タグ別アーカイブ: まつり

「スター・ウォーズねぶた」に見る地域社会の迷い

今年の青森ねぶた祭で、スター・ウォーズねぶたを運行すると発表され、大きな反響を呼びましたが、どうやら反発も大きかったようで、運行は8月1日の前夜祭だけになるようです。

ところが実行委の一部から「子どもねぶたは町内会や地域に根ざしている生協などが運行する枠なので、他の団体を出すことはできない」「運行団体以外の広告物は好ましくない」などのクレームがあり、運行を断念。運団協が主催する前夜祭のみに登場する。

<ねぶた>SW運行は前夜祭だけ?の怪 (河北新報) – Yahoo!ニュース

ソーシャルメディア上での反応を見ると、「スター・ウォーズねぶたの提案というせっかくのチャンスを、みすみす逃すのか」という声と、「ねぶたはもともとの姿でやるべきで、今までと異なる題材は不要」という声、大きく2つに分かれているように思います。

記事の方では、ねぶたの運行計画に関わるところで、「地域枠に他の団体を入れることはできない」という理由と、「運行団体以外の広告物は望ましくない」という理由が、併記されています。実行委員会では両方の意見が出たのでしょう。地域の子供たちのねぶたを押しのけてまで、スターウォーズねぶたをやるべきとは思いませんが、どうにもならないほど枠が逼迫していたのかどうか、外から見ている立場では、よくわかりません。今回の記事は、河北新報からの記事ですが、地元青森での報道があったのかどうか。今のところネットに出ている記事では見当たりません。

スター・ウォーズは「ねぶた祭にあわない」というのは、私も感覚的にはわかります。ついでにいうならば、こちらは前ねぶたとして運行がきまっている「ラブライブ」もあわないかもしれません。

青森県のねぶた、ねぷた祭りに「ラブライブ」 立体のねぶたに期待 /青森 (みんなの経済新聞ネットワーク) – Yahoo!ニュース

しかしねぶた祭自体、今の形になったのはここ数十年の話です。もともと灯籠を持って町内を練り歩くという程度のものだったわけで、実は「伝統的なスタイルを崩すな」というのは、それほどの根拠があるわけではありません。
青森ねぶたが現在の形になるまでの経緯について、詳しいことはわからないのですが、弘前ねぷたについては以前、弘前市立博物館の展示で見たことがあります。現在の三国志や水滸伝を題材とする画風は、昭和のねぷた絵師である竹森節堂という画家によって確立されたとされています。ねぷたそれ自体は、江戸時代からあったものの、現在の画風は、昭和になって徐々に形作られていったものだといってよいと思います。津軽藩の中で、青森、弘前、五所川原など、各地でまつりが行われていく中で、さまざまな形に分かれていったのだとすれば、組ねぶたである青森ねぶたも同じ系譜の中でとらえていいでしょう。もちろん、昭和からの流れを「伝統」といっても構わないとは思いますが、少なくとも、ねぶたの由来とされる坂上田村麻呂の時代まで遡るようなものではないということです。

ソーシャルメディアの反応を見ると、地域社会の現状を踏まえつつ、どんな祭りを作っていくのか、青森の人々の迷いが現れているように思います。青森ねぶたの場合、ねぶたが大規模であることもあり、以前からスポンサーの名前が大きく表示されたものもありました。一方、ここ十数年で着実に人気を高めつつある五所川原市の立佞武多では、すでにアニメやゲームのキャラクターが採用されたことがあるようです。特にアニメ・ゲームなどのキャラクターとつながりを持つと、これまでの祭りのファンとは違う人達を惹きつけることが可能です。たしかに、三国志、水滸伝、日本の戦記物でおおよそ構成されてきた、ここ数十年の青森ねぶたの形とは異なるものではありますが、それをどう評価するのか。

たとえ、地域社会の縮小とともにまつりも縮小していくとしても、地域住民の祭りの形にこだわるべきか。それとも新しい要素を柔軟に取り入れて、新しい世代を取り込んだ祭りを模索するのか。今後、大幅な人口減少が予想される地域は、新しいものを取り入れる柔軟性を持ちつつ、「本丸」の伝統は守るというしたたかさを求められるわけですが、今回の措置はその考え方に沿ったものなのか。それとも保守的な考え方に押し切られたものなのか。非常に考えさせられるところです。

「キャラクターの話題性では、観光客の急激な増加は見込めない」という担当者のコメントは、すでに当日のホテルは満室でしょうから、ある意味正しいのですが、「スター・ウォーズをどのようにねぶたに取り込めるか、取り込むべきか」、あるいは、「青森はどのように外とつながるのか」という問題を、短期的な集客の問題に矮小化しているように見えます。保守的な考えに押し切られた関係者が、やむをえずひねり出した理由付けかもしれません。

この記事を書いている間に、「モンスト」がねぶたに登場するというニュースが出てきました。

「モンスト」のキャラが“ねぶた”になって「青森ねぶた祭」に登場 – 4Gamer.net

こちらは青森山田学園のねぶたの「前ねぶた」という位置づけ。各参加団体の本体のねぶたの前に配置されるねぶたについては、このように自由な設定が可能です。ではどうしてスター・ウォーズだけがこうなったのか、最初から前ねぶたでという解はなかったのか、さらに疑問が深まるところであり、同時にまた、柔軟な対処は不可能だったのかと思うところです。
(Yahoo!ニュース個人掲載記事を転載)

弘前さくらまつり開幕:「お城と桜」の定番風景は、今年をのがすと、しばらく見ることができなくなる?

私の故郷である青森県弘前市の春のイベントといえば、GWが見頃となる弘前さくらまつり。今年も4月23日に開幕しています。

毎年開花の時期がいつになるか注目されるのですが、今年は28日が満開だそうで、期待通りGW前半が見頃になりそうです。かつて毎年のようにGWに満開を迎えていた弘前公園の桜ですが、昨今は温暖化の影響で開花が早まっていて、例年私が帰省するGW後半には「葉桜」になっていることもあります。市の関係者はあの手この手で開花時期を遅らせているという話も、よく聞きます。

弘前市には、「お城と桜とりんごの街」というキャッチフレーズがあります。りんごの産地である津軽地方ですので、りんごは当然に街のシンボルですが、それと同等に弘前城とその周りに咲く桜が、街を象徴する要素になっているわけです。石垣の上に立つ弘前城天守閣をバックに、桜が咲き誇る様子を、赤い下乗橋の上(やその近く)で写真に撮るというのが、市民にも観光客にも定番になっているように思います。

実はこの定番シーン、来年からしばらく見ることができなくなります。石垣の大規模修理が必要になったため、天守閣を移動させて、10年かけて大掛かりな修理を行うのだそう。

弘前城は2007年からの市の調査で、天守閣の石垣が東に約1メートル張り出していることが判明。崩落の恐れがあるため、市は約100年ぶりとなる大規模修理を実施することを決めた。
 市によると、修理は秋からで、重機を搬入するために内堀の一部を埋め立てる。石垣を積み直すため、天守閣も来年のまつり後に移動する。
 土台を持ち上げ、レールで動かす曳屋(ひきや)と呼ばれる方法を使う。本丸の北西方向に約70メートル移すため、有名な下乗橋の撮影ポイントからは写らなくなる。
 天守閣を移した後は約3000個の石を隙間なく積み直す。天守閣が元の位置に戻るのは5年後、工事全体の終了は10年後を見込んでいるという。

弘前さくらまつり開幕 今秋から石垣改修工事でしばしの別れ | 河北新報オンラインニュース

どのように工事が行われていくかは、こちらの動画でごらんになることができます。

弘前公園はその名もズバリ「城が動く」というウェブページを作っています。

弘前城石垣修理事業「城が動く」 | 弘前公園総合情報

元の風景に戻って写真が撮れるのは10年後。自分自身や家族が10年後どうなっているのかなあと思うと、今年はぜひ家族でこの場所で写真を撮っておいて、10年後にまた同じ構図で撮りたいものだなと、個人的には思っています(実際には混み合っていて、この場所で、家族揃っての撮影はなかなか難しい?)。「弘前の桜」を見たいという方は、ぜひ今年弘前までおいでになるとよろしいかと。修復前の弘前城の、はらみのある石垣を桜とともに見たいという、「石垣ファン」の皆さんにも、オススメできます。

もちろん弘前公園には、他にも桜が美しく映えるシーンがたくさんあります。来年以降も弘前までおいでいただく価値は十分ありますので、その点はご心配なく。

Hirosaki Sakura Festival 20110503

この情報は、私の弘前高校同期の友人のブログ「nonvlog from nonvey」の記事から得たものです。

弘前城と桜のコラボはしばらく見納めです!!

(Yahoo!個人掲載記事を転載)

新津美術館で秋山庄太郎写真展

昨日、五泉のチューリップまつりの帰り、新津美術館に立ち寄り、秋山庄太郎の写真展を見てきた。

新津美術館の秋山庄太郎展 #niigata

写真家 秋山庄太郎 -女優 花 plus- 新潟市新津美術館

写真家 秋山庄太郎 -女優 花 plus-
平成25年4月2日(火曜)~5月12日(日曜)
午前10時~午後5時 (観覧券販売は午後4時30分まで)
観覧料 一般700円(560円)
大学・高校生500円(400円) 中学生以下無料 
( )内は20名以上の団体、SLばんえつクーポン持参の方の料金 
障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料(手帳をご提示下さい) 

秋山庄太郎は「女優ポートレート」「花」の写真家として知られ、美しいものをより美しく、秘められた「美」を引き出す審美眼と確かな撮影技術、そして包容力ゆたかな気さくな人柄で、戦後日本の写真界を牽引するとともに、写真芸術の大衆化につとめるなど、大きな足跡をのこしました。
1920(大正9)年、東京・神田に生まれた秋山は、13歳からカメラを手にし、早稲田大学商学部卒業後、陸軍に召集される直前に作品集『翳』(かげ)を自費出版、それを携えて通信兵として中国大陸を転戦。敗戦後は、東京・銀座に秋山写真工房の設立を経て、映画雑誌社写真部に勤務し、女優・原節子を初めて自宅で撮影することで頭角をあらわします。
1951年にはフリーの写真家となり、『週刊文春』『週刊現代』『週刊ポスト』など多数の雑誌の表紙撮影連載を長期にわたって担当し、「婦人科」と称されるに至ります。しかし、秋山はそれに甘んじることなく、肖像写真の体系化をめざし、とりわけ50歳代になってからは画家、文士、舞台俳優、政治家など多岐にわたる被写体にレンズを向けるようになります。またその一方で、秋山が精力的に取り組んだのは、ライフワーク「花」に代表される自主制作による写真芸術でした。
これまで当館では、1998年、2000年と、「花」を中心に据えた秋山庄太郎展を開催して参りましたが、今回は秋山写真芸術の真骨頂ともいえる人物ポートレートを中心に、若かりし頃から最晩年までの代表的作品からセレクトし、秋山写真芸術の背景や理念を探ります。

ポスターの吉永小百合の息をのむような写真に引きつけられて、会場へ。原節子から常盤貴子まで、女優たちのもっとも美しい、しかし個性の現れた写真たちが展示されていた。展示を見ていくと「婦人科」というフレーズが出てきた。女優ポートレートを撮り続ける秋山庄太郎が、そのように(おそらく軽んじられて)称されていたことを知った。もちろん被写体が女優であるという時点で、作品が目を引くことは間違いないのだが、女優の個性と向き合う秋山氏の姿勢があればこそ、これだけの個性ある作品が生まれたのだということが、写真から読み取ることができた。松本伊代、早見優など、80年代アイドルの写真は、商業誌で用いられたものも多いのか、やや凡庸な印象を受けたが、一方で、70年代以前の写真は、明らかにそれらとは異なる迫力を示していた。決して商業写真の枠内に留まらない、個性を引き出す写真が、多く生み出されたいた事がわかる。

秋山氏はすでにこの世になく、被写体の女優たち、作家たちの多くも亡くなっている。写真家と被写体の緊張感は、多くの写真に体現されているのだが、その多くは、そのときのことを誰も語り得ない状態になっている。写真に現れた若い女優たちの多くは、魅力的なみずみずしい表情を見せている。写真の中に見える、時代を超えたリアリティと、もはや誰も語り得ない過去になったという事実の間で、なんとも言えない不思議な気持ちになったのだが、「もっとも美しい表情」を撮り続けた、秋山氏の仕事は、決して軽んじて語られるべきものではないことは明らかだ。女優ポートレートを、そのような高い評価を与えられる域まで高めたということ自体が、秋山氏の功績というべきだろう。

冬を彩る光のまち 弘前(中国ウェブニュースサイト「日本大観」)

弘前市が中国語の観光PR動画を作成:ナビゲータは弘前大学の留学生

弘前市が制作した、冬の弘前観光に関する、中国語のPRビデオ。共同通信が監修し、新華社のウェブサイトでも公開されているという。弘前大学の学生がナビゲータになっている。

冬を彩る光のまち 弘前(中国ウェブニュースサイト「日本大観」)

雪灯篭まつりから始まり、温泉、ホタテの貝焼き、けの汁、イカメンチ、地酒、津軽三味線、坐禅(住職は、自分の高校同期です)などでまとめられている。弘大生二人の表情がなかなかよい。

以前から、新潟や新発田でも、留学生と一緒にこの手の映像を作りたいと思っていたのだが、なかなか実現できなかった。映像編集の体制も整ってきたので、一度チャレンジしてみたいと思う。

SAKE

10/27「くびき野メディフェス 2012」に登壇予定:藤代裕之さん、加藤雅一さんとともに、テーマは「地域メディアとしてのソーシャルメディア」

10/27-28に上越市で開催される「くびき野メディフェス2012」、27日午後の分科会をやらせてもらうことになった。もともと新潟市内でやったら結構お客さんがくるかなと思っていた企画を、たまたま上越で大きなイベント「くびき野メディフェス」があるというので、こちらに持ってきたという内容。ただ分科会は同時間帯にいろいろな企画がならんでいるので、やや心もとないので、皆さんのご参加と告知への協力をよろしくお願いします。

上越くびき野みんなのテレビ局-分科会の紹介

【2】 タイトル <地域メディアとしてのソーシャルメディアの可能性>

TwitterやFacebookなど、リアルタイム性と拡散力を備えたソーシャルメディアは、今日、世界各地で社会変革をもたらす大きな影響力を持つまでに成長している。一方日本国内でも、ソーシャルメディアユーザーは着実に増加しているが、依然都市に偏っている。地方でもユーザーは増えつつもあるものの、都市との間にギャップがある感は否めない。

ソーシャルメディアは今後「地域メディア」として、都市以外でも発展していく可能性はあるだろうか。 もし可能性があるとすれば、それはどんなメリットを、地域社会にもたらすだろうか。フリーペーパー「新潟美少女図鑑」を起点として活動する加藤、メディアとジャーナリズムの未来に提言を続けるとともに、岩手県大槌町で新たな地域メディアへの取り組みをスタートさせた藤代、新潟のソーシャルメディアコミュニティの育成に関わる一戸、三人の実践報告を中心に、地域メディアとしてのソーシャルメディアの可能性を模索する。

出演者
一戸信哉 (敬和学園大学人文学部准教授)
加藤雅一 (テクスファーム プロデューサー)
藤代裕之 (早稲田大学非常勤講師/JECJ代表運営委員)

担当者
一戸信哉 (敬和学園大学人文学部准教授)
日時     10月27日(土)  15:30 ~ 17:30
会場     高田駅前コミュニティルーム

藤代裕之さんは、ブロガーとして、さまざまな媒体での発言を続けているが、最近は大槌町での「NewsLabおおつち」での新しいメディア作りで活躍されている。実はこの企画、大槌での活動がここまで話題を呼ぶ前に作ってあったのだが、その後「大槌みらい新聞」の発行スタートとともに、にわかに脚光を浴びつつある。「地域メディア」を考える格好の事例報告になるだろう。

NewsLabおおつち

ガ島通信

加藤雅一さんは、「新潟美少女図鑑」を制作するテクスファームの中心人物。すぐになくなる高品質のフリーペーパー「新潟美少女図鑑」をはじめ、斬新な企画で「地方のブランド化」に取り組んできた経験から、これからの「地方メディア」を語ってもらう予定。

株式会社テクスファーム|TEXFARM

フリーペーパー[新潟美少女図鑑]

一戸からは、新潟ソーシャルメディアクラブの活動実績(NSMC)とこれからの方向性についてお話させていただく予定。NSMCの活動について上越でお話するのは初めてのことなので、ぜひ多くの方にお会いしたいと思う。

フリーペーパー[新潟美少女図鑑]

くびき野メディフェスと同時開催で、上越市内では、越後・謙信SAKEまつりも開催されている。こちらもあわせてお楽しみいただきたい。

越後・謙信SAKEまつり

SAKE

Artistic Rice Paddy, Aomori / 田舎館田んぼアート

田舎館村の田んぼアートを見てきた

今回の帰省で初めてみたのが、田舎館村の田んぼアート。以前から一度見てみようと思ってはいたのだが、なかなか機会がなかったもの。香港の友人が喜びそうだなと思って行ってみた。

田んぼアートの村 | 田舎館村

第一会場の田舎館村展望台につくと、長蛇の列。まつり期間中の週末ということもあり、1時間以上待つことになった。というのも、「展望台」というのが、お城の天守閣のような形になっていて狭く、そんなにたくさんの人が一度には入れないのだ。そこで、エレベータへの入場をコントロールして、人があふれないように工夫していた(階段で登ってしまう人が出たりして、不満が出ていたけれど)。

今年のテーマは、悲母観音と不動明王。

こちらは悲母観音。
Artistic Rice Paddy, Aomori / 田舎館田んぼアート

不動明王。
Artistic Rice Paddy, Aomori / 田舎館田んぼアート

Artistic Rice Paddy, Aomori / 田舎館田んぼアート

第一会場ですっかり疲れてしまったので、第二会場で並ぶ元気はなかった。

弘前市しまやさんからねぷたのプリント柄生地

弘前市の手芸屋さん「しまや」のFacebookページから。

 

ねぷたのプリント柄生地。綿100% 巾110cm 税込1,029円/1m。使い方が難しく、うちでは「やめておけ」という冷ややかな反応が予想されるが、大変惹かれる絵柄。

手芸の情報サイト しまや dot INFO.

しまや(生地、毛糸、手芸用品、こぎん材料の販売)

Sakura flowering tunnel

naoyai逝去から5年

弟naoyaiが、GW真っ只中の5月4日に亡くなって、5年が過ぎた。それまでGWに青森に帰省することはあまり無かったのだが、以来5年間、毎年帰省し、家族で弟の墓を訪ねている。GWは弘前さくらまつりの時期にあたるので、毎年桜の開花状況を確認することができる。また、墓地はりんご畑の隣にある。桜の開花が早い年には、りんごの花が咲いていることもある。墓参の後、毎年山菜採りに訪ねている相馬(旧相馬村、現在弘前市)には、家族写真を撮っている遅咲きの山桜があり、こちらの開花状況も確認することになる。

今年りんごはまだ色づいておらず、相馬の山桜もまだつぼみ。弘前公園の桜が葉桜、というタイミングであった。

依然弟のFlickrアカウントは健在なので、6年前のGWに弟の撮影した、弘前公園の桜が、今もネット上に残っている。そしてもちろん弘前公園の桜は、6年前と同じく、しかし毎年少しずつ違うタイミングで、春の訪れを弘前の人々に伝えている。

2006年GWの弘前公園(naoyai撮影)

Sakura flowering tunnel

Sakura flowering in old castle

2012年GWの弘前公園(shinyai撮影)

Hirosaki, Aomori, 20120504

Hirosaki, Aomori, 20120504

過去記事:

naoyaiを偲び、弘前公園の桜を撮る | ICHINOHE Blog

naoyai、二度目の逝去者記念日 | ICHINOHE Blog

naoyai逝去者記念礼拝 | ICHINOHE Blog

相馬にて、山菜採り、MVE育成 | ICHINOHE Blog

Gosen Tulip Festival 20120429

五泉市チューリップまつりで、チューリップ畑に埋もれてきた

新潟県五泉市のチューリップまつりに、今年も行ってきた。以前訪ねたのはおそらく平日だったのであろう、今日はこれまでとは比べ物にならないほどのこみようだった。

Gosen Tulip Festival 20120429

Gosen Tulip Festival 20120429

Gosen Tulip Festival 20120429

来ているのは子供連れが多く、子供をチューリップ畑の中に立たせて、写真を撮っていた。なかにはちゃんとポーズを取らない子供にキレて、叱りつけている母親もいたが、そこまで必死にならなくてもと正直思った。

五泉在住の学生にも会い、妻と三人で順にチューリップ畑の中で写真を取ろうと思ったのだが、二人ともノッてくれなかったので、仕方なく一人だけでチューリップ畑の中の写真を撮ってもらった。

Gosen Tulip Festival 20120429

五泉市は里芋が有名で、会場の中でも里芋のやきそばや団子、里芋汁などが売られていた。里芋汁をおいしくいただいた。

柏崎市高柳荻ノ島で撮影された映画「キャタピラー」を見てきた

6月のフォトウォークで訪れた柏崎市高柳。高柳の荻ノ島という地区は、かやぶきの里として知られているが、このエリアでロケが行われた映画「キャタピラー」を、公開初日の8月14日に見てきた。試写会以外で映画館に足を運ぶのは本当に久しぶりで、ひょっとすると新潟に引っ越してきてから初めてかもしれない。この映画は、寺島しのぶがベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した作品ということで知られている。

新潟県内では、新潟市の「シネウインド」のみで上映されている。

戦時中、四肢を失った帰還兵とその妻のストーリー。冒頭、四肢を失った夫(すなわち芋虫、キャタピラーとなった夫)が、家族の前に現れるシーンは、非常にショッキングで、戦争とはここまで残酷な運命を人々に強いるのかと、誰もが思うだろう。フォトウォークで、のどかな荻ノ島の風景を見てきた僕にとっては、なおさらその思いは強かった(ロケはこのほか、新潟県内の栃尾や刈羽でも行われたそうだ)。

戦場で命を落とす兵士たちの姿ではなく、帰還兵とその家族の苦悩を描くというのは、あまり日本映画にはない切り口なのだろう。しかも、その食欲や性欲と言って、原始的な欲求のレベルまで切り込んだ作品となると、非常に珍しいとは思うし、この視点は重要だ。

子どもの頃、弘前さくらまつりの会場近くで、傷痍軍人の人たちが音楽を演奏しながら物乞いをしているのを見たことがある。母は「あれは偽物だ」といって取り合わなかったし、事実そのようなケースが多かったのであろう。しかしそうした「にせ傷痍軍人」の存在もあいまって、戦後自分たちは、傷痍軍人たちの存在について、無関心になっていき、結果としてことの本質に向き合うのを忘れてきたような気がする。

『戦争における「人殺し」の心理学』という本のように、「生きる」「死ぬ」以上にもう少し詳細に、戦場に送られた人間がどのような犠牲を強いられ、生きて帰るにしてもどのような状態に陥るのかを、考えるべきなのだと思う。

元ちとせの「死んだ女の子」が主題歌として流れる。ヒロシマをテーマとしてこの曲は、映画のストーリーに直接関係はないのだが、日本から「反戦」のメッセージを発するとおいう意味では、統一されているという趣旨なのだろう。コンテキストとしてはあまりピンとこなかったが、それを吹き飛ばして、心を揺り動かす迫力がある曲であった。