タグ別アーカイブ: カニ

最北に暮らす若者が映像で語る地域:観光地稚内の日常は、「内地」の人々に何を伝えるか

私の前任校稚内北星学園大学の学生たちが、「私の暮らすまち、稚内。」を短い映像作品にまとめたものが、先月開催されたわっかない白夜映画祭で上映されています。また、このとき上映された作品がYoutubeに公開されています。北海道稚内市は、日本最北端の街です。最北端に暮らす若者のリアルな思いが、映像に現れているように思います。

第1回白夜祭:日本一短い夏至の夜を楽しんで…稚内 – 毎日新聞

私の暮らすまち、稚内。 – YouTube

いくつかの作品を見て、私にとっては、稚内に暮らしていた時の感覚を呼び起こすような懐かしさがあるわけですが、本州(北海道の人たちは、今でも「内地」という言葉を使います)に戻ってきてからの自分の感覚で考えると、「遠い」作品です。この「遠い」という感覚はどういうことなのか、考えてみました。

中央のマスメディアが伝える情報は、地方に行けば行くほど、遠い「東京からの情報」になります。その意味で言うと、稚内で見る「東京からの情報」は、相当に「遠い」です。この「遠さ」を補うのが「地方紙」などの地域メディアですが、これもカバーするエリアが広くなると、遠い「県庁所在地からの情報」を流す存在になります。

北海道の場合には、道庁のある札幌の存在感が大きく、札幌近郊とそれ以外のギャップが大きいです。大学教員として6年間暮らした稚内では、東京ははるか遠くにあり、札幌も結構遠くにある(たしか360キロ離れている)都会です。どちらのニュースも遠い世界の出来事のように感じます(もちろん陸続きの札幌は相対的には近いのですが)。

北海道新聞はブロック紙の一角を占める大手の地方紙ですが、稚内は北海道の中でもさらに遠く離れた「地方」ということになります。地方の中の地方である稚内には、全国紙の取材体制は十分になく、テレビ局もNHKの報道室があるだけでした。「地方の地方」たる地域に関する情報は、札幌や東京のメディアに取材されて伝わっていくことはほとんどなく、稚内や宗谷地域限定の地元紙の中だけで共有されることが多いです。人々のメディア空間は、インターネット時代になって、変わった部分もあるのですが、この「遠さ」を背負ったままであるように感じることが多かったように思います。

一方、都会の人が稚内のことを知らないわけではありません。都会の人から見れば、稚内は「辺境」ですが、同時に宗谷岬があり、カニがあり、近くに利尻・礼文のある「さいはての街」として知られています。いいかえれば観光地として、稚内はある意味「エッジが立った」状態にあり、この角度での情報だけが、いわば「つまみ食い」され、多く流通しています。

結果的に稚内という街は、観光地としてのエッジの立った部分だけが「全国区」となっていますが、この街で暮らす人達のことは、ほとんど知られていません。観光地である地方都市というのは、大なり小なりそうだと思いますが、稚内を始めとする北海道の地方都市の場合には、北海道特有の複雑なメディア構造の下で、この傾向がさらに強まります。結果的には、稚内の人たちも、自分たちのことを中央メディアを通して共有する機会が、非常に乏しくなります。

最北の大学で映像制作の授業が始まったのは、私が赴任した2000年ですが、それから14年、この授業では稚内や宗谷をさまざまな角度から伝え続けています。最初はYoutubのような動画共有サイトはありませんでしたので、当初の作品はどこかにお蔵入りしているようですが、ここ数年の作品はYoutubeにアーカイブされています。映像制作を指導している教員も、私が教えていた時代に学生であったNPO法人のメンバーが担当するようになりました。

稚内北星で制作された動画は、数々の映像賞をとるなど、高い評価をえていますが、地元と都会、それぞれの世間の関心の間隙、谷間に沈みがちな「稚内ローカル」だけを狙った作品ではなく、「内地」の人の関心を意識して作られていたように思います。以下はいくつもの賞を受賞した作品「待合室の片隅で」。建て替えになった稚内駅で営業していた立ち食いそば屋を巡るストーリーで、最北を目指して旅をした人々の心をくすぐりつつ、題材は地元の人々の暮らしです。決して稚内人の関心だけに向けて作られているわけではないと、私は感じています。

今回の作品は、うってかわって非常に「稚内ローカル」な作品です。地元出身の学生たちが、自分たちの思い入れのある場所について、そのストーリーを短い映像で紹介しています。南小学校や南中学校への思いは、稚内人ではない人には「遠い」ものですが、現地で6年暮らした私には懐かしくもあります。観光地ブランドの稚内ではなく、日常の稚内とそこに暮らす人々の思いは、観光地として稚内に来たことがある人や、全く縁のなかった人たちに、何らかの形で「最北」の一断面を伝え、心のなかに何かを残すことができるのか。この動画への反響に、注目したいと思っています。

(Yahoo!ニュース個人より転載)

Chilli Crab, Singapore 201209

Mellben Seafood(龍海鮮螃蟹王)のチリクラブとClaypot Crab Bee Hoon Soup(カニビーフン鍋?)

シンガポール最終日、ラッフルズホテルで腹ごなししたあとで、Mellben Seafoodにチリクラブを食べに行った。人気店というので、5時半頃店に駆け込んだが、それでも少し待たされた。その後はどんどん列が長くなっていった。この店はシンガポール名物の「チリクラブ」「ペッパークラブ」の店としても人気あるが、一番人気はClaypot Crab Bee Hoon Soup(カニビーフン鍋?)。土鍋にスープとビーフンとカニがはいったものだ。このスープの味、コーンポタージュのような状態だが、カニのだしもきいていて、さらにそれがビーフンによく絡んで絶品であった。

カニはスリランカ産のみを使用(というのが強調されていた)。

手をベタベタにしながら食べたので、ほとんど写真は撮れなかったが、どちらもとても美味しかった。夫婦二人で両方食べるのは無理なので、4人で出かけることができてラッキーであった。

Chilli Crab, Singapore 201209

Claypot Crab and Noodle #singapore

Singapore 201209

メルベン・シーフード(龍海鮮螃蟹王) Mellben Seafood Ang Mo Kio|シンガポールのレストラン・飲食店情報|AsiaX Gourmet

Hello Banner

Evernoteが新iPhoneアプリ「Hello」と「Food」をリリース

Evernoteが新しいiPhoneアプリ、「Evernote Hello」と「Evernote Food」をリリースした。いずれも無料アプリだ。
Hello Banner

Food Banner

新アプリ Evernote Hello で人を覚えるのが楽に « Evernote日本語版ブログ
Evernote Food で楽しく食の体験を記録 « Evernote日本語版ブログ
Evernote、“食”と“人”の備忘録iPhoneアプリ -INTERNET Watch
App Town ライフスタイル:出会いを記録する「Evernote Hello」、食事を記録する「Evernote Food」 – ITmedia +D モバイル
食事内容をメモするアプリ「Evernote Food」登場–「Evernote Hello」に続き – CNET Japan

続きを読む

稚内の居酒屋「蝦夷の里」がロケットニュース24に登場

稚内でよく行ったお店の一つ「蝦夷の里」が、ロケットニュース24に登場している。
稚内市内にある居酒屋『炉端 蝦夷の里』がしみじみ美味い / 派手さは全くないが焼き魚が絶品 – ロケットニュース24(β)

店内に入ると薄暗い照明のなか、炉端で焼き物を物静かに焼いている店員さんの姿が見える。ここでのオススメは正直特に無いのだが、一つだけ言えることは「何を食べてもうまい」ということだけ。
お酒の種類も少ないし、うに丼やいくら丼のような派手なメニューも無い。だが、何を食べてもしみじみうまい。

ホッケも牡蠣酢もホタテも、どれも懐かしいメニュー。稚内では、カニやらウニやら、派手な定番メニューが観光客に人気だが、この店の地味な(?)メニューのほうが、実際にはおいしいと思う。今はドーミーインの隣なので、このホテルに泊まればアクセスも良いようだ。

大きな地図で見る

ソーシャル・ウェブと情報セキュリティ

先週配信された、ネットワークセキュリティワークショップ in 越後湯沢のメルマガに、僕が書いたもの。せっかく書いたものなので、こちらにも載せておこう。

==============================

2006年から新潟の敬和学園大学に移籍し、2年半が経過しました。
おかげさまで湯沢WSにも2007年から2年続けて、スタッフとして参
加させていただくことができました。
もともと法学を研究のフィールドとしてきた私ですが、現在の本務
校ではこの2年半、人文系の学生への「コンピュータ実習」を受け
持つこととなり、これに伴って新しいウェブ技術についての動向に
ついても、さまざまに学ぶ機会を得ました。90年代半ばからインタ
ーネットの普及をリアルタイムで経験した一人として、昨今の「ソ
ーシャルウェブ」といわれる新たな諸サービスが、人、コンテンツ、
サービスの緩やかな連携をより強めていく現状に立ち会えることに
10年前と似通った興奮を覚えています。と同時に、サービスの急速
な発展と法律論との乖離に、とまどいを感じてもいます。
 

続きを読む

著作権政策形成過程に関する論文

政治家が著作権法制に関心を持たない。票につながるようなインセンティブが少ない。一般論としてそのように言われるけれども、この点を政治学の立場から研究している方がいらっしゃることを知った。

京俊介「著作権政策形成過程の分析(1)(2)―利益団体,審議会,官庁の行動による法改正メカニズムの説明―」『阪大法学』第57巻第2号、第57巻第3号

まだ未完で、阪大の院生の方のようだ。16年度に「音楽のCD還流防止措置創設の政治過程」(リンク先はpdf)という論文が、阪大法学部同窓会懸賞論文の1位を受賞されている。「4回生」とあるので、学部時代の卒業論文が受賞されたのであろう。上の文献の原点を知ることはできるだろう。

弘前で昔の記憶を収集(2018年1月に大叔母の記憶を追記)

大叔母、「ちおば」こと一戸道の葬儀を終え、さきほど東京に来た。
いつも眼鏡をかけていた「ちおば」は、眼鏡を外していたことと、闘病中にかなり顔がやせてしまったので、とても小さく見えた。1925年に生まれ、幼稚園教諭を長くつとめてきた「ちおば」の歴史は、本人のメモに基づいて、越山司祭から紹介された。知らないことがいろいろあった。

続きを読む

中国3300万のブログと「反日」の関係 (世界鑑測 田中信彦「上海時報」):NBonline(日経ビジネス オンライン)

中国の人は、口を開けば「反日」だと思われがちだけど、ブログ空間はそうでもないよ、という話。

リンク: 中国3300万のブログと「反日」の関係 (世界鑑測 田中信彦「上海時報」):NBonline(日経ビジネス オンライン).

例えばある人が、中国のブログなり掲示板なりで「日本人は残虐な民族で、スキあらば中国支配を狙っている。その証拠は○○だ」と発言したとしよう。もし発信される情報の数が限られていれば、それを真実だと思う人もいるかもしれない。

 しかし数千万もの人が議論に参加していれば、「それは正しくない。自分が見てきた日本人はこうだ」と言う人もいる。その人はその証拠を出すだろう。情報
量が増え、意見交換の機会が増えれば増えるほど、正しい情報が生き残り、根拠のない誤った情報は淘汰される可能性が高くなる。これは一種のマーケットメカ
ニズムである。

そううまいこと「マーケットメカニズム」は働かないような気もするが、中国の場合、ブログというのがある種独立した空間、(反体制とはいわないまでも)ある種目先の違う情報を提供する場所として、機能する可能性があるということだろう。