タグ別アーカイブ: ラーメン

敬和学園大学「ラーメン愛好会」メンバーが、「新潟ラーメンバトル外伝」審議委員に

Cut in Campus2013年7月号の配布が始まった。今月から「新潟ラーメンバトル外伝」という企画がスタートするのだが、いつのまにか敬和の学生たち4人が「審議委員」をつとめることになっていた。横綱を決めるかのような重々しい肩書きで、しかも、プロフィールもいろいろ「盛られて」いて笑ってしまう。4人のうち2人が、一戸ゼミのメンバーであり、そのうちの一人は、Keiwa Lunch MCの横田さん。川島なお美のような、あかねさんのプロフィールもすごかった。

ラーメンバトルには、新潟市内のラーメン店が9つエントリーし、オリジナルメニューを制作。読者が店舗にある採点表に点数をつけて投票できる仕組み。おそらく「審議委員」もこれら9店舗をすべて回るのだろう。

結果的に一戸ゼミからも2名が、ラーメンバトル審議委員になっていた #keiwa

ラーメン愛好会

ラーメン愛好会は、正式なサークルではなく、Facebookの中で学生と教職員がグループを作り、県内のラーメン情報を交換するもの。敬和の学生なら、誰でも参加できる(匿名だとダメだろうけど)。

実際には学内の学生、教職員だけではなく、教職員の知り合いも混じり込んでいたりして、敬和学園大学をハブとしつつ、県内ラーメン情報を共有する拠点となっている。Facebookを使って、というところが、敬和っぽい部分(といっていいだろう)。別に楽しく情報が共有されていれば、大学の公認サークルである必要は全くない。むしろ「大学の活動」としての枠をはめないことにより、学外の人ともに緩やかにつながり、交流できるというメリットもあるだろう。大学の中に「サークル」という組織を作り、それを大学が「公認」するというのは、大学としては学生活動を管理する上でやりやすいのだろうが、実際には、大学の枠を超えた「インカレサークル」となり、さらには社会人とつながっていくほうが、学生の成長にはプラスの部分が多く(危険もあるが)、(体育会系の部活を除けば)そろそろ限界に近づいているような気がする。

ラーメン愛好会の顧問(?)は、キャリアサポート課の川崎さん。先週のKeiwa Lunchに出演、その中でもラーメン愛好会についてお話ししている。

甘海老とんこつラーメン #ramen #niigata

あごすけの甘海老とんこつラーメン

くびき野メディフェスで週末上越にいくことになったので、先日ブログに書いた全国3位になったつけ麺を食べるため、あごすけに行ってきた。
11時半の開店にわずかに遅れて店につくと、すでに長蛇の列。「1時間以上はかかると思います。」という店員さんのアナウンスにすこしたじろいだが、もうあとには引けない。結局食べて外に出ると、1時半をまわり、ほぼ2時間を費やした。

しかも試そうと思っていたら「甘海老つけ麺」は早々に終了、やむなく、迷った末に、昼の時間限定で出している「甘海老とんこつラーメン」を選択した。たぶん似たようなスープだろうという妻のアドバイスにしたがうことにした。

甘海老とんこつラーメン #ramen #niigata

あごすけの「とんこつ」はこれまであまり好みではなかったが、今回の「甘海老とんこつは」は、比較的くせがなく、海老のスープとの相性もよく、納得の出来であった。期間限定のつけ麺は、またそのうち復活した時にトライすればいいだろう。たぶんスープは同じ味だと思う。

妻のたのんだあっさり味の塩ラーメンは、今回も安定感があった。別系統の味なので、そのときの気分で(あるいは時間帯により)、どちらかを選ぶことになるだろう。

なかなか上越に行く機会はないのだけれど。

上越のラーメン店「あごすけ」が大つけ麺博で全国3位に | ICHINOHE Blog

上越のラーメン店「あごすけ」が大つけ麺博で全国3位に

上越の人気ラーメン店「あごすけ」の「越後甘海老つけ麺」が、大つけ麺博で3位に入賞したそうだ。上越で立ち寄る店としては、我が家ではほぼ一択の定番のお店だ。

上越市の「あごすけ」が大つけ麺博で全国3位 : 上越タウンジャーナル

 

 

 

2012年9月27日~10月17日の3週間にわたり東京・浜松町駅前で開かれた「大つけ麺博 日本一決定戦」で、新潟県上越市から参加した下門前の麺屋あごすけの「越後甘海老つけ麺」が、見事第3位を獲得した。

(中略)

豚骨と鶏がらによる濃厚白濁スープに、糸魚川市の酒粕、新潟名産の甘エビの炒め煮を加えた。中太の麺にはコシヒカリの米粉を入れ、粘りと甘みを出した。トッピングはチャーシュー、青菜、エビせんべい、ラスク、エビ辛子で変化をつけた。

イベントの中での出店のため、麺がくっつかないよう、佐渡産のトビウオを使ったアゴ油で乾燥を防いた。グループで分けあって食べる人にも、一口で強烈な印象を出そうと、上越産メギスの魚醤をスプレーで麺にふりかけるなど工夫した。

あごすけに行くと「塩ラーメン」が定番で、その次が醤油か。とんこつにはあまり手を出さず、つけ麺にも行かない。というパターンが我が家ではだいたい決まっているのだが、このつけ麺は海老の味が出ているだろうし、ちょっと気になるところ。

このメニューはお店でも月末までは出しているそうだ。今週末10月27日には、「くびきのメディフェス」に参加するために上越に行くので、ぜひチャレンジしてみたい。皆さんも「くびきのメディフェス」においでいただき、ぜひあごすけにも行きましょう。

10/27「くびき野メディフェス 2012」に参加:パネラーはブロガー藤代裕之さん、「新潟美少女図鑑」加藤雅一さん | Niigata Social Media Club / 新潟ソーシャルメディアクラブ

10/27「くびき野メディフェス 2012」に登壇予定:藤代裕之さん、加藤雅一さんとともに、テーマは「地域メディアとしてのソーシャルメディア」 | ICHINOHE Blog

麺屋あごすけ めんやあごすけ – 春日山/ラーメン [食べログ]

Cha Su Ramen at Ezogiku - 2

西早稲田のえぞ菊本店が10月28日で閉店

ラーメン店の競争激しい、早稲田、高田馬場界隈で、長らく営業を続けてきたえぞ菊本店が、10月28日で閉店すると知った。Tweetで教えてもらって、検索してみたら、すでに食べログに張り紙の写真がアップされていた。閉店するのは西早稲田駅の近くにある「本店」のほうで、早稲田通りの店はそのまま営業を続ける。

Cha Su Ramen at Ezogiku - 2

by roland.

自分が学生だった頃は、まだ副都心線はなく、明治通りの中途半端な場所にあるこの店には、そんなに行く機会はなかった。しかし早稲田生の間では、早稲田通りのお店のほうが立ち寄りやすいし、店も多少新しいが、味は本店の方がたしかだという評判だった。

その後本店はきれいに建て替えられたようだが、この新しい店に行くことはなかった。そもそも北海道にしばらく住んでいた自分にとって、札幌ラーメン横丁で観光客向けに出されているスタイルのラーメンを、わざわざ東京まで来て食べようとは思わなかった。

今日知らせを聞いて、検索してみたら、自分がかつて見た懐かしい店構えはすでになく、すっかりこぎれいな店になっていた。そのいつのまにかこぎれいになった店が、にもかかわず閉店するという、非常に複雑な状況だ。たぶんこぎれいになったのは、随分前のことだろうから、自分の記憶の中にあるえぞ菊本店は、一昔ではなく、二昔前のものなのだろう。

ちなみにえぞ菊は、都内数店舗のほか、随分前からハワイにも進出している。「本店」は閉店するとのことだが、都内の他の店は営業するということなので、おそらくハワイでも食べられるのではなかろうか。

Suzhou, Jiangsu, China

蘇州、同得興のラーメン

暴徒化している反日デモで、一番大きく被害を報じられた街の一つが蘇州。今年の3月に蘇州大学を訪問してから半年をかけて、ようやく短期留学プログラムがまとまろうとしていた矢先に、最悪の事件が起きてしまった。現地で恐怖に怯えている人たち、工場や店舗を破壊されてしまった人たちから見ると、私たちが被った被害など微々たるものだが、正直ショックは隠せない。

ただ、起きてしまったものはどうしようもない。日本人が古都蘇州を安心して訪ねられる日が戻ってくることを願いつつ、蘇州のおいしいラーメンやさんを紹介。

Suzhou, Jiangsu, China

Suzhou, Jiangsu, China

Suzhou, Jiangsu, China

3月に初めて蘇州を訪ねた際に食べたのがこちらの同得興の麺。上海ナビを見ると、お昼までの営業だそう。いわゆる「朝ラー」の店だ。3月に食べたのは紅麺といわれる黒い醤油ラーメンの方。ちょっと濃い目ながら、大変深みを感じる醤油味であった。

同得興 (蘇州)[トンダーシン] | 上海グルメ・レストラン-上海ナビ

もう一つの白湯のほうが定番のよう。日本人好みの澄んだ塩ラーメンといった趣。これもぜひいつか試してみたい。

蘇州-同得興(十全街)|アジアグルメ図鑑

同得興 蘇州はハオチー

中国で楽しむ 蘇州のラーメン「同得興」

同得興 【トリップアドバイザー】

LINE

ローソンのLINE公式アカウントからスタンプ提供

先月始まったLINEの企業公式アカウントから、無料のスタンプ提供が始まった。昨日発表になったのは、ローソンの「あきこちゃん」。あわせて、こちらは公式アカウントはないのだが、チキンラーメンのキャラクター「ひよこちゃん」のスタンプも無料提供が始まっている。

チキンラーメン「ひよこちゃん」と「ローソンクルー♪あきこちゃん」がスタンプに! 企業のLINE公式アカウントから初の無料スタンプ提供開始 : LINE公式ブログ

LINE

ローソンのスタンプは、公式アカウントと友だちになるとダウンロードできるという設定。

企業アカウントからは、割引クーポンが配信され始めている。ローソンからは「Lチキ」の割引クーポンが配布され、すでにローソンでは、高校生がスマートフォンを持って並んでいるという光景が見られるようだ。

ローソンにクーポン持った高校生が殺到? 「LINE」に公式アカウント開設 (1/2) : J-CAST会社ウォッチ

過去には同様の割引キャンペーンをやったのは、最近だとFacebookのチェックイン。Foursquareがスターバックスのメイヤー割引に使われたのは、以下の記事によると2010年5月のことだ。

Foursquareでスターバックスのメイヤーになれば1ドル値引き【湯川】 : TechWave

これまでのキャンペーンが、店に行ってチェックインするという一手間を要求していたのに対し、LINEのクーポンは非常にシンプル。ユーザは一度友だちになれば、後はクーポンが流れてくるのを待つだけだ。今後公式アカウントが増え、クーポンの数も増えれば、次第に効果は薄まってくるおそれはあるのだが、現在は数が少なく、しかもアクティブな時間帯(あるいは店が暇になる時間帯)を狙って、効果的なキャンペーンを仕掛けることができるということだろう。もちろん、全国一律にアクティブな時間帯を設定して効果のある商品に限られるので、位置情報に基づいてタイミングをはかるやり方が、LINEにも導入されるタイミングがくるのかもしれないが、今のところはシンプルさが功を奏しているように見える。

新潟市内で燕三条系ラーメンといえば福来亭(関屋)

燕三条界隈の名物「背脂ラーメン」は、知名度が上がり、東京でも食べられるようになったらしいが、燕三条の人々から見ると、新潟市内の燕三条系を名乗る店でも、「話にならない」店が結構あるんだとか(ちなみにどこが「話にならない」店なのかはわからない)。そのような燕三条ラーメン通の教えを受け、燕の杭州飯店の味に魅せられた自分も、新潟市内では燕三条系のラーメンに手を出すことがほとんどなくなった。

しかしそんな中で燕三条の人々が一目置いている(と思われる)、新潟市内の老舗が、福来亭。たしか燕三条にも同じ名前の店があって、そこから暖簾分けと聞いたような気がするが、記憶は定かではない。最近はおみやげも販売しているほどの人気店だが、実は行ったことがなかった。今日初めて訪ねてみた。

店構えは、いたって普通の、昔からあるラーメン屋の雰囲気。

ウェブでのコメントを参考にしつつ今日はチャーシュー麺に。麺は太麺で燕三条の感じに近い。油の量はさほど多くなく、意外とあっさりとした味であった。やはり燕三条系とはいうものの、杭州飯店なみの濃厚さでは、ちょっと新潟人にはウケないのだろうか。ライトな燕三条系だが、油の量が気になっていた自分としてはかえって好都合だ。燕の福来亭も、同じような味なのだろうか。

駐車場は少なく、裏手の駐車場はわかりにくいので、そこがちょっとだけハードルが高いのだが、燕まで遠征することを思えばかなり楽。また訪ねてみたい。

福来亭 ふくらいてい – 関屋/ラーメン [食べログ]

住所 新潟県新潟市中央区関屋大川前2-3-10
営業時間  10:00~15:00(売り切れ次第終了)
定休日 日曜日

Narazawa Shrine Festival (Tengu Fire Dance), Iiyama, Nagano 20110917

亀田製菓製品、Amazonレビューで「炎上」

亀田製菓の話題がTwitterなどのでちらっと見えていたが、あまり気にしていなかった。実は韓国の農心(辛ラーメンなどで知られる)と亀田製菓が提携を発表したことにより、不買運動に発展、Amazonのレビューが荒れているということのようだ。

Narazawa Shrine Festival (Tengu Fire Dance), Iiyama, Nagano 20110917

亀田製菓の柿の種 Amazonのレビューに酷評殺到の理由とは?(NEWSポストセブン) – livedoor ニュース

本当に可哀想なのですが、叩かれている理由が「辛ラーメン」で知られる韓国の食品メーカー「農心」と提携することを発表したからなのですね。農心は過去に異物混入事故などを起こした会社であり、衛生面で問題アリと指摘する声もあります。
 で、亀田としては、グローバル展開をするにあたって農心と組む必要があると判断したわけですが、提携発表後、同社のブログは韓国企業と組むことに反発を覚える人により大炎上。さらには、アマゾンのレビューも酷いことになっています。
 この発表以降、続々と「星1つ」がつくわけですよ。たとえば「亀田の柿の種 260g×12袋」の場合、5月10日17時30分現在73のレビューがつき、以下のような配分となっております。
星5つ:(4)
星4つ:(2)
星3つ:(4)
星2つ:(2)
星1つ:(61)

 レビューの内容も「もう食べれないです。韓国の企業と言うだけでも安全性に疑いを持つし、農心なら言うに及ばず。虫が入っているのでは?ネズミの頭が入っているのでは?イメージが頭に残って口に入れる気が起きません」みたいに、徹底的に韓国を叩くものばかり。

嫌韓というだけでなく、農心に対する不信もあるというコメントがついている。いずれにしてもAmazonの個別商品に書くようなコメントではなく、「バカがますます大暴れできるツールになったことをけっこうオレはいま嘆いているぜ」という中川淳一郎氏の見解に、同意せざるをえない。

亀田製菓に不信感を持つのは自由だが、それは自分のブログなりSNSなり、(たとえ匿名であったとしても)自分自身を背負う「ホーム」から発言するのが筋だと思う。AmazonのIDにそれがないとはいわないが、Amazonの個別商品ページにゲリラ攻撃をするのは、一般のユーザにとっては、不要なノイズに過ぎない。

Naver

Naverまとめがリニューアル、「まとめ」を超えて「情報収集」を強化:スマホアプリは「NAVERまとめリーダー」に

Naverまとめが今月6日にリニューアルしていた(ブログの日付は9日)。今回のリニューアルの目玉は「お気に入り」と「フィード機能」だというのが、すぐにその意味を理解するのは難しい。一言で言うならば、単なるまとめページから、情報収集→共有のツール、プラットフォームを目指すということだろうか。

NAVERまとめに「お気に入り」など新機能追加 | NAVER公式ブログ – NAVERLAND

NAVERまとめに新しく「お気に入り」と「フィード」機能が新登場。同時に、スマートフォン版アプリもiPhone・Android版ともに全面リニューアルし「NAVERまとめリーダー」として生まれ変わりました。
 
新機能を搭載したことにより、気になるまとめ記事など様々な情報を「お気に入り」に追加し、更新情報を「フィード」でチェックすることができます。

ソーシャル時代の情報収集ツール、NAVERまとめがフィードリーダー提供 -INTERNET Watch

「NAVER まとめ」がリニューアル–フィード機能や外部サービスからの取り込みも – CNET Japan

公式ブログでは、以下のように図解されている。

Naver

「マイまとめ」(マイページ)に新しくできた「お気に入り」には、まとめ記事・ユーザー(まとめ作成者)・トピックの中から気になる情報をストックしていくことができます。そして、「フィード」では、お気に入りに追加したまとめ・ユーザー・トピックの更新情報をチェックすることが可能です。
 
また、「お気に入り」には、まとめ記事内と「ブックマークレット」を介して見つけたRSS・リンク・画像・動画・ツイート等も単体で登録することができ、「フィード」ではRSSの更新情報をチェックすることが可能です。 

「ソーシャルブックマーク」と「RSSリーダー」について学生に教えることがあるが、初心者はなかなか理解できない。どんどん変わっていくのでリスト化してもあんまり意味がない、ポータルサイトのトップページ(Yahoo!Japanのトップページ)などが、大量にブックマークに登録されているのは、これが原因だろう。Naverまとめはおそらく、この点を意識していて、とりあえず「お気に入り」に入れてくれれば、更新されるページについては、更新情報があればフィードに表示する、という考え方だ。したがって、概念的に理解できなくてもなんとかなる仕掛けともいえる。

Naverまとめもまた、時事的な話題をすばやくまとめて提供する「まとめ職人」のまとめページが多いけれども、特定トピックのコンテンツを地道に追加し続ける使い方も可能なので、後者の場合には、「このまとめに新しい項目が追加されたらチェックしたい」というような需要は充分考えられる。たとえば、「新潟で見つけたおいしいラーメン屋」なんていうトピックの場合、見た段階で情報がフィックスされるわけではなく、その後も追加される可能性があるからだ。情報の性質を見極めて、ブックマークに追加すべきなのかRSSリーダーに追加すべきなのかを判断するというのは、一般ユーザには難しすぎた。これを区別なく処理しようとうことだろう。

Internet Watchの記事で、執行役員の島村武志さんが以下のように語っている。

「NAVERまとめでは『RSS』という言葉を使わず、RSSリーダー的なことを実現したい。何気なくお気に入りに追加したまとめ記事やまとめ作成者の更新情報が通知されるようなイメージ。ネットに詳しい人は外部サービス連携で情報を取得することもできる。これまで、NAVERまとめはネット上の情報を整理して共有する機能が中心だったが、情報収集も可能になったことで、情報流通のハブになれると考えている。」

外部連携は、Facebook、Twitter、はてなブックマーク、Googlerリーダーが対象(ここにLivedoor ClipやLivedoor Readerはもはや入ってこない)。Twitterから大量にフォローしている人とのリンク情報が流れてきているが、他はまだ動き出さない。ソーシャルメディアからの情報をここで見て、Naverまとめの「お気に入り」に入れる、という流れのようだ。自分の作っている「まとめ」に入れるという流れではないのかな?

iPhoneアプリも入れてみた。他のユーザのまとめページをすぐにFacebookなどに投稿できるのは便利だなと思ったが、これは以前の「Naverまとめビューア」にもあった機能なのかもしれない。ざっと見た感じでは、アプリから、自分のまとめページを編集することはできないようだ。

五泉のそば処「にのみや」にて、さといも麺のへぎそば

五泉チューリップ祭りのあとは、五泉市内で食事。本町のそば処「にのみや」に行ってきた。そば処ともあるし、割烹とも書いてあった。この界隈には、他にも「割烹」と名乗る老舗があるようだった。

この店のへぎそばは、五泉名物のさといもで作られた、さといも麺で供されるとあり、興味を持った。メニューの中には、ラーメン風の麺と日本そば風の麺があると書いてあって、後者がデフォルト、前者が変わり種なのかと思ったが、そうではなく、ラーメン風の麺がデフォルトだったようだ。

麺はのどごしがよく、つけ麺のような味であった。日本そばバージョンも今度食べてみたい。

にのみや – 北五泉/うどん [食べログ]

にのみや
TEL 0250-42-2210
新潟県五泉市本町3-2-15


大きな地図で見る