タグ別アーカイブ: オリンピック

新潟ソーシャル時評:関東圏の大雪に「防災首都」新潟は何ができるのか?

(2014年02月16日新潟日報モア「新潟ソーシャル時評」から転載。)

関東甲信越地方を中心にした大雪に、昨日15日、私も大きな影響を受けました。

都内で開催された研究会に参加する予定で、朝9時に新潟駅に向かうも、上越新幹線は始発から復旧、ホームに停車していた新幹線の自由席で、2時間ほど待機してみましたが、「出発できるのは早くても13時以降」とのアナウンスがあり、それでは研究会には間に合わないと判断して帰宅しました。その後越後湯沢ー高崎間が終日運休との発表があり、なんとか復旧できたのは昨日夜遅くなってから、という情報でした。新潟駅は比較的情報が頻繁にアナウンスされていましたが、同じ時間、上越新幹線の他の駅では、人手が足りないからでしょうか、十分なアナウンスがされないという不満の声が、Facebookを通じて聞こえてきました。私は車両内ですわって待っていたので、比較的気持ちの余裕があり、私の方から新潟駅でのアナウンス内容や混雑状況をFacebookでお知らせしました。

県内も荒れ模様、交通機関に乱れ|社会|新潟県内のニュース|新潟日報モア

群馬県から先の雪の影響で上越新幹線が止まるというのは、私としては初めての経験でした。実際、長岡方面の在来線は通常通り運行されているようでした。

ただし雪の備えがもっとも分厚いであろう湯沢町で、関越道に雪崩が発生しています。

関越道で雪崩、1台巻き込まれる|社会|新潟県内のニュース|新潟日報モア

私のように上京を「とりやめる」という選択肢があった人は、まだましでしょう(実際新潟市周辺では、直接的な交通の乱れは起きていなかった)。群馬、埼玉、山梨など、関東甲信越各県では、かなりの被害が出ていて、いまだに被害の全貌がわかっていない状況のようです(その一方で、ソチオリンピックの競技が進み、こちらの報道が優先されているかに見える状況に、一部不満の声が出るほどです)。首都圏中心部の機能を麻痺させないために、相当なエネルギーが注がれる一方、周辺地域は孤立しているように見えます。全体像が見えるまでにはもう少し時間がかかるでしょうから、その評価を待つべきだとは思いますが。

あくまで印象ですが、今回の「記録的な大雪」に対して、各地域の人々が事前に除雪の体制を整えておくのはおそらく不可能だったと思います。新潟のような雪国では、たまに降る雪でよちよち歩きしている首都圏の人々をテレビで見て、ちょっとだけ優越感を感じたりする傾向がありますが、今回はそのレベルではなく、「災害」と言ってよい状況でしょう。「対岸の火事」ではなく、なにか支援ができないものかと感じます。

新潟市は施策の柱の一つとして「防災首都」を掲げます。東日本大震災の経験をもとに、首都直下地震や南海トラフ地震が起きた場合に、バックアップ体制をとる場所として、新潟を位置づけようということです。昨年の年初の言葉で、篠田市長は以下のように述べています。

「防災首都」に向けて前進 新潟市

「個別施策では、3・11大震災で新潟が大きな救援拠点となった実績を踏まえて「防災首都」を目指します。今後は首都直下地震や南海トラフ巨大地震など、太平洋側の大災害への備えが欠かせません。最大の救援拠点は新潟です。日本海軸や列島横断軸を整備し、新潟の救援・減災機能を大きく伸ばしていきます。それは新潟の安全度アップに直結します。」

来年度予算についての報道が先週出ていましたが、その中でも「防災首都」という言葉は出ています。

今回関東圏が大雪になって気がついたのは、他地域からの支援が難しいということ。大雪の場合には支援に行くための道路や線路が使えなくなってしまうということなのでしょう。昨日は24時間以上駅で立ち往生した特急列車がいたり、旅館が山奥で孤立してしまい、自衛隊が救援に向かったり。

ワイドビューしなの24号、大雪で立ち往生し34時間かかって名古屋に。乗客は車中で2泊

山梨県富士河口湖町のホテルで宿泊客100名以上が孤立 ライフラインがストップ 雪崩発生 救援求める | 堀潤

首都圏やその周辺で起きている「お手上げ」状態に対して、備えのある新潟が支援するにも、非常に困難が伴うように見えました。孤立した地域の隣町ならばまだしも、遠く離れた新潟から、陸路で何かを運ぶなり、救助に向かうなりするのは、現実的ではないということなのでしょうか。

「防災首都」を目指す新潟は、太平洋側の大雪に備えて何ができるのか。大雪のトラブルは現在も収束していませんが、非常に考えさせられる事例かと思います。

【追記】新潟県は山梨県に職員4人を派遣、北陸地方整備局も除雪車と操作員を派遣するそうです。

県、大雪被害の山梨県に職員派遣|政治・行政|新潟県内のニュース|新潟日報モア

2020年オリンピック開催地は東京に:新潟は「2番手キャッチャー」としてがんばろう


2020年のオリンピック開催地が、東京に決まった。

Ginza, Tokyo, Japan

語学力のハンデがある中で、ゆっくりと伝わるような英語のプレゼンを準備していた東京チームのプレゼンテーションは、結果的に高い評価を得たようだ。滝川クリステルさんがフランス語で行った「お・も・て・な・し」プレゼンも、日本人にはかなり受けている。委員にもウケはよかったのではないか。現金の入った財布もちゃんと帰ってくるという点も。

プロモーション動画の評価も高い。

また、福島第一原発からの汚染水問題が注目を浴びる中、安倍首相自身が安全性を確約したことが大きかったという評価の一方、先行きが見通せないのに、安易に確約したという批判もある。もちろん福島での問題解決が見通せない中で、東京だけ安全宣言を出して、抜けだしていこうということに対する、気持ちの上での反発もあるだろう。

招致活動においては、「東京には福島原発の影響がない。東京には原発は一基もない」というしかなかった。それは理解できる。批判は覚悟の上で、安倍首相は「東京は安全で問題ない」といったはず。しかしその言動が、地方のことなど眼中にない東京の人々の傲慢に見えるというのも、これまた致し方のないところだ。

恥ずかしながら、自分の東京時代も、地方での出来事にはあまり関心がなかった。地方同士もお互い、他の街のことには関心は薄い。そう考えると、実は東京の人だけが問題なのではないのだろう。自分のところが便利ならば、他に目が向かないのは自然なこと。

さて、ますますメガシティ東京のパワーが増していく中、自分が暮らす新潟としてはどうするべきなのか。もちろん経済的には、東京の力からの反射にたよる部分が大きい。だがそれと同時に、「東京から2時間で行ける『裏』日本の拠点都市」として、あるいは、太平洋側で南海トラフのような大災害起きた時のバックアップ都市として、魅力を高めていくことが大事になるだろう。なかなか出番のこない2番手キャッチャーのような存在。あるいは、2番手ゴールキーパーのような存在だ。
出番を待つしかないが、しかし出番がきたときには、それはレギュラー選手の怪我、おそらく相当な大怪我の結果なので、出番が来たとしても喜べるような状態にはないだろう。

新潟ソーシャルメディアクラブのゲストとして、これまで何人ものブロガーその他発信力のある人達に、新潟に来ていただいた。新潟に来るとみなさん等しく、(リップ・サービスもあるだろうけど)「案外良かった新潟」という印象を語って帰る。新幹線の終着駅だけど、そんなに遠くはないし、雪が多いと思われているけれどもそれほどでもなく、そこそこの規模の都市機能がある。これらについて驚かれるということはつまり、東京人には新潟についての具体的な印象がほとんどないということだ。別の言い方をすれば、なかなか出番がないけど、たまに出てくると強肩を発揮するキャッチャーとして、自力はそこそこあるということかもしれない。

住んでいる人たちが、内向きに小さくまとまるのはあまりよくない。外に向かっても自分たちの街の良さを伝えられるようになることも必要なように思う。

今日のフジテレビ「知りたがり!」に松浦進二監督が出演予定:ロンドンオリンピック、バドミントン競技を解説

ロンドンオリンピック、バドミントン競技では、女子ダブルスで藤井・垣岩組が決勝に進出。男子シングルスでも、佐々木翔選手が健闘した。佐々木選手と林丹選手の試合は、なんとなく寝る前にテレビをつけたら、あまりに白熱していて寝られなくなってしまった。

今日の14時からのフジテレビ「知りたがり!」では、敬和学園大学バドミントン部松浦進二監督が、バドミントン競技について解説する予定。新潟のNSTもネットしている番組なので、新潟県民の皆さんもどうぞご覧ください。

知りたがり!

知りたがり! – フジテレビ

LINE

LINEが企業公式アカウントをスタート

無料通話・メールアプリ「LINE」が、企業公式アカウントをスタートさせた。

LINE

日本コカ・コーラ、ローソン、すき家などが初の企業公式アカウントとしてLINEに参加!クーポンなどのお得情報をゲットしよう! : LINE公式ブログ

本日より、LINE公式アカウントに企業のアカウントが登場しました!この企業公式アカウントでは、LINEで「友だち」に追加した人だけがゲットできるクーポンや最新情報などを発信していきます。

  • コカ・コーラ オリンピック応援 アカウント(LINE ID: #cocacolajapan)
  • ローソン公式アカウント(LINE ID: #lawson)
  • すき家公式アカウント(LINE ID: #sukiya)
  • ZIP!公式アカウント(LINE ID: #ziptv)
  • Music Lovers公式アカウント(LINE ID: #musiclovers)

すでに世界4000万、国内1800万のユーザを抱え、先ごろ芸能人の公式アカウントも登場したLINE。論理的には次は企業公式かと思ってはいたが、非常に動きが早い。企業公式アカウントは、潜在的にはFacebookページなどと競合することになりそうだが、どうやったら作ることができるのか。

以下の記事を見ると、なかなかなお値段。

LINE企業向け公式アカウント開始、1000万円で独自スタンプ配信も – ケータイ Watch

LINE公式アカウントを「友だち追加」したユーザーに対して、メッセージを直接配信できる。料金は初期費用が200万円、月額150万円~。1000万円でオリジナルのスタンプを配信することも可能。

 LINE公式アカウントの第1弾としては、日本コカ・コーラ株式会社、株式会社ローソン、株式会社ゼンショー、日本テレビ放送網株式会社の4社が参加。ユーザーは、これらの企業アカウントを「友だち追加」することで、各社のキャンペーンやクーポン、番組情報などを受信できる。

ローソンは、Facebookのチェックイン機能で実施していた、からあげクンのクーポン配布を、早速始めているようだ。

LINEユーザは、TwitterやFacebookのようなソーシャルメディアユーザよりも、もう少しカジュアル層に振れている。ローソン、コカ・コーラといった、カジュアルユーザを含めた広い層にリーチしたい企業としては、非常に魅力的かもしれない。

Keiwa Lunch 20111223

敬和学園大学の2011年

今年はゼミ2年生を中心に運営してきた、UST番組「Keiwa Lunch」。先週の今年最後の配信では、大学の2011年10大ニュースというトピックをとりあげた。普段は学生に任せているのだが、今回は頼まれて自分も出演した。
Keiwa Lunch 20111223

Keiwa Lunch (keiwalunch)
Keiwa Lunch – 毎週水曜日のお昼休み、敬和学園大学の学食からUstreamで放送中

配信数日前に、Facebookのクエスチョンで投票を呼び掛けてみたところ、結果は以下のとおりとなった。Facebookのクエスチョン機能はPCからしか投票できないようで、思ったほど票数は伸びなかったが。
Keiwa 2011

続きを読む

敬和バドミントン部、武下利一選手が、全日本学生バドミントン選手権で優勝

敬和学園大学バドミントン部の武下利一選手が、全日本学生バドミントン選手権の男子シングルスで優勝した。
敬和学園大学バドミントン部 松浦進二監督の新・一球入魂  : 全日本学生バドミントン選手権 本日の結果
全日本学生バドミントン選手権 男子シングルスで優勝 – 敬和学園大学

 <準々決勝>
 武下利一(敬和学園大学) 2 – 0 中村祐文(立命館大学)
 <準決勝>
 武下利一(敬和学園大学) 2 – 0 内藤浩司(日本体育大学)
 <決勝>
 武下利一(敬和学園大学) 2 – 0 和田周(日本体育大学)
武下利一さん
「前の試合から間が空いたので、身体がきつかった。その分変なことを考えず、試合に集中できた。全日本総合で勝るようにこれからしっかり練習していきます。 」
松浦進二監督
「力的には武下が大学生の中では抜き出ているが、インカレでは3年続けて3位だった。本人もプレッシャーを我慢して優勝することができた。 」

すでに全日本の大会でも実績がある武下君だが、インカレの優勝は初めて。4年目にしてようやく頂点に立つことができたことになる。学生のトップが彼の目標ではなく、日本のトップ選手となり、オリンピックに出場するというのが、次の目標になるだろう。しかし大学選手権できっちりタイトルを取ったというのは大きな成果だ。
敬和学園大学バドミントン部は、少数精鋭集団。本当にみんな一生懸命練習している。この集団の一員として、武下君がまた一つ成果を残してくれたわけだが、他の選手の実力も上がってきていると聞く。彼らは、かつて日本のバドミントン界を代表する選手であった松浦監督から、少人数で直に指導が受けているわけだが、こうした環境で練習できるクラブというのは、そうそうないだろう。新潟は雪深いと思うのか、なかなか関東圏の選手が入部してはくれないようだが、客観的に見ても、狙い目じゃないかと思う。
これからも個人・団体ともに、敬和バドミントン部がさらに成果を上げていってほしい。
過去の関連記事:
敬和バドミントン部、武下利一選手、日本ランキングサーキットで二連覇達成: ICHINOHE Blog
敬和バドミントン部、武下利一選手が、ニュージーランド国際(Li-Ning New Zealand International)で優勝: ICHINOHE Blog

Grabbr Image

敬和学園大学 × バドミントン

昨日ふと気がついたが、Googleで「敬和学園大学」を検索すると、「他のキーワード」として「敬和学園大学 バドミントン」が出るようになった。「敬和学園大学 一戸信哉」とか「敬和学園大学 shinyai」は、まだ見たことがない。

Grabbr Image

from shinyai

続きを読む

Iron Man Comiquette

映画「アイアンマン」ジャパンプレミア

先日の「ダークナイト」につづき、ココログからジャパンプレミア試写会の招待状をいただいたいので、4日夜に開催された「アイアンマン」のジャパンプレミア試写会に行ってきた。

今回もまた僕は基礎知識を欠いていて、アイアンマンという原作コミックがあるらしいという認識しかなく、出演者についても全く知らないという状態であった。

Iron Man Comiquette

from PowerPee

続きを読む

Hotel Yamanoyu, Iiyama, Nagano, Japan

8年ぶりの長野で伯父の葬儀

ココログのメンテナンスによりすっかり更新が滞ってしまったが、月曜日に伯父仁科英明の葬儀に出席し、火曜日に新潟に戻った。新潟から長野までは、高速道路で2時間半ほど。途中、柏崎近辺では災害復旧工事の速度規制があったので、復旧するともうちょっと早く往復できるのかもしれない。

仁科の伯父というのは、祖母の葬儀のときに子供たちが合宿した(そして弟と上の妹が、生卵を割るのに連続して失敗した)山の湯旅館の引率を担当してくれた人だ。母の長姉の旦那さんなので、うちの両親よりもかなり年上の人だと思っていたが、実はちょうど70歳。誕生日が命日となった。

リンク: ICHINOHE Blog: 「不安の種子」の連鎖:山の湯旅館の生卵.

続きを読む

成都の風景8

20040828_035.jpg
回転寿司式火鍋。自由に具材を取って鍋に入れる。
鍋は紅白二つのスープに仕切られている。
赤いほうは唐辛子がたっぷり入っていて、むせるほど辛かった。
二色の火鍋はあちこちでトライしたが、赤いスープの辛さはさすが本場四川、であった。
たぶん成都で一番新しいおしゃれな店の一つなのだと思うが、学長と私の評価としては、「普通の四川料理のほうがいい」。二人とも基本的に辛さには強く、普通の日本人なら投げ出しそうな本場四川の猛烈な辛さにも平然としていたし、今回は冷静に複数の店の味を比較することもできた。
ちなみにそのとき店では、オリンピックのバレーボール女子「日本-中国」をテレビで放映していたが、その場にいた日本人の立場が危うくなるというようなことはなかった。バレーとサッカーではぜんぜん違うようだ。