カテゴリー別アーカイブ: Nepal

Summer School in Kathmandu 2005

ネパール帰国前の再会

前任校の仕事で、ネパールに行っていた頃に知り合った「友人」が、近く帰国するというので、赤坂で会ってきた。

「友人」と、今ではそのように形容するしかないが、最初会った時に彼女はネパールの高校生であった。お父さんがネパール人、お母さんが日本人。当時から、日本語とネパール語と英語を話していた。東海スクールネット研究会が主催する、ネパールの高校生を集めたイベント「Summer School」で、彼女に出会ったのが最初であった。研究会の教員の皆さんはネパール渡航歴の長い人たちだったが、日本語ができる彼女は、参加者でありながらある種特別な存在で、イベントの成功に、大きな力となった。当時から、話の仕方もとても落ち着いていて、安心感、安定感があった。

2005年、Summer Schoolの開会式。
Summer School in Kathmandu 2005

しばらくした後、ネパールで彼女のお母さんと、彼女の進学についてお話ししたりしていたのだが、最終的に彼女は、早稲田大学に進学することになった。またこれも、いつどのような経緯で話したのか忘れたけれど、入学後彼女は、一戸が大学1年の頃参加していた国際交流のサークルのメンバーとなり、そこでも充実した時間を過ごしたようだ。ただ大学に在籍している間、彼女に会うことはほとんどなく、SNSでときどき近況を知る程度。あっという間に大学を卒業、その後南アジア圏でビジネスを展開する企業で活躍した。

という彼女、日本人の男性と結婚し、二人で「実家」のネパールに帰国する。お相手はてっきり大学の同級生なのかなと思ったがそうではなく、しかし出会いのきっかけは、自分もよく知っている場所で、とても親近感がわくなれそめであった。ネパールに共に渡るお相手の男性は、新しい環境に苦労すると思うが、落ち着いた彼女の様子を見ていると、なんとかなるんじゃないかなあという気になってくるのも、よくわかる。ほかにも、日本での仕事の話、日本とネパールの社会の違い、教育の違い、ネパールの電力事情、いろいろな話をした。彼女の日本での仕事は順調で、将来の幹部候補生として期待されていたことがうかがわれた。それだけに、今回の決断は傍目には思い切ったものに見えるが、おそらく彼女の頭の中では、いずれ帰国するというシナリオが、できていたのではないかと思う。

2時間ほど楽しくお話しして、赤坂駅前で別れた。次に会う場所はたぶん、アンナプルナ連峰の麓であろう。帰国後に行われる結婚式にうかがってお皿をプレゼントする(という慣例らしい)ことはできないと思うが、いずれまたネパールに行き、ご家族に会える日がくればと思う。

ネパール稲門会ってあるのかな?

彼女の進学が決まった時にも、一度記事を書いていた。
早稲田のネパール人留学生 | ICHINOHE Blog

3年ぶりのネパール

明日から3年ぶりにネパールへ行くことにした。

3年前は仕事で、いろいろなプレッシャーを受けながらの訪問だったが、IT業界(Java業界?)の有名人たちと一緒で、にぎやかでもあった。今回は、自分の人生の区切りの時間を、なじみのあるネパールで、しずかに過ごすことにした。

僕がネパール(つまり稚内)での仕事から離れたあと、いろいろな人たちがwakhokからネパールに派遣され、ネパールからもwakhokに人々がやってきた。経験やつながりをこれからどのように生かしていくべきなのか、これまでゆっくり考える時間はなかったけれども、今回再び考えはじめるきっかけにできればいいという気持ちもある。

その間王制が終わってネパールの国の体制は大きく変わった。ロイヤルネパール航空の「ロイヤル」はなくなった。政治状況は前に比べればかなりましになったようだが、あんまり大きく改善したわけではないようだ。

全くの偶然だが、かつてネパールでともに可能性を追求していた丸山先生が、最近Twitterでネパールのことを語っていた。僕にとっても丸山先生にとっても、ネパールという国のインパクトは強かった。そのインパクトをどこかにつなげていくには、経済格差があまりにもありすぎ、具体化は難しいのだけれども。

この時期は雨期で、天気はあまり期待できないけれども、その分電力供給は比較的安定しているはず。ろうそくで過ごす時間はないに越したことはない。ネットワークは遅いので、Flickrの更新は、ほとんど無理だろう。CFカードを余分に持ってきた。

Asan Load Shedding night

ネパール:1日16時間停電という過酷な状態に

イスラエルのガザへの空爆停止が1日3時間という話題は、ニュースでも盛んに報じられているが、同じころネパールでは、1日の停電時間が16時間にも及んでいることは、日本ではほとんど報じられていない。

Asan Load Shedding night

from pulizendagi

リンク: 毎日8時間しか電気が来ない首都・カトマンドゥ カトマンドゥ特派員ブログ | 地球の歩き方.
リンク: 1日16時間の計画停電が始まる – 制作日誌ギーチ!.

僕が頻繁にネパールに行っていたときも、停電は冬の乾季にはまったく珍しいことではなかったのだが、1日16時間となるとちょっと話が違ってくる。上の地球の歩き方の記事では、日本人観光客にもおなじみのカトマンズの繁華街、タメルの停電時間が掲載されている。

参考までに、旅行者の利用が多い、タメル地区の停電時間割を掲載します。(2009年1月11日からのスケジュール)

日曜日 04:00-12:00 16:00-24:00
月曜日 04:00-12:00 16:00-24:00
火曜日 08:00-16:00 20:00-04:00(+1)
水曜日 08:00-16:00 20:00-04:00(+1)
木曜日 08:00-16:00 20:00-24:00
金曜日 00:00-08:00 12:00-20:00
土曜日 00:00-08:00 12:00-20:00

続きを読む

Nepal Elections

ネパール制憲議会選挙は、マオイストが圧勝

ネパールで制憲議会選挙の結果が見えてきた。すでに「制憲」の際に王政を廃止するという合意はできているのだが、どの勢力が勝つかによって、ひょっとすると合意がひっくり返る可能性もあったのかもしれない。いずれにしても、結果としてはマオイスト(毛沢東主義派)の圧勝ははっきりしてきた。eKantipur.comは現在、非常につながりにくい状態にあるが、今日の時点で116議席を確保したと報じている。

 

続きを読む

中国治安当局者がネパール入り、親チベット派による抗議デモを監視 国際ニュース : AFPBB News

中国では、チベット情勢の情報統制が進んでいるようだ。
すでに米国Youtubeへの中国国内からのアクセスが遮断されているという情報も出ているが、中国版Youtubeにはアクセスできるという情報もあり、まだよくわからない。

中国のブログでは、チベット人や西洋人への批判のほうが、意見としては多いようだ。

ネパールでは、中国治安当局者がチベットとの国境付近にやってきて、外国人メディアの取材を妨害しているという。ネパール軍関係者はその事実を把握しつつ、なにもできない(やらない?)らしい。

リンク: 中国治安当局者がネパール入り、親チベット派による抗議デモを監視 国際ニュース : AFPBB News.

【3月16日 AFP】ネパール軍関係者は15日、中国治安当局者が親チベット派による抗議活動を監視するため、ネパール入りしたことを明らかにした。
 中国チベット自治区との国境付近では私服の治安当局者の姿が見られ、AFPの特派員とカメラマンはネパール国土内での取材を当局者に妨害された。

ネパールの「生き神」少女、家族の要請で引退 | 世界のこぼれ話 | Reuters

ネパールで生き神「クマリ」として祭られていた(閉じ込められていた?)少女が、引退することになったそうだ。

リンク: ネパールの「生き神」少女、家族の要請で引退 | 世界のこぼれ話 | Reuters.

この少女はカトマンズに近いバクタプールで9年間にわたり、神聖な存在として信仰を集めていたが、昨年に伝統を無視して米国を訪問したとして一部の宗教当局から批判を受けていた。

クマリになる少女は、あるとき突然に、「スター誕生」のごとく、選抜され、連れて行かれるらしい(というようなことを、ネパールの友人が言っていた)。
引退後の少女たちには、「元クマリ」というレッテルがついて回るので、あまりハッピーなものはならないという話を聞く。

エアーネパール 日本―ネパール直行便を4月から運行開始

エアーネパールが、関空直行便の運行をはじめるようだ。

リンク: エアーネパール 日本―ネパール直行便を4月から運行開始 (物流ウィークリー・物流と運送、ロジスティクスの総合専門紙).

 関空―カトマンズ間を週二便でスタートする予定で、順次便数を増やし、年内には少なくとも週四便までもっていきたいとしている。また、カーゴの需要が期待されていることから、「動向次第」としながらも、カーゴ専用機の導入も視野に入れている。

エアーネパールって知らなかったのだけど、2005年にできた会社で、バンコク-カトマンズ便を運行しているようだ。あまり評判はよくないみたいだけど。