カテゴリー別アーカイブ: Youtube

Chromecastで「テレビ」が変わり、「動画」も変わる

2014年5月28日、GoogleのChromecastが日本でも発売されました。

Chromecast

キャッチフレーズは「オンライン動画を音楽を、テレビで簡単に楽しもう。」。これまでもYoutube動画を検索してテレビで再生することはできたし、テレビにPCを接続することだって出来たわけで、Chromecastで何か革命的なことが起きたわけではないです。でも「簡単に」なったのはまちがいない。値段も手頃なので、さっそく私も1台購入して試してみました。

Chromecast端末をテレビのHDMI端子に挿して、初期設定。iPhoneにChromecastのアプリを入れて、端末をWi-fiに接続。特にトラブルもなく、あっという間に設定が終わりました。Mac Book Airでは、Google ChromeにChromecast拡張をインストールして、こちらもすぐに設定が終わりました。この程度の設定でいいのであれば、自宅だけでなく、いろいろなところに持っていって、出張動画上映会なども簡単にできそうです。

とりあえず試したのはYoutube。再生画面にChromecastに送るボタンが出てくるので、それを押すとテレビに動画が飛ばされて再生されます。動画が一旦テレビ側で再生され始めたら、iPhoneでもMacでも、別の作業をすることが可能です。動画以外に何ができるのかは、まだ試していませんが、Mac Book AirのChromeブラウザでは、ブラウザの画面をテレビに表示させることも出来ました。Slideshareを使えば、スライド表示にも使えます。ケーブルの抜き差しなどは一切不要で、スマートフォン、タブレット、PCなどで見つけた動画やコンテンツを、すばやくテレビに出力し、みんなで共有できます。

ちょっとだけいじってみて感じたのは、これはテレビの見方が変わるな、ということ。これまでも、テレビの視聴時間を、ネット動画が徐々に奪ってきました。若者の間では、テレビは見ないけど、ネット動画は見ているという層がどんどん拡大、学生たちと話していると、テレビ番組の話題はほとんど共有されなくなってきているように感じます。しかし中高年の場合には、テレビ番組の存在感はあまり変わっていません。テレビニュースを見るのをやめて、ニュース動画を見よう、という人はあまりいないでしょう。「ダラ見コンテンツ」としてのニュースを、ネットを介してテレビで見るというのは、やはりちょっと面倒でした。Chromecastは一つのきっかけだと思いますが、このバランスは今後大きく変わっていくかもしれません。ネット動画がテレビ画面にいよいよ侵食してくる一方、テレビ番組のコンテンツも、ネット側に今まで以上に浸透し始めるでしょう。ネットに浸透していくことができるコンテンツはどんなものなのか、有料配信が軌道に乗るならば、ネット配信に適した番組にテレビ側がシフトしていく可能性も高まりそうです。

ネット動画の側にも変化がありそうです。まず一つには画質。高画質の動画が増えてきたとはいえ、大画面で見るには荒い動画も、まだまだ多いです。これまでは「まあネット動画だしね」といっていた低い期待値が変化し、要求水準が上がってくることが予想されます。もう一つは長さ。これまでは長い動画は再生されないというのが定評で、人気動画番組の多くも、非常に短くまとめられたものでした。Ustreamなどで配信した番組をアーカイブした長いコンテンツは、なかなか再生数が伸びませんでした。しかしChromecastが簡単に「ダラ見」できる仕組みを提供したことで、これも変わってくる可能性がありそうです。テレビを「ダラ見」するのではなく、長めの動画を「ダラ見」することも、徐々に広まっていくかもしれません。

実はAmazonに注文したChromecastを受け取り、テレビに接続しようとしたところで、我が家のテレビにはHDMI端子が一つしかないことがわかり、ビックカメラ新潟店に分配器を買いに行ってきました。ビックカメラはChromecastの代理店の一つですが、Chromecastの売り場は、正直盛り上がっているようには見えませんでした。Chromecastは非常に簡単な仕組みでは有りますが、何が起こるのか直感的にはわかりにくく、発売直後に通常のテレビ視聴者が飛びつくまでにはならないということのようです。しかし設定は簡単ですし、値段も手頃ですから、対応するコンテンツが増えてくれば、徐々に利用者も増えてくるのではないかという気がします。

(Yahoo!ニュース個人掲載記事を転載)

日本人のコミュニケーションを風刺した動画「日本語喋ってるんだけど」が話題に

見た目はすっかり欧米出身の人だけど、流暢な日本語を話すという人も、最近は増えてきています。しかし、それでもなお、外見で判断して、「この人は日本語を話せないはずだ。しかし私は英語が話せないぞ。どうしよう。」と戸惑ってしまう日本人は多いです。そんな日本人に遭遇してしまい、困惑する人たちの様子を、コミカルに表現している動画「But we’re speaking Japanese! 日本語喋ってるんだけど」が、話題になっています。

この動画は、日本語だけではなく、英語のブログでも紹介されています。

VIRAL VIDEO: ‘But We’re Speaking Japanese’ Global Voices

日本人でこの動画の存在に気づくような人からみれば、「日本人はこんなにひどくない。外国人のほうが意識過剰なだけでは?」ということになりそうです。実際そんな意見も散見されます。しかし高齢者を含めた日本人の多くが、外国人にどんな態度をとっているか、風刺を含めて表現すると、まあこんなところではないかという気もします。

実際にはむしろ、日本語を話すと「こっち側の人」だと信用してしまうという問題のほうが大きいのではないかと思います。つまり日本語が話せない人とはなかなか心が通じて話をできない(ような気がする)けれど、相手が日本語を話しだすと、急に信用できる相手のようになってしまうということです。外国人が日本語を話すということについて、もともとの期待値が低く、初対面では必要以上に構えてしまいます。しかし、相手が流暢に日本語を話し始めると、日本人相手ならば「腹のうち」をいろいろ考えて話をするところ、一気に心を許してしまうところがあるように感じます。

極端な話、日本でスパイ活動をやろうと思うならば、日本人並みの日本語を身につけること。そうすれば、相手(日本人)はすぐに心を開くようになる。そこまでいったらいいすぎかもしれません。しかし肌の色だけで日本語能力は推し量れないけれども、日本語能力だけでその人の信頼性も推し量れない。至極当たり前なのですが、そのことをこの動画を見ながら考えました。

(Yahoo!ニュース個人掲載記事を転載)

Pharrell Williams 「HAPPY」徳島版:阿波踊りが見事にフィット

Pharrell Williamsの「HAPPY」のリップダブ。AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」までのブームは、日本では起こらないと思うけれど、逆にこちらのほうが高品質な映像が多いという印象だ。

今日見たのは徳島バージョン。阿波踊りの映像を「Happy」に合わせている。

阿波踊りの練習風景、お店の前や河原で阿波踊りを練習する家族などが出てきて、徳島人の日常の中に阿波踊りが深く浸透しているのだなという印象を持つ。もちろん本番のお祭りの映像は、見事に息のあったパフォーマンス。この夏は徳島に行ってみようか、という気持ちにさせられる。

面白いのが、阿波踊りのオリジナル音声は一切出てこないのに、曲と映像が見事にマッチしていること。今回のリップダブに合わせて撮影したものではなく、過去に撮影した阿波踊り関連の映像を使っているのだろうけど、全く違和感がない。

阿波踊りとマッチしすぎ!徳島バージョンの『Happy』が最高♪ | ダンス動画まとめ ダンスストリーム(Dance Stream)

敬和学園大学2013年度卒業式でまるりの答辞

2011年度から、長らくKeiwa Lunchなどの活動を支えてきた、2010年度入学生が卒業した。3月21日に行われた卒業式では、2012年度から2年にわたってMCをつとめてくれたまるりさんが、卒業生代表に選ばれ、よい答辞を読んでくれた。

途中声をつまらせるシーンが幾度かあり、多くの人々がもらい泣きした。撮影もまた、ゼミのメンバー。

彼女の語る多くの経験の中に、「Keiwa Lunch」や「一戸ゼミ」という固有名詞は出てこなかったけれど、それが含まれていることは明らかだった。活動の中で出会った人々への感謝というのも、別に定型句ではなく、正直な気持ちだろう。

人々に才能を見出してもらいながら、自信を深めた4年間であったのではないか。

卒業した個々の4年生の成長に、自分がどれだけ貢献できたのか。個々のパーソナリティや相性もあるので、自分が手を差し伸べてあげることができた程度は、一様ではない。もう少しがんばって、一緒にやりたかったこともある。

彼女の参加により、ゼミの活動は活発になった。彼女自身も、ゼミのメンバーの成長に大きな貢献をしてくれたということになる。

1381736_510037185763530_732160504_n

10003434_510021012431814_1933532027_n

大学生としての時間は終わった。まるりさんは、4月からも新発田を拠点に活動することになった。社会人生活に慣れてきたら、いろいろな社会活動にも、一緒に取り組んでいけたらと思う。

敬和学園大学での4年間を振り返る「敬和ひとりひとりの4年間」、卒業式に合わせて公開

3月20日、2013年度の卒業式が行われた。ここ数年のゼミの活動を引っ張ってきてくれたメンバーが、これで卒業ということになった。私のゼミのメンバーからははじめて、まるりこと丸山るり子さんが、卒業生代表に選ばれ、すばらしい答辞を読み上げてくれた。

かねてから4年ゼミで撮影・編集を続けてきた、4年生のインタビュー、「敬和ひとりひとりの4年間」も完成、卒業記念パーティの席で上映させてもらった。4年間での成長を知る教員から見ると、登場する学生たちの成長した姿を確認できる動画であり、卒業する学生たちにとっては、お互いの思いを共有できる動画になっていたように思う。

前回、この動画への取材協力を求める記事で、こんなことを書いた。

敬和学園大学での4年間を振り返るインタビュー、敬和4年生の皆さんご協力ください | ICHINOHE Blog

敬和学園大学は高い偏差値の学校ではないので、一般受験志向だった学生たちが「誇らしげに」入学するということはあまりない。過去の経験からすると、何らかの「コンプレックス」を感じたまま、入学してくることすらある。自分たち大学側の人間は、こうした気持ちにも寄り添い、受験勉強で培ってこなかったために足りない学力にも向き合い、社会との接点もうまく作りながら、成長の機会を設けているつもりだが、果たしてその成果はどうなのか。例年、卒業する頃には、「コンプレックス」の角も取れて、前向きな気持で4年間を総括し、走りだしてくれる学生も多いので、前向きなコメントが続々出てきてくれるだろうか。

映像全体は前向きなコメントが続いており、敬和学園大学という共同体がきちんと機能して、ひとりひとりがきちんと成長してくれたんだなと、明るい気持ちにさせられる映像であった。1年生の頃の様子を覚えている学生たちのコメントは、とりわけ感慨深いものがあった。敬和学園大学のことをよく知らない人も、知っているつもりの人も、ぜひご覧いただければと思う。

個人的に感じたこと。「バイト」によって成長したという発言が何度か出てくる。大学として、あるいは、教員として、考えさせられる現象であった。もちろん一定程度は、アルバイトが人生の転機になる学生もいるだろうし、たまたま印象に残ったのがアルバイト経験だったのかもしれない。ゼミや教職課程のことを挙げている学生だっている。大学で身についたことは抽象的で言語化しにくいということもあるだろう。

しかしもし、バイトに明け暮れて全然勉強する機会を持たないまま(少なくとも勉強によって成長したという実感を持てないまま)卒業している学生がいるのであれば、それを「自己責任」と割りきってはいられまい。映像中の学生たちのコメントに、アルバイトに関する言及が出てくるたびに、自分はこれから学生たちにどんな働きかけをしていくべきなのか、大学にはどんなことを提案していくべきなのか、いろいろ考えていた。

卒業生の皆さん、おめでとう。これからの活躍をお祈りしています。

子どもを授かる幸せと責任:タマホームの「1more Baby応援団」

タマホームの「1 more Baby応援団」というキャンペーン。「ふたりめ」を生むことを推奨、とまではいってないけれど、その意義を考えようという提案だろう。

140131-0005

1 more Baby応援団

「家族会議」の動画は、ドラマなのだけれど、それぞれが自分の家族のことに重ねて、さまざまな思いを抱くであろう映像であった。子どもがいるいないにかかわらず、それぞれの立場で、心に響くものがあるはず。

自分の場合には、世間とは周回遅れで子どもを授かり、数ヶ月が経ったところ。

長女が生まれました | ICHINOHE Blog

この動画に出てくる子どものように、娘はまだ主張してくれない。そうではあるけれども、このまま娘をひとりっ子で育てていくことが、彼女の人生に何をもたらしていくのか、いろいろ思うところがあるわけで、その思いにこの動画は、うまくシンクロしてきた。

一方、自分自身の兄弟姉妹は、4人でにぎやかであった。むしろずっとうるさかった。両親は自分が生まれてから、下の妹が大学を卒業するまで、36年間、子育てをしていたことになる。その歴史は、青森県内各地に刻まれていて、一つの家だけにあるわけではないけれども、今両親が住む家にはやはり、いろいろなものが残っている(自分自身は今の実家には住んでいないので、妹達とはちょっと事情が違うのだが)。

弟がこの世を去って、まもなく7年になる。弟はいつまでも若いおじさんとして、娘や甥っ子に写真で存在しつづける。彼が上京するまでの歴史もまた、弘前の家に蓄積されている。今は静かに父と母が二人で暮らす家には、兄弟姉妹がそれぞれの時代を過ごし、いろんな手をわずらわせた歴史が、たしかに詰まっている。映像の後半には、それも重なった。

子を育てることへの価値観は、人によりさまざまだ。子どもに恵まれなかった人もいるし、子どもを望まない人もいるだろう。それぞれの事情や心の内は、なかなかうかがえるものではない。自分自身、これまでは、「自分のことで精一杯」と考え、子どもを持つことにあまり積極的ではなかった。その自分の気持も、周りの人たちにはわかりにくく、立ち入りにくいものであったと思う(にもかかわらず、ほんのちょっと入ってきてくださった何人かの方の言葉で、娘を迎えた今があるような気がしている)。今も「自分のことで精一杯」なのは変わらないが、余裕のなさを抱えながらも、何とかエネルギーを子どもに振り向けて、この4ヶ月、充実した時間を過ごしている。一方、自分の子どものことを話す時、聞いている相手にはどんな風に響くのか、子どもがいることがはっきりわかっている人以外が相手の場合には、いつもちょっと気になる。立ち入り方は、いつも難しい。

実家の母は新潟で孫に対面して、「おめぐみ」という言葉を使った。娘はまだ何もしゃべらないけれども、無力な父と母をある意味励ましてくれる、まさに「おめぐみ」なのだろう。「おめぐみ」としてやってきた子どもは、やがて自らの意思を持って独立していく。それまでの時間を、ともに充実した時間を過ごせるよう、責任感を持ちつつも、おだやかに過ごしていこうと思う。

サントリー角ハイCM、3代目のキャラクターは井川遥さん

サントリーの主力商品というべきか、イチオシとなった、角ハイボール。小雪さん、菅野美穂さんと続いて、3代目のイメージキャラクターは井川遥さんになった。CMは来月から放映されるようだが、すでにYoutubeにはアップされている。

Haruka Igawa

[井川遥]角ハイ・バーの3代目ママに 「憧れだった」 | マイナビニュース

「思わせぶり」感たっぷりのノリはこれまで通り(?)というべきだろうか。

しかし小雪時代はもう少しさらっとしていたかもしれない。と思ったが、そうでもないか。

ergo/エルゴでのおんぶを検索して学んだ

先週、娘が病院で首すわり認定を受けたので、いよいよ「おんぶ」の態勢を整えようということになった。今朝マニュアルを見ながらやってみたが、公式マニュアルでのやり方は、まだ4ヶ月の娘の場合には難しいようだった。ちょっと検索してみたところ、ソファーを使って簡単にできるという以下の動画が見つかった。

このやり方ならうまくいくようで、娘もご満悦。

再生数を見ると、この動画を参考にして、ソファーに寝かせた状態からおんぶするというのは、かなり多くの親がやっているのかもしれない。

「なんでも検索すればわかると思っている」という若者批判は、まあその趣旨もわからないではないけれど、検索するという頭がなければ、このような「経験知」にスムーズにアクセスすることもできない。何事もやり方次第だろう。

変な名前で電話帳登録していると、何かの拍子で相手にバレる

スマートフォンでは、電話をかけてきた相手の電話番号が、結構大きく表示されるようになった。アダ名や印象などで、相手の電話番号を登録しておくと、何かの拍子で相手にバレて、大変なことになる可能性がある。という動画。しかし実際のところ、皆さんこんなことしているのですか?

敬和学園大学での4年間を振り返るインタビュー、敬和4年生の皆さんご協力ください

今年の授業も終了。いよいよ年が明けて3ヶ月で、2013年度が終わる。ここ数年間のKeiwa Lunchを支えてきてくれた4年ゼミのメンバーも卒業となる。このメンバーたちが卒業に向けて、最後の作品を制作中。テーマはずばり「敬和の4年間」。ティーザー映像が先日あがってきた。

敬和学園大学は高い偏差値の学校ではないので、一般受験志向だった学生たちが「誇らしげに」入学するということはあまりない。過去の経験からすると、何らかの「コンプレックス」を感じたまま、入学してくることすらある。自分たち大学側の人間は、こうした気持ちにも寄り添い、受験勉強で培ってこなかったために足りない学力にも向き合い、社会との接点もうまく作りながら、成長の機会を設けているつもりだが、果たしてその成果はどうなのか。例年、卒業する頃には、「コンプレックス」の角も取れて、前向きな気持で4年間を総括し、走りだしてくれる学生も多いので、前向きなコメントが続々出てきてくれるだろうか。

卒業式までには作品として仕上げ、卒業式あるいはパーティで上映する予定だが、まだまだ皆さんのコメントを募集中。皆さんの4年間に対する率直な思いを語って欲しい。