タグ別アーカイブ: ブラウザ

Chromecastで「テレビ」が変わり、「動画」も変わる

2014年5月28日、GoogleのChromecastが日本でも発売されました。

Chromecast

キャッチフレーズは「オンライン動画を音楽を、テレビで簡単に楽しもう。」。これまでもYoutube動画を検索してテレビで再生することはできたし、テレビにPCを接続することだって出来たわけで、Chromecastで何か革命的なことが起きたわけではないです。でも「簡単に」なったのはまちがいない。値段も手頃なので、さっそく私も1台購入して試してみました。

Chromecast端末をテレビのHDMI端子に挿して、初期設定。iPhoneにChromecastのアプリを入れて、端末をWi-fiに接続。特にトラブルもなく、あっという間に設定が終わりました。Mac Book Airでは、Google ChromeにChromecast拡張をインストールして、こちらもすぐに設定が終わりました。この程度の設定でいいのであれば、自宅だけでなく、いろいろなところに持っていって、出張動画上映会なども簡単にできそうです。

とりあえず試したのはYoutube。再生画面にChromecastに送るボタンが出てくるので、それを押すとテレビに動画が飛ばされて再生されます。動画が一旦テレビ側で再生され始めたら、iPhoneでもMacでも、別の作業をすることが可能です。動画以外に何ができるのかは、まだ試していませんが、Mac Book AirのChromeブラウザでは、ブラウザの画面をテレビに表示させることも出来ました。Slideshareを使えば、スライド表示にも使えます。ケーブルの抜き差しなどは一切不要で、スマートフォン、タブレット、PCなどで見つけた動画やコンテンツを、すばやくテレビに出力し、みんなで共有できます。

ちょっとだけいじってみて感じたのは、これはテレビの見方が変わるな、ということ。これまでも、テレビの視聴時間を、ネット動画が徐々に奪ってきました。若者の間では、テレビは見ないけど、ネット動画は見ているという層がどんどん拡大、学生たちと話していると、テレビ番組の話題はほとんど共有されなくなってきているように感じます。しかし中高年の場合には、テレビ番組の存在感はあまり変わっていません。テレビニュースを見るのをやめて、ニュース動画を見よう、という人はあまりいないでしょう。「ダラ見コンテンツ」としてのニュースを、ネットを介してテレビで見るというのは、やはりちょっと面倒でした。Chromecastは一つのきっかけだと思いますが、このバランスは今後大きく変わっていくかもしれません。ネット動画がテレビ画面にいよいよ侵食してくる一方、テレビ番組のコンテンツも、ネット側に今まで以上に浸透し始めるでしょう。ネットに浸透していくことができるコンテンツはどんなものなのか、有料配信が軌道に乗るならば、ネット配信に適した番組にテレビ側がシフトしていく可能性も高まりそうです。

ネット動画の側にも変化がありそうです。まず一つには画質。高画質の動画が増えてきたとはいえ、大画面で見るには荒い動画も、まだまだ多いです。これまでは「まあネット動画だしね」といっていた低い期待値が変化し、要求水準が上がってくることが予想されます。もう一つは長さ。これまでは長い動画は再生されないというのが定評で、人気動画番組の多くも、非常に短くまとめられたものでした。Ustreamなどで配信した番組をアーカイブした長いコンテンツは、なかなか再生数が伸びませんでした。しかしChromecastが簡単に「ダラ見」できる仕組みを提供したことで、これも変わってくる可能性がありそうです。テレビを「ダラ見」するのではなく、長めの動画を「ダラ見」することも、徐々に広まっていくかもしれません。

実はAmazonに注文したChromecastを受け取り、テレビに接続しようとしたところで、我が家のテレビにはHDMI端子が一つしかないことがわかり、ビックカメラ新潟店に分配器を買いに行ってきました。ビックカメラはChromecastの代理店の一つですが、Chromecastの売り場は、正直盛り上がっているようには見えませんでした。Chromecastは非常に簡単な仕組みでは有りますが、何が起こるのか直感的にはわかりにくく、発売直後に通常のテレビ視聴者が飛びつくまでにはならないということのようです。しかし設定は簡単ですし、値段も手頃ですから、対応するコンテンツが増えてくれば、徐々に利用者も増えてくるのではないかという気がします。

(Yahoo!ニュース個人掲載記事を転載)

ブラウザを擬人化:セクシーなFirefoxが人気?

学生と話をしていると、ブラウザの種類を意識していないことが多い。Windowsが今以上に強く、スマートフォンもここまで普及していなかった頃は、本当にIE一色だったので、今よりもさらにひどかった。今はMacユーザも増え、なによりスマートフォンでIE以外を使っている人が増えたので、だいぶ状況は変わったようにも感じるが、一応「ブラウザ」という概念は、確認するようにしている。

さて、その「ブラウザ」を擬人化している記事を見つけた。すべて女性のキャラクターである。これなら「ブラウザ」の違いを意識しやすいかもしれないと思ったが、別にブラウザの機能についてわかりやすく図解しているわけではないので、あまり意味が無いか?

The Internet Browser Series @ Mike Roshuk

ブラウザ擬人化

元記事には一応説明があって、IEの女性のシャツは、胸の部分が「e」の形になっているとか、Netscapeは、人々に長らく忘れられた難破船になっているとか。

「火狐」のイメージを脱して、情熱的でセクシーな女性になっているFirefoxが、どうやら一番人気があるようだ。

The way out? (from Hell)

Wassrが10月1日でサービス終了

Twitterクローンと呼ばれる「ミニブログ」サービスがまたひとつ終了する。国産のサービス「Wassr」が10月1日でサービスを終了すると発表していた。

The way out? (from Hell)

By Giampaolo Macorig

サービス終了のお知らせ – Wassr [お気軽メッセージングハブ・ワッサー]

ミニブログ「Wassr」がサービス終了へ – ITmedia ニュース

実はこの発表は8月1日に行われていたのだが、自分自身はさっき気がついた。それだけ存在感が薄くなっていたということだろう。WassrはTwitterライクなサービスの一つで、Second Lifeにも同時投稿可というのがウリだったが、個人的にはその機能は全く使っておらず、正直アカウントを取っただけ。ブラウザ拡張のTaberarelooで同時投稿する際には対象に入れているので、ブックマークなどは同時投稿していたけれども、友達が増える(増やす)わけでもなく、反応を見に行くでもなく、正直放置してきた。

Twitterが不安定だった頃には、「退避先」として利用されていた時期もあるのだが、それもほとんどなくなり、歴史的役割を終えたということだろう。

Hashtagram

Instagram写真を全画面でスライドショーにする「Hashtagram」

これもInstagram関連サービス。Instagram上の写真を検索し、全画面表示するHashtagramというサービスを見つけた。特定のハッシュタグで投稿された写真を抽出し、ブラウザを使って全画面表示、スライドショーとして、自動的に再生される。

Hashtagram – Realtime Slideshow for Instagram Photos

Hashtagram

Twitterをハッシュタグ検索して全画面表示するサービスに、Twitrollというサービスがあり、これは自分の授業でよく活用しているのだが、Instagramでも同じようなことが可能だ。イベントなどで、幕間に再生して、その場でみんなが撮った写真を共有するのもよいし、フォトウォークなどのイベントで、コース上の店舗などに協力してもらって、店先でみんなが撮った写真を共有するという使い方もできそうだ。

大学のプロジェクトとしても、とてもインパクトがあり、単体でやっても面白いし、新発田朝市十二斎市などで、会場の出し物としてやっても面白いだろう。

新発田朝市 十二斎市のブログ(^ω^)

ちなみに、先日から試行している、「Keiwastagram」プロジェクトで収集した写真も、以下のように表示できるようになる。

Hashtagram – Realtime Slideshow for Instagram Photos

【keiwastagramについて】
Instagram(iOSとAndroidアプリがあります)を利用して、敬和学園大学での大切な時間、敬和の仲間たちとの思い出、敬和の印象的なシーン、好きな場所などを写真で記録してみましょう。ハッシュタグ「#keiwa」をつけて投稿すると、以下のサイトに表示され、みんなで共有することが可能です。

keiwastagram | 敬和学園大学の日常を写真で切り取る

keiwastagram

敬和学園大学に関連するInstagram写真を集める「keiwastagram」 | ICHINOHE Blog

YDC1000

有斐閣・日本ユニシスの定額制電子書籍選集閲覧サービス「YDC1000」スタート

有斐閣の古典文献が定額で読み放題となるサービスがスタートした。
YDC1000

有斐閣の古典文献がオンラインで読み放題!YDC1000| 有斐閣
有斐閣、日本ユニシス、定額制電子書籍選集閲覧サービス「YDC1000」の提供開始 -2011年12月20日- 日本ユニシス

続きを読む

自動的に生成されるインタラクティブな百科事典Qwiki:iPadアプリはロケーションにも対応

先週学生の @tel_t が見つけて発表してくれたのが、以下の記事。
iPad版Qwikiアプリケーション、リリース後11日間で25万ダウンロードを達成
そもそもQwikiってなんだ?ということになって、調べてみたのだが、なかなか面白い「百科事典」サービスで、一月には一般公開されていたことがわかった。ブラウザ上で利用できる。
ビデオ検索エンジンのQwikiが一般公開
Qwiki

ニュースをフォローしていない方のために説明すると、Qwikiは主としてWikipediaの記事を写真やビデオと統合し、音声読み上げするサービスだ。

自動読み上げ機能を使っているので、スムーズとは言い難いものの、ウェブ上のコンテンツを組み合わせたビジュアルの見やすさもあって、英語の苦手な日本人でも理解しやすくなっている。画面は音声とともに自動的に遷移するが、興味のある画像や映像が出てきたらクリックして一時停止させ、拡大することができるようだ。
残念ながら英語版Wikipediaの日本関連の項目は充実しているとはいいがたいので、たとえばKeiwa Collegeの項目などは非常に短い。内容の足りない部分については、画像、動画については、追加したい項目を追加ができるようだが、説明文については入力項目に入っていないので、おそらくソースとなっているWikipediaを直接書き換えてくれということなのだろう。
最近リリースされたiPadアプリ版では、位置情報とも連携させられるようになり、今いる場所の周辺にひもづいている項目を表示できるようになった。新潟にいるときには、新潟県、新潟市、新潟駅、古町などの項目が表示できる。もちろん地図に基づいて、別の町にいって、その場所にひもづいた情報を取り出すことも可能だ。旅行の計画にも役立ちそうだし、旅行先でこれを持って歩きまわるというのも、なかなか面白そうだ。

Qwiki iPad App Demo from Qwiki on Vimeo.

いくつか項目を拾ってみた。
Keiwa College

View Keiwa College and over 3,000,000 other topics on Qwiki.

Shibata(新発田市)

View Shibata, Niigata and over 3,000,000 other topics on Qwiki.

Niigata City

View Niigata (city) and over 3,000,000 other topics on Qwiki.

Hirosaki(弘前市、ハイローサキと発音されている)

View Hirosaki, Aomori and over 3,000,000 other topics on Qwiki.

以下は昨年9月に、TechCrunch Disruptでプレゼンした時のもの。このときQwikiは大賞を受賞している。

TC Disrupt―Qwikiは情報検索の未来体験だ
TC Disrupt―大賞と5万ドルは自動記事生成のQwikiに

bijin-tokei(新潟版)official website / Japanese Ver.

新潟美人時計リリース(今のところWebのみ)

10月から11月にかけて撮影が行われていた美人時計の新潟バージョンが、今日リリースされた。
bijin-tokei(新潟版)official website / Japanese Ver.
bijin-tokei(新潟版)official website / Japanese Ver.

今のところ、iPhoneアプリやデスクトップガジェットはなく、ブラウザで見るWeb版のみ。
新潟の見慣れた風景を背景にした写真ばかりだ。
関連記事:
新潟美人時計撮影会: ICHINOHE Blog
【追記】
コメント欄で教えていただいたが、iGoogleのガジェットもリリースされている(20101203)
Gadgets | bijin-tokei(美人時計)official website

RockMelt - Your Browser. Re-imagined. Connect for an invitation.

Facebookと連携した新ブラウザRockmelt、日本のアーリーアダプタに一気に浸透

今朝Facebook経由で知った新しいブラウザ、RockMelt。今日一日で一気に日本人ユーザに広まった感じだ。震源地となったのは、以下のIDEA*IDEAの記事。
Facebookと密に連携するChromeベースの新感覚ソーシャルブラウザ『RockMelt』がすっごくイイ! – IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフハックブログ
RockMelt - Your Browser. Re-imagined. Connect for an invitation.


現時点では招待ベースで、最初に招待希望を出すと、Facebookの友人ですでに使い始めているユーザに通知が送られて、そこからの招待があると使い始められるという仕組みのようだ(僕のところにもリクエスト状態の方が累積しているが、お送りする招待状が足りない状態だ)。
Chromeベースのブラウザで、まだメニューは英語ではあるが、Chromeを愛用しているユーザには使い始めの障害はほとんどない。Chromeで使っている拡張機能も使える(一部安定しないような気もするが)。
ではChromeと何が違うかというと、RockMeltは最初からソーシャルメディアとの連携を前提に作られているということだ。左のバーにはFacebook上でオンラインのユーザのアイコンが並び、それぞれのユーザとのチャットやWallへの書き込みができる。右のバーには、拡張機能やフィードで更新情報を読み込むためのアイコンが配置できるようだ。
また、今見ているページをFacebookに投稿するShareボタンも配置されている。さらに、Twitterにも、あらかじめ登録しおけば、指定のアカウントからの発言に利用できる。そもそもブラウザを立ち上げた時点で、Facebookへのログインを要求される。というわけで、Facebookとの親和性は非常に高い。
残念ながらTwitterとの連携はまだ今一つ(リストの読み込みなど対応していない部分がある)だし、Facebookについてもファンページには対応していないなど、課題もある。しかしこのブラウザは、急速にリアルタイム性を高めつつあるFacebookを使いこなすには、かなり便利だ。少なくともChromeユーザからの乗り換えは増えるだろう。
ちなみにこのサービスを開発した企業は、Netscapeを立ち上げたMarc Andressenが関与している。
元Netscape創業者ら、新ブラウザ「RockMelt」発表 - @IT
このサービスを使いながら多くの人が思い出したのは、Flockというブラウザ。ソーシャルメディアとの連携をうたい、当初はかなり人気があったのだが、その後あまり話題には上らなくなっていた。Firefoxベースで作られていて、動作が重すぎたという印象がある(今はこちらもChromeベースに変わったようだ)。はたして、RockMeltは支持を得ることができるだろうか。
Flockが登場した当時に比べて、FacebookやTwitterでリアルタイムに情報を共有する機会は増えているし、こうした環境になれたユーザ層も厚くなってきている。その意味では、RockMeltが受け入れられる状況になってきているとは思う。ただもう少し、一般のユーザにとってのメリットがはっきり見えなければ、この先シェアを伸ばすのは難しいだろう(あらゆる世代にFacebookが浸透している米国では、少し事情が違うかもしれないが)。
Flock Browser – The Social Web Browser
Flock – Wikipedia

Amazon上で公共図書館の所蔵情報を検索できる「Libron」がブレイク、所蔵されていないときにはLibreqでリクエスト(Twitter経由)

昨日、IDEA*IDEAの記事で知ったLibronというツール。ずいぶん前にリリースされていたものだが、全く気付いていなかった。

このツールを使えば、Amazon上で表示した本が、自分の指定した地域(たいていは自分の家の近所)の図書館に所蔵されているかどうか、Amazonの画面と連携して簡単に検索できるというもの。しかも、そのまま貸出しの予約を行うことができる。

このツールを利用できるブラウザはFirefoxとGoogle Chromeで、FirefoxはGreasemonkeyのスクリプトを利用する。

続きを読む

Wi Fi Mi Fi

中国から国外ソーシャルメディアへの接続

今回の中国出張では、ソーシャルメディア事情を見てこようと思っていた。普段留学生の様子を見ていても、彼らは日本人のように欧米系のサービスを使わず(知らず?)、中国のサービスを利用している。どこかの欧米系や日本のサービスにそっくりなサービスも多い。

どうしてかくも彼らはかたくなに、独自サービスの利用にこだわるのか。もちろん人口で考えれば、ローカライズされた中国語サービスで、英語圏並みのサービスに育っていく可能性はあるわけだが。どうもその背景には、中国政府が設けているGreat Firewall(GFW)により、「欧米系のサービスは普通にはアクセスできない」状況があるのではないか。

以前僕が中国に行っていたころに比べて、ソーシャルメディアのパワーは格段に強まっており、一方こうしたメディアへの中国の規制は強まったように感じていたので、その辺の事情には非常に興味があった。

今回はホテルのLANのほか、中国で使える「どこでもWi-fi」の、mi-fiという機器をレンタルで持っていったので、こちれも利用した。長時間移動でバッテリーが切れてしまう問題はある(これは、イーモバイルのPocket Wi-fiでも同じか)ものの、非常に安定していた。

Wi Fi Mi Fi

続きを読む