タグ別アーカイブ: 北海道新聞

稚内

稚内市に「樺太記念館」開館へ

稚内の副港市場に、全国樺太連盟から資料提供を受けて、樺太記念館を開設というニュース。

「稚内市樺太記念館」開館へ 資料2千点や映像公開 来年5月末、副港市場内に:どうしん電子版(北海道新聞)

樺太出身者らでつくる全国樺太連盟(本部・東京、西本美嗣会長)からの提供資料を展示するほか、映像資料を公開するスペースも設置。市は観光客をはじめ多くの人が樺太について学ぶ機会となることを期待している。

通年で開館するために、冬場閉館する百年記念塔(稚内公園にある北方記念館)ではなく、副港市場にしたのはよい判断だろう。

お土産・温泉・お食事などが入った日本最北端の複合施設 副港市場

北方記念館も、地味ながらいい展示内容なので、通年展示にできたらいいとは思うが、訪れる人も多いとはいえない。記念館のある「稚内公園」は、高台で見晴らしがよく、日によってはサハリンものぞめる立地だが、冬場そこまでのアクセスを確保するのは容易ではない。

全国樺太連盟が2021年までに解散する計画というのは知らなかった。たしかに、引き揚げ者が高齢化しており、北方領土のように返還を求めているわけでもなく、団体として続けていくのは難しい状況にあるのだろう。

少し調べてみたところ、連盟の西本美嗣会長のインタビューが、2016年の8月、毎日の記事に出ていた。資料の引受けは、稚内のほか、北海道博物館にも期待されている。「副港市場」は商業施設なので、展示する以外の資料をアーカイブする機能はあまり期待できないだろう。稚内市がこれに関してどんな姿勢を示すのか、すべて「札幌に任せる」ということにするのか、「アーカイブの一部も稚内が担う」という立場をとるのか、注目されるところだ。

樺太40年史:後世に 歴史書近く完成 「全国連盟」解散へ続く取り組み /北海道 – 毎日新聞

−−連盟の解散をどう進めていくか。
◆会員から寄贈された資料が8000点ほどある。北海道博物館(札幌市厚別区)や稚内市の北方記念館に引き取ってもらうことになっており、引き継ぎをしっかりしたい。樺太では日本が降伏した後も地上戦や空爆があり、多くの人が亡くなった。遺骨収集は調査が難航しているが、できるだけ協力していく。我々が元気なうちに、できることはやっておきたい。

最北に暮らす若者が映像で語る地域:観光地稚内の日常は、「内地」の人々に何を伝えるか

私の前任校稚内北星学園大学の学生たちが、「私の暮らすまち、稚内。」を短い映像作品にまとめたものが、先月開催されたわっかない白夜映画祭で上映されています。また、このとき上映された作品がYoutubeに公開されています。北海道稚内市は、日本最北端の街です。最北端に暮らす若者のリアルな思いが、映像に現れているように思います。

第1回白夜祭:日本一短い夏至の夜を楽しんで…稚内 – 毎日新聞

私の暮らすまち、稚内。 – YouTube

いくつかの作品を見て、私にとっては、稚内に暮らしていた時の感覚を呼び起こすような懐かしさがあるわけですが、本州(北海道の人たちは、今でも「内地」という言葉を使います)に戻ってきてからの自分の感覚で考えると、「遠い」作品です。この「遠い」という感覚はどういうことなのか、考えてみました。

中央のマスメディアが伝える情報は、地方に行けば行くほど、遠い「東京からの情報」になります。その意味で言うと、稚内で見る「東京からの情報」は、相当に「遠い」です。この「遠さ」を補うのが「地方紙」などの地域メディアですが、これもカバーするエリアが広くなると、遠い「県庁所在地からの情報」を流す存在になります。

北海道の場合には、道庁のある札幌の存在感が大きく、札幌近郊とそれ以外のギャップが大きいです。大学教員として6年間暮らした稚内では、東京ははるか遠くにあり、札幌も結構遠くにある(たしか360キロ離れている)都会です。どちらのニュースも遠い世界の出来事のように感じます(もちろん陸続きの札幌は相対的には近いのですが)。

北海道新聞はブロック紙の一角を占める大手の地方紙ですが、稚内は北海道の中でもさらに遠く離れた「地方」ということになります。地方の中の地方である稚内には、全国紙の取材体制は十分になく、テレビ局もNHKの報道室があるだけでした。「地方の地方」たる地域に関する情報は、札幌や東京のメディアに取材されて伝わっていくことはほとんどなく、稚内や宗谷地域限定の地元紙の中だけで共有されることが多いです。人々のメディア空間は、インターネット時代になって、変わった部分もあるのですが、この「遠さ」を背負ったままであるように感じることが多かったように思います。

一方、都会の人が稚内のことを知らないわけではありません。都会の人から見れば、稚内は「辺境」ですが、同時に宗谷岬があり、カニがあり、近くに利尻・礼文のある「さいはての街」として知られています。いいかえれば観光地として、稚内はある意味「エッジが立った」状態にあり、この角度での情報だけが、いわば「つまみ食い」され、多く流通しています。

結果的に稚内という街は、観光地としてのエッジの立った部分だけが「全国区」となっていますが、この街で暮らす人達のことは、ほとんど知られていません。観光地である地方都市というのは、大なり小なりそうだと思いますが、稚内を始めとする北海道の地方都市の場合には、北海道特有の複雑なメディア構造の下で、この傾向がさらに強まります。結果的には、稚内の人たちも、自分たちのことを中央メディアを通して共有する機会が、非常に乏しくなります。

最北の大学で映像制作の授業が始まったのは、私が赴任した2000年ですが、それから14年、この授業では稚内や宗谷をさまざまな角度から伝え続けています。最初はYoutubのような動画共有サイトはありませんでしたので、当初の作品はどこかにお蔵入りしているようですが、ここ数年の作品はYoutubeにアーカイブされています。映像制作を指導している教員も、私が教えていた時代に学生であったNPO法人のメンバーが担当するようになりました。

稚内北星で制作された動画は、数々の映像賞をとるなど、高い評価をえていますが、地元と都会、それぞれの世間の関心の間隙、谷間に沈みがちな「稚内ローカル」だけを狙った作品ではなく、「内地」の人の関心を意識して作られていたように思います。以下はいくつもの賞を受賞した作品「待合室の片隅で」。建て替えになった稚内駅で営業していた立ち食いそば屋を巡るストーリーで、最北を目指して旅をした人々の心をくすぐりつつ、題材は地元の人々の暮らしです。決して稚内人の関心だけに向けて作られているわけではないと、私は感じています。

今回の作品は、うってかわって非常に「稚内ローカル」な作品です。地元出身の学生たちが、自分たちの思い入れのある場所について、そのストーリーを短い映像で紹介しています。南小学校や南中学校への思いは、稚内人ではない人には「遠い」ものですが、現地で6年暮らした私には懐かしくもあります。観光地ブランドの稚内ではなく、日常の稚内とそこに暮らす人々の思いは、観光地として稚内に来たことがある人や、全く縁のなかった人たちに、何らかの形で「最北」の一断面を伝え、心のなかに何かを残すことができるのか。この動画への反響に、注目したいと思っています。

(Yahoo!ニュース個人より転載)

北海道新聞が撮影した、最北の激戦地占守島の映像

1945年8月9日、ソ連が南樺太・千島列島および満州国・朝鮮半島北部に侵攻したという話は、わりとよく知られているところだが、玉音放送が流れて「終戦」を迎えた8月15日以降、国境付近でどのような戦闘が行われ、どのように停戦に至ったのかは、(歴史好きの人を除けば)あまり知られていないように思う。もちろん、各地からの民間人の引き揚げが、非常に困難であったことは知られているのだが、戦いがすんなり終わらず、15日以降の戦闘で命を落とした兵士も多かったというのは、歴史の中のマイナーな事項として、あまり注目されていないように思う。

Untitled
Photo by VIOLA travel s.r.o.

占守島は北千島の最北、根室から1200キロ離れた島だ。この島には、8月17日にソ連軍が侵攻し、日本軍との間で数日間死闘が繰り広げられた。すでに玉音放送が流れた後の戦いで、多くの命が犠牲となったが、結果、ソ連が考えていた北海道への進行が食い止められたという説もあるほどだ。

この占守島と隣のパラシムル島(幌筵島)を、この夏北海道新聞の記者が訪ねた映像が、Youtubeにアップされている。

中編で記者は、クルバトワ岬(国端崎)を訪問、日本軍の戦車がそのまま残っているところを撮影している。この島の住民は岬の灯台守だけ。隣のパラシムル島も、かつて柏原であった街に、2600人が暮らしているだけだという。戦後何も開発せずこうやって放置しておくならば、侵攻してくる必要はあったのかと(誰にかわからないが)問い詰めたい気分になるほどだが、それこそ、北千島は足がかりで、そこからさらに南下するつもりがあったということなのだろう。

戦前多くの日本人兵士が戦って散っていった「最前線」の場所は、いろいろな理由で、容易に訪ねて行くことはできないところが多い。おそらk,北千島に普通の日本人が訪ねて行くのも難しいのだと思うが、ぜひ一度カメラを持って行ってみたいとも思った。

映像を見て非常に興味がわいたので、大野芳「8月17日、ソ連軍上陸す―最果ての要衝・占守島攻防記」(新潮文庫)を買ってきた。生き残った人々を丹念に訪ね歩き、証言が食い違っているひところも検証しながら、実際何が起こったのかを丁寧に探っている。

暴風雪で稚内が「陸の孤島」に

今日の昼間、元同僚の安藤先生から以下のTweetが流れてきて、驚いた。

え、そんなことあるのか、と思ったが、やはりレアな出来事のよう。90年代、まだ稚内北星短大だった時代に、似たようなことがあったようだが、僕がいた時代にはそこまでのことはなかった。

さいほくネットに、荒れ狂う暴風雪の様子が、動画で公開されている。

【ぷちコミ】今日の稚内は陸の孤島。 (さいほくネット)

稚内に通じる交通網はどこも通行止めになっていて、稚内市内の都市機能もマヒしたようだ。いろいろ検索してみると、コミュニティFMのFMわっぴーがかなり細かく情報を出していたことがうかがえる。市民や各機関のTweetでもさまざまな情報が共有されていたことが分かる。

さて完全に「陸の孤島」となった稚内。これだけの事態ならば、さぞ大きく報じられたかと思い(実際、本州でこんなことがあったら大騒ぎだ)、検索してみると、Google検索にはなにも引っ掛からない。北海道新聞のウェブを見てみると、大雪に関する記事が出ていた。

道内大荒れ 交通網寸断-北海道新聞[道内]

道内は低気圧が急速に発達しながら通過している影響で、15日朝から日本海側を中心に風雪が強まった。16日朝にかけて日本海側などで局地的な大雪、太平洋側やオホーツク海側では強風になるなど、全道的に荒天となる見通しで、札幌管区気象台は警戒を呼びかけている。

 

同気象台によると、15日正午までの12時間の降雪量は上川管内幌加内町で24センチ、同管内上川町層雲峡で21センチ、宗谷管内中頓別町で18センチ。旭川市は8センチ、札幌市は4センチだった。最大風速は襟裳岬で22・5メートルを観測した。

 

この影響でJRは午後1時現在、学園都市線の一部で運転を見合わせているほか、特急など19本が運休や部分運休し、約2千人に影響が出た。旭川市の東旭川駅構内では雪で線路のポイントが切り替わらなくなるトラブルがあった。

 

ハートランドフェリーは奥尻―江差、稚内―利尻・礼文の計12便、津軽海峡フェリーは函館―大間の2便が欠航。

 

というわけで、道内全域で大荒れであったこともあるのか、稚内のあらゆる機能が止まってしまったというニュースは、現時点では道新ですら報じていないようだ(ちなみに道新は稚内支局がある)。

そんな中コミュニティFMのFMわっぴーが活躍、わっぴーはおりしも、念願の出力アップを実現し、近々出力50Wになるそうだ。宗谷岬あたりまでカバーするにはたしかにこれぐらいの出力が必要になる。今回の暴風雪は、まさに大出力で市内全域をカバーする必要性を、タイミング良く示した形となった。

またTwitterも力を発揮した。一次情報は大手のメディアからはほとんど報じられなかったが、わっぴーが活躍し、それを補完する形でTwitterを通じて情報が共有された。日本のニュースで、大手メディアがカバーできないことなどないかのように思われがちだが、実は稚内に限らず、離島などでもカバーされていないニュースは多いはず。地域メディア+Twitterにより、この機能が補完され、コミュニティ内部はもちろんのこと、外側との情報共有も、可能になっているように思う。

2011年8月、新聞にコメントしたもの

先月は何かと忙しくブログを書いている時間がなかったが、二つほど新聞記事にコメントが掲載された。
– 「エネ庁『ネット監視』事業:風評被害招く書き込み検索」朝日新聞2011年8月8日31面。
– 「『日本の侵略戦争が全てのはじまり』*まんべくん発言“炎上”*長万部の人気キャラ*抗議殺到 町、ツイッター閉鎖」2011年8月17日北海道新聞朝刊全道32面。
�海���������������信�����話��確����... on Twitpic
道新の記事は上のキャプチャがRTされて、ブログやTwitterでいろいろコメントがついた。言いたかったのは、役所の人が、外注しないで自ら対話的に利用する方法を考えるべきということ。他人に任せたら、このようなリスクを完全に排除するのは難しい。
メディアにコメントするということは、ちょっと趣旨と違うなという形で切り取られるのはある程度覚悟して話しているわけで、しょうがないなあとは思うけど、今回はちょっともどかしい思いもした。

新千歳-新潟線、今日からエア・ドゥが運航

新潟-札幌便は、3月末までANA路線だったが、ANAが撤退し今日からAir Doの路線となった。ANAは自ら撤退しつつ、提携しているAir Doに譲った形となる。

リンク: エア・ドゥ新千歳-新潟線 きょうから運航-北海道新聞(経済).

同路線は昨年十一月に就航した新千歳-仙台線に比べ、客単価が高いビジネス客の割合が低い。

二〇〇七年度の旅客数も十六万八千人と既存路線より市場規模も小さいが、淡路均社長は「入念に検討した結果、採算が合うと判断した。単独路線のため無理な価格競争が避けられる」と期待している。

ビジネスではない一般客の割合は高いが、競合他社がいないので、あまり割引しなくても、みんな無理して乗るはずだ。そういう風に読める。

続きを読む

稚内の中高生バンド「ガリレオ・ガリレイ」は、JFNの放送エリア外から登場

ガリレオ・ガリレイという、稚内の中高生バンドが、じわじわ話題になってきていることを知った。

リンク: 中高生4人組「ガリレオ・ガリレイ」 稚内発、ロック全国へ-北海道新聞(道北・オホーツク).

転機は昨年初め、東京FM-エアG’のラジオ番組「スクール・オブ・ロック!」とソニーミュージックが主催する十代限定のコンテスト「閃光(せんこう)ライオット」に応募したこと。
 テープやスタジオ審査を経て、昨年八月に東京で行われたコンテスト本選に出場し、全国約五千組からグランプリに輝いた。

北海道にはエアGとNorth Waveという、二つの民放FM局があるのだが、いずれも道内全域をカバーしておらず、最北稚内ではどちらの曲の電波も入らない。この時代に、普段FM放送がなくて困ると思う人はあんまりいないかもしれないが、なければないで寂しいものだ。

# 県域放送という建前で免許を与えられている放送局が、全域をカバーできていないケースがあるということを、僕は稚内に引っ越してから知った。

ただ、そういう環境に順応した稚内の子供たちは、純朴で欲がなく、ないならないなりに暮らすという人生観の子が多いという印象だった。なので、このグループの中高生たちが、普段聞くことができないラジオ番組のコンテストに応募して、しかもグランプリになったというのには、ちょっと驚いた。

ウェブサイトもセンスのいい作りで、トップページの背景は、おそらく稚内公園から見た稚内の町並み(のイラスト)。地元の人が見ればわかる風景。Myspaceで曲も公開されている。

中高生バンドが、自力でここまでのプロモーションをできているのだとすれば、たいしたものだと思う。

そうかと思えば、ブログでは、期末テストと簿記検定の結果次第では、春休みの補習によって、(おそらく本州での)遠征ライブが吹っ飛ぶかもというような、いかにも「稚内商工」な話題も書かれていたりして、なんともほほえましい。

春休みの遠征ライブ、行けるか行けないか。

俺の期末テストと簿記検定の結果にかかってる。

赤点とると補修になり、春休みが潰れるためです。

津軽遺産

津軽遺産認定実行委員会が、5件の「津軽遺産」を認定したそうだ。

リンク: 地域 北海道新聞:蒸気ポンプなど5件が「津軽遺産」に 弘前、平川両市.

認定されたのは、ろうそくまつりやミニ炭俵の製作で知られる「旧相馬村沢田地区」、戦乱の歴史を後世に伝えるとともに、眺望も素晴らしい「石川城址(じょうし)大仏公園」、弘前地方の在来種トウガラシ「清水森ナンバ」、津軽に古くから伝わる水あめ「津軽飴(あめ)」、弘前消防本部が保管する、大正期の貴重な「蒸気ポンプ」の五件。

続きを読む

稚内北星 丸山学長の辞任

昨日北海道新聞が、稚内北星の丸山学長の辞任を報じた。

リンク: 教育 北海道新聞:稚内北星学園大 学長が辞任 経営刷新へ.

 

丸山先生は、2000年の開学以来、経営者、指導者として、常に先頭に立って活躍されてきた。今回の辞任をめぐる議論の経緯を詳しくは知らないし、これについて今の僕が、あれこれ論評するのは避ける。が、開学前を含めると10年近くになるであろう、丸山先生の最前線でのご活躍には、とにかくおつかれさまでしたと申し上げたい。

続きを読む

毎日新聞のほっかいどうブログ

Matimulogによると、「毎日新聞の北海道報道部ではなんと、報道部全員がブログ記事を書いている」というのでのぞいてみた。

リンク: まいまいクラブ – 大盛りほっかいどうブログ.

一つ一つのブログはYahoo!ブログで、それぞれのトップページを実名肩書きつきでリンクし、また日々新しい更新をまとめリンク的に更新している。さすがに新聞社なので、RSSで引っ張り出して自動的に表示させるなどという手は使わず、人の手で毎日リンクを作っているようだ。

続きを読む