タグ別アーカイブ: 喜ぐち

新潟にあるスナック「青森」

西堀通りのビルの6Fにあるスナック青森。以前から車で通るたびに気になっていて、月例の「喜ぐちの日」で集まった際にも、あそこはどんな店なんだろうという話題が出ていた。

先月、弘前高等学校の鏡ヶ岡同窓会新潟支部の会合があり、先輩たちにその「青森」に連れて行っていただいた。青森市出身のママが一人で切り盛りする、典型的なスナックであった。フロアに一台カラオケがあった。そんなに高いお店ではなく、ちょっと立ち寄って帰る店としても利用できるのではないか。

ママと青森の話はしていないが、新潟のマイノリティである青森県民が、ひっそりと集まっている場所なのかも、という印象を持った。

西堀通、1Fに「Pulp Fiction」というお店が目印になる。
青森 – 新潟市中央区/居酒屋・バー・スナック:マピオン電話帳

新潟ソーシャル時評:「しょっぺ」をいかそう新潟

(2014年01月18日新潟日報モア「新潟ソーシャル時評」から転載。)

連載「2014 私の初夢 ◯◯のまちづくり」で、1月11日、新潟大学法学部長の田村秀先生のインタビューが掲載されました。駅前楽天地の写真とともに「しょっぺ飲食店街」をまちづくりに活かそうという提案です。

新潟に引っ越して来たばかりの頃、ウェブ上の「新潟しょっぺ店番付」というページを見つけて、掲載されている店をいくつか訪ねました。当時はこの言葉「しょっぺ」の意味がわからず、今でも「しょっぺ」の意味は正確に定義できませんが、「おしゃれ」とは程遠いが、飾らない、「古き良き」ものを表す言葉だというのは、理解できます。その後この番付を見てお店に出かけることは減りましたが、いろいろな方に連れて行っていただいた店が、結果的にこの番付に入っている店だったことも多いです。

しょっぺ店番付

好きな店はいろいろありますが、私が一番よく行くのは「喜ぐち」。餃子やご飯物、麺類、そしておつまみもすべて揃っている、下町の雰囲気あふれる楽しいお店です。

しょっぺ店・喜ぐち

最近知り合いが「駅前楽天地」に進出、クラフトビールのお店を出したので、「駅前楽天地界隈」にも出かけるようになりました。これまでも存在は知っていたのですが、一見さんが立ち入ってはいけない雰囲気を感じて、長らく近づくことはありませんでした。中に入ってみると、新旧のお店が混在しており、あらゆる世代が楽しめる、楽しいエリアになっていることがわかりました。

昨年、ゼミの学生たちと青森まで行ったのですが、途中の秋田駅で、学生たちが「秋田は都会だ!」と言い出したのに驚きました。よく考えてみると、秋田駅前は整備が進んでいて、新潟駅万代口に比べると、駅舎とそれに連なる商店街ができあがっているように思います。学生たちは、たぶんその印象から、秋田は都会だと言い出したのでしょう。逆に言えば新潟は、駅前を含めて、都市の規模の割に都会的な雰囲気が少ないのかもしれません。

駅前開発で「都会感」を出さなかった一方、街には「しょっぺ飲食店街」が残りました。「都会的」とはいえませんが、伝統ある「しょっぺ店」と新しい店が混在して、一種独特の雰囲気を出しているとはいえそうです。古くて味わいのある店は他の都市にもありますが、「しょっぺ」という、わかるようなわからないような用語でその雰囲気を現しているのは、新潟だけかもしれません。標準語でも、「しょっぱい」という言葉が、似たような意味で使われることがあるようにも思いますが、「愛すべきもの」というニュアンスは、あまりないように思います。

「しょっぺ」を軸にした街づくり、たしかに可能性を感じます。

Niigata Photowalk in Kami Furumachi 20090620

Niigata Photowalk / 新潟フォトウォーク、スタートから3年

Memolaneから通知が来て、昨日6月20日は、最初の新潟フォトウォーク開始から3周年だということがわかった。最初のフォトウォーク、よくわからないまま参加した学生たちは、この春卒業した。それぞれが与えられた場所で、ベストを尽くしてがんばっていることを願う。

Niigata Photowalk in Kami Furumachi 20090620

新潟フォトウォーク、次回第16回は7月7日、新潟市の入船、信濃川河口界隈での開催。みなとトンネルを歩いて見ようという企画。懇親会はせきとりで開催予定。この日は「7のつく日」なので、そのまま「喜ぐちの日」として二次会となる予定だ。ぜひふるってご参加ください。

新潟フォトウォーク 第16回 / Niigata Photowalk #16 入舟・信濃川河口界隈 – 新潟ソーシャルメディアクラブ

第27回 7のつく日は喜ぐちの日(新潟フォトウォーク #16 の流れでいらっしゃい!の回)

Memolaneは、自分の指定したタイミングで「○周年」の自分の投稿情報をリマインドしてくれる。自分の場合にはFlickrのデータが多いのだが、数年前のこの日、自分が何をしていたか、写真を見ながら楽しく振り返っている。

Memolane | 自分史の作成や閲覧、検索、共有はメモレーンで

でかけよう。 Google プレイス Downtown in Tokyo 門前仲町 イベントレポート

Google主催のGoogleプレイスを使ったイベント。Googleプレイスを用い、チームに分かれて門前仲町を探検。一定時間で2軒のお店を開拓し、感想をGoogleプレイスにアップするというゲーム。

Foursquare、ロケタッチとTwitter、あるいはFacebookでも同じようなことができる。ローカルコミュニティをみんな深掘りするというのは、新潟で自分たちもよくやっていること。NSMCとか「喜ぐちの日」のチームで、面白い企画を考えたい。

追記:以下の記事にもイベントの様子が紹介されている。

くにろく 東京食べある記: でかけよう。Googleプレイス Downtown in Tokyo 門前仲町 with くにろく

 

出没!アド街ック天国東京下町歩き―浅草・上野・根津・千駄木・谷中・向島・京島・門前仲町 (日経BPムック)

出没!アド街ック天国東京下町歩き―浅草・上野・根津・千駄木・谷中・向島・京島・門前仲町 (日経BPムック)

週末江戸下町遊覧―神楽坂/神田神保町/門前仲町/千住/浅草 (散歩の達人テーマ版MOOK)

週末江戸下町遊覧―神楽坂/神田神保町/門前仲町/千住/浅草 (散歩の達人テーマ版MOOK)

東京 のん兵衛横丁酔いどれ散歩

東京 のん兵衛横丁酔いどれ散歩

Furumachi, Niigata, Japan

新潟カレータンメン

新潟市の古町10番町。喜ぐちや佐藤菓子店(甘納豆の店)の近くにある、東屋というそばやさんに、「カレータンメン」なる看板を見つけた。

Furumachi, Niigata, Japan

東屋そば店 アズマヤソバテン – 新潟/そば [食べログ]

三条が売り出し中の「カレーラーメン」ではなく、カレー「タンメン」。塩味の野菜ラーメンの上に、カレーがのっかるのか、混ぜられているのか。控えめな味付けの奥ゆかしいタンメンに、カレーを混ぜてしまったら、それは結局カレーラーメンになってしまうのではないか。いろいろ検索してみるも、どうも新潟名物といわれるほどの知名度ではないようで、ほとんど情報はなかったが、一件だけ、新潟ラーメン日記に、この東屋さんのカレータンメンの情報が載っていた。写真付きで。

東屋: 新潟ラーメン日記

 

想像していた通りのタンメンのスープに少しだけカレーの味が加わったものです。濃厚なカレーだったら楽しいかなと思いましたが、スープに粉末カレー粉を加えた程度のものでした。
麺は、細縮れの標準的な麺かなと思いましたが、大江戸並みに長い麺です。
スープは、カレー味のあっさりしたもので期待したトロミはまったくありません。ごく普通の癖のないスープに少しカレー味が加わっています。でも、これもこれでいいかなって味です。少し食べて胡椒をかけてみます。味が締まります。調子にのって七味唐辛子もかけてみます。辛さは増しますがカレーの風味が薄れてきました。

トッピングの野菜は、キャベツ、もやし、人参などの炒め物です。
カレーの濃厚なものならと期待しましたが、カレー風味のタンメンといったところでしょうか。タンメン610円で、カレータンメンは630円です。

どうやら「タンメン」の存在感を残すために、カレーの味付けを控えめにしているようだ。鳥の半羽揚げに近い、「ほんのりカレー味」なのだろう。タンメンとの値段の差も僅か20円。

もう一つ別のブログに、新潟市白山浦の丸屋というお店のカレータンメンが、写真付きで紹介されていた。

最近食べた麺類まとめ: 風狂の天地

 

こちらはちゃんとカレーの「ルー」と混ぜた、カレーうどんのような見た目。タンメンとしての最後の一線(?)は守られているのかどうか、気になるところ。

ちなみに食べログには、都内を中心にいくつか「カレーラーメン」の情報が載っているようだ。新潟に限らず、全国各地に細々と、「カレータンメン」文化があるということだろうか。

日清 麺職人 塩タンメン 90g×12個日清 麺職人 塩タンメン 90g×12個

麺のスナオシ サッポロラーメン タンメン 5P×6入麺のスナオシ サッポロラーメン タンメン 5P×6入

テーブルマーク ホームラン軒野菜タンメン 98g×12個テーブルマーク ホームラン軒野菜タンメン 98g×12個

Kiguchi Meetup 20110617 #kiguchi7

12/17「喜ぐちの日」は20回記念の拡大版

毎月一回、7のつく日に開催されている「喜ぐちの日」。今回は12月17日、土曜日でかつ年末ということで「拡大版」として実施される。現在参加者募集中。
Kiguchi Meetup 20110617 #kiguchi7

Kiguchi Meetup 20110127

7のつく日は喜ぐちの日
ご都合のつく読者の方は、ぜひ下記のイベントページで参加ボタンを押してください。
第20回 7のつく日は喜ぐちの日(初の土曜開催!しかもキリ番なのでなんかやってみる、の回)

続きを読む

YouTube - My Pummelvision

大量の写真をビデオ化してくれるPummelvision

今日Techcrunchの記事を見て、「おお!」と思ったが、実は百式で紹介済みだったサービス。Flickr、Facebookなどから写真を取り込んで、簡単にビデオに仕上げてくれる。
Pummelvision
YouTube - My Pummelvision

Flickr、Tumblr、Facebookなどからあなたの走馬燈的ビデオを作ってくれる『Pummelvision』 – 100SHIKI ~ 世界のアイデアを日替わりで
人生は走馬燈のごとし: Pummelvisionはあなたの大量の写真をビデオ化してくれる

続きを読む