タグ別アーカイブ: 北朝鮮

VICEが朝鮮大学校の「リアル」に迫る映像を公開

Webサイト「Vice」が、小平市にある朝鮮大学校を取材した映像が、Youtubeで公開されている。学生たちが大学で学ぶ様子、寮生活、事務局長による学内紹介、保護者インタビューなどで構成されており、大学関係者にデリケートなところをインタビューするような内容ではないものの、大学の中の日常という意味では、飾らない「リアル」に迫っているように思えた。

全編朝鮮語で作られていて、Youtubeの字幕機能で日本語で理解できるのだが、冒頭に登場する学生たちの朝鮮語は、どことなく外国語として話しているように聞こえた。彼女たちはまずまちがいなく、日本語を全く問題なく話せるし、おそらく日本語のほうがうまいのであろう。

日朝関係はまだまだ雪解けとはいいがたいし、外交上の課題は多い。朝鮮大学校に対しても、批判的意見、攻撃的意見が、いろいろあるのはわかっている。こうした批判的な立場から、この映像それ自体が、ある種のプロパガンダだという意見(Viceは利用されているという意見)もあるだろう。

学生たちは大学の「民族教育」により、通常の日本人や日本の大学で学ぶ在日の人達よりも、母国に対する親近感を持つだろう。しかし一方で、彼ら彼女らが学んでいるのは日本であり、おそらく日本語で生活する時間もかなり長いであろうから、当然、母国に対する客観的な見方、複雑な思いがあるはず。ひょっとすると、それはあまり口に出さない(出しにくい)ものかもしれないが。

両国の境界線上で揺らいでいる人たちと、日本社会はこの先どのようにつきあっていくべきなのか。というよりは、排外主義の人たちがいろいろ言っているけれども、もうすでに彼ら彼女らは日本社会の中に入っているともいえる。
その「すでに入っている」という感覚が、全面朝鮮語で撮影されたこの映像からはからずも感じられて、非常に興味深いものを感じた。

超絶文教地区小平市鷹の台 (2) 朝鮮大学校 – 東京DEEP案内

Google Glassでヒマラヤの旅:Glassでつなげたいもの、つなげたくないもの

Google Glassをかけて来店した客を、レストランが入店拒否してはいけないのか。その店はどんな評価を受けるのか。
都市におけるプライバシーとGoogle Glassの関係が、ますますクローズアップされつつあります。

携帯電話禁止やドレスコードを設けるレストランがあるということは、グーグルグラスに関してもの申すレストランが出てきても不思議ではありません。が、残念ながらそのようなお店では、支持者と反支持者がうまれ、バトルが始まるようですが…。

グーグルグラス着用で入店拒否のレストラン、店とユーザー間でバトル勃発 : ギズモード・ジャパン

レストランは、Yelp、食べログなどでつねに評価を受けています。ウェアラブルデバイスの利用について、社会的合意がない中では、「Google Glass禁止」のポリシーが、お店にとってプラスに働くのかどうか、まだまだよくわからないところがあります。

Google Glassで、どれだけのプライバシー情報が目の前に可視化されるのか、まだ使ってはいない私には想像するしかありません。
昨年度開催した情報ネットワーク法学会の研究会では、交際ステータスなど、前を歩いている見知らぬ人達の情報が、Glassに簡単に表示されるのではないかという「未来」が、予想されました。

グーグルグラスですれ違った女性の情報がだだ漏れに? | 情報ネットワーク法学会

また、都市がこれまで保証してきた匿名性が、ソーシャルメディアの普及によって失われ、匿名性がもたらしてきた、都市の創造性も奪われるのではないかという指摘もありました。

ソーシャルパトロールが都市の創造性を奪う? | 情報ネットワーク法学会

飲食店やコンビニなど、近隣のお店の多くで学生に遭遇して息苦しい、というのは、地方勤務の大学教員がよく体験しています。都会から地方に引っ越して10数年経った私は、その環境にすっかり慣れましたが、たしか最初は、いつも監視されているような気分でした。同じ状態がソーシャルを通じて、都会でも発生するということなのでしょう。ただし、地方で起きていたのは「どこにでも知り合いがいる」という状態なのに対して、ソーシャルがもたらすのは「知らない人にも素性がバレる」ということなので、実はちょっと意味合いが違います。「知らない人の素性」というのは、普段は誰も気にかけない情報なのですが、何かの拍子で注目されると、その人の「素性」への注目度が一気に上がるということでしょう。いい面も悪い面も、白日の下にさらされる(というよりは、もともと見えているものに周りが注目する)ことになります。

というわけで、「つなげる」とろくなことが起きないという長い「前振り」となりましたが、全くつながっていない場所に行くと、価値を持つこともあるという映像が、Googleから公開されています。Glassのマーケティング担当者が、Google Glassをかけてネパールとブータンを旅してきた時の映像です。両国とも、先進国と同じ環境で、高速インターネットが利用できる環境ではない、といっていいでしょう。

「つながっていない」国を旅する中で、出会った人々や風景を撮影してしまうと、貴重なそのシーンを自らの目に焼き付けられなくなることがあります。「撮ってないで自分の目に見ろ。」という話です。しかしGoogle Glassならその点を意識することなく、見ているものをそのまま撮影できるのだ、ということなのでしょう。たしかに貴重な体験の数々が、きわめて自然に、美しい映像でまとめられています。

都市では、狭い空間に人々が暮らしていく中で、互いに距離を保つ術を確立してきたわけですが、それが徐々に壊されつつあるという危機感が、醸成されつつ有ります。しかしちょっと場所のコンテキストを変えると、状況は異なるのでしょうか。映像の中に出てくる、ネパールやブータンの人々の権利はどうなのか、考えてみるといろいろ問題もあるのですが、少なくとも撮る側の感じるプレッシャーは、大きく変わります。ブータンの子どもたちにとって、Googleの動画に写り込んでいることは、どんな意味があるのか。意味はあると思いますが、それは、日本国内の小学校で撮影された子どもたちの写真とは、意味が違うように見えるわけです。

その究極の形が、北朝鮮の人々を「隠し撮り」した、エリック・ラフォルグさんの一連の写真でしょう。

北朝鮮の地方の姿、フランス人カメラマンが隠し撮りでとらえた【画像】

リアルな北朝鮮を伝えるEric LafforgueさんのFlickr | ICHINOHE Blog

これは場所だけでなく、時間を変えた場合にも同じことが言えます。過去の写真や映像の場合、関係者もいなくなり、プライバシーへの配慮よりも、リアリティを人々は求めます。したがって、プライバシーに配慮した結果、モザイクだらけになっている最近の記録写真や映像は、少なくとも後の世代には、不満足な記録になってしまうのではないかと思います。

答えはありません。しかしGoogle Glassのようなウェアラブルデバイスの進化は、「つなげるもの」と「つなげないもの」の線引きについて、さらに考えを深めていくことを要求しています。今は主に、「便利だよね」と「こわいよね」の間でせめぎあっていますが、場所や時間を超えて、何を共有すべきなのかというのもまた、一つの論点なのではないかと思います。

(Yahoo!ニュース個人掲載記事を転載)

時事通信撮影「北朝鮮の風景=平壌市、地方都市の生の姿を紹介」

平壌郊外竜山にある日本人墓地の件が報道されているが、この取材のために平壌入りしているのだろうか、時事通信社から、最新の平壌や地方都市の映像を撮影した動画が、Youtubeで公開されている。

墓標も何もない「墓地」の様子は、非常に辛い映像だが、その後の映像は、今の北朝鮮の様子を伝えていて、大変興味深い。

報道記者向けの連れて行かれたであろう、子どもたちの歌や体操などの映像や金日成の生家の映像もあるが、地下鉄駅の様子、結婚式の衣装でにこやかに盛り上がる人々、街を歩く人々の様子は、結構リアルであった。

核シェルターとして使われるために、やたらと地中深く作られたという地下鉄駅。降りていくエスカレータは動画で撮影されているが、地下の駅だけは静止画になっている(動画撮影禁止、ということなのだろうか?)

Pig on bike - Kaesong North Korea

リアルな北朝鮮を伝えるEric LafforgueさんのFlickr

金正日氏の死亡が発表され、にわかに注目される北朝鮮動向。

これを機会に紹介したいのが、Flickrで北朝鮮の写真を大量に公開しているEric Lafforgue氏。

どのようにして撮影しているのかわからないが、ただたんに旅行に行っただけではなかなか撮れなさそうなリアルな写真が、多数投稿されている。セットが2011年のものとそれ以前のもの。二種類あった。

Pig on bike - Kaesong North Korea

 

 

 

これらの写真のリアリティについて、いろいろな見方があるかもしれないが、私には、演出されたものではない、リアルな人々の姿も写っているように見える。
Kim - North Korea DPRK 북한

North korean student - North Korea

Kids in Hamhung school - North Korea

Hamhung farm hero - North Korea

North korean smile - Kaesong North Korea

A state singer - Pyongyang North Korea

Revolutionary site of Chongbong guide - North Korea

North korean smile - Pyongyang North Korea

Old north korean woman - Pyongyang North North Korea

North Korean kids at the beach - North Korea


中国ネット事情に関する@mranti 氏講演

10月21日行われたGLOCOM主催の中国人ジャーナリストMichael Anti氏(@mranti)の講演録、なかなか読みごたえがある。@mranti さんのことを知ったのは新疆ウイグルでの暴動のとき。彼は現地にいたわけではないのだが、冷静な分析や情報提供により、中国で起こっていることの全貌が、非常によく見渡せた。
Business Media 誠:「Twitterは中国に100%自由な言論空間を与えた」――トップツイーター安替氏の視点 (1/7)
Michael Anti (mranti) on Twitter
さて、講演録から面白かったところ。

続きを読む

FujiSankei Business i. ラスプーチンと呼ばれた男 佐藤優の地球を斬る/手嶋龍一論文の威力

「佐藤優の地球を斬る」から。

リンク: FujiSankei Business i. ラスプーチンと呼ばれた男 佐藤優の地球を斬る/手嶋龍一論文の威力.

『文芸春秋』3月号(現在発売中)に外務省を震撼(しんかん)させる論文が掲載された。元NHKワシントン支局長で外交ジャーナリストの手嶋龍一氏による
「小泉訪朝 破綻(はたん)した欺瞞(ぎまん)の外交」と題する論文だ。北朝鮮の謀略に乗せられた日本の外務官僚が、主観的には官僚生命を賭(と)して困
難な外交課題に取り組んでいるのであるが、客観的には金正日の手の平の上で踊らされ、日本の国益を毀損(きそん)していく様子が実証的に描かれている。

具体的にここで槍玉に挙がっているのは、アジア大洋州局長をつとめた田中均氏のようだ。手嶋氏の「ウルトラ・ダラー」をまだ読み始めたばかりなのだが、文芸春秋の記事とあわせて読むと面白そう。

NHKに放送命令発動へ 拉致問題で電監審答申

リンク: 北海道新聞 「NHKに放送命令発動へ 拉致問題で電監審答申」

答申は「放送事項」に「北朝鮮による日本人拉致問題に特に留意すること」の文言を加えることを容認、これを踏まえて総務相はNHKに命令を出す。

「留意」はしていただいたほうがいいとは思うが、その効果のほどは疑問である。短波の国際放送は、国際的にはまだ影響力があるのだろうか。裏で政治家の圧力に屈しているのに比べれば、ある程度コンセンサスのあるこの問題について、「留意」してくれ、というぐらいは、大した問題ではないように僕には見える。

表現の自由に萎縮効果をもたらさないようにすることは大事だが、萎縮効果をもたらさないよう、国民が政府をコントロールすることも大事だ。その意味では、コントロールがきかないのだから、今回のような瑣末なケースでも、ワーワー騒いでやろうということのように見えなくもない。

で、ブログ界は実は恐らく、この問題では相当北朝鮮に批判的なはずであるから、ブログ界で書かれている日本語が、多くの人に理解されれば、短波よりは影響力がありそうだ。効果という意味では、放送命令よりも、ブログ翻訳命令を(誰にか分からないが)出して、日本人の書いているブログが諸外国で理解されるようにすればいいように思う。

こういう観点から、英語教育について考えてみてはどうだろうか?NHKに無理やりやらせる必要は、そのうちほんとになくなる。

と、日本語でブログに書いてます。

ITmedia News:国境なき記者団、“インターネットの敵”を発表

リンク: ITmedia News:国境なき記者団、“インターネットの敵”を発表.

「インターネットの敵」というのは、国のこと。13カ国がリストアップされている。13カ国は、ベラルーシ、ミャンマー、中国、キューバ、エジプト、イラン、北朝鮮、サウジアラビア、シリア、チュニジア、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ベトナム。中国や北朝鮮の例はよく引き合いだされるが、以下のような事例も出ている。

 例えばミャンマーのインターネットカフェのコンピュータは、ユーザーの行動を監視するために自動的に5分おきに画面をキャプチャするという。また今年新たにリストに加えられたエジプトでは、民主改革を唱えたブロガー3人が投獄された。チュニジアは昨年の世界情報社会サミットの開催地でありながら、インターネットカフェはすべて国家統制下にある。

ネパールは外れた。

ネパールはギャネンドラ王が退位し、5月に民主的統治が復活して以来、表現の自由が大きく改善し、インターネットの検閲やブロガーの拘束はなくなったという。

追記:
リンク: 国境なき記者団、13カ国の「インターネットの敵」リストを発表 – CNET Japan.

Ciscoは「万里のファイアウォール」(Great Firewall of
China)と呼ばれる検閲を支えるルーターを中国政府に供給している。これは中国政府が、容認しがたい政治的イデオロギーや政治団体をも含めて、検閲し
たい特定のキーワードを対象にウェブトラフィックを検査するものだ。

IGFでシスコが槍玉にあげられたのは、この動きに関してであろう。