タグ別アーカイブ: カレー味

Katong Laksa #singapore

カトンラクサは、今まで食べたラクサとはまるで違った

今回のシンガポールでは、シンガポールの定番と言われる料理を、ほとんど食べることができた。「ラクサ」には、マレーシアであまりいい印象がなかったのだが、シンガポールのラクサはちょっと違うというので食べてみた。シンガポールのカトン地区が発祥のカトンラクサ。今回はホランド地区のお店だったが。

Katong Laksa #singapore

以前食べたのはおそらくペナンラクサ(サラワクのラクサも食べたような気がする)で、酸味と魚の出汁が同居しているため、日本人の評判はイマイチ。自分も食べられないことはないが、率先しては食べようとは思わなかった。

カトンラクサは、酸味はなく、カレー味でややクリーミーと、日本人にも食べやすい。本当は赤貝のような貝が入るらしいのだが、妻が警戒したので、除いてもらった。カトンラクサの麺は、プチプチと細かく切れていて、箸は使わずにフォークだけで食べるらしい。プチプチきれるといえば、弘前の津軽そばだが、津軽そばとも異なり、最初から短く切れていた。

どうやら一緒に食べるらしいのが、オタオタ(Otakotak)。オタクオタクと読める綴りのようだ。葉の中に、魚のミンチを固めたものが入っている。見た目はさつま揚げのようだが、実際にはやわらかかった。

Otakotak, Singapore

Otak Otak, Singapore

そうか、ラクサというのは地域によっていろいろ違うんだなと思い、調べてみたところ、英語版Wikipediaでは、10数種類のラクサに分類されていた。非常に奥が深い。今回食べたカトンラクサと同系統のカレーラクサには、ニョニャラクサ、クランタン、トレンガヌ、ケダなどのラクサムといったラクサがあるようだ。

Laksa – Wikipedia, the free encyclopedia

せきとりのから揚げとむし焼 #niigata

せきとりのから揚げとむし焼

ローソンのからあげクンで話題のせきとり。本店で、から揚げとともに、むし焼(メニューとしては「蒸し鶏」ではなく、「むし焼」であった)が定番であることがわかったので、両方一緒にカメラに収めてみた。

せきとりのから揚げとむし焼 #niigata

からあげクン新潟カレー味で話題の「せきとり」本店、蒸し鶏も美味しかった | ICHINOHE Blog

ローソンのからあげクンに「せきとり」監修の「新潟カレー味」登場 | ICHINOHE Blog

せきとり 本店 – 白山/鳥料理 [食べログ]

【鳥専門店 せきとり】 鶏の半身のからあげ・蒸し鶏・手羽先の通販

Chicken, Sekitori, Niigata

からあげクン新潟カレー味で話題の「せきとり」本店、蒸し鶏も美味しかった

土曜日、新潟市事業仕分けのUST中継のあと、せきとり本店に行ってきた。先日ローソンのからあげクン新潟カレー味についてとりあげたが、その味を監修した新潟の半身揚げの老舗だ。この店に行くのは7月のフォトウォーク以来で、今回が3回目。今回も早い時間から賑わっていた。家族連れも多い。

からあげクンの味は、せきとりの味をどの程度再現できるのかわからないが、お店で食べる美味しさには叶うはずはないだろう。窪田町という古町界隈でもかなり奥まったところにあるので、わざわざ出かけていく感じのお店(実際には、地元の人達思われるお客さんが多い)なのだが、わざわざ行くだけの価値は十分にある。

Chicken, Sekitori, Niigata

今回はちょうどよい人数だったので、唐揚げだけなく、「蒸し鶏」というのにも挑戦してみた。これがまた素晴らしい。肉の柔らかさや味付けも絶妙だ。

Chicken, Sekitori / せきとり, Niigata

下に溜まっている肉汁をキャベツにつけて食べるとこれもうまい。もう少しキャベツが多くてもいいぐらいだった。この後焼き鳥を食べたりしたのだが、それでも食べて飲んで一人3000円程度に収まった。

新潟駅からバスで行く場合には、16(附船町線)のバスに乗り、寿小路で下車。徒歩5分ほど。

せきとり 本店 – 白山/鳥料理 [食べログ]

【鳥専門店 せきとり】 鶏の半身のからあげ・蒸し鶏・手羽先の通販

ローソンのからあげクンに「せきとり」監修の「新潟カレー味」登場

9/4からローソンのからあげクンに「新潟カレー味」が登場するそうだ。

新潟県:「からあげクン」新潟カレー味の全国販売に伴い(株)ローソン新潟支店長が知事を表敬訪問します。

icoro : あの「せきとり」監修!全国のローソンで「からあげクン 新潟カレー味」が9/4から発売!

監修したのは新潟の「カレー味からあげ」の老舗「せきとり」。7月の新潟フォトウォークでも、懇親会でせきとり本店を利用させていただき、みんなでせきとりの味を堪能してきたばかり。あの味が全国のローソンで再現されるという。一度ためしてみなくては。

Niigata Photowalk #16 Irifune 20120707

Niigata Photowalk #16 Irifune 20120707

裏側には、人気キャラクターのレルヒさんが、小さく載っている。

7月7日フォトウォークの記録。
雨の中、第16回新潟フォトウォーク、7月7日新潟市で開催 | Niigata Social Media Club / 新潟ソーシャルメディアクラブ

Furumachi, Niigata, Japan

新潟カレータンメン

新潟市の古町10番町。喜ぐちや佐藤菓子店(甘納豆の店)の近くにある、東屋というそばやさんに、「カレータンメン」なる看板を見つけた。

Furumachi, Niigata, Japan

東屋そば店 アズマヤソバテン – 新潟/そば [食べログ]

三条が売り出し中の「カレーラーメン」ではなく、カレー「タンメン」。塩味の野菜ラーメンの上に、カレーがのっかるのか、混ぜられているのか。控えめな味付けの奥ゆかしいタンメンに、カレーを混ぜてしまったら、それは結局カレーラーメンになってしまうのではないか。いろいろ検索してみるも、どうも新潟名物といわれるほどの知名度ではないようで、ほとんど情報はなかったが、一件だけ、新潟ラーメン日記に、この東屋さんのカレータンメンの情報が載っていた。写真付きで。

東屋: 新潟ラーメン日記

 

想像していた通りのタンメンのスープに少しだけカレーの味が加わったものです。濃厚なカレーだったら楽しいかなと思いましたが、スープに粉末カレー粉を加えた程度のものでした。
麺は、細縮れの標準的な麺かなと思いましたが、大江戸並みに長い麺です。
スープは、カレー味のあっさりしたもので期待したトロミはまったくありません。ごく普通の癖のないスープに少しカレー味が加わっています。でも、これもこれでいいかなって味です。少し食べて胡椒をかけてみます。味が締まります。調子にのって七味唐辛子もかけてみます。辛さは増しますがカレーの風味が薄れてきました。

トッピングの野菜は、キャベツ、もやし、人参などの炒め物です。
カレーの濃厚なものならと期待しましたが、カレー風味のタンメンといったところでしょうか。タンメン610円で、カレータンメンは630円です。

どうやら「タンメン」の存在感を残すために、カレーの味付けを控えめにしているようだ。鳥の半羽揚げに近い、「ほんのりカレー味」なのだろう。タンメンとの値段の差も僅か20円。

もう一つ別のブログに、新潟市白山浦の丸屋というお店のカレータンメンが、写真付きで紹介されていた。

最近食べた麺類まとめ: 風狂の天地

 

こちらはちゃんとカレーの「ルー」と混ぜた、カレーうどんのような見た目。タンメンとしての最後の一線(?)は守られているのかどうか、気になるところ。

ちなみに食べログには、都内を中心にいくつか「カレーラーメン」の情報が載っているようだ。新潟に限らず、全国各地に細々と、「カレータンメン」文化があるということだろうか。

日清 麺職人 塩タンメン 90g×12個日清 麺職人 塩タンメン 90g×12個

麺のスナオシ サッポロラーメン タンメン 5P×6入麺のスナオシ サッポロラーメン タンメン 5P×6入

テーブルマーク ホームラン軒野菜タンメン 98g×12個テーブルマーク ホームラン軒野菜タンメン 98g×12個