タグ別アーカイブ: 中学校

最北に暮らす若者が映像で語る地域:観光地稚内の日常は、「内地」の人々に何を伝えるか

私の前任校稚内北星学園大学の学生たちが、「私の暮らすまち、稚内。」を短い映像作品にまとめたものが、先月開催されたわっかない白夜映画祭で上映されています。また、このとき上映された作品がYoutubeに公開されています。北海道稚内市は、日本最北端の街です。最北端に暮らす若者のリアルな思いが、映像に現れているように思います。

第1回白夜祭:日本一短い夏至の夜を楽しんで…稚内 – 毎日新聞

私の暮らすまち、稚内。 – YouTube

いくつかの作品を見て、私にとっては、稚内に暮らしていた時の感覚を呼び起こすような懐かしさがあるわけですが、本州(北海道の人たちは、今でも「内地」という言葉を使います)に戻ってきてからの自分の感覚で考えると、「遠い」作品です。この「遠い」という感覚はどういうことなのか、考えてみました。

中央のマスメディアが伝える情報は、地方に行けば行くほど、遠い「東京からの情報」になります。その意味で言うと、稚内で見る「東京からの情報」は、相当に「遠い」です。この「遠さ」を補うのが「地方紙」などの地域メディアですが、これもカバーするエリアが広くなると、遠い「県庁所在地からの情報」を流す存在になります。

北海道の場合には、道庁のある札幌の存在感が大きく、札幌近郊とそれ以外のギャップが大きいです。大学教員として6年間暮らした稚内では、東京ははるか遠くにあり、札幌も結構遠くにある(たしか360キロ離れている)都会です。どちらのニュースも遠い世界の出来事のように感じます(もちろん陸続きの札幌は相対的には近いのですが)。

北海道新聞はブロック紙の一角を占める大手の地方紙ですが、稚内は北海道の中でもさらに遠く離れた「地方」ということになります。地方の中の地方である稚内には、全国紙の取材体制は十分になく、テレビ局もNHKの報道室があるだけでした。「地方の地方」たる地域に関する情報は、札幌や東京のメディアに取材されて伝わっていくことはほとんどなく、稚内や宗谷地域限定の地元紙の中だけで共有されることが多いです。人々のメディア空間は、インターネット時代になって、変わった部分もあるのですが、この「遠さ」を背負ったままであるように感じることが多かったように思います。

一方、都会の人が稚内のことを知らないわけではありません。都会の人から見れば、稚内は「辺境」ですが、同時に宗谷岬があり、カニがあり、近くに利尻・礼文のある「さいはての街」として知られています。いいかえれば観光地として、稚内はある意味「エッジが立った」状態にあり、この角度での情報だけが、いわば「つまみ食い」され、多く流通しています。

結果的に稚内という街は、観光地としてのエッジの立った部分だけが「全国区」となっていますが、この街で暮らす人達のことは、ほとんど知られていません。観光地である地方都市というのは、大なり小なりそうだと思いますが、稚内を始めとする北海道の地方都市の場合には、北海道特有の複雑なメディア構造の下で、この傾向がさらに強まります。結果的には、稚内の人たちも、自分たちのことを中央メディアを通して共有する機会が、非常に乏しくなります。

最北の大学で映像制作の授業が始まったのは、私が赴任した2000年ですが、それから14年、この授業では稚内や宗谷をさまざまな角度から伝え続けています。最初はYoutubのような動画共有サイトはありませんでしたので、当初の作品はどこかにお蔵入りしているようですが、ここ数年の作品はYoutubeにアーカイブされています。映像制作を指導している教員も、私が教えていた時代に学生であったNPO法人のメンバーが担当するようになりました。

稚内北星で制作された動画は、数々の映像賞をとるなど、高い評価をえていますが、地元と都会、それぞれの世間の関心の間隙、谷間に沈みがちな「稚内ローカル」だけを狙った作品ではなく、「内地」の人の関心を意識して作られていたように思います。以下はいくつもの賞を受賞した作品「待合室の片隅で」。建て替えになった稚内駅で営業していた立ち食いそば屋を巡るストーリーで、最北を目指して旅をした人々の心をくすぐりつつ、題材は地元の人々の暮らしです。決して稚内人の関心だけに向けて作られているわけではないと、私は感じています。

今回の作品は、うってかわって非常に「稚内ローカル」な作品です。地元出身の学生たちが、自分たちの思い入れのある場所について、そのストーリーを短い映像で紹介しています。南小学校や南中学校への思いは、稚内人ではない人には「遠い」ものですが、現地で6年暮らした私には懐かしくもあります。観光地ブランドの稚内ではなく、日常の稚内とそこに暮らす人々の思いは、観光地として稚内に来たことがある人や、全く縁のなかった人たちに、何らかの形で「最北」の一断面を伝え、心のなかに何かを残すことができるのか。この動画への反響に、注目したいと思っています。

(Yahoo!ニュース個人より転載)

MMmode

女子中高生のiPhoneへの乗換が進行中

女子中高生のためのポータルサイト“ふみコミュ!”で、女子中高生209名から寄せられたアンケート結果、「第2回ニッポン全国スマホいっせ~大調査!」が発表された。着実に女子中高生のiPhoneへの乗換が進行しているという調査結果。「ポータルサイト」での調査であるから、ある程度バイアスがかかると割り引く必要はあるかもしれない。

MMmode

Photo by Zenonline

女子高生 : 「女子中高生のiPhone乗換」が進行中、この半年では60%がiPhoneを選択 | RBB TODAY (エンタープライズ、モバイルBIZのニュース)

それによると、この半年間にケータイを変えた(買った)女子中高生が選んだ機種トップは「iPhone」だった。60.0%が「iPhone」を選んでおり、2位の「iPhone以外のスマホ」33.3%を大きく引き離していた。ちなみにの「iPhone」ユーザー60.0%の内訳は、「SoftBank」43%、「au」17%となっている。

またスマホ買いかえの主要ポイントは「みんなが持っているから」が43.8%で、「学割キャンペーンで安く買えたから」42.9%、「デザインが気に入ったから」42.9%を僅差で上回った。この3項目はほぼ横並びのポイントとなっており、機能よりも重視されていると言える。

「みんなが持っているから」というのが、「絵文字」や「入力方法の違い」を乗り越える瞬間がきたということだろう。この世代は周りと異なることを恐れる傾向があり、その意味でのクリティカルマスは、すでに超えたということになるか。

中学校や高等学校はここから、「学ぶためのスマートフォン利用」に舵を切ることができるか。依然として勉強には不要なものとして扱うのか。「学ぶための」利用に誘導する仕掛けを考えなければならず、おそらく指導のノウハウは確立されていないだろう。となると、まだしばらく、変化への足取りは重いかもしれない。

もちろん大学でも同じ問題はある。スマートフォンで学習ポータルを作るのはいいが、導入コストがかかる上に、今まで作ってきたPC用のサイトとの整合性の問題もある。そこまでやっても、教員側の意欲が弱ければ、実際に定着させていくのは難しい。

ただこれで、学校での「スマホ対応」」への圧力は必ず強まる。これまでの「携帯対応」とは全く意味が異なる。「手のひら」で勉強できるわけがないといった決めつけは避けて、いろいろな検討をはじめる段階にあるというべきだろう。

 

学生より高いデジタルネイティブ度

月曜日に放送されたデジタルネイティブは、今晩0:55分から再放送されるようだ。

リンク: NHKスペシャル デジタルネイティブ.

以下はNHKが公式に流している予告編。最後のほうにSeesmicの映像が出てくる。Loic Le MeurさんにTwitterで教えたら、取材を受けたことを忘れていたようだったが。

番組ホームページに「デジタルネイティブ度チェック」というのを、昨日の朝シロクマ日報の記事で知り、東京から戻る途中で自分で試してみた。75%。その後午後の授業で学生にも紹介して試してもらったが、50%を超えた人として手があがったのは一人で、中には0%という学生もいた。今の若者はみんなデジタルネイティブだという考えは、たぶん間違っているのだろう。

続きを読む

躍進を続ける一戸グループは、芸能界、政界、そしてついに、AV業界にも進出

青森を出て以来長らく、「いっと」、「かずと」、「いちのせ」など、数々の苗字読み間違いという迫害を受け続けてきたが、近時、「一戸」姓をめぐる状況は大きく変化している。

2000年代初頭に一戸奈美さんがデビューし、スキーのジャンプでは一戸剛さんが活躍、この二人の登場で、風向きが変わりはじめ、現在アメブロにも一戸恵梨子さん、一戸愛子さんという二人の女性タレントが、ブログを開設している。

一戸恵梨子さんのブログは「It is いっとちゃん」というタイトルをつけていて、長年誤読されてきた名前をあえてタイトルに持ってきているが、まだこの誤読が撲滅されたわけではないので、ここに「いっとちゃん」を持ってきてしまうのは時期尚早だ。

一戸愛子さんの「VIVA☆いちにょーへ」は、正しい読みを変化させた形なので、定着しつつある「一戸」姓をさらに補強する効果がありそうなので、こちらはいいネーミングとして評価できる。

このほか連合青森から、一戸ふみおさんが昨年4月に青森県議会議員に当選している。僕の出身校である青森市立筒井中学校のPTA会長でもある。当選後5月に「クラブ林檎」という会派を結成したとブログに記した後、更新が途絶えている。当選後は忙しくてブログの更新もままならないのかもしれないが、選挙の前後以外の有権者への情報提供のほうがむしろ大事なので、「一戸ふみおと県議会にいこう!」をYoutubeにアップする勢いで、がんばってもらいたい。

このほか弘前高校出身のいちのへ友里さんは、長らくタレントとして活動されていたが、昨年より国際放送「ロシアの声」日本語課スタッフとしてモスクワで活動している。彼女の苗字の表記は「いちのへ」とひらがなになっている。

 

「一戸グループ」ブログ一覧

 

一戸奈美さんにはブログがないようだ。もしタレントブログをはじめられるならばリストに加えたい。

さてこのように、一戸姓をめぐる社会情勢はさらに大きな変化を遂げており、各人のたゆまぬ努力によって、一戸姓の社会的認知は格段に向上しているのであるが、このたび思わぬ形で、これまでの努力が結実することとなった。

なんと「一戸のぞみ」を名乗るAV女優が登場した(ここはリンクをはらないでおくが、検索すればすぐに出てくる)。

このことを「一族の恥」のように思う人もいるかもしれないが、そうではない。AV女優というのは本名ではなく芸名を名乗る。しかも覚えられやすいとか、ゴロがいいとか、タレントの芸名に似ているというような名前を選択する。そうなのだ、「一戸」姓はついに、あえて芸名として選択される苗字としての地位を確立したのだ。

「いっと」「かずと」「いちのせ」と呼ばれる暗黒時代を知る者としては、非常に感慨深い。

# ただ、いまでもときどき「いちのせさん」と呼ばれていて、まあいいかとあきらめていることはある。

ちなみに一戸のぞみさんは、最近AV界に復帰したらしく、以前は「綾乃梓」という名前で活動していた(とウィキペディアに載っていた)。

Shirahama Cyber Crime Symposium 2008

第12回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム

 

第12回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム.に参加するため、南紀白浜に来ている。今年で一区切り、というアナウンスがあり、シンポジウム形式での開催は、今回で終わりのようだ。個人的には、昨年初参加、参加者が重複する秋の越後湯沢にも参加したので、徐々に顔見知りも増えた。あとは皆さんに顔を覚えてもらえるよう、きちんと研究して、成果を出すだけだ。順序が逆だけど。

Shirahama Cyber Crime Symposium 2008

from shinyai

続きを読む

はたらく人のブログを読もう—社会科見学ブログ

Heartlogicの小林祐一郎さんによる新しい取組、「 はたらく人のブログを読もう—社会科見学ブログ」が始まっている。副題には「
はたらく人のブログで仕事の世界を覗いてみよう。小・中学生のうちから読みたい職業ブログを紹介します。」とある。

続きを読む

「母校がなくなる日」が阿倍野ヒューマンドキュメンタリーコンテストで入賞

稚内のNPO法人、映像コミュニティムーブユーのメンバー、牧野竜二君制作の映像作品、「母校がなくなる日」が、阿倍野ヒューマンドキュメンタリーコンテストで入賞を果たした。

リンク: ムーブログ: 阿倍野ヒューマンドキュメンタリーコンテスト入賞!!.

稚内郊外にある抜海小中学校の閉校までを描いたもの。抜海小中が閉校したことを、僕自身は、今日まで知らなかった。

新聞、テレビなどのニュースに取り上げられ、学校は負のイメージがつきまとっている現在ですが、抜海小中学校は昔ながらの地域の象徴としての学校がそのままにありました。

続きを読む

「地域の国際化を推進する参加型実践教育」

新潟国際情報大学の取組み、「地域の国際化を推進する参加型実践教育」が、文部科学省の現代GP(現代的教育ニーズ取組支援プログラム)に選定された。

リンク: 平成19年度「現代GP」に採択.

副題となっている「国際交流インストラクター」事業は、もともと新潟県国際交流協会が実施していたもので、今年から敬和学園大学も参加している。敬和での担当者は僕。

9月以降、スタディツアー、「小中学校・高校でのワークショップの実施」が次々に始まる。敬和にとっては新しい事業なので、学生も教員もとまどいながら進
めているのだけれど、ワークショップを行う学生たちはこれを通して、「『国際』への漠然たる憧れ」の段階を突破し、大きく成長していきそうな予感がする。

新潟国際情報大学(「こくじょう」と略称されることを最近知った)との協力関係の発展や小中高での新たな出会いがあることも期待して、がんばっていこうと思う。

続きを読む