カテゴリー別アーカイブ: Facebook

家入候補、ハッシュタグで募集した意見から120の政策を発表

かつてリベラル系の政治家の選挙演説で、「しなやか」という言葉がよく使われた。あれは今でもどういう意味で言っていたのか、正確にはよくわからない。保守の強面・マッチョなイメージと対極にある、やわらかいイメージのことを語っているのだということは、なんとなくわかるのだが。

辞書的には、1)柔軟で,弾力に富んでいるさま。よくしなうさま。2)動作・態度に角張ったところがなく,なよやかなさま。たおやかで優美なさま。ということになるようだ。

しなやか とは – コトバンク

東京都知事選の終盤で、家入一真さんは、#ぼくらの政策 でFacebookやTwitterを通じて募集した政策から120の政策を決定し、発表した。

家入一真(いえいりかずま)東京都知事選立候補者 120政策決定

ieiri

都知事選当選に必要な票数は多いので、家入さんが当選するのはかなり困難だと思うが、たとえ落選したとしても、これを発表したことが、社会的には十分な成果ではないかと思う。彼はあらかじめ公約なるものを決めることをほとんどせず(「居場所を作る」ということは言っていた)、未来像をみんなで出し合って、それを政策としてまとめるというプロセスを「可視化」してみせた。どこまでガラス張りで作られたといえるかは、よく見てみないとわからないが、多くの人々のハッシュタグ付き投稿から、賛同できるものをピックアップしたということだろう(どのアカウントのTweetの意見を取り入れたかも、可能な限り明示されている)。

「子育て福祉をしっかりやります」「防災対策に力を入れます」、というような言葉を連呼する政治家は多い。実際には何をやるのか、演説ではよくわからない。また有権者の側も、「しっかりやってくれ。よろしく」と考えるか、関心がないか、いずれにしてもそれ以上深く突っ込むつもりがない人たちがほとんどであった(そして「ネット選挙運動」が禁止されていたため、ソーシャルを通じた「突っ込み」も不可能であった)。実際には、支持団体の意向というのが、それなりに政治家の言動を左右してはいるのだが、これまでそれは表には見えなかった。

家入さんの背後に、支持団体っぽいものが何もない、と考えるのはナイーブすぎるかもしれない。しかしながら、ソーシャルメディアを使って、ボトムアップで政策を作り、そのプロセスを「見える化」し、できあがった制作の束を背負って当選を目指すというスタイルが、可能だということは、はっきり見えてきた。少なくとも政策形成プロセスは透明であるように見える。これで思い出したのが、冒頭に出した「しなやか」という言葉。「しなやか」という言葉は、もうすでに手垢がついていて陳腐だが、柔軟さという意味でいうならば、このような政策形成こそ、よっぽど「しなやか」ではないかという気がしてくる。選挙演説でワンフレーズを連呼する人たちは、リベラルだろうと保守だろうと、ちっとも「しなやか」ではない。

今後こういうボトムアップで政策を選択する政治家が選ばれるべきと考えるか、自分や党が決定した政策を掲げる政治家が選ばれるべきと考えるか。首長の場合には、一人で判断・決断する場面があるわけで、ボトムアップ型の候補者は必ずしも歓迎されないのかもしれない。しかし、議員の場合には、党が政策を作るのではなく、ソーシャルから吸い上げた意見から政策を形成し、そこに類似性のある人達が、離合集散して会派を形成するというような形が、ひょっとしたらできてくるのかもしれない。そんな期待を抱かせるような現象であるように思う。

この現象の面白さが、どこまで票に現れるのか。政策の発表に際して、家入さんがFacebookで出していたメッセージも面白かった。固定電話世代の世論調査と、ネットの民意のギャップが、実際の投票結果にどのように現れるのか。この点も注目したいところだ。

この表を見てください。20代30代40代が動けば時代が変わるんです。どうせ舛添さんだろ、どうせ細川さん宇都宮さんだろ。そう思う方々も多いと思います。でも、もし僕らが動かなくても既定路線がそうなのであれば、僕に賭けて一票入れてみませんか

メディアが報じる予想票数。あれ、固定電話で調査してんだよ笑。僕らの周りはどれだけ固定電話持ってるんだろう。持ってないよね。ネットの民意、若者の民意を見せつけてビビらせてやろう。5人の友達に、それぞれ5人ずつ紹介してと伝えてください。

敬和の女子学生ポートレートシリーズ「Keiwa Girl」の動画版公開

まもなく卒業する4年生、佐久間清貴くんが、動画を公開。

これまで女子学生たちを教室で撮影してきたシリーズ「Keiwa Girl」の動画版という位置づけ。一眼レフで撮影した動画が、よい色合いを出している。

Facebook 2012

Facebookは、ひとりひとりの2012年まとめページ機能をリリース

Facebookからは、2012年を自分の投稿でまとめるページがリリースされている。

Facebook 2012

今年1年の投稿の中から、写真を中心に、人気のあった投稿をピックアップし、まとめページを作成してくれる。

shinyai 2012

TwitterやGoogleが社会の「まとめ」を作ったのと対照的に、Facebookは自分「まとめ」をリリースしたというわけだ。

Facebook is like Dance Floors

「私たちをつなぐもの」 = Facebook:登録ユーザ10億人突破記念ビデオ

Facebookの登録ユーザ数がついに10億人を突破した。これを記念して、「The Things That Connect Us(私たちをつなぐもの)」というビデオが公開されている。椅子から始まって、その他諸々、人々をつなげるツールが登場する。もちろんつまり、Facebookは「人々をつなげるもの」だという意味だ。

Facebook is like Dance Floors

10億人突破を記念して、Mark Zuckerbergもメッセージを発表している。

This morning, there…

This morning, there are more than one billion people using Facebook actively each month.

If you’re reading this: thank you for giving me and my little team the honor of serving you.

Helping a billion people connect is amazing, humbling and by far the thing I am most proud of in my life.

I am committed to working every day to make Facebook better for you, and hopefully together one day we will be able to connect the rest of the world too.

実名の壁に阻まれると見られていた日本でも、Facebookはすっかり定着し、人々をつなげるツールとなった。もちろん「つながりたくないのに見つかってしまう(つながってしまう)」という、ややこしい問題はあるわけだが。

地方で暮らしながらさまざまな人々とつながっていきていけるかどうか、ネットの可能性を信じて、10年以上を地方で暮らしてきた自分には、メリットのほうが大きい。もちろん、そう思わない人もいるだろう。ただ人々が会い、名刺を交換し、会話し、付き合いを深めて、信頼しあうというプロセスの中で、Facebookの占める役割はどんどん大きくなってきている。

これがいやだという人もいるだろう。面と向かって話すほうが大事で、ネットに頼るなんてもってのほか、と、極端な意見を述べる人もいるだろう。しかし、人間社会のネットワーキングを支えるSNSが、今後もFacebookなのかどうかはわからないが、Facebookがもたらした強力なネットワーキングの効果は明白だ。今後、「ネットワーキングを回避したい」という意向をどう実現するか、調整局面はあるとは思うが、もはや仕組みそれ自体をリセットすることは、不可能なところまで来ているように、自分には思える。

Facebook

敬和学園大学Facebookページ、大学別話題にしている人率ランキングで1位に

このところ「敬和学園」全体に関しては、やや「炎上」気味の出来事もあったりして、少し心配していたのだけど、今日はよい話題。

facenaviの各種ランキング、以前、大学Facebookページランキングのことを紹介したが、今日は大学別話題にしている人率ランキング。
数週間前は3位だった敬和学園大学が、今日見たら、なんと1位になっていた。

Facebook大学別話題にしている人率ランキング

Facebook

このランキングは、いいね数300以上のFacebookページが対象で、敬和学園大学のいいね数は300ちょっと。もともとのいいね数(Facebookページに対する「いいね」の数)が少ない学校なので、「話題にしている人率」(1つの投稿に対するいいねやシェアの率)といっても、絶対数がそんなに多いわけではない。絶対数でいうならば、やはり関西学院大学。2,769/15,578と圧倒的な数字を出している。しかし「話題にしている人率」が高いということは、300ちょっとのファンの皆さんの、このコミュニティに対する親近感を現しているとも解釈できる。200を超える反応の絶対数も、それなりに健闘しているようにも見える。

以前書いた通り、大学Facebookページランキングは、50位台にとどまっている。いいねを押してその後も関わってくれる在学生や卒業生も少なくはないのだが、絶対数を増やしていくのはなかなか難しい。在学生や卒業生の皆さんには、自分の所属しているコミュニティを応援し、さらによいコミュニティにしていこうという前向きな気持で、いいねを教えてもらえたらと思う。

また、あらためまして、敬和学園大学のこれからに期待していただける方、ぜひ「いいね」でご支援いただければ幸いです。

大学Facebookページランキング、敬和学園大学もまだ50位台でした | ICHINOHE Blog

”Faces” one day at Keiwa

敬和学園大学の日常から見る新潟での大学生活:”Faces” one day at Keiwa

敬和学園大学の学生の日常を、表情で切り取ったイメージ映像が、Facebookページ限定で先行公開となった。

”Faces” one day at Keiwa

何かを説明しているわけではないが、新潟・新発田での大学生活をイメージしてもらうのに良さそう。

在学生の皆さんは、自分が映っているかチェックしなくては。卒業生の皆さんは、変わったものと変わらないもの、あるいは、自分の学生時代の日々を思い出すきっかけにしてもらえたらと思う。

【追記】
Youtube版も公開された(2012/9/20)。

Rengatei, Nagaoka

プライバシー設定などFacebookの複雑な設定を解説:長岡商工会議所青年部の企画で、Facebookについて講演してきた

先週金曜日7/13に長岡商工会議所青年部の企画で、長岡にお邪魔してきた。今回も関係者の皆さんに大変お世話になりました。
今回は公開講演会で、「Facebook最新事情と効果的活用法」というタイトル。実際の内容としては、プライバシー設定など「護身術」を中心にやってみてはどうかというご提案もあり、そちらを中心にお話させていただいた。

昨年学生たちとお邪魔して、初心者編をやらせていただいたので、今回はその続きという位置づけ。本当の初歩の使い方は飛ばして、使っていて「知らないうちに駄々漏れになってない?」とか「発信内容をうまくコントロールしたい」といった、「かゆいところ」を中心にお話しした。実際に利用していて、「かゆいところ」がある方のお役には立てたかなと思う。また「実名制」というので少し躊躇している人にも、ある程度のコントロールがきくことを、わかっていただけたのではないかと。一番最初の導入が必要だった方には、、、ぜひまた機会をいただければがんばります。

Facebookの各種設定は、屋上屋を重ねて、非常にわかりにくい「伏魔殿」となっている。実際にはかなり多くのことがコントロール可能な状態なのだが、あまりに複雑すぎて、普通のユーザが地力で理解するのはかなり難しい状況にある。今後も機会をいただいた際には、できるだけうまく解きほぐし、学生にも社会人にもうまく使いこなしてもらえるように努力したい。

第二部会場は今回も長岡の煉瓦亭。大広間の宴会場がくつろげるすばらしいお店で、くつろがせていただいた。

Rengatei, Nagaoka

20110713

大学Facebookページランキング、敬和学園大学もまだ50位台でした

大学Facebookページランキングをまとめたページを見つけたのでチェックしてみた。

Facebook大学別ファン数ランキング

圧倒的なファン数を集めているのが、関西学院大学。先月の地域科学研究会・高等教育情報センターのセミナーで、私の後にスピーカーをされた新谷さんが担当。実力ある関西有力校の一角、という以上に、よく研究してすばらしい運営をされているという思った。大学に関係する人々の数の蓄積が大きく違うとはいえ、敬和のFacebookページも、かなり早くから取り組んできたわけで、もう少し実績を積み上げたいところ。今日も担当者とそんな話をして帰ってきたところ。

Facebook大学別ファン数ランキング

20110713

by Keiwacollege.

で、ランキングをチェックしてみたところ。敬和もなんとか50番台に残っていた。もちろんFacebookページを作っている大学自体が少ないので、真ん中より下なんだけど。この分野で、県内他大学と見比べてもほとんど意味は無いのだが、新潟県でFacebookページを設置しているのは敬和学園大学だけ。ただそれだけのことではあるが、ここから県内ではもっともオープンな姿勢の大学として、評価してもらえたらうれしい。

敬和学園大学の同窓会組織は、あまり強いとはいえないのだが、卒業生が大学への関心を失ったわけではなく、職歴の浅い自分のような立場であっても、たびたび卒業生に大学で遭遇する。彼ら/彼女らも、みんな社会に出て働いているのであるから、たまの休みに大学に顔を見せてくれるとはいっても、そんなに同窓会活動に参加できるような立場にはないはず。でもだからといって、彼らから同窓会費や寄付を依頼するだけになるのではなく、卒業生たちの心の拠り所として、どのように大学が機能できるかを、この次代ならではの形で追求していくべきで、その意味でFacebookやFacebookページは、現時点でかなり有力なツールになるというべきだろう。

というわけで、担当者と相談しながら、敬和学園大学のFacebookページは、かなり面白いものに変えていくつもり。これからに期待していただける方、ぜひ「いいね」でご支援いただければ幸いです。

地域科学研究会・高等教育情報センター「ソーシャルメディアの活用と留意点」でお話ししてきた | ICHINOHE Blog

Keiwa College on Youtube

敬和学園大学紹介ビデオ公開

敬和学園大学の紹介ビデオ、今年のバージョンが、昨日YoutubeとFacebookに公開された。

今年は1年生もたくさん映っていて、在学生がまんべんなく見て楽しめる(?)内容になっているようだ。内輪で楽しむのは副次的な目的だけど。

1分40秒あたりで、3学科で学べる12分野の図もでてきて、「メディア」という言葉も入った。リベラルアーツの大学である以上、どのように学びの多様さを保証するかは、常に課題であるのだけれども、少しは現状を正確に伝えられるようになったのではないか。ともあれ、「情報メディアプログラム」は全学科共通のプログラム。「情報」「メディア」に関心のある学生は、どの学科でもどうぞ。

Keiwa College on Youtube

敬和学園大学で新プログラム「情報メディアプログラム」スタート | ICHINOHE Blog

加治川治水公園での花見をSlidelyにまとめてみた

4月に学生たちと、加治川治水公園で桜を見てきた時の写真を、Slidelyで音楽付きスライドショーにまとめてみた。Slidelyは、Facebook, Flickr, Instagramなどに保存された写真を取り出して、各種エフェクトを加えたスライドショーにまとめることができるサービス。

“Sakura”ではなく、”Spring”でSound Cloudを検索して、BGMを入れた。明るく楽しい曲をすばやく見つけられるようになると、よいスライドショー、よい動画が作れるようになりそう。

加治川治水公園の桜を見てきた | ICHINOHE Blog