タグ別アーカイブ: フレーム

敬和学園大学オープンキャンパスで、Instagramフレームを使ってみた

敬和学園大学のオープンキャンパスに、自作のInstagramフレームを導入してみた。
以前から、各種のイベントで利用されているのを見て、大学のオープンキャンパスなどのイベントでも、これやってみたらどうかと思っていた。今回ちょうど、ゼミ展示用に発泡スチロールパネルを制作する機会があったので、そのついでに、フレームを制作してみた。

A1サイズで2人ならぶとちょうどよいサイズにしあがった。

私の手元には、スタッフ参加した学生たちのものが多数残ったが、実際には高校生の参加者も撮影していたようだ。

オープンキャンパスでした❤️#Keiwa

Mio Nakamuraさん(@puanani_)が投稿した写真 –

気軽に撮影してください #keiwa #keiwaoc

Shinya Ichinoheさん(@shinyai)が投稿した写真 –

たかがInstagramだし、こんな「顔ハメ」なんて、と思う人もいるだろう。しかし「敬和学園大学」という大学を認知してもらい、そこでの体験を積極的に共有してもらえる状態はとても大事で、そのためのツールとして、こういう仕掛けの意味は小さくない。もちろん、大学が提供するプログラム自体の価値が理解され、雰囲気が理解され、それらが共有されるべきだというのはそのとおりだが、そこに至る前の、最初の入口を低くしておくことも大事ではないかと思っている。

自撮りもしてみたのだが、一人ではなかなか真っ直ぐにはとれなかった。

自撮りも可能 #keiwa #keiwaoc

Shinya Ichinoheさん(@shinyai)が投稿した写真 –

How to shoot Instagram selfie #keiwa #keiwaoc

Shinya Ichinoheさん(@shinyai)が投稿した写真 –

現在止まっているKeiwastagramも、今後学生たちと復活させたいと思っている。

Keiwastagram

情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢 2012

情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢 2012 第2報:プレイベント「越後湯沢ソーシャルメディア交流会」の募集も開始

先日ブログに書いた10月12−13日開催の情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢2012。講師の演題など、プログラムがだいぶ埋まってきたので第2報。豪華講師陣の全容が、だいぶ見えてきたと思う。

情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢 2012、参加申込みが始まっています (10/12-13開催) | ICHINOHE Blog

情報セキュリティ・ワークショップ in 越後湯沢

お申込みはこちらからどうぞ。

ISW越後湯沢 – 参加申し込み

情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢 2012

12:30~12:45(15分) オリエンテーション
12:45~13:45(60分) 小宮山功一朗氏(JPCERT/CC)「サイバー空間における脅威の最新動向と連携の必要性(仮)」
14:00~15:00(60分) 牧野浩之氏(警察庁情報通信局)
15:10~15:40(30分) 武田一城氏 (株式会社日立ソリューションズ)
15:40~16:10(30分) 佐々木伸彦氏 (マカフィー株式会社)「現代サッカーに学ぶ、サイバー攻撃に対する対策のポイント」
16:20~17:50(90分) パネルディスカッション
「どうしよ?なにしよ? スマフォ・タブレットの利活用とセキュリティ」
コーディネーター:西本逸郎氏(JNSA理事)
パネラー:竹森敬佑氏(KDDI研究所)/後藤悦夫氏(日本スマートフォンセキュリティ協会)
夕食休憩
19:30-21:00(90分) ナイトセッション
21:00-23:00(120分) 車座会議
1. 「サイバー攻撃について語ろう!」
座長:辻伸弘氏(NTTデータ先端技術)、根岸征史氏(IIJ)
2.「IDとプライバシーについて!」
座長:楠正憲氏(Yahoo!Japan)、高木浩光氏(産総研)
3.「インシデント対応と連携について語ろう!」
座長:杉浦芳樹氏(NTT-CERT)
4.「ソーシャルメディアと市民レベルのセキュリティについて語ろう!」
座長:七條麻衣子氏(ハイパー研)、一戸信哉(敬和学園大)
5.「セキュリティ人材育成について語ろう」
座長:猪俣敦夫氏(奈良先端大)、花田経子(新島学園短大)
6.「そこそこセキュリティとセキュリティ・マネジメントについて語ろう!」
座長:金岡晃氏(筑波大)、頼永忍(情報セキュリティ大学院大)

10月13日(土)
9:30~10:30(60分) 七條麻衣子氏((財)ハイパーネットワーク社会研究所)「地域からのセキュリティUPを目指して ~ネットあんしんセンターに寄せられたトラブル事例をもとに~」
10:40~11:20(60分) 協賛企業PR
11:30~12:30(60分) 生貝直人氏(慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合機構)
昼食休憩
14:00~15:00(60分) 野村高司氏(日産自動車(株)IT&ITS開発部IT横断技術開発グループ)「自動車における情報セキュリティ」
15:10~15:40(30分) 島成佳氏 (独立行政法人 情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 情報セキュリティ分析ラボラトリー)「組織の内部不正行為による情報セキュリティインシデントに関する調査報告」
15:50~16:50(60分) 成宮雅弘氏(ISACA東京支部CISM委員)成宮雅弘氏 「BMISのアプローチモデルとCOBIT5フレームワーク」
17:00~17:20(20分) 総括セッション
18:00~19:30(90分) フェアウェルパーティー

プレイベント「越後湯沢ソーシャルメディア交流会」の開催も決定
またあわせて、10月11日開催のプレイベントの募集もスタートした。今年もタイトルは「越後湯沢ソーシャルメディア交流会」。前泊される湯沢WS参加者の皆さんと、湯沢町や近隣市町村、新潟県の皆さんとの交流会だ。湯沢側の中心メンバーは、越後日和というUstream番組を定期的に配信している人たち。

湯沢日和(ゆざわ びより)

top湯沢日和CHANNEL

こちらは特段専門性は求められないので、地元の皆さん、どうぞご参加ください。

越後湯沢ソーシャルメディア交流会 2012 – 新潟ソーシャルメディアクラブ

主催:越後湯沢ソーシャル倶楽部
共催:新潟ソーシャルメディアクラブ、「情報セキュリティ・ワークショップ in 越後湯沢」大会実行委員会
同時開催:情報セキュリティ・ワークショップ in 越後湯沢(10/12-13)

日時:10/11 19:00-
場所:保よし(湯沢ニューオータニホテルから近い位置にあります)
会費:4000円、食事つき、飲み放題

こちらからお申込み可能です。

越後湯沢ソーシャルメディア交流会 2012

情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢 2012

情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢 2012、参加申込みが始まっています (10/12-13開催)

今年も10月は越後湯沢へ。情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢の参加申込みがスタートしている。今回の開催日程は10月12日−13日の二日間。宿の予約もお早めに。

情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢 2012

まだ講演タイトルが入っていないが、おおよその内容は予想していただけるのではないか。全体のテーマは「新しい脅威に我々はいかに対応するか」。CSIRTの連携、スマートフォン、クラウド、ソーシャルメディア、サイバー攻撃、プライバシー、組み込み系への脅威、といったあたりがキーワードになる。

※ 最新の内容に更新しました(9月12日)

情報セキュリティ・ワークショップ in 越後湯沢

ISW越後湯沢 – 参加申し込み

12:30~12:45(15分) オリエンテーション
12:45~13:45(60分) 小宮山功一朗氏(JPCERT/CC)「サイバー空間における脅威の最新動向と連携の必要性(仮)」
14:00~15:00(60分) 牧野浩之氏(警察庁情報通信局)
15:10~15:40(30分) 武田一城氏 (株式会社日立ソリューションズ)
15:40~16:10(30分) 佐々木伸彦氏 (マカフィー株式会社)「現代サッカーに学ぶ、サイバー攻撃に対する対策のポイント」
16:20~17:50(90分) パネルディスカッション
「どうしよ?なにしよ? スマフォ・タブレットの利活用とセキュリティ」
コーディネーター:西本逸郎氏(JNSA理事)
パネラー:竹森敬佑氏(KDDI研究所)/後藤悦夫氏(日本スマートフォンセキュリティ協会)
夕食休憩
19:30-21:00(90分) ナイトセッション
21:00-23:00(120分) 車座会議
1. 「サイバー攻撃について語ろう!」
座長:辻伸弘氏(NTTデータ先端技術)、根岸征史氏(IIJ)
2.「IDとプライバシーについて!」
座長:楠正憲氏(Yahoo!Japan)、高木浩光氏(産総研)
3.「インシデント対応と連携について語ろう!」
座長:杉浦芳樹氏(NTT-CERT)
4.「ソーシャルメディアと市民レベルのセキュリティについて語ろう!」
座長:七條麻衣子氏(ハイパー研)、一戸信哉(敬和学園大)
5.「セキュリティ人材育成について語ろう」
座長:猪俣敦夫氏(奈良先端大)、花田経子(新島学園短大)
6.「そこそこセキュリティとセキュリティ・マネジメントについて語ろう!」
座長:金岡晃氏(筑波大)、頼永忍(情報セキュリティ大学院大)

10月13日(土)
9:30~10:30(60分) 七條麻衣子氏((財)ハイパーネットワーク社会研究所)「地域からのセキュリティUPを目指して ~ネットあんしんセンターに寄せられたトラブル事例をもとに~」
10:40~11:20(60分) 協賛企業PR
11:30~12:30(60分) 生貝直人氏(慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合機構)
昼食休憩
14:00~15:00(60分) 野村高司氏(日産自動車(株)IT&ITS開発部IT横断技術開発グループ)「自動車における情報セキュリティ」
15:10~15:40(30分) 島成佳氏 (独立行政法人 情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 情報セキュリティ分析ラボラトリー)「組織の内部不正行為による情報セキュリティインシデントに関する調査報告」
15:50~16:50(60分) 成宮雅弘氏(ISACA東京支部CISM委員)成宮雅弘氏 「BMISのアプローチモデルとCOBIT5フレームワーク」
17:00~17:20(20分) 総括セッション
18:00~19:30(90分) フェアウェルパーティー

普段ブログでは、情報セキュリティの話をほとんどしないワタクシだが、このイベントでは、大会運営委員長。ほとんど裏方なのだが、1日目夜の車座会議では、七條麻衣子さんとともに、「ソーシャルメディアと市民レベルのセキュリティについて語ろう!」を担当予定。七條麻衣子さんは湯沢WSの初登場だが、大分のハイパーネットワーク社会研究所で、スマートフォン・携帯、SNSで、若者や一般ユーザがどんな被害にあっているのか、調査し、各地で講演されている方。二日目には講演もしていただく。たくさんの具体的事例をご存知なので、とても楽しみだ。他の車座も、各トピックに造詣の深い人々の名前が並んだ。金岡晃さんの「そこそこセキュリティ」も越後湯沢では初登場だ。

法学系では、生貝直人さんが初登場。生貝さんは、クリエイティブ・コモンズでも活躍されている方で、とてもバランス感覚のあるお話しをされる。

Naoto Ikegai (ikegai)さんはTwitterを使っています

日産自動車の野村高司さんは、自動車関連のセキュリティというテーマでお願いすることにした。これも今までの湯沢ではあまり出て来なかった新しい話題が提供されるだろう。

1日目のパネルディスカッションは、スマホ関連のセキュリティがトピックになる。パネラーがほぼ決まったので、まもなくアナウンスになる。

10月11日には、プレイベントとして、越後湯沢のソーシャルメディアコミュニティの皆さんとの交流会も企画中だ。こちらも昨年盛り上がったので、続編として企画する予定。お時間の余裕のある方は、前日からおいでになるのも歓迎します(こちらも近日アナウンス)。

※プレイベントも以下のとおり募集が始まりました(9月12日)
—————————-
越後湯沢ソーシャルメディア交流会 2012 – 新潟ソーシャルメディアクラブ

主催:越後湯沢ソーシャル倶楽部
共催:新潟ソーシャルメディアクラブ、「情報セキュリティ・ワークショップ in 越後湯沢」大会実行委員会
同時開催:情報セキュリティ・ワークショップ in 越後湯沢(10/12-13)

日時:10/11 19:00-
場所:保よし(湯沢ニューオータニホテルから近い位置にあります)
会費:4000円、食事つき、飲み放題

こちらからお申込み可能です。

越後湯沢ソーシャルメディア交流会 2012

—————–
Facebookページ
情報セキュリティワークショップ in 越後湯沢

Twitter
yuzawaws (yuzawaws)さんはTwitterを使っています

Flame 2233656b ...item 3.. Flame turns an infected computer into a kind of 'industrial vacuum cleaner,' (29 May 2012) ...item 4B..Look For a Star - Billy Vaughn and His Orchestra  ..

中東の政府機関等を標的にした高度なサイバー攻撃: マルウェア「Flame」

スタクスネットを超える複雑を持ったマルウェア「Flame」を利用したサイバー攻撃が、中等の政府機関、企業、大学を標的に行われたという報道。どうやら主要なターゲットはイランのようだ。

Flame 2233656b ...item 3.. Flame turns an infected computer into a kind of 'industrial vacuum cleaner,' (29 May 2012) ...item 4B..Look For a Star - Billy Vaughn and His Orchestra  ..

朝日新聞デジタル:スタクスネット超えるサイバー攻撃確認 対策会社が警告 – 社会

ロシアのセキュリティー会社「カスペルスキー」は28日、新種のウイルス「フレーム」がイランやイスラエル、レバノンなどの政府機関や研究機関で検出されたと発表した。同社は感染したパソコンの操作画面や音声通話の録音内容、キーボードの入力履歴などを外部に送信するなどの動作を確認。国連の専門機関と共同で解析しているが、数年かかるという。

以下のAFPBBの記事では、イスラエル政府が関与している可能性を指摘していて、WSJの記事も含めて、少なくとも何らかの形で国家が関与しているだろうと推測されている。

イランを狙うコンピューターウイルス「フレーム」、イスラエルが関与? 国際ニュース : AFPBB News

フロイモビッチ氏はフレームについて、「打撃を与えるためにではなく、察知されることなく情報を収集するために設計されている」と指摘した。同氏は個人や民間企業がフレームを作るほどの大きな投資をするとは考えにくいとして、おそらくいずれかの国、あるいはいくつかの国が協力して作ったものだと推測している。

高度なウイルスがイランのコンピューターを攻撃 – WSJ日本版 – jp.WSJ.com

独立系のセキュリティー専門家らは、その複雑さや攻撃方法などから見て背後には国家があると述話している。これらの専門家は、民間企業ではこれだけの規模の国際的なサイバー攻撃はできないとし、情報収集用に設計されていて、明確な金銭獲得の機能がないことも国家を疑うべきもう一つの理由だとしている。

時事ドットコム:「サイバー兵器」への対策完了=核開発への打撃警戒-イラン

時事ドットコム:新型ウイルス「フレーム」発見=核開発のイラン狙う?-ロシア企業

イラン、“サイバー攻撃”受ける!イスラエルを非難か – 政治・社会 – ZAKZAK

イランで発見のコンピューターウイルス、国連機関「最大の警戒を」 | ワールド | 特集 イラン情勢 | Reuters

【追記】エフセキュアのブログで、ミッコ・ヒッポネンさんは、西側の諜報機関の関与を示唆している。

エフセキュアブログ : Flameのケース

 同マルウェアは、西側の諜報機関もしくは軍により作成された可能性がある。イラン、レバノン、シリア、スーダンなどでコンピュータを感染させている。

 中国により実行されるオンライン諜報活動の方法と、西側から行われる方法には違いがあるようだ。中国の関係者たちは、ブービートラップをしかけたドキュメントを添付した、なりすましメールを介して標的を攻撃するのを好む。西側関係者は電子メールを避け、その代わり、USBスティックかアクセスを得るために的を絞った侵入を使用する。

Bnr 07

12/17:デザイナーズ向けワークショップ「新潟キログラム」開催

12/17(土)、新潟ではイベントが目白押し。昼間はデザイナー向けの大きなイベント「新潟キログラム」が開催される。
Bnr 07

12月17日(土)特別版「新潟キログラム」開催! | デザインに興味ある方のセミナー勉強会

日時 2011年12月17日(土)13:00-19:00
会場 GIA(専門学校新潟国際自動車大学校)
新潟県新潟市中央区紫竹山5-2-10
主催 新潟グラム実行委員会
共催 CSS Nite実行委員会
協力 ポルトプラディア、ツムジグラフィカ、FSK、GIAほか(募集中)

続きを読む

情報処理学会EIP研究会、9月10日新潟で開催:招待講演は津田大介さん

情報処理学会の電子化知的財産・社会基盤研究会は、9月10日新潟で開催される。

今回は、4本の一般報告のほか、メディアジャーナリストの津田大介さんに、招待講演をお願いした。メディア業界の動きに詳しい津田さんに、著作権法改正への動き、ソーシャルメディアの発展と合わせて、幅広くお話をうかがいたいと思う。2500円の参加費が必要だが、非会員の方でも参加することができるので、津田さんのお話を聞いてみたいという方はぜひご都合をつけて参加していただきたい。

一般報告でも著作権法関連その他で4本の報告がある。いずれも興味深いタイトルが並んでいる。皆さんふるってご参加ください。

【一般講演】
1300-1325
著作物の定義に関する一考察
○源直人(情報セキュリティ大学院大学)

1325-1350
デジタルコンテンツ流通のための著作権フレームワークの検討
~eラーニングプラットフォームを前提として~
○加藤尚徳, 総合研究大学院大学
野川裕記,日本医療情報ネットワーク協会
上田昌史, 国立情報学研究所

=休憩=

【招待講演】

1405-1535
メディアの変容と著作権
○津田大介,メディアジャーナリスト
=休憩=

【一般講演】

1550-1615
社会の「インテリジェンス」活用に向けた課題と考察
○山下博之,IPA/SEC

1615-1640
「情報端末における法的課題の検討」
○山本 将之(ラック)

新潟県の衆院選立候補予定者のWEB活動を可視化する「poligata」

衆議院解散の見通しは、まだ波乱含みの部分もあるようだが、とりあえず8月18日までは候補者の皆さんもウェブを更新するものと考えておいて、FriendfeedとTwitterにPoligataというアカウントを作ってみた。

フォローや購読はご自由に。

新潟県の選挙区から立候補するであろう人たちが、ウェブ上でどんな言動をしているかを拾い集めようというものだ。

続きを読む

[PR]簡単に合成動画を作成できるCASIO EX-Z400

[PR by ブログタイムズ]

「世界初、動画を合成できるデジタルカメラ」だという、CASIO EX-Z400のサンプルを、ブログタイムズから送っていただいた。

動画を撮って合成するのではなく、被写体を連写して切り抜いた複数の画像と、背景画像を組み合わせて、コマ送り動画を作るというものだ。

続きを読む

日本サイワールド、動画共有サービス開始 – CNET Japan

「新規参入」の続く動画共有サービス、Cyworldも参入するようだ。

リンク: 日本サイワールド、動画共有サービス開始 – CNET Japan.

Youtubeが最強である構図は、そうそう崩れそうに無い。しかしTaggyのような横断検索が一般化すれば、どこにアップするかは関係なくなるかもしれない。Rimoも横断化すると便利になるか。一方、ニコニコ動画のようなツッコミ機能は、かく乱要因にはなりそうだ。さきほど、名古屋大学長尾研究室のやっている、以下のサービスも発見した。これにもツッコミ機能がついているようだ。

リンク: トップ – Synvie Public Beta Service.

「横断化」、あるいはアグリゲーションというのは、一昔前の「フレーム内リンク」に似ていて、元のサービス提供者にとって、あまり気分のいいものではないかもしれない。サービス提供者としては、権利侵害者となるリスクを犯しているのに、実際にはみんなTaggyやRimoを玄関口にするのでは、あまりメリットは感じられなくなる可能性がある。