タグ別アーカイブ: イラン

Flame 2233656b ...item 3.. Flame turns an infected computer into a kind of 'industrial vacuum cleaner,' (29 May 2012) ...item 4B..Look For a Star - Billy Vaughn and His Orchestra  ..

中東の政府機関等を標的にした高度なサイバー攻撃: マルウェア「Flame」

スタクスネットを超える複雑を持ったマルウェア「Flame」を利用したサイバー攻撃が、中等の政府機関、企業、大学を標的に行われたという報道。どうやら主要なターゲットはイランのようだ。

Flame 2233656b ...item 3.. Flame turns an infected computer into a kind of 'industrial vacuum cleaner,' (29 May 2012) ...item 4B..Look For a Star - Billy Vaughn and His Orchestra  ..

朝日新聞デジタル:スタクスネット超えるサイバー攻撃確認 対策会社が警告 – 社会

ロシアのセキュリティー会社「カスペルスキー」は28日、新種のウイルス「フレーム」がイランやイスラエル、レバノンなどの政府機関や研究機関で検出されたと発表した。同社は感染したパソコンの操作画面や音声通話の録音内容、キーボードの入力履歴などを外部に送信するなどの動作を確認。国連の専門機関と共同で解析しているが、数年かかるという。

以下のAFPBBの記事では、イスラエル政府が関与している可能性を指摘していて、WSJの記事も含めて、少なくとも何らかの形で国家が関与しているだろうと推測されている。

イランを狙うコンピューターウイルス「フレーム」、イスラエルが関与? 国際ニュース : AFPBB News

フロイモビッチ氏はフレームについて、「打撃を与えるためにではなく、察知されることなく情報を収集するために設計されている」と指摘した。同氏は個人や民間企業がフレームを作るほどの大きな投資をするとは考えにくいとして、おそらくいずれかの国、あるいはいくつかの国が協力して作ったものだと推測している。

高度なウイルスがイランのコンピューターを攻撃 – WSJ日本版 – jp.WSJ.com

独立系のセキュリティー専門家らは、その複雑さや攻撃方法などから見て背後には国家があると述話している。これらの専門家は、民間企業ではこれだけの規模の国際的なサイバー攻撃はできないとし、情報収集用に設計されていて、明確な金銭獲得の機能がないことも国家を疑うべきもう一つの理由だとしている。

時事ドットコム:「サイバー兵器」への対策完了=核開発への打撃警戒-イラン

時事ドットコム:新型ウイルス「フレーム」発見=核開発のイラン狙う?-ロシア企業

イラン、“サイバー攻撃”受ける!イスラエルを非難か – 政治・社会 – ZAKZAK

イランで発見のコンピューターウイルス、国連機関「最大の警戒を」 | ワールド | 特集 イラン情勢 | Reuters

【追記】エフセキュアのブログで、ミッコ・ヒッポネンさんは、西側の諜報機関の関与を示唆している。

エフセキュアブログ : Flameのケース

 同マルウェアは、西側の諜報機関もしくは軍により作成された可能性がある。イラン、レバノン、シリア、スーダンなどでコンピュータを感染させている。

 中国により実行されるオンライン諜報活動の方法と、西側から行われる方法には違いがあるようだ。中国の関係者たちは、ブービートラップをしかけたドキュメントを添付した、なりすましメールを介して標的を攻撃するのを好む。西側関係者は電子メールを避け、その代わり、USBスティックかアクセスを得るために的を絞った侵入を使用する。

新潟クラフトビールの陣、6/30、7/1開催

6/30, 7/1の両日、新潟市の万代シルバーホテルで、「新潟クラフトビールの陣」が開催される。新潟には「食の陣」というイベントがあり、新発田には「雑煮合戦」があり、新潟の人は戦国時代っぽいイベント名が好きなのかもしれないが、要するにクラフトビールのビアフェスだ。

by kloppster

新潟クラフトビールの陣

全国各地から、以下15のブルワリーが参加する。

北海道 ノースアイランドビール
岩 手 いわて蔵ビール
新 潟 新潟麦酒 スワンレイクビール
エチゴビール 八海山泉ビール
日本海夕陽ブルワリー
富 山 城端麦酒
長 野 志賀高原ビール
ヤッホーブルーイング
埼 玉 コエドブルワリー
山 梨 富士桜高原麦酒
神奈川 サンクトガーレン
静 岡 御殿場高原ビール
大 阪 箕面ビール

試飲、フードのチケット12枚で前売り3000円。試飲の量にもよるが、普段お店で飲むクラフトビールの値段からすると、お得感はある。

——————————–
6月30日(土) 12:00~21:00
7月1日(日) 11:00~18:00

場 所 万代シルバーホテル・5F

前売:3,000円(試飲、フードに使えるチケット12枚付き)
当日:3,500円(試飲、フードに使えるチケット12枚付き)
※イベント会場にて追加チケット1枚300円

前売りチケット、5月25日(金)販売開始
CNプレイガイド、セブンイレブン、ファミリーマート
○セブンチケット(セブンコード:017-383)

 

 

Twitterユーザの45%が35~49歳

ネットレイティングスが、調査した、国内のTwitterとTumblrのユーザ調査の結果が発表された。

リンク: Tumblrの国内UU拡大 Twitterは35~49歳が半数 – ITmedia News.

ユーザー層を見てみると、Twitterは男性が58%、女性が42%、Tumblrは男性が65%、女性が35%。年齢別で見ると、Twitterは35~49歳が最も多く45%、次いで20~34歳が33%、50歳以上が17%。Tumblrは20~34歳が39%、35~40歳が30%、50歳以上が25%と、50代の利用が多い。

続きを読む

民主党浅尾慶一郎氏がBrightkiteに登場

イラン、ウイグルと、Twitterと政治社会運動とのリンクを想起させる事件が続く中、日本国内でも政治家によるTwitter利用が少しずつ注目されてきており、国会議員、地方議員のTwitterアカウントも、まとめサイトができはじめている。

昨日は、民主党の衆議院議員浅尾慶一郎さん(@asao_keiichiro)がTwitterを使い始めたようで、さっそくフォローしてみた。浅尾さんのTweetをよく見ると、

I’m at 大船駅(神奈川)
I’m at near Yamanouchi, , Japan
I’m at 鶴岡八幡宮例大祭
I’m at 大船駅(神奈川)

といった発言を、Brightkiteからしている。どうも最初から、Brightkiteを使って発言しているようだ。

というわけで、Brightkiteを利用する(おそらく)最初の国会議員である浅尾さんを、Brightkiteでもフォローした。

リンク: asao_keiichiro’s Friends – brightkite.com.

ソーシャルメディアが歴史を作る

Clay Shirky氏の「How cellphones, Twitter, Facebook can make history」という講演。ソーシャルメディアが歴史を作るのだ。非常に面白く、ネットユーザに果たすべき役割について、示唆に富んだ内容だ。社会変革とネットをあまりつなげていない日本のネット界には、特にインパクトがあり、既存メディアに対しては刺激的かもしれない。

続きを読む

丸山不二夫先生(@maruyama097)、Twitterに復帰

最近Facebookに現れたことで、Twitterを再び使い始めたことがわかったのが、丸山不二夫先生。

現在は日本Androidの会会長で、クラウド関連の講演も多数行われているが、もともとは僕の前任校の稚内北星学園大学(wakhok)で、学長をされていた。僕は移籍する直前まで、カトマンズ、成都、ダッカなどの提携校訪問でご一緒した。

続きを読む

Naghshe Jahan Sq / Esfehan / IRAN #iranelection on Twitpic

イランの大統領選への抗議はTwitterで展開、Friendfeedは遮断

先日、モルドバの選挙でのTwitter利用の話を朝日の記者に語り、余談なので記事にならなかったが、今度はイランの選挙への抗議でTwitterは大変な盛り上がりを見せている。そして、日本語Twitterでは、まだ気づいている人は少ない。

Twitter上では、
1.#IranElection#gr88というハッシュタグで、抗議運動関連の情報が流れている
2.抗議の意思を示すために、アイコンを緑色にかえることが推奨されている(#gr88はこの運動に起源があるようだ)
3.検閲を行っているイラン当局を撹乱するために、タイムゾーンをイランと同じGMT+3.3にすることが推奨されている
といった動きがみられる。

以下はTwitpicを通じてTwitterに流れた写真。shel israel (shelisrael) on Twitterが撮影したようだ。

ViewMore FromTagsCommentsSaveShareSendFavorite

Naghshe Jahan Sq / Esfehan / IRAN #iranelection on Twitpic
 

Flickrにも続々と写真がアップロードされている。

ViewMore FromTagsCommentsSaveShareSendFavorite

Tehran , Iran ,

こうした動きもあり、イランの昼間にはメンテナンスをしないよう、Twitterはメンテナンスの時間帯を変更したようだ。

続きを読む

ブロガーを迫害から守るための「ブロガー保護委員会」(Committee to Protect Bloggers)

イランで政府指導者を批判したとして投獄されていたブロガーが、獄中で亡くなったという記事が、ブログヘラルドに出ていた。日本にいると、にわかには信じられないような出来事だが。

リンク: イランのブロガー、獄中で死亡 at ブログヘラルド.

Global Voices(グローバル・ボイス)が、イラン人のブロガー、Omid Reza Mir Sayafi氏が、獄中で亡くなったと報じている。とても悲しい知らせである。

先月、同国の指導者を侮辱した罪で、30ヶ月間の禁固刑を言い渡され、服役していたOmid Reza Mir Sayafi氏が、本日、獄中で死亡した。イランの人権活動団体のサイトは、死因は発表されていないものの、Sayafi氏の精神状態は限界に達していたと伝えている。


続きを読む

ギニア:「政府職員」ら強制収容 外交ビザで不法就労 -事件:MSN毎日インタラクティブ

リンク: ギニア:「政府職員」ら強制収容 外交ビザで不法就労 -事件:MSN毎日インタラクティブ.

 関係者によると、3人はギニア政府職員や大使館関係者の親族ら。いずれも外交官らに発給される外交ビザや公用ビザで入国したにもかかわらず、民間の工場
で不法就労するなど公務に就いていなかった。このため入管当局は、不法残留や資格外活動の疑いがあるとして摘発に踏み切った。

イラン人家族の退去強制のニュースでは、ミクシーでのユーザの反応は、「不法残留をやっといて、いろいろ事情があるから在留許可をくれというのは、あまりにむしがよすぎる」
というものが圧倒的多数だった。今回も、「外交ビザや公用ビザできておいて、働いてたのか。金が目当てなのか。けしからん。」と、たぶんそうなるだろう。

そうでもして日本に来たいと思っている人たちがいるのはたしかだし、そう思わせるだけの豊かさ(あるいはそのような幻想)が、日本にはあるということなのだが。

それに対して、日本政府は「よっぽど役に立つ奴しか入れてやらない」とか「お金持ってる人しか日本で勉強させてやらない」といった厳しい基準を設け、国内にいる日本人はそれを知らない(し、他人事なので関心がない)ので、「日本が決めたルールにのっとってくればいいのに」と思っている。でも日本人が彼らに要求している「ルール」は、日本人が旅行に行くときのように、「とりあえずパスポートはちゃんと持っていこう」なんていう生易しいものではないのだ。

日本人と違って、みんな日本に入国したら、そこで圧倒的に異なる貨幣価値のもとで暮らし始めて、もう帰りたくなくなっちゃうので、「そんなことを思わないような金持ち」だけが入国できるということなのかもしれない(特に留学生はそういう基準で計られている)。

おそらく多くの日本人が無意識に立脚しているのは、外国人がいっぱい入ってきたら、怪しいことをやりはじめて治安は乱れるし、優秀だったら優秀だったで日本人の仕事を奪うし、という危機感なのだと思う。でも「研修」なんていう変な制度は、実態は明らかに「就労」なのに、「彼らは研修中なので安い賃金しか払わなくていい」という建前と、「彼らはいずれ技能を身につけて帰る人たちなので、就労しているわけではないですよ」という建前と、「みなさんこの額でも日本に来たいでしょ?」という本音が複雑に絡み合って、人知れず全国津々浦々で定着していっている。で、多くの日本人は、これが何なのかわからず(興味もなく)、ときどき事件が起こったときだけ、「へえ、研修している人たちが居るんだねえ」といっている。

リンク: 東日本の縫製工場、イスラム教徒研修生に「礼拝禁止」 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

おそらくこのニュースに接した多くの日本人は、雇用側に憤慨するのだろう。でもあくまで他人事としてだ。「役に立って共生できて、他人に迷惑をかけない外国人」を受け入れるというのは、入管の基本的な発想であり、広く日本人が望んでいることかもしれない。しかしこれを実現するためには、「疑わしい国」から来た人々の権利は、あまり考慮されない。認められたビザの範囲でしか行動できないというのは、法律上は当然の制度であるが、しかし厳格に適用すれば、人格否定につながりかねない。でもそんなもんだ、あんたら外国人だ。日本人の多くはそう考えているし、入管はそういう世論に支えられている。だから、休憩時間の礼拝禁止はひどいといわれるが、そこまでやるようなセンスの人が、「研修」という名の「雇用」をしていることを、誰も気にも留めなかったのである。

「美しい国」っていうのは行き詰るような監視社会である、という声をちらほら聞く。それに対する論評はまだ差し控えるが、もし「美しい国」になるのだすれば、「自分だけ美しい国」ということになるんじゃないかという気がする。それぐらい日本人の外国人問題への無関心は著しく、相変わらず少子化対策とこの問題をきちんとリンクさせて考える人は少ない。「俺英語できないからなあ」なんて言い訳をしている場合ではないと思う。

ITmedia News:国境なき記者団、“インターネットの敵”を発表

リンク: ITmedia News:国境なき記者団、“インターネットの敵”を発表.

「インターネットの敵」というのは、国のこと。13カ国がリストアップされている。13カ国は、ベラルーシ、ミャンマー、中国、キューバ、エジプト、イラン、北朝鮮、サウジアラビア、シリア、チュニジア、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ベトナム。中国や北朝鮮の例はよく引き合いだされるが、以下のような事例も出ている。

 例えばミャンマーのインターネットカフェのコンピュータは、ユーザーの行動を監視するために自動的に5分おきに画面をキャプチャするという。また今年新たにリストに加えられたエジプトでは、民主改革を唱えたブロガー3人が投獄された。チュニジアは昨年の世界情報社会サミットの開催地でありながら、インターネットカフェはすべて国家統制下にある。

ネパールは外れた。

ネパールはギャネンドラ王が退位し、5月に民主的統治が復活して以来、表現の自由が大きく改善し、インターネットの検閲やブロガーの拘束はなくなったという。

追記:
リンク: 国境なき記者団、13カ国の「インターネットの敵」リストを発表 – CNET Japan.

Ciscoは「万里のファイアウォール」(Great Firewall of
China)と呼ばれる検閲を支えるルーターを中国政府に供給している。これは中国政府が、容認しがたい政治的イデオロギーや政治団体をも含めて、検閲し
たい特定のキーワードを対象にウェブトラフィックを検査するものだ。

IGFでシスコが槍玉にあげられたのは、この動きに関してであろう。