タグ別アーカイブ: 中華

「マレーシアの秋葉原」での暴動を増幅したソーシャルメディア

Photo by Dustin Iskandar on Flickr]

今日からマレーシアは、ラマダン明けのハリラヤ休暇に入りました。イスラム教徒マレー人たちが、1ヶ月に渡る断食を終えて、国中がお祝いモードになっています。

ラマダン期間中に、マレーシアではナジブ首相の不正疑惑が高まり日本でも報道されるに至りましたが、これを打ち消しかねない勢いで問題になったのが、Plaza Low Yatでの騒ぎです。こちらは日本でほとんど報道されていなかったのですが、Record Chinaなど、いくつかのウェブメディアが翻訳した記事を出しています。マレーシア社会ならではのできごとではあるのですが、ネット世論と社会の調和、またソーシャルメディアの発信者に対する規制に関連して、紹介します。

今月11日、マレーシア人の青年がクアラルンプールの携帯電話販売店で窃盗を働き、発見した中国系の店員が取り押さえて警察に引き渡した。ところが同日の夜、マレーシア青年の仲間7人は店に訪れ、中国系の店員を襲い、店を荒らした。これを発見した中国系の青年グループは店員に加勢し、マレーシア青年のグループと乱闘となった。

マレーシアで中国系青年と地元グループが乱闘、「反中」広が…:レコードチャイナ

Plaza Low Yatはクアラルンプールの繁華街ブキビンタンにあるビルの名前で、マレーシアで「デジタル」「IT」といえばここ、「マレーシアの秋葉原」というようなところです。大小様々な携帯ショップ、PCショップが入居しています。このビルに入ったことはなくとも、クアラルンプールを訪れた日本の人の多くも、この近くを通っていると思います。

万引きで捕まった青年が、仲間を連れて報復に来たという話ですから、治安上の問題に発展するほどのことはなさそうなのですが、暴動に発展してしまいます。

翌12日にはマレーシアのネットで関連の書き込みが集中。「中国系住民が経営する携帯電話販売店がニセモノを販売」「中国系住民が先に手を出した」といった真偽が定かではないコメントが寄せられ、反中ムードが漂った。そして同日夜に数百人のマレーシア住民が店の近くの広場でデモを実施。警察の出動で広場から撤退したものの、暴徒化したデモ隊は当初の200人から500人の規模にまで拡大。付近を行進し、バイクのヘルメットで華字メディアの関係者などに危害を加えた。さらに自動車や公共物を破壊、暴動は10時間近く続いた。

マレーシアで中国系青年と地元グループが乱闘、「反中」広が…:レコードチャイナ

Plaza Low Yatの従業員は中華系ばかりというわけではないと思うのですが、マレー系の人たちには中華系にだまされた経験がある人も多いということなのでしょうか。どちらでもない私は、マレーシアでこうした電器店にいくと「値段は交渉するもの」という意識でいかなければならず、大変面倒でもあり、しかしがんばれば値段も下がるので「Best Priceをくれ」と必ず言おうとも思っています。そもそも電気製品は、店頭で動かして見せる習慣があるほど、売手と買手の信頼関係が乏しくもあり、みなさんさまざまな経験をしているということなのでしょう。「ニセモノを販売した」という話はデマだったにもかかわらず、これに抗議するマレー系の人たちが集まり、暴動に発展したというわけです。

日本語の記事には出てきませんが、暴動に直接関わった人たちだけでなく、ソーシャルメディア上で人種間の対立を煽ったとされる人たちが、扇動法違反の疑いで逮捕されています。

Umno chief arrested over comments on Low Yat brawl | Free Malaysia Today

1人はPapagomoとして知られるブロガー、もう1人は与党UMNOペナン支部で幹部となっている人物で、容疑は必ずしも明瞭ではないのですが、ソーシャルメディア上の発言が人種間対立を煽ったということのようです(すでにUMNOの幹部は釈放)。また、Plaza Low Yat前に集まったマレー系の人々を前にして、人種差別的な演説をした人物も、同様に逮捕されています(彼もすでに保釈)。演説はマレー語なので、私にはわからないのですが、翻訳されたものを見ると、「ここはマレーの国だ。団結し、失礼な華人を倒せ」というようなことを行っています。たしかに穏やかではないのですが、私には警察が取り締まるべき問題には思えませんでした。

日本でもヘイトスピーチ規制が取り沙汰されていますが、マレーシアではすぐに治安問題に発展しかねないので、ソーシャルメディア上での人種差別発言に厳しく対処している様子が見てとれます。メディアに対する政府のコントロールも強いマレーシアで、コントロールしにくいソーシャルメディアについても、このように取り締まりの手が伸びてきています。そこに危うさを感じていないのか、非常に気になるところです。

「偏った」新聞をつぶせという意見が出る日本ですが、たとえ偏っていてもそれがただちに私たちの平穏な生活を脅かすことはありません。逆にマレーシアでは、治安への懸念が大きいために、表現の自由を担保する重要性が、軽んじられているところがあります。人々はこれを国柄ゆえのやむをえない制約と考えているのか、それとも実はなんとか変えていきたいと思っているのか、もちろん人それぞれとは思いますが、なかなか空気を感じ取ることはできません。

ただ面白いのは、警察側もまたTwitterを使っているところ。警察トップIGPのTan Sri Khalid Abu Bakarさんが、この問題を人種問題に転化させるべきではないといったと英字紙Starが伝えています。元のTweetはマレー語なので詳しい内容まではわからなかったのですが、警察トップがTwitterで(少なくとも見かけは)個人的に「発信」しています。日本では見られない現象でしょう。

IGP: Don’t turn Low Yat Plaza melee into a racial issue – Nation | The Star Online

いろいろ制約がありつつも、ソーシャルメディアが社会の中に浸透し、手を焼きながらも、政府もまたそれを使わざるを得ないという状況と見ることもできそうです。

この騒動のあと、対立をとりなすように、中華系の若者たちがマレー系のハリラヤソングを歌っている動画が、ソーシャルメディアで広がりました。これが政府のキャンペーンだったらと疑えばきりがありませんが、少なくとも多くの人々が、人種間の融和を大事に、社会を運営していきたいという気持ちは読み取れるような気がします。

After Low Yat clash, clip of Chinese youths singing ‘Selamat Hari Raya’ warms hearts on Twitter | Malaysia | Malay Mail Online

(Yahoo!ニュース個人掲載記事を転載)

食べ放題

豪華だけどあっさり切り上げるラマダンビュッフェ

長いと思っていたラマダンも、今週で終わり。マレーシアはハリラヤ休暇に入る。すでに先週あたりから、ハリラヤと歌詞の入った歌をきくようになった。たまたま、歌の流れているエリアに行っただけかもしれないが。

前回の記事でも書いたのだが、ラマダン期間中、ホテルは夜のラマダンビュッフェの豪華さを競いあう。普段のメニューよりもさらにサービスしておいしい料理がならぶということのよう。

イスラム教徒でないと、なんとなく行きにくいが、別に誰でも参加できるとはきいていた。ちょっと気後れしている間に、ラマダンも終盤に入り、一部ホテルではラマダンビュッフェの期間が終わるところも出てきたので、家族と相談して思い切っていってみることにした。

ラマダンビュッフェ

といっても、思い立ったのは当日。いくつかのホテルに断られたが、マラッカ市内中心部の有名ホテルの1つ、エクアトリアルホテルの予約がとれた。大人1人88リンギット(3000円程度)なので、決して安くはない。でもそれだけの金額を出すので、よく写真に出てくる羊の丸焼きもあるだろうし、ラム料理も充実していて、羊肉ファンの妻も満足するだろう。ラマダンビュッフェの値段は結構ピンキリで、安いところだと30数リンギット、つまり1000円程度で食べられるものもあるのだが、それはホテルの格によるものなのか、食事の種類が少ないのか、量が少ないのか。ちょっと遅れて行ったら何もなかったとか、あるいは開始早々の争奪戦が激しいといった事態は、小さい子どもを連れて歩く家族の戦闘力では対応不可能なので、まあ安全策を取ったところ。

ラマダン中の人々の行動は、日暮れ前に食事を用意し、日暮れとともに食事を始めるというもの。おそらくラマダンビュッフェの場合にも、同じような行動をとるとするならば、早めに会場についた場合、一緒に「おあづけ」状態になるということになる。でもみんな一緒に食べ始めるわけだから、あまり遅れてもよくない。なにしろ戦闘力が低い。というわけで、7時23分の日没を目指してホテルに向かったのだけど、途中の渋滞もあって、結局ホテルについたら7時半を過ぎてしまった。

ラマダンビュッフェのにぎわい

ホテルに到着すると、会場は満席、すでに食事は始まっていた。7時23分になったところで、みんな「よーいドン」というのか「いただきます」というのか、お祈りをするのか、興味があったのだが、それはわからずじまい。会場内では、マレーソングのグループが演奏を始めていて、たまたまその近くの席に案内してもらった。マレー独特の曲調の歌が演奏されたが、多くの曲にはやはり「ハリラヤ」のフレーズが入っていた。お正月ソングとかクリスマスソングのようなイメージでとらえたらいいのだろうか。

マレーソングの演奏

鶏肉と羊肉を使った肉料理のほか、魚料理(刺し身はない)もあり、ミーゴレンのような麺料理もあり、とにかくいろいろ食べ放題。羊の丸焼きもあった。ただマレー料理なので、豚肉はもちろんなく、その他中華風とか和風とか、味のバラエティは、日本人から見たら少ない。ともあれ、昼間食事を我慢している皆さんは、断食=禁欲という一般的なイメージとは異なり、夜になったら食欲を解放して、かなりの勢いで食べていた。しかし食べ方は平和的なので、戦闘力の低い我が家も、だいたいひと通りの料理をチェックして、食べたいものはすべて食べることができた。

羊肉

食べ放題

テーブルの上には、デーツというナツメの実が置かれていた。ラマダンの場合、いきなりがっついて食べないで、最初にこれを食べてから食事を始めるとされているようだが、皆さんがちゃんとその通りにしているかは、遅れて到着したので確認できなかった。

デーツ

ドリンクはもちろんノンアルコール。屋台にあるような派手な色のついたドリンクが並んでいた。その他コーヒー・紅茶はあり、ロンガンドリンクのような中華(?)なものもあった。いずれにしても、ビールもワインもアルコールは飲み放題、という、日本人のビュッフェとは大きく異なる。

カラフルなジュース

お客さんは8割方マレー系の人たちかなという気がしたが、自分たちの他にも異教徒のグループはいたし、マレー系と非マレー系がまじっているグループもあったように思う。

なによりの特徴は、みんな早く帰るということ。ラマダン期間中は、日没から日の出までの間しか食事ができないので、ムスリムの人たちは朝も早く起きなければならない。したがって、せっかくのラマンビュッフェも、そんなにゆっくりはしていられないのだろう。なんとなく消化には悪そうだが仕方があるまい。8時過ぎには席があきはじめ、8時半になると席を立つ人が増えた。子どもがなかなか食べてくれなくて難儀していた我が家が、ようやく帰ることにした21時には、もう1−2組しか、会場には残っていなかった。

ラマダンビュッフェ、ラマダン期間のマレーシアに来ることは今後まずないと思うので、マレーシアの風習の一つを知ることができたのはよかったと思う。羊肉に妻は満足していた。たしかにおいしかった。ただ、今度はお酒も飲めるところで、料理も楽しみたい、というのが、うちの家族の正直な感想だ。

体操女子マレーシア代表のコスチュームに批判

日本ではほとんど話題になっていませんが、昨日まで東南アジア競技大会(SEA Games)という大会が、シンガポールで行われていました。第28回というのですから、それなりに歴史のある大会のようです。

SEA GAMES 2015

この大会の体操女子では、マレーシア代表のFarah Ann Abdul Hadi選手が金メダルを獲得しています。私が見ただけではわからないのですが、実は彼女はマレー系の選手のよう。マレー系の女性といえば、頭からいつもヒジャブをかぶっている印象があるのですが、彼女は露出度の高い体操のコスチュームを着て演技をしており、それに対する批判が、国内のイスラム系団体から出ているようです。

だが、同国の世論は依然として二分しており、あるイスラム教団体は、イスラム教徒女性の選手らがイスラム法に則った形で競技に臨むための指針を定めるよう求めたとも報じられている。地元紙マレーメール(Malay Mail)によると、全国ムスリム青年協会(National Muslim Youth Association)の女性部門責任者は、「女性がスポーツから排除されるべきではないが、競技用の服装でもイスラム教の規定が優先されなければならない」と述べたという。

「性器の形見える」と批判の体操選手、擁護の声続々 東南ア大会 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

私は4月からマレーシアに滞在していて、2ヶ月がたちますが、子供を連れてプールに行く機会が何度かありました。現在滞在しているマラッカと、東海岸のクアンタンでプールに行ったのですが、戒律が厳しいといわれる東海岸のクアンタンはもちろん、観光客の多いマラッカでも、肌を出している人は非常に少ないです。女性はヒジャブをかぶって全身着衣のまま、男性も上にTシャツのようなものを着ている人が多く、子供も首から下がほぼ隠れる水着を着ています(自分の子供の水着も、マラッカで買ったので、首から下が隠れています)。これはもちろん、マレー系の人がイスラム教の戒律にそっているわけですが、中華系もそれに合わせる形(?)で、あまり露出度の高くない人がほとんどです。

こうした環境で普段暮らしているわけですから、マレー系女性が、競技とはいえ非常に露出度の高いコスチュームを着ていることに、抵抗感がある人も多いのでしょう。

一方記事を見ると、彼女を支持する人も多く、彼女を支持するFacebookページにたくさんのいいねがついています。また、服装を批判する人たちに対して、反論する記事も多数投稿されています。彼女が金メダルを獲得したことで、目立ってしまい、急にアスリートの露出度に関する議論が出てきたということのようです。

Farah Ann Abdul Hadi For Malaysia

個人的にはプールでの経験などから、マレーシアでマレー人女性がスポーツをやるのはかなり困難ではないかと思っていました。実際には、こうした露出度の高いコスチュームを着る競技に、すでに他の選手も出ていたわけで、おそらく「特例」が認められているのでしょう。しかし、それに対して今回のような批判が出てくるということからみて、社会的なコンセンサスがはっきりとあるわけではないということなのかもしれません。

残り数ヶ月のマレーシア滞在の間に、この問題の現状について、もう少し理解を深め、また記事にしたいと思います。

(Yahoo!ニュース個人掲載記事を転載)

長女が生まれました

連休初日の9月21日、長女が誕生した。2978グラム。出産前に性別がわかるとはいうものの、通常の診察で確定できるのは男子であるということだけらしく、9割がた女子だろうという状態だったのだが、無事女の子が生まれてきた。性別はどちらでもよかったのだが、男の子よりも女の子のほうが、やはり父親としてはうれしいものなのだろう。比較のしようはないのだけど、たしかにこれからの成長が楽しみだ。

妻の年齢は、出産のリスクが急上昇する年齢には達していないが、自分は40代。一番下の妹が生まれたときの、父の年齢とほとんど変わらない。妹が生まれた後、父が老いと対峙しながら、幼い妹を育てるために奮闘するのを見てきた。今後の生活が大変になることは容易に予想がつくのだけれど、それでも今は、新しいメンバーが、元気に我が家にやってきてくれたことを素直に喜びたいし、それだけの元気が、湧いてきているように感じている。

My Daughter and Me #mydaughterandme

さて、出産までの記録。

予定日の9月27日には出張の予定だったし、それ以外も週末含めて出かける予定がたくさん入っていたので、学期に入ったら立会いは厳しいだろうと思っていた(あるいは、強引に仕事を休むか)が、絶妙のタイミングで、生まれてきてくれた。おかげで出産に立ちあい、「生まれる/産む」という出来事を共有することができた。

妻は体力に自信があるとは絶対に言わない(言えない)人なので、難産になるのではないかと心配していたが、今回の出産は、医師・助産師とも「理想的」と口をそろえるほど、きわめてスムーズであった。

前夜は夜遅く返ってきて、Studio Roopから届いたマタニティフォトを楽しく鑑賞、かなり遅い時間に寝ることになった。

Maternity Photo, Studio Roop 20130913

Studio Roopから写真が届きました

Studio Roopでのマタニティフォト撮影は、ぜひやろうと思っていて、なんとかタイミングを作ることができてよかった。Facebookで見る限り、Roopの皆さんは非常に忙しそうにしているので、急にお願いしたにもかかわらず、撮影していただけたのもラッキーだった。

今回撮影してくれたカメラマンの濱口さんが、「うちも別のカメラマンに撮影してもらったんだけど、撮影終わって数日後には生まれた」という話をしてくれた。うちは2日後には生まれなかったが、写真を見た途端に事態が動き出すことになった。

ちょうど自分が眠り始めた、朝の4時頃。妻ががばっと起きだして「やばい!破水した」とトイレで叫んだ。自分は眠い目をこすりながら何とか起きだして、破水後の対応についてググって確認(妻はすでに臨戦態勢あったので、どうすればいいかあらかじめ勉強済みだったのだけど)。妻には、後部座席で横になってもらい、病院へ。この時点では、陣痛は全くない。通常はこの後陣痛がくるものだけど、こなかったら促進剤などの措置も考えられるという説明。とりあえず24時間様子を見ましょうということになった。

この段階ではまだ妻にも余裕があった。すでに用意してあった入院キットのかばんに入っていなかったものを取りに行く必要もあり、また正直殆ど寝てなかったので、自分は家に帰って寝ることにした。実はこの日、学生たちがボランティアに参加する、「世界網膜の日」全国大会が、新潟市総合福祉会館で開催予定で、Keiwa LunchのチームでUst配信も実施予定だったのだが、私の手元にあるビデオカメラを会場に持ち込む必要があった。さすがに朝から会場に行くのは難しそうだったので、Facebookで学生たちと運営担当のおっちーさんに連絡、おっちーさんにカメラを取りに来てもらうことができた。
そんなこんなで落ち着かず、なかなか寝付けなかったが、なんとか数時間寝たあとで、忘れた物資を持って病院にもどってみた。まだこの段階でも陣痛はきていない。これは自然に生むのは難しいだろうか。破水した後は、胎内に菌が入りやすい状態になるので、そのままにしておくことはできないという。長くなりそうだった。

まだ陣痛はなく、さらに持ってくるものが出てきたので、もう一度家に戻り、イベント中の総合福祉会館に立ち寄ることにした。ちょうどお昼休みで学生たちの活動をゆっくり見ている時間はなかったが、2年生も全員揃っていて、UST配信も順調に行われていることを確認することができた。この段階で学生たちも状況を知っているので、「今日生まれるんですか!」という質問をされたが、陣痛も全く来ていない状態なので、「たぶん今日はまだ生まれない。明日だねえ」と話していた。

世界網膜の日全国大会 #niigata #keiwa

13時過ぎに病院に戻ると、軽い陣痛が始まっていた。軽いといってもどの程度かは自分には分からないのだが、会話する余裕はあった。食事は一部吐いてしまったそう。ただこの段階でも助産師さんは「まだまだでしょう。」と。妻が言うには、これからの痛さはいまの何十倍かだと言われたと。えー、そんなにか、耐えられるかなあ。まだこれからときいて、お腹がすいてきた。長期戦に備えて、病院の近くの中華料理でひとり昼食。

14時半ぐらいか(店を出るときには、表の看板が「準備中」に変わっていた)、食事が終わって病院に戻ると、どうも様子がおかしい。本格的な陣痛が始まっている気配がする。「誰かが上に乗っかっているような痛み」といいながら悶絶し、さっきは長期戦の見通しを立てていた助産師さんも、頻繁に様子を見に来るようになった。会話していられるような状態ではない。痛みがおさまったら、分娩室で診察しましょうということで、悶絶しながら移動。自分は陣痛室で待機。分娩室からは定期的にうめき声が聞こえる。「あれ、このままこっちには戻って来ないで、生まれてしまうの?」と思った。結局30-40分ぐらい「診察」は終わらず、その後助産師さんが自分のところへ。「旦那さん、どうも生まれそうです」と。両親など家族に連絡だけしておく。

着替えて、手を消毒し、分娩室に入る。1時間半、何もできず、ただ妻の横にいて、「ひっひっふー」に参加するだけだったが、あっという間だった。助産師さんのすばらしいリードがあったのだろう。

妻は涙を流して苦しみながらも分娩室での会話に参加。助産師さんが「歳のせいで頭のなかに汗をかくようになった」というと、「え、ほんとですか!私もです。」といい、途中で「あー、(さわ山の)おはぎ食べたかった」と言い出して笑いを誘っていた。こうやって途中で普通の会話をする妊婦はめずらしいのか、「一戸さんは面白い人ですね」とほめられていた(たぶんそうやってリラックスさせているのだろうけど)。

最初分娩室に自分が入った時の陣痛ピークは一旦おさまったが(おさまってなければおそらくすぐに生まれていたのだろう)、断続的に陣痛は続いた(なので、下がった時に会話に参加していたのだと思う)。「あれ、おさまっちゃったね」と助産師さんに言われ、妻は「こうやって腰をゆらすと(陣痛が)来るみたいですね」とコツを発見、自力で陣痛を誘発していた。何度かトライした後、最後は力を入れないようにいわれ、その後すーっと産道をすり抜けた。おそらくあれも助産師さんのテクニックなのだろう。16時33分、女の子が外に出てきた。
おかげで妻の体のダメージも最小限に食い止められた。「次は気をつけないと、あっという間に出てきちゃいますね」と言われるほど。赤ちゃんはほどなくして、ちゃんと泣きだすようになった。ひとまず安心した。

Hello World! My Daughter

妻は妊娠がわかってから、いろんな生活上の制約に耐えて、ここまでがんばってくれた。妊娠初期の2月に道後温泉に一緒に行った段階で、(妊婦にはよくないという)まぐろには手を出さず、温泉にも入らず、もちろんお酒も飲まず、ストイックな生活を続けた。飛行機にのるのもどうしようか迷い、結局道後には行くことにしたが、かなり行動は慎重にしていた。しかし結果的には、つわりもほとんどなく、途中で大きく体調を崩すこともなく、直前までFacebookに発言するほどに元気だったように思う。

もちろんこれからがまた大変なのだけど、ひとまず無事、元気な子を生んでくれたことに感謝。かつ彼女の人間としてのパワーに、女性としてのパワーに、正直あらためて感服した。

出産後、病院から帰る前にあらためて、しみじみと、「うん、良かったね」と二人で再度確認。彼女の安堵する表情に、長きにわたって背負ってきたプレッシャーの重さを感じた。

泣いたり泣き止んだりライフ始めました

「基本的にみんな同じ顔」といわれる一戸家。家族写真を見せるとそう言われることが多い。最近は妻と私も似ていると言われるようになった。後天的にも似てくる要素が何かあるのかもしれない。女の子は父親に似るという。と考えると、父親の要素をある程度引き継いでしまうのだろう。

職業柄、学生を含めて、人に会うことは多い。こうして娘が生まれてみると、女性の「輝き」についても、これまで会った人たちの様子から、思うところはいろいろある。「天は二物を与えた」かのような才色兼備の女性にもお会いすることはあるが、むしろ多くの魅力的な女性は、「知」が「美」を補完したり、「美」が「知」を補完していたりしている。もちろん、他人には見えないところで、努力していることもあるはず。どちらかというと、こうした二物を与えられていないのに輝いている人たちをロールモデルとして、希望を持って進んでいってほしいなあと思う。まずはベースとなる家庭環境の安定が大事になるはずなので、これまで以上に自分自身の精神の安定と充実した家族との時間を持つことができるよう、努力していこう。

弘前市役所で講演させていただきました:「津軽弁なまり」への切り替えは難しい

6/21、弘前市役所で、職員の皆さん向けの「ソーシャルメディア活用術」に関する講演をさせていただいた。お招きいただきどうもありがとうございました。

弘前市役所で講演 #hirosaki #aomori

内容は昨今の公式アカウントや公務員の情報を発信をめぐる話を中心に、安全かつ有効なソーシャルメディアの利用に関するもの。市職員の皆さんは、いつも批判の矢面に立たされることがあり、ともすれば、表に出たがらない傾向にあるし、周りで出て行こうとする人の足を引っ張る、津軽の「足ふぱり」(足引っ張り)の文化もある。また、実際不用意な発言が、全国で炎上騒ぎを起こしているのもたしか。しかしながらそれでもなお、「なかのひと」のユーモアあるTweetがヒットした例はいくつもあるわけで、広報担当者は当然、それを狙った日々研究を積み重ねているはずだ。「足ふぱり」をやめて、矢面になって、目立つことを恐れずに奮闘する広報担当者たちを、励まし応援してほしいという話をした。

講演後弘前市のFacebookを担当されている方とお話しした。私が「外向けによくできている」といってしまった「弘前市」というFacebookページは実は「市民向け」で、「外向け」のページは「弘前市観光プロモーション」というページなのだろう。失礼いたしました。実は私が想定している「市民向け」というのは、もっと具体的な行政サービスに関する情報も出ているものであったので、どちらかというと、弘前市民に向けた文化的な話題などを取り扱う「弘前市」のアプローチとは、ちょっと想定している内容が違っていたというのが、いいわけ。しかも実は、LINE@もスタートされていることを知った(ちょうど当日)。これは市役所の皆さんも知らなかったようなので周知したほうがよさそう。なぜ見つからなかったかというと、これも「弘前市観光プロモーション」となっているからだったよう。

弘前市
弘前市シティプロモーション

年末年始など、数日弘前に滞在すると、しゃべりは完全に津軽弁になってしまい、そのまま新潟に戻って「津軽弁なまり」で授業をやりかけてしまうのだが、今回の講演では「津軽弁なまり」ができなかった。「津軽弁なまり」というのは、今回考えた造語だが、津軽の人がしゃべる標準語のこと。普段使っている津軽弁が、他の地方では解読不可能なことをみんな知っているので、津軽地方の人は、他の地方の人とは標準語で話している(つもり)。しかし津軽地方の独特のイントネーションからは、なかなか抜け出せないので、標準語でしゃべっていても、「ああ、この人津軽人かな?」というのがわかるぐらい、独特のイントネーションが残る。これが「津軽弁なまり」だ。おそらく役所などで、少し公的にお話するような場面でも、ある種の青森流「標準語」として使われているはずだ。昨日はこれで話してみようと思ったのだが、すぐにやろうと思ってできるものではない。

終わった後、今回の企画に関わってくれた高校同期の友人と久しぶりにお話しすることができた。弘前市で働いているいろんなメンバーの活躍を聞きながら、ようやく自分たちの世代が中堅の屋台骨を支えて、弘前市が動き始めているんだなと感じた。とはいえ、新幹線のコースから外れ、産業振興も厳しく、観光以外に活路を見出しにくいというのが辛いところだが。弘前の観光については、「ヒトは来るけど金は落ちない」という構造の話になった。まあたしかにインフラ、施設面では、弘前は弱く、お金を使うようなところはあまりない。しかし都会の人が青森までやってきて、お金をたくさん払いたいものがそんなにあるとは思えないし、たとえあるとしても、大きなハコモノで大人数で均質に消費するものではないような気がする。観光客ひとりひとりが自分で選択して、特別な何かを見つけて帰ることができるような「仕組み」が大事かもしれない。そう考えると、アップルパイ企画はなかなかよいのかも(とても全部は食べられないだろうけど)。もちろんこの「私のすすめる弘前」はソーシャルで広がる。弘前市は、それだけの多様な文化が眠っている深みのある街だし、潜在性はある。

アップルパイが食べられるお店|公益社団法人 弘前観光コンベンション協会

派手に消費するのは、中華圏の観光客なので、それはそれで、別に考えるべき課題だろう。残念ながら新潟も、「派手な消費」への受け入れ体制は弱いといわれる。青森県もまた、その点では不利な立場にある。ただしどこかのタイミングで、「画一的ではない、特別な日本」への関心は高まるはずなので、そこまでは我慢して、受け入れ体制を整えていくことは大事だし、先に進んでいる台湾や香港から、どれぐらい人を呼べるかというアプローチで、考えてみるのはよいかもしれない。

地元での仕事は、とてもやりがいのある、楽しい仕事であることがわかった。「津軽弁なまり」については、今後徐々に改善していきたいと考えており、もし私でお役に立てるお仕事があれば、ぜひお声掛け下さい。

Shrimp Wanton Noodle

広州市場西新宿店で、えびワンタン麺を食べてきた

Shrimp Wanton Noodle

Shrimp Wanton Noodle, a photo by shinyai on Flickr.

昨日のお昼は、ちょうど休みを取っていた友人と、新宿で食事をした。

たまたま「広州市場」の前を通りかかり、「そういえば、最近instagramなどでよく見かけるな」と思い、入ってみた。13時過ぎに行ったので、あまり待たずに入れたが、ピーク時は行列になるらしい。

エビの入ったぷりぷりのワンタンはそのまま食べてもおいしかったが、テーブルにあったラー油をつけて食べるのもよかった。

スープはあっさり/こってりがあるらしいが、「清味」の塩味あっさりを選択。こちらのほうが定番のようだった。えびワンタン麺ではなく、肉のワンタン麺が、レギュラーメニューで、えびのほうが若干値段が高かった。

「日本海」引退と深夜の新津駅

大阪と青森を結ぶ寝台特急「日本海」、来春で廃止という報道が出た。
ブルートレイン・日本海、来春ダイヤ改正で引退 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
[N] ブルートレイン「日本海」引退へ
一度だけ、大叔母がなくなったときに、日本海で弘前まで帰ったことがあった。調べてみたら2007年の秋。
新潟駅には止まらず、夜中に新津駅に停車する。新潟駅からの最終で新津駅に移動し、しばらく駅の周りをうろうろしながら、電車が来るのを待った。どこかで飲みながらやり過ごそうと思ったが、ほとんどの店が駅ではなく、国道沿いにあったため断念した。夜中の新津駅周辺は、コンビニを除けば、ほぼ開いている店がなかった。その経験があったので、ごまどう山フォトウォークの懇親会で利用した、新津駅前の中華料理店が、夜中までやっているのを知ったときには、今度はここで「日本海」を待とうと思っていたのだが、どうやらその機会もなくなりそう。
火鳳 新津店 – 新津/中華料理 [食べログ]
ごまどう山での新潟フォトウォークを開催しました « Niigata Social Media Club / 新潟ソーシャルメディアクラブ
2007年に乗ったとき、車内の写真を数枚だけ撮っていた。全然覚えてないが、上のベッドだったようだ。

過去の記事:
大叔母のこと: ICHINOHE Blog
弘前で昔の記憶を収集: ICHINOHE Blog

市ヶ谷の老舗中華料理店「九龍飯店」が(すでに)閉店

今週ベルサール九段で開催されたソーシャルメディアサミットに行ってきた。九段下はかつての僕の勤務地で、せっかくなので昔よく行った店に行こうといろいろ考えた結果、市ヶ谷の駅前にある「九龍飯店」に行くことにした。
九龍飯店 キュウリュウハンテン – 市ヶ谷/中華料理 [食べログ]

続きを読む

uWall.tv | Listen to a Wall of Music

Youtubeで特定アーティストの曲を連続再生するUwall.tv

動画を検索してみるという能動的な視聴で、見つかるコンテンツには事欠かないが、アーティストを選んでそのままエンドレスで再生するというような、いわゆる「ダラ見」のためのサービスは、なかなか確立されていないように思う。この「ダラ見」のための新しいサービスが、Techcrunchで紹介されていた、Uwall.tvというサービス。
uWall.tv | Listen to a Wall of Music

uWall.tv | Listen to a Wall of Music
Uwall.Tv、使えばYouTubeが自分専用のMTVに姿を変える

これはアーティストないし曲名、あるいは音楽カテゴリを指定してYouTubeのビデオを再生できるサービスだ。そう、まるでVevoのようなことができるわけだ。さらに検索内容はプレイリストとして扱うことができ、画面上に再生リストが表示される。また、このリストをTwitterやFacebookで共有することができる。
いったん再生を始めると、リロードの必要もなく検索の結果が次々に再生される。フルスクリーンモードでも通常表示モードでも利用することができる。Vaggiは、さらにカテゴリを細かく分類して、アーティストや楽曲名に加え、アルバムのリスト表示も行おうと考えているようだ。

残念ながら日本語での検索ができないのだが、日本のアーティスト(あるいは中華圏、韓国のアーティスト)も、アルファベットで入力してやると、それなりにヒットする。ソーシャルメディアへの投稿ボタンは、個別の動画についてはFacebookへの投稿ボタン、リスト(検索結果)にはFacebookとTwitterへの検索結果が出てくるようだ。
類似のサービスは過去にもあったが、一度再生を始めたらあとは何も操作しなくてもよいというのは、他にあっただろうか。2008年に終了した、はてなの「Rimo」というサービスが、この方向を目指していたような気がするが、自動再生はなかっただろうか?
はてなの動画サービス「Rimo」終了 「役割果たした」 – ITmedia News
実際には音楽に限らず、Youtubeを検索した結果を準に再生するので、たとえば、「NSMC」「Niigata Social Media Club」というような検索でも、一連の動画を連続再生することが可能だ。