タグ別アーカイブ: シックス・アパート

Moscone Center West

シックス・アパート関さんの選ぶ海外ITイベント24選は、渡航計画に最適

シックス・アパートの関さんが、年初にアップした記事。関さん自ら、米国各地のイベントカレンダーから、主要なITイベントの予定をピックアップして、まとめてくれている。

Moscone Center West

Photo by N-Q

シックス・アパートが独断と偏見で選ぶ2013年の海外ITイベント24選 – Six Apart ブログ

さて2013年の初記事は、シックス・アパートの関が独断と偏見で選ぶ、2013年のIT海外イベント24選です。といっても実態は、海外出張の予定を立てようと自分がすでに参加予定にしているイベントに加えて、ニューヨークやサンフランシスコの著名な展示会場(東京でいうと、東京ビッグサイトや幕張メッセみたいな場所)であるニューヨークのJavits Center(ジャビッツ・センター)や、サンフランシスコのMoscone Center(モスコーニ・センター)のイベント・スケジュールを見て、ITに関連しそうなものを選んだだけではありますが…。なお欧米のイベントに偏っているのでアジアご担当の方はご注意下さい(笑)。

新潟で暮らしていると、回りにこの手の海外ITイベントにどんどん出ていく人はほとんどいないので、アンテナを張り巡らせることがなければ、そのまま知らずに過ごすこともできる。しかしいまや、ソーシャルメディアを通じて、多くの人が海外に、しかも同じ目的に向かっている様子を知り、しばらくして、どんなイベントが行われているかを知ることが増えた。非常に増えた。で、来年こそは自分も行こうと毎回思う。しかしまた、地元での仕事のスケジュールをうっかり入れてしまい、いつしかイベントのことなど忘れてしまい、直前になって気づくということが、毎年繰り返されている。

せっかく関さんにまとめていただいたので、今年はもう少し計画的に、面白そうなイベントに出かけていくような積極さを持てるようになりたいものだ。アジア方面もこういうまとめ人の方が出てきてくれると、さらに見通しが立てやすい(自分でやれという話もあるが)。

WeFollow: A User Powered Twitter Directory

ハッシュタグによる自己申告型Twitterディレクトリ「WeFollow」

DiggのKevin Roseが、最近はじめた新しいサービス「WeFollow」。

WeFollow: A User Powered Twitter Directory

from shinyai

リンク: ケビン・ローズ氏、「Digg」を通して「WeFollow」を告知 at ブログヘラルド.

2008年12月、Pownce(パウンス)が閉鎖され、Six Apart(シックス・アパート)に売却されたことを受け、Digg(ディグ)を運営するケビン・ローズ氏は、本気モードに突入したようだ。WeFollow(ウィーフォロー)をチェックしよう。これは、マイクロブロガーとしての「ニッチ」を特定する共通のハッシュタグを活用する、ユーザー生成型のTwitter(ツイッター)のアグリゲイターである。

要するに、Twitterユーザのカテゴライズを行うサービスなのだが、その作り方がなかなか面白い。

続きを読む

Six Apart Open House, Tokyo, Japan

Six Apart「住職の公開面接(シックス・アパート オープンハウス)」に行ってきた

一昨日、金曜の夜、シックスアパートが、会社付き(?)の住職の公開面接を行うというので、赤坂のオフィスにお邪魔してきた。

続きを読む

シックス・アパート、Voxにグループ機能やカスタムバナー機能を実装

VOXが機能拡張を発表した。

リンク: シックス・アパート、Voxにグループ機能やカスタムバナー機能を実装.

リンク: ITmedia News:シックス・アパート「Vox」にグループ機能.

Voxはエントリーごとに公開範囲を設定できるのが特徴。新機能では、複数人で作るグループごとに公開範囲を設定し、写真などを共有できるようにした。

 グループは「公開」「招待制公開」「プライベート」の3段階を設定可能。例えば結婚式で撮影した写真・ムービーを、プライベートグループを作成して出席者と共有するといったことが可能になる。

そういう需要はあるのかもしれないが、通常のブログ同じものを想定しつつ、「新しもの好き」で手を出した僕からみると、あんまり必要性を感じない方向に拡張が進んでいる。

「Blogは実はパブリックな存在なんだ」といっても、ほとんどの人はそんな覚悟のもとにものを書きたいわけじゃない。そこを素直に認めてしまおうというのが一つ。もう一つは、公開範囲が細かくコントロールされたブログの総体を、ある種のSNS的に機能させようという考え方だ。ということは、mixiに参加してみるのと同じ感覚で、voxのブログを始めてもらわないといけないわけだ。

「できること」があらかじめ決められたメニューの範囲でしかなく、自由にwidgetを引っ張り込むような拡張性が想定されていないが、そこが個人的には不満。優先順位が低いだけで、そのうちマニアックな機能もい追加されるんじゃないかと思うけど。

「Voxは、ブログが次のレベルに向かう第一歩」–シックス・アパート社長 – CNET Japan

Voxはそのまま放置状態になっているが。

リンク: 「Voxは、ブログが次のレベルに向かう第一歩」–シックス・アパート社長 – CNET Japan.

たしかにブログの使い方は多様化していく段階にあるように思う。実名/匿名問題にしても、結局は自分で決めるしかないことだし、それをサポートする機能が追加されるのは歓迎すべきことだ。ただ問題は、当初の予定とは別の形で、自己にまつわるブログその他ネット上の記録が、人々の目にさらされる、というリスクが、ごくわずかであれ、存在するということ。それを完全に予測することは不可能だ。

昔、院生の頃、高名な先生とともに、先生の過去の論文を一つ一つ一緒に読むというゼミに参加していた。先生に私淑するあまり論文間の用語の違いを指摘する(というより、「こことここでは、どうして別の用語を使われたんだろう?」と真面目に質問している)院生に対して、先生が一言「20年も30年も前に書いたものの、そんな細かいことは覚えてないよ」とおっしゃったのをよく記憶している。

ネット上では、みんながその先生のような立場になるわけだ。

ただ今のブログの場合、落合先生のような高名な弁護士の先生のブログであっても、ときに滝川クリステルとか伊東美咲に関するエントリーがあったりする。そこで妙に親しみを感じられるというのも、ブログという装置の魅力の一つではなかろうか。あんまり対象者を指定してしまって、そのザッピング感覚を捨ててしまうのも、ちょっと考えものという気がする。

シックス・アパート、SNS要素を備えたブログ「Vox」正式サービス

–  シックス・アパート、SNS要素を備えたブログ「Vox」正式サービス

ちょっといじってみたが、テンプレートが日本のものとはまた違って洗練されてるなという印象。こういうテイストが好きな人にはウケルんじゃないかという気がする。

記事では、連携機能が強化されていて、FlickrやYoutubeなどからの引用をサポートとあり、その一方で閲覧範囲を細かく設定できるSNS的な要素も含んでいるようだ。

http://shinyai.cocolog-nifty.com/shinyai/2006/10/itmedia_news_tr_ad86.html

引用の要件を満たせるかどうか?というのは、上のエントリの元記事に出てくる。