タグ別アーカイブ: そば

家で食べたチャークイティオ

【マラッカ生活】チャークイティオをたのめばオッチャホイが食べられる

(新潟日報モアに2015年5月21日に寄稿したものです)

マレーシアに来て一ヶ月。マレーシアのローカルフードをいろいろ食べていますが、とりわけ「きしめん」のような麺には、注意をはらって過ごしています。

新発田のシンガポール食堂に、オッチャホイというメニューがあるのをご存知でしょうか。創業者がシンガポールで働いていた時代の料理を再現したもので、「きしめん」のような麺を使った焼きそばです。新発田市民には「ローカルフード」として親しまれています。このルーツにたどりつきたいという思いが、私を「きしめん」のような麺へと向かわせているわけです。

オッチャホイ

上の写真が、オッチャホイです。

マレーシアとシンガポールは陸続き。1965年に、マレーシアから追い出される形でシンガポールが独立、先に亡くなったリー・クアンユー首相(当時)が、涙を流して国民に独立を伝えたという話は、非常に有名です。

マレーシアでもシンガポールでも、この「きしめん」風の麺は、「Kuey teow」(クイティオ、クワイティオ)と呼ばれています(うまく発音できないのですが)。クイティオを焼きそば風に炒めもの「チャークイティオ」といい、この名前で売っているものはだいたいオッチャホイの味。店によってもちょっとずつ味は違いますし、「ノーチリ」といえば辛くないものも作ってくれますが、基本的にちょっとだけ辛い味付け(で、チリが別添えになっているので、足りない人は辛みを足します)になっていて、これもオッチャホイと同じです。

家で食べたチャークイティオ
家で食べたチャークイティオ

上は、4月に家に持ち帰って食べたクイティオ。居候先で買ってきてもらったものなので、どこのお店のものかはわかりません。

イオンフードコートのチャークイティオ
イオンフードコートのチャークイティオ

二枚目はマラッカイオンのフードコート内で食べたチャークイティオ。色としてはこちらのほうがオッチャホイに近いですね。

オッチャホイにも汁オッチャホイという、スープに入ったものがありますが、クイティオにも汁物があります。というよりは、麺類がいろいろあり、麺料理を頼むとどの麺がいいかという話になります。イエローミー、ビーフン、クイティオ、ヒーキャオなどがあるなかで、きしめんのごとく一番太いのがクイティオです。

ワンタンミースープ
ワンタンミースープ

上はマラッカ市内の十二間珈琲店というお店(珈琲店というカテゴリーで麺などの食べ物を出している店が多いです)で食べたもの。「汁クイティオ」という名前ではなく、「汁ワンタンミー」。ワンタンミーは、つまりワンタンメンで、「スープ」か「ドライ」を選択し、ドライだといわゆるオッチャホイの状態のものに、汁ワンタンが付きます。だいたいワンタンミーというと、細い麺を使うのですが、この店の場合には、太い麺を選べました。

「オッチャホイ」という名前で理解してくれる人は、シンガポールでもマレーシアでも、今のところ現れていませんが、この「チャークイティオ」が「オッチャホイ」と同じものと考えて間違いないでしょう。ただクイティオ自体は麺の種類の名称なので、オッチャホイという料理名とはやや意味合いが異なります。チャークイティオは「炒めクイティオ」と言っているのであって、それ以外のさまざまな麺料理にも、クイティオは用いられています。

さて結局、「オッチャホイ」という名前がどこから生まれてきたのか。マレーシアに来る前からの疑問が、解消したわけではありません。「オッチャホイ」に類する名前の麺料理が別にあるのかどうか。その答えにたどりつける気はしませんが、何かわかったら、また報告したいと思います。

最北に暮らす若者が映像で語る地域:観光地稚内の日常は、「内地」の人々に何を伝えるか

私の前任校稚内北星学園大学の学生たちが、「私の暮らすまち、稚内。」を短い映像作品にまとめたものが、先月開催されたわっかない白夜映画祭で上映されています。また、このとき上映された作品がYoutubeに公開されています。北海道稚内市は、日本最北端の街です。最北端に暮らす若者のリアルな思いが、映像に現れているように思います。

第1回白夜祭:日本一短い夏至の夜を楽しんで…稚内 – 毎日新聞

私の暮らすまち、稚内。 – YouTube

いくつかの作品を見て、私にとっては、稚内に暮らしていた時の感覚を呼び起こすような懐かしさがあるわけですが、本州(北海道の人たちは、今でも「内地」という言葉を使います)に戻ってきてからの自分の感覚で考えると、「遠い」作品です。この「遠い」という感覚はどういうことなのか、考えてみました。

中央のマスメディアが伝える情報は、地方に行けば行くほど、遠い「東京からの情報」になります。その意味で言うと、稚内で見る「東京からの情報」は、相当に「遠い」です。この「遠さ」を補うのが「地方紙」などの地域メディアですが、これもカバーするエリアが広くなると、遠い「県庁所在地からの情報」を流す存在になります。

北海道の場合には、道庁のある札幌の存在感が大きく、札幌近郊とそれ以外のギャップが大きいです。大学教員として6年間暮らした稚内では、東京ははるか遠くにあり、札幌も結構遠くにある(たしか360キロ離れている)都会です。どちらのニュースも遠い世界の出来事のように感じます(もちろん陸続きの札幌は相対的には近いのですが)。

北海道新聞はブロック紙の一角を占める大手の地方紙ですが、稚内は北海道の中でもさらに遠く離れた「地方」ということになります。地方の中の地方である稚内には、全国紙の取材体制は十分になく、テレビ局もNHKの報道室があるだけでした。「地方の地方」たる地域に関する情報は、札幌や東京のメディアに取材されて伝わっていくことはほとんどなく、稚内や宗谷地域限定の地元紙の中だけで共有されることが多いです。人々のメディア空間は、インターネット時代になって、変わった部分もあるのですが、この「遠さ」を背負ったままであるように感じることが多かったように思います。

一方、都会の人が稚内のことを知らないわけではありません。都会の人から見れば、稚内は「辺境」ですが、同時に宗谷岬があり、カニがあり、近くに利尻・礼文のある「さいはての街」として知られています。いいかえれば観光地として、稚内はある意味「エッジが立った」状態にあり、この角度での情報だけが、いわば「つまみ食い」され、多く流通しています。

結果的に稚内という街は、観光地としてのエッジの立った部分だけが「全国区」となっていますが、この街で暮らす人達のことは、ほとんど知られていません。観光地である地方都市というのは、大なり小なりそうだと思いますが、稚内を始めとする北海道の地方都市の場合には、北海道特有の複雑なメディア構造の下で、この傾向がさらに強まります。結果的には、稚内の人たちも、自分たちのことを中央メディアを通して共有する機会が、非常に乏しくなります。

最北の大学で映像制作の授業が始まったのは、私が赴任した2000年ですが、それから14年、この授業では稚内や宗谷をさまざまな角度から伝え続けています。最初はYoutubのような動画共有サイトはありませんでしたので、当初の作品はどこかにお蔵入りしているようですが、ここ数年の作品はYoutubeにアーカイブされています。映像制作を指導している教員も、私が教えていた時代に学生であったNPO法人のメンバーが担当するようになりました。

稚内北星で制作された動画は、数々の映像賞をとるなど、高い評価をえていますが、地元と都会、それぞれの世間の関心の間隙、谷間に沈みがちな「稚内ローカル」だけを狙った作品ではなく、「内地」の人の関心を意識して作られていたように思います。以下はいくつもの賞を受賞した作品「待合室の片隅で」。建て替えになった稚内駅で営業していた立ち食いそば屋を巡るストーリーで、最北を目指して旅をした人々の心をくすぐりつつ、題材は地元の人々の暮らしです。決して稚内人の関心だけに向けて作られているわけではないと、私は感じています。

今回の作品は、うってかわって非常に「稚内ローカル」な作品です。地元出身の学生たちが、自分たちの思い入れのある場所について、そのストーリーを短い映像で紹介しています。南小学校や南中学校への思いは、稚内人ではない人には「遠い」ものですが、現地で6年暮らした私には懐かしくもあります。観光地ブランドの稚内ではなく、日常の稚内とそこに暮らす人々の思いは、観光地として稚内に来たことがある人や、全く縁のなかった人たちに、何らかの形で「最北」の一断面を伝え、心のなかに何かを残すことができるのか。この動画への反響に、注目したいと思っています。

(Yahoo!ニュース個人より転載)

新潟ソーシャル時評:「お墨付き」のあとのフォローが大事:「新発田麩」など10品が「新発田ブランド」に

(2014年01月30日新潟日報モア「新潟ソーシャル時評」から転載。)

私が勤務する敬和学園大学のある新発田市が、地元特産品を認証する「新発田ブランド」の審査会を行いました。片岡鶴太郎さんを含む5人の審査で、10品が認証を受けたそうです。

自慢の味に「お墨付き」・新発田|地域|新潟県内のニュース|新潟日報モア

地元16社が33品を応募し、和洋菓子やそば、清酒など新発田を代表する食品・加工品が並んだ。審査会長には阿久根英昭・桜美林大教授を選び、商品の試食を行った。

認証を受けた10品は、鶴太郎さんデザインのアヤメが掲載されたロゴが添付されて、新発田市も県外での販促活動でPRするとのこと。認証を受けたのは以下の10品。

「おしぶ10枚入り(宮村製麩所)▽麩まんじゅう5個入り(同)▽いちじくもち(御菓子司金子屋老舗)▽ルチン君じぇらーど(山岳手打そば一寿)▽笹だんご(高田屋)▽無花果(いちじく)かん(山川菓子舗)▽笹だんご(同)▽御水飴(御菓子司菊谷)▽義をもって結べし(同)」

今回は客観的に審査するということで、鶴太郎さんのみならず、外部の審査員を入れて「お手盛り」ではない審査をしたようです。これだけ厳しい審査をくぐり抜けたわけですので、すぐにウェブに掲載し、アピールしていくチャンスかと思います。現時点では、鶴太郎さんの書いたロゴも、日報の過去記事と鶴太郎さんのブログでしか見つけられませんでしたが、今後に期待、というところです。

「新発田ブランド」出陣|地域|新潟県内のニュース|新潟日報モア

新発田ブランド審査会|片岡鶴太郎オフィシャルブログ「鶴日和」Powered by Ameba

選に漏れるものが出る関係で、少しためらいもあるでしょうが、「ブランド」をアピールするという意味では、審査の過程を随時ウェブで「小出し」にするのも大事かと思います。発表後すぐに認証された各製品の特徴、買い方、賢い食べ方などをどんどん発信していくためには、先に一定数のファンを抱えておいて、そこから拡散していければいいのではないかと。「新発田ブランド」について勉強して、なんでも解説できるようになったら、「新発田ブランドエバンジェリスト」となり、、、どうしましょうか。ともあれ、「新発田ブランド」に詳しい人を増やしていかなければ、知名度は上がりません。

宮村製麩所のウェブには、レシピが出ていました。販促といっても、お麩のような製品の場合には、食べ方までセットでどのように伝えるかが大事になります。

レシピ紹介 – こだわりの麩 – 宮村製麩所

さすが宮村製麩所のページにはすでにレシピが載っているわけですが、ここを見る人は最初からお麩に興味がある人です。新発田市が、あやめマークの新発田ブランドを推進するというのであれば、このような周辺情報を含めて拡散したり、さらに情報が立体化するような取材をしたり、市の発信力を活かし、民間の発信力を高めることが大事になるでしょう(大学も可能な限りでお手伝いします)。選んで終わりではなく、この後のフォローアップに、ぜひ力を入れてほしいと思います。

とりあえず私は、認証された10品がどんな製品か、あらためて春休み中に試してみようかと思います。

——————————–
追記:2/1開催のワークショップでも、食について話題が出ていた。1)若者を含めて地元の人が誇りを持てるような「新発田ブランド」の見せ方、2)市外の人が接触して、新発田自体を評価してくれるような「新発田ブランド」の見せ方、両方を考えていくべきだと思う。

会いに行きたい人のいる街「新発田」:まちづくりワークショップに参加してきた | ICHINOHE Blog

夢のかき揚げ #instaplace #instaplaceapp #instagood #photooftheday #instamood #picoftheday #instadaily #photo #instacool #instapic #picture #pic @instaplaceapp #place #earth #world  #日本 #japan #弘前市 #hirosakishi #スーパー佐藤長堅田店 #shopping #day

三福製麺の「夢のかき揚げ」

実家滞在中に、ローカルスーパー「佐藤長」で発見したかき揚げ。個包装になっている(値段をチェックするのを忘れた)。

夢のかき揚げ #instaplace #instaplaceapp #instagood #photooftheday #instamood #picoftheday #instadaily #photo #instacool #instapic #picture #pic @instaplaceapp #place #earth #world  #日本 #japan #弘前市 #hirosakishi #スーパー佐藤長堅田店 #shopping #day

大量に陳列されているいる上に「夢のかき揚げ」。というので、非常に興味をそそられるのだが、残念ながら外観からは、どの辺が「夢の」のかが判別つかなかった。「奥様の料理の友」でもある。

製造元の「サンプク」は、検索しても見つからなかったが、どうやら黒石市の三福製麺のようだ。

三福製麺|青森県黒石市

どうやら、最近売り出し中の「黒石つゆやきそば」を、このメーカーも発売し、イチオシ商品にしているということはわかった。ところが残念ながら、「夢のかき揚げ」についての情報は見当たらなかった。ここはぜひ、三福製麺さんが自ら、「夢」を語って欲しい。

Katong Laksa #singapore

カトンラクサは、今まで食べたラクサとはまるで違った

今回のシンガポールでは、シンガポールの定番と言われる料理を、ほとんど食べることができた。「ラクサ」には、マレーシアであまりいい印象がなかったのだが、シンガポールのラクサはちょっと違うというので食べてみた。シンガポールのカトン地区が発祥のカトンラクサ。今回はホランド地区のお店だったが。

Katong Laksa #singapore

以前食べたのはおそらくペナンラクサ(サラワクのラクサも食べたような気がする)で、酸味と魚の出汁が同居しているため、日本人の評判はイマイチ。自分も食べられないことはないが、率先しては食べようとは思わなかった。

カトンラクサは、酸味はなく、カレー味でややクリーミーと、日本人にも食べやすい。本当は赤貝のような貝が入るらしいのだが、妻が警戒したので、除いてもらった。カトンラクサの麺は、プチプチと細かく切れていて、箸は使わずにフォークだけで食べるらしい。プチプチきれるといえば、弘前の津軽そばだが、津軽そばとも異なり、最初から短く切れていた。

どうやら一緒に食べるらしいのが、オタオタ(Otakotak)。オタクオタクと読める綴りのようだ。葉の中に、魚のミンチを固めたものが入っている。見た目はさつま揚げのようだが、実際にはやわらかかった。

Otakotak, Singapore

Otak Otak, Singapore

そうか、ラクサというのは地域によっていろいろ違うんだなと思い、調べてみたところ、英語版Wikipediaでは、10数種類のラクサに分類されていた。非常に奥が深い。今回食べたカトンラクサと同系統のカレーラクサには、ニョニャラクサ、クランタン、トレンガヌ、ケダなどのラクサムといったラクサがあるようだ。

Laksa – Wikipedia, the free encyclopedia

平成生まれの学生たちと佐渡合宿へ行ってきた #のへさど

8月20−21日に3年ゼミ生たちと佐渡合宿に行ってきた件について。きっかけは以下の情報から。

大学生等応援キャンペーン ゼミ・サークル・合宿などで佐渡へ! | 旅館番頭の佐渡観光情報

学生さん(大学・短期大学・大学院・専門学校)は佐渡汽船のカーフェリーと高速船アイビスが安くなる!!
平成24年7月14日(土)~平成25年3月31日(日)まで
『大学生等応援割引キャンペーン』を実施!
窓口で学生証を提示して申込用紙を窓口で記入すれば割引!
新潟~両津航路(カーフェリー2等)  2440円→1620円(820円のお得!)
直江津~小木航路(カーフェリー2等) 2650円→1750円(900円のお得!)
寺泊~赤泊航路(高速船アイビス)   2880円→1880円(1000円のお得!)

いつもは「いいね」だけで終わることも少なくないのだが、今回は珍しく、3年ゼミがまとまりを見せて、リーダーシップを発揮する数名の学生がリードして、もたもたしている学生を引っ張り、合宿の実現に結びついた。久しぶりにゼミ単独での合宿となり、学生たちは全員「平成生まれ」となった(あ、留学生は確認してないけど)。

とはいえ、決まったのは1泊2日でいくことと、宿を両津に確保することまで。多くのメンバーが修学旅行などで佐渡に行った経験があるのだが、子供の頃の経験では土地勘もないわけで、なかなか計画がまとまらなかった。さいわい、8月12日のロックサンでのKeiwa Lunchに出演してくれた、イラストレータのささきとしさんが、昨年自転車で佐渡を一周したという経験者として合宿に参加することとなり、そこからようやく全体像が少しずつ定まっていった(といっても、最後の計画はフェリーの上で決めたような気がするが)。ちなみに前日まで行われていた「Earth Celebration」のことは全く頭になく、単にみんなのスケジュールを調整した結果、この日程になった。

佐渡チャリ一周 !!!佐渡汽船・両津港・北小浦ダイビングスポット・二ツ亀【1日目】 | にいがたインターネットテレビ

1日目。朝9時のフェリーで両津へ。今回ビデオを回す予定だった、今月現代メディア論を受講した唯一の学生がまさかの遅刻。船に乗り遅れたため、中の撮影はみんなで協力(遅れたメンバーは、新潟港で悩みに悩んだ末、ジェットフォイルで追いかけてきた)。船の中で1日目もレンタカーを二台確保(二日目は予約してあった)し、北部を目指すことが決まる。

[flickr id=”7836738804″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836738348″ thumbnail=”medium” align=”left”]

フェリーターミナルでブリかつ丼が目に留まるも、多くのメンバーはちょっと値段に恐れをなして他をあたることに。結局ターミナル近くの食堂に入ったが、佐渡っぽい食べ物はなぜかそろっておらず、全員がカツカレーとカツ丼を食べる展開となった。

[flickr id=”7836736940″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836733076″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836730250″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836728288″ thumbnail=”medium” align=”left”]

当初ここに泊まろうかと検討した二ッ亀。

[flickr id=”7836719124″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836720222″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836716052″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836584914″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836708380″ thumbnail=”medium” align=”left”]

続いて大野亀。この岩の上にほぼ全員が登った。過酷な山登り、というわけではないのだが、足場が悪く、みんな苦労した。頂上からの眺めは絶景。

[flickr id=”7836677830″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836681888″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836664406″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836686808″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836690216″ thumbnail=”medium” align=”left”]

この後相川、佐和田を通って両津の宿へ。両津の宿「金澤屋旅館」は、築120年の伝統ある建物。角部屋に屏風があったり、廊下を歩くときしんで音がするなど、いかにも伝統ある建物。思った以上に豪華な料理を出していただき、最後は焼きガキまでいただいた。その後夜はKeiwa Lunchの配信。今回「合宿」といっても、硬い勉強のテーマは設定しなかったが、このUst配信とその他ビデオ撮影がいわば実習となった。旅館に提供していただいた回線は安定していて、映像は安定していたと思うが、出演していた学生は、風呂と食事の後で眠くなりながらの配信となった。

その後自分とささきとしさんは、去年の佐渡フォトウォークで訪れた居酒屋「ほたる」へ。去年胃袋を満たしたぎょうざやいか団子をいただいてきた。月曜日ということもあるのか、両津の飲み屋街も静かだった。

[flickr id=”7826615524″ thumbnail=”medium” align=”left”]

部屋に戻ってみると、学生たちの部屋は妙ににぎやか。さっき眠そうにしていた学生たちが、少しだけお酒を飲み、音楽をかけたり、ゲームをしながら盛り上がっていた。ゲームをしながらというあたりが、彼らの盛り上がり方なのだろう。続々とプレイされるアニソンについて、彼らのいう「古い」ものすら、自分にはわからなかった。この「古い」ものをささきとしさんは理解できたので、自分と学生たちとの間には、「二世代」分のギャップがあるんだと理解した。

[flickr id=”7824214150″ thumbnail=”medium” align=”left”]

二日目は相川と小木方面へ。まずは昨年フォトウォークでも訪れた、相川の佐渡鉱山跡。その迫力に、学生たちは喜んでいた。今回は写真展の会場も開いていたので、往時の反映を写真で見ることもできた。

[flickr id=”7836612686″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836613338″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836610270″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836606924″ thumbnail=”medium” align=”left”]

つづいて積出港であった大間港へ。青森県民はマグロを連想してしまうが、漁村の雰囲気はない。

[flickr id=”7837039694″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7837036248″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7837014136″ thumbnail=”medium” align=”left”]

ここで相川は時間切れ。今回も相川の気になるカフェ「のらいぬcafe」には行けなかった。

新潟県佐渡島 のらいぬcafeへようこそ

アルバイトのため、先に新潟に帰らなきゃいけない学生を、ここから両津行きのバスに乗せ、一行は宿根木の集落へ。伝統的建造物群を見学。

[flickr id=”7836992516″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836978442″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7838350740″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836993670″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836994760″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836995736″ thumbnail=”medium” align=”left”]

宿根木の茶房やましたで食事したあとは、矢島経島のたらい舟乗り場へ行く展開。二台の車のうち一台は、海水浴へ出かけた。

茶房やました

岩屋山洞窟。洞窟の中に数々の石仏があった。昨年の旅で夕方に来たというささきとしさんは、とてもこわかったらしいが、真昼間に大勢でくるとそれほどでもなかった。たしかに洞窟の中はひんやりしていたが。

[flickr id=”7836950880″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836946198″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836944922″ thumbnail=”medium” align=”left”]

幸福地蔵。手の下に大きな蜂の巣がついている。たぶん取らないで残してあるのではないかと思う。

[flickr id=”7836934862″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836931362″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836927794″ thumbnail=”medium” align=”left”]

矢島・経島でたらい舟に。

[flickr id=”7836916642″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836915184″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836901366″ thumbnail=”medium” align=”left”]

実家も含めて一戸家で評判のよい、あごだし濃縮そばつゆ「佐渡情話」というのは、もともと浪曲の曲目から名前をとったものであった。そのストーリーに矢島・経島がでてくる。ということを今回の佐渡で理解した。たらい舟で柏崎まで毎晩通うのは無理だろうと思うわけだが。

料亭の味をご家庭に | 濃縮あごだしつゆ佐渡情話 | 良寛しょうゆ

最後は両津へ向かうまでのわずかな時間を利用して北雪酒造へ立ち寄った。あんまりゆっくりできなかったけれど。

[flickr id=”7836894740″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836894296″ thumbnail=”medium” align=”left”]

[flickr id=”7836892150″ thumbnail=”medium” align=”left”]

というわけで、二日間かけて、変則的なコースながら佐渡一周線をすべて走破することができた。

両津港に到着後は、ターミナル上のビアガーデンに行ってみた。新潟行きの船に乗る人だけでなく、地元の人たちも夏のひと時を楽しんでいるようだった。久々に合宿をやってみて、合宿を通して学生たちの結束が高まること、イベント企画等の段取りの能力が身につくこと、という二点において、結構大きな効果を発揮するということをあらためて実感した。理想を言うなら3ヶ月に一回ぐらい、現実的に考えても半年に一回ぐらい、近場でもいいから合宿をするのがよいのかもしれない。

まるりさんのブログまとめ記事。イラストの出来栄えが秀逸。

【のへゼミ】ゼミのみんなと一緒に一泊二日で佐渡に行ってきたよ!その1【番外編】 | まるりわーどぷれす

【のへゼミ】ゼミのみんなと一緒に一泊二日で佐渡に行ってきたよ!その2【番外編】 | まるりわーどぷれす

今回の合宿では、いつのまにか「#のへさど」というハッシュタグが使われた。ハッシュタグを中心にTweetをまとめたTogetterページ。

一戸ゼミ佐渡合宿 201208 – Togetter

Flickrの写真。

撮ってきた動画の編集は、とりあえずダイジェスト版というのが公開されている。これも制作はまるり。

【追記】Slide.lyも作ってみた。

Keiwa Ichinohe Seminara Sado Camp 201208 from Shinya ICHINOHE on Slide.ly.

[rakuten]trendrush:10005327[/rakuten]
[rakuten]aandi:10001264[/rakuten]

道光高原そばいたや

魚沼市泉沢の「道光高原そばいたや」。11時の開店にあわせて店についたが、すでに数組待っている人たちがいた。開店から十数分で満員に。

Soba Itaya - from Instagram

Itaya Soba - from Instagram

道光高原そば いたやそば|新潟県 魚沼・広神

いたや – 越後堀之内/そば [食べログ]

TEL 025-799-3101
住所 新潟県魚沼市泉沢140
営業時間 11時~14時30分
定休日 月曜日

魚沼ツーリング 2 道光高原そば いたや: chandra's Life

[rakuten]avance-etigo:10000518[/rakuten]
[rakuten]avance-etigo:10000175[/rakuten]
[rakuten]takashimaya:10063831[/rakuten]
[rakuten]nagataya:10000331[/rakuten]
[rakuten]fourseasons:10000066[/rakuten]

五泉のそば処「にのみや」にて、さといも麺のへぎそば

五泉チューリップ祭りのあとは、五泉市内で食事。本町のそば処「にのみや」に行ってきた。そば処ともあるし、割烹とも書いてあった。この界隈には、他にも「割烹」と名乗る老舗があるようだった。

この店のへぎそばは、五泉名物のさといもで作られた、さといも麺で供されるとあり、興味を持った。メニューの中には、ラーメン風の麺と日本そば風の麺があると書いてあって、後者がデフォルト、前者が変わり種なのかと思ったが、そうではなく、ラーメン風の麺がデフォルトだったようだ。

麺はのどごしがよく、つけ麺のような味であった。日本そばバージョンも今度食べてみたい。

にのみや – 北五泉/うどん [食べログ]

にのみや
TEL 0250-42-2210
新潟県五泉市本町3-2-15


大きな地図で見る

Gosen Tulip Festival 20120429

五泉市チューリップまつりで、チューリップ畑に埋もれてきた

新潟県五泉市のチューリップまつりに、今年も行ってきた。以前訪ねたのはおそらく平日だったのであろう、今日はこれまでとは比べ物にならないほどのこみようだった。

Gosen Tulip Festival 20120429

Gosen Tulip Festival 20120429

Gosen Tulip Festival 20120429

来ているのは子供連れが多く、子供をチューリップ畑の中に立たせて、写真を撮っていた。なかにはちゃんとポーズを取らない子供にキレて、叱りつけている母親もいたが、そこまで必死にならなくてもと正直思った。

五泉在住の学生にも会い、妻と三人で順にチューリップ畑の中で写真を取ろうと思ったのだが、二人ともノッてくれなかったので、仕方なく一人だけでチューリップ畑の中の写真を撮ってもらった。

Gosen Tulip Festival 20120429

五泉市は里芋が有名で、会場の中でも里芋のやきそばや団子、里芋汁などが売られていた。里芋汁をおいしくいただいた。