カテゴリー別アーカイブ: google

Google Glassでヒマラヤの旅:Glassでつなげたいもの、つなげたくないもの

Google Glassをかけて来店した客を、レストランが入店拒否してはいけないのか。その店はどんな評価を受けるのか。
都市におけるプライバシーとGoogle Glassの関係が、ますますクローズアップされつつあります。

携帯電話禁止やドレスコードを設けるレストランがあるということは、グーグルグラスに関してもの申すレストランが出てきても不思議ではありません。が、残念ながらそのようなお店では、支持者と反支持者がうまれ、バトルが始まるようですが…。

グーグルグラス着用で入店拒否のレストラン、店とユーザー間でバトル勃発 : ギズモード・ジャパン

レストランは、Yelp、食べログなどでつねに評価を受けています。ウェアラブルデバイスの利用について、社会的合意がない中では、「Google Glass禁止」のポリシーが、お店にとってプラスに働くのかどうか、まだまだよくわからないところがあります。

Google Glassで、どれだけのプライバシー情報が目の前に可視化されるのか、まだ使ってはいない私には想像するしかありません。
昨年度開催した情報ネットワーク法学会の研究会では、交際ステータスなど、前を歩いている見知らぬ人達の情報が、Glassに簡単に表示されるのではないかという「未来」が、予想されました。

グーグルグラスですれ違った女性の情報がだだ漏れに? | 情報ネットワーク法学会

また、都市がこれまで保証してきた匿名性が、ソーシャルメディアの普及によって失われ、匿名性がもたらしてきた、都市の創造性も奪われるのではないかという指摘もありました。

ソーシャルパトロールが都市の創造性を奪う? | 情報ネットワーク法学会

飲食店やコンビニなど、近隣のお店の多くで学生に遭遇して息苦しい、というのは、地方勤務の大学教員がよく体験しています。都会から地方に引っ越して10数年経った私は、その環境にすっかり慣れましたが、たしか最初は、いつも監視されているような気分でした。同じ状態がソーシャルを通じて、都会でも発生するということなのでしょう。ただし、地方で起きていたのは「どこにでも知り合いがいる」という状態なのに対して、ソーシャルがもたらすのは「知らない人にも素性がバレる」ということなので、実はちょっと意味合いが違います。「知らない人の素性」というのは、普段は誰も気にかけない情報なのですが、何かの拍子で注目されると、その人の「素性」への注目度が一気に上がるということでしょう。いい面も悪い面も、白日の下にさらされる(というよりは、もともと見えているものに周りが注目する)ことになります。

というわけで、「つなげる」とろくなことが起きないという長い「前振り」となりましたが、全くつながっていない場所に行くと、価値を持つこともあるという映像が、Googleから公開されています。Glassのマーケティング担当者が、Google Glassをかけてネパールとブータンを旅してきた時の映像です。両国とも、先進国と同じ環境で、高速インターネットが利用できる環境ではない、といっていいでしょう。

「つながっていない」国を旅する中で、出会った人々や風景を撮影してしまうと、貴重なそのシーンを自らの目に焼き付けられなくなることがあります。「撮ってないで自分の目に見ろ。」という話です。しかしGoogle Glassならその点を意識することなく、見ているものをそのまま撮影できるのだ、ということなのでしょう。たしかに貴重な体験の数々が、きわめて自然に、美しい映像でまとめられています。

都市では、狭い空間に人々が暮らしていく中で、互いに距離を保つ術を確立してきたわけですが、それが徐々に壊されつつあるという危機感が、醸成されつつ有ります。しかしちょっと場所のコンテキストを変えると、状況は異なるのでしょうか。映像の中に出てくる、ネパールやブータンの人々の権利はどうなのか、考えてみるといろいろ問題もあるのですが、少なくとも撮る側の感じるプレッシャーは、大きく変わります。ブータンの子どもたちにとって、Googleの動画に写り込んでいることは、どんな意味があるのか。意味はあると思いますが、それは、日本国内の小学校で撮影された子どもたちの写真とは、意味が違うように見えるわけです。

その究極の形が、北朝鮮の人々を「隠し撮り」した、エリック・ラフォルグさんの一連の写真でしょう。

北朝鮮の地方の姿、フランス人カメラマンが隠し撮りでとらえた【画像】

リアルな北朝鮮を伝えるEric LafforgueさんのFlickr | ICHINOHE Blog

これは場所だけでなく、時間を変えた場合にも同じことが言えます。過去の写真や映像の場合、関係者もいなくなり、プライバシーへの配慮よりも、リアリティを人々は求めます。したがって、プライバシーに配慮した結果、モザイクだらけになっている最近の記録写真や映像は、少なくとも後の世代には、不満足な記録になってしまうのではないかと思います。

答えはありません。しかしGoogle Glassのようなウェアラブルデバイスの進化は、「つなげるもの」と「つなげないもの」の線引きについて、さらに考えを深めていくことを要求しています。今は主に、「便利だよね」と「こわいよね」の間でせめぎあっていますが、場所や時間を超えて、何を共有すべきなのかというのもまた、一つの論点なのではないかと思います。

(Yahoo!ニュース個人掲載記事を転載)

Googleが「におい検索」の「Google Nose」をリリース(というネタ)

4/1、GoogleがGoogle Noseをリリース。においでの検索がついに可能になった。

Google Nose BETA

Google Nose

ビデオを見ていると「においで検索」と「においを検索」があるようだ。「においで検索」の方は、スマホを花にかざすと、どんな花のにおいかを特定してくれる。もちろん面白いのは「においを検索」、単語を入れるとそのにおいが飛び出してくるという仕掛け。みんなが一斉にディスプレイに鼻を近付けている。

当然のことながら、「どんな単語でもにおいがでるのか?」ということになるわけだが、後半になると、いろいろエスカレート、「New Car」「Success」などのにおいを検索、Successのにおいをかぐとちょっとガッツポーズが出るようだ。

サイトは今日限定だと思うので、早めに見ておくことをおすすめする。

Googleストリートビュー、福島県浪江町の撮影を開始

被災地の撮影を続けているGoogleストリートビューが、福島第一原発から20キロ圏内にある浪江町の撮影を始めている。

Google、福島県浪江町のストリートビュー画像を撮影開始、「未来へのキオク」サイトをリニューアル – インターネットコム

浪江町は、現在半分の地域が福島第一原子力発電所から20km圏内にあたる「警戒区域」、残り半分が「計画的避難区域」に指定されている。今なお町民2万1,000人が全国に避難している状況だ。今回、「ふるさとの現状を町民が把握し、また、原発事故の状況を世界に向けて発信したい」という浪江町長の要望により、撮影開始に至った。 ストリートビューの撮影は数週間程度かかり、数か月後には公開する予定となっている。

Google 貼牌冰箱(Google Refrigerator)

Googleドライブにプレビュー機能が登場

このところ、マイナーチェンジを繰り返し、どんどん便利になってきているGoogleドライブ。今度はファイル一覧から右クリックで、各ファイルをプレビューできる機能がついた。

Google 貼牌冰箱(Google Refrigerator)

by Aray Chen.

Googleドライブにテキストのコピペも可能なプレビュー機能 – ITmedia ニュース

Googleドライブにファイルのプレビュー機能が追加された。ファイル名上で右クリックして表示されるメニューの「プレビュー」を選択すると、プレビュー画面になる。メイン画面の左右の矢印キーで、ドライブ上のファイルを順にプレビューできる。

先ほど試してみたが、Keynoteファイルは開けなかったが、それ以外はどれもきちんと開くことができた。コピペもできるというので、つまりはテキストデータを引っこ抜いたり、どこかから連れてきたファイルを貼り付けたりできるということのようだ(先ほど試してみたがうまくいかなかった)。

Zeitgeist 2012

Googleの振り返る2012年「Zeitgeist 2012: Year In Review」


2012年を振り返るシリーズ二つ目。こちらは昨年も紹介したGoogleのZeitgeist(時代精神)。Googleでの検索キーワードから、2012年を振り返っている。

Zeitgeist 2012

検索画面への入力シーンからスタートし、写真、動画をおりまぜて、2012年を振り返る。Google+の画面が度々登場するあたり、「時代精神」というタイトルなのに、あまり客観的ではないような気もするが、まあその辺は適宜スルーしながらご覧いただければと。

今年なくなった人も必ず登場。ホイットニー・ヒューストンが出ていた。

Zeitgeist 2012 – Google

GmailがGoogle Driveと連携、Google Drive上のファイルを「添付」で送付可能に

GoogleがGmailにGoogleドライブを統合すると発表した。まだ自分のアカウントのメニューには現れていない。

Source: mashable.com via Shinya on Pinterest

 

Gmail、10GバイトまでのGoogle Driveファイルの添付が可能に – ITmedia エンタープライズ

米Googleは11月27日(現地時間)、GmailのメールにGoogle Drive内のファイルを直接添付できるようになったと発表した。従来の400倍に相当する10Gバイトまでのファイルを添付できる。この機能は数日をかけて段階的に全ユーザーに提供される。まだ「新しいメール作成画面」を利用していない場合は対応させる必要がある。

この機能が利用できるようになると、メール作成ウィンドウの下部にGoogle Driveのアイコンが表示されるようになる。これをクリックするとGoogle Driveのファイル一覧が開き、ここで添付したいファイルを選択することでファイルを添付できる。

パーソナルクラウドのサービスとして、DropboxやEvernoteと競合しているGoogleドライブだが、メールサービスとして大きな力を持つGmailとの連携は、競争上大きな後押しになるだろう。Googleドライブ側からメールを使ってファイル共有はできたのだが、通常のユーザから見ると、ハードルが大きかった。日常利用しているGmailから、簡単にファイルの共有ができるというのは、かなり利用しやすいはずだ。ファイルは添付されるわけではなく、メールを受け取ったユーザは、Google Driveにアクセスすることになる。

Gmail Users Now Can Send 10GB Files

グーグル、「Google Drive」と「Gmail」を統合–最大10Gバイトのファイル送信が可能に – CNET Japan

Gmail、Driveとの連携で最大10GBのファイル送信が可能に | エンタープライズ | マイナビニュース

Now

全国の電車の運行情報をGoogleマップに表示する「鉄道Now」

電車の運行予定にもとづいて、地図上を電車が動いていくサービス「鉄道Now」がリリースされ、話題になっている。今のところ、動作はやや重い。

鉄道Now

電車が線路のどこを走っているのかを地図上にリアルタイム表示する「鉄道Now」を使ってみた – GIGAZINE

実際の運行状況を表すものではなく、時刻表の情報に基づいて動いているようだ。

東京都内。たくさんの電車が動いている。
Now

それぞれの電車の行き先などを表示させることができる。
Now

札幌。そんなに多くはないが、まあまあ動いている。
Now

新潟駅周辺。もうちょっと走っていると思ったが、時間帯の問題か。
Now

青森駅周辺。こちらも静かだ。
Now

現在の運行状況だけでなく、時間帯を変えて、それぞれの時間帯の運行状況や「密度」を見ることも可能だ。

鉄道Now (tetsudonow)さんはTwitterを使っています

Analytics Statswidget

Google AnalyticsをiPhoneで確認するAnalytics StatsWidget

ブログをWordpressに移行してから、Google Analyticsをよく見るようになった。ココログ時代は、ココログのアクセスログでかなりのことがわかったので、Analyticsを開く必要はあまり感じなかったのだ。残念ながら、Google Analyticsのインターフェイスは、まだちょっと慣れない。

日頃からログをチェックして、ブログの書き方について振り返るべきと、コグレさんがよく話されていて、そのようにしようと思っているのだけど、もっと簡単に、たとえばiPhoneからでもチェックできないものか。と思って、調べてみたら、やはりいくつかのアプリが出てきた。現在使ってみているのがAnalytics StatsWidgetというアプリ。250円。

Analytics StatsWidget - interactivemonday Ltd

非常にシンプルに、今日、今週、今月などのアクセス状況を確認できる。設定もGoogleのアカウントでログインするだけでほとんど完了するので、非常に簡単だ。

Analytics Statswidget

Googleのページには、「リアルタイム」、つまり今この瞬間にアクセスしている人のログ(アクセスしているページ、どこからアクセスしてきているかなど)が確認できるのだが、それはこのアプリではみることができない。しかしそれ以外については、むしろアプリでみた方が、見やすいんじゃないかと思う。

以下のエントリーで、設定方法が詳しく解説されている。

Analytics StatsWigget バッジでアクセス数がわかるアクセス解析が面白い | goryugo

このエントリーをみて気づいたのだけど、「バッジ」に数字を表示させることができる。この機能を使えば、たとえば、今日のブログへのPage ViewやVisitor数などを、アプリを起動することなく、アプリのアイコン上に表示させることができるわけだ。たしかに数字が出ていた。

Analytics Statswidget

携帯電話から閲覧可能な「モバイルGmail」が開始–添付ファイルも表示 – CNET Japan

ようやくGmailが携帯からも読めるようになった。

リンク: 携帯電話から閲覧可能な「モバイルGmail」が開始–添付ファイルも表示 – CNET Japan.

もう他のアカウントのメールもGmailに集約してしまって、問題なくなったといえそうだ(Yahoo!メールのごとく、うっかり削除されてしまう恐れはあるわけだが)。昨日から運用が始まった新しい大学のウェブメールは、Squirrel Mailで、前よりは格段にいいのだけど、Gmailに比べると、やはり見劣りする。

というわけで、今期上級クラスとゼミの受講者には、全員Gmailを使ってもらおう。