜日のお昼休み、敬和学園大学の学食からUstreamで放送中

配信数日前に、Facebookのクエスチョンで投票を呼び掛けてみたところ、結果は以下のとおりとなった。Facebookのクエスチョン機能はPCからしか投票できないようで、思ったほど票数は伸びなかったが。
Keiwa 2011

続きを読む

Yahoo! Japanが「東日本大震災で被災地の人は何を検索したのか」を発表

Yahoo! Japanの検索ランキング担当者が、震災から半年というタイミングで以下のエントリーを公開した。
東日本大震災で被災地の人は何を検索したのか – Yahoo!検索 スタッフブログ

Yahoo!検索ではIPを用いた地域別の検索を集計しています。(詳しくは「サーチのなかみ – 地域別」などを参照)
そこでこの情報を利用し、東日本大震災において被災地から検索されたワードのデータを収集、分析することで、あの震災時、被災地で本当に探し求めていたもの、その時に本当に必要だったものなどの分析をしていきたいと思います。
なお、今回は被害が大きくかつ検索傾向に類似性の見られる「岩手県」「宮城県」「福島県」の検索ログデータを対象に検証を行っております。

続きを読む

NHK

ラジオのネットサイマル配信は今どうなっているのか?

9/1から、NHKのラジオ(ラジオ第一、第二、FM)のネットでのサイマル配信が始まった。
らじる★らじる NHKネットラジオ
NHK

「山間部など電波の入りづらい地域、夜間の外国電波混信、マンションなど鉄筋コンクリート住宅の全国的普及など、ラジオ放送が聴取しにくい状況の改善」が目的だそうだ。たしかに山間部でNHKのラジオが受信しにくい地域があるというのは、車で移動していると感じるところではある。でもたぶんそれは建前。とにかく何でもいいから、聞いてもらえる環境を整えなければならないというのは、民放もNHKも同じはず。
NHKの配信は、日本国内であればどこでも受信できるという。スマートフォンアプリは秋にリリース予定だという。
さて、では、民放はどうしているのか。

続きを読む