カテゴリー別アーカイブ: Event

3/8開催「文化遺産を活かしたにぎわいづくりシンポジウム」に登壇します

今週末3/8、新発田で開催される「文化遺産を活かしたにぎわいづくりシンポジウム」に参加、パネルディスカッションのモデレータをやらせていただくことになった。

文化遺産を活かしたにぎわいづくりシンポジウムを開催します | 新発田市ホームページ

とき :平成26年3月8日(土)受付 13時~  開演 13時30分~
ところ:新発田商工会議所 4階大会議室(新発田市中央町4-10-10)
定員 :100名
入場料:無料

【プログラム】
13時30分~ 開会あいさつ
13時40分~ 基調講演「文化遺産を活かした中心市街地のまち育て~「空間」を「場所」に変える!?~」
  講師:北原 啓司様(弘前大学教授)
14時40分~ パネルディスカッション「文化遺産を活かした取り組み、まず何をする?」
  パネリスト:寺崎 敬道様(宝光寺住職)
         西村 純子様(街角こんぱす株式会社代表取締役)
         肥田野 正明様(新発田商工会議所青年部理事)
  コメンテーター: 北原 啓司様(弘前大学教授)
  コーディネーター: 一戸 信哉様(敬和学園大学准教授)
16時00分  閉会

基調講演は弘前大学の北原先生。自分の地元、弘前大学の先生と仕事をさせていただくのははじめてだし、基調講演も非常に楽しみだ。

これまで文化庁の「文化遺産を活かした地域活性化事業」として、新発田市が取り組んできたものの「お披露目」であり、今年度の「集大成」でもあるイベント。「文化遺産活用構想」が示されることになる予定だし、文化遺産を活用して今後何をやっていくのかも、具体的な提案として示されることになる予定だ。自分自身も3回行われたワークショップのうち、1回だけ参加させていただき、非常にいい刺激を受けた。今回もこれを受けていい形でまとめられるようにしたい。

会いに行きたい人のいる街「新発田」:まちづくりワークショップに参加してきた | ICHINOHE Blog

3人のパネラーはいずれも新発田の顔のような人たち。寺崎さんは新発田寺町を代表するお寺の一つ、宝光寺で住職をされている。動画を近日公開する予定の、2月実施の集中講義「現代メディア論」でも、学生の映像取材に協力していただいている。

西村さんは、街角こんぱすの編集をされている。街角こんぱすは、新発田で制作されている新発田及び周辺地域に関するフリーペーパーで、日本フリーペーパー大賞の地域密着部門最優秀賞を獲得している。

街角こんぱすWeb

肥田野さんは、新潟市と新発田市、両方でさまざまなプロジェクトに関わっている方で、個人的には新潟のコミュニティ活動で知り合った。一方新発田では、商工会議所青年部の活動で活躍していて、10月には一緒にフォトウォーク企画をやらせていただいた。新発田商工会議所青年部は、雑煮合戦のイメージが強いが、もう少し活動の幅を広げていこうと、いろいろな取組みをされている。

パネルでは、3人の活動を順番に聞いていく形ではなく、これまでのワークショップの成果や活用構想に盛られた具体案に基いて、会場の皆さんからアンケートをとる形であるとか、その他インタラクティブに進める予定なので、これまでワークショップに参加された方はもちろん、新発田在住在勤の方あるいは新発田出身の方など、ご関心の皆さんに広く参加していただけたらと思う。

アサテラ: 文化遺産を活かしたにぎわいづくりシンポジウム

新潟グラムが、「アクセス解析」「マーケティング」のセミナーを開催

デザイナーのためのセミナーを開催している「新潟グラム」。最近はペースが落ちたけれども、しばらくの間、ウェブデザイナーを中心とする層をターゲットに、非常に魅力的なセミナーを毎月開催していた。今回久々に開催されるセミナーは、「アクセス解析」「マーケティング」がテーマ。10月19日土曜日開催。

新潟グラム

デザイナーズワークショップ☆新潟グラム

サイバーエージェントの小川 卓氏を招いて、「アクセス解析&マーケティング」の観点から、ウェブデザインを考える形になるようだ。アクセス解析をきちんと見ることは必要ではあるのだろうが、Webデザイナーの一般的なイメージからすると、ここをきちんと抑えて、小さな改善を積み重ねるというタイプの人は少ないように思う。顧客の側も、新潟ローカルの中小企業であれば、継続的な改善に費用を支払わないところも多いだろう。

ウェブデザイナーにとって、アクセス解析を理解して仕事につなげていくというのは、大事なことではあるが、どうしても後回しにされがちな領域だろう。ワンランク上を目指すなら、という企画といえるだろう。

新潟日報モア「新潟ソーシャル時評」:白根大凧合戦の名物アナウンス

昨日白根大凧合戦で、すばらしいアナウンスのことを聞いたので、新潟日報モアで記事にしてみた。

白根大凧合戦の名物アナウンス|ソーシャル編集委員 一戸信哉「新潟ソーシャル時評」|モアブログ|新潟日報モア

白根大凧合戦 Shirone Kite Fight #niigata

はじめて見るわけではないのですが、今回初めて、本部からのアナウンスの面白さに気がつきました。「ただいま白根側から、立ちあがりましたのは、、、」で始まる、昔ながらの「名調子」が気になって、当たりを見回すと、実は自分の立っているところが本部の前。アナウンスを担当されている女性が、目の前にいました。本部のテント内を歩き回りながら、強調する所では(演歌でこぶしを効かせる時のように)やや膝を曲げて、ほぼアドリブで語る姿は、お見事でした。

今日も開催されているので、ご当地風景ドットコムの配信でも確認できるはず。



Live Video streaming by Ustream

昨日の音声は、「凝ってない音声」に記録されている。

古町どんどんに古賀絵里子さん登場「番組最後の締めコメ、記憶にないことがある」

昨日から開催されているイベント「古町どんどん」の企画で、BS-TBS「おんな酒場放浪記」に出演中の写真家、古賀絵里子さんのトークショーが行われた。聞き手は劇団NAMARAの江口歩さん。

 

会場につくと、古町どんどんに出展している店は、ほぼ店じまい状態で、天気も悪く人通りは少なくなっていたのだが、7番町の屋外ステージ(雨のため当日変更)の前に、100人ほどの人が集まっていた。開始前からステージには江口さんが立って、いろいろ話しながら空気を和ませていた。開始後も、江口さんが上手に話題をふり、会場との一体感を作っていた。

古町どんどん特設ステージ

古賀さんにはおそらく、新潟(とくに新潟市内)のイメージはほとんどなかったと思うが、取材で燕三条や佐渡に来たことはあり、佐渡でのテレビ取材がきっかけとなって、酒場放浪記への出演依頼が来たという。佐渡でのテレビ取材は、写真家として佐渡を訪ねて撮影するという企画で、取材先の佐渡は「好きな酒蔵を訪ねる」のが目的で自分で選んだそうだ(このイベントは、石本酒造がスポンサーで、来場者に越乃寒梅が一杯づつ配られていたこともあり、どこの酒蔵がお気に入りかは、明らかにされなかった)。

江口さんはこちらの動画で予習していたようで、ベンチの端にすわって倒れそうになったり、「ケダモノの香りがする」とコメントしたり、という、古賀さんの「天然」エピソードを紹介し、上手に彼女の個性に迫っていた。

個人的に印象深かったのは以下の二点。
– 番組最後の「締めコメ」、締めのコメントで、何をしゃべったか覚えていないことがある。

吉田類さんの「酒場放浪記」同様に、「おんな酒場放浪記」でも、お店から出てきて最後に「ほろよい」でお店についてコメントするというのが、この番組の一つの見せ場。この日も「実は飲んでいるのは水なのでは?」という質問が出ていたが、ちゃんとお酒を飲んでいるそう。吉田さんや古賀さんは、やや呂律が回らなくなっていることもあり、「最後のコメントを考えながら、楽しく飲む」というのは、なかなか大変だろうなと思ったのだが、実は「何をしゃべったか覚えてないことがある」んだとか。オンエアを見て、「え、こんなことを話してたんだ!」ということになるのだろう。

– 番組の台本はない。前日「ここいってください」と言われる。

佐渡で取材した番組を見て、出演依頼があったという話の中で、江口さんからは「初めて入っていくお店にもすっと馴染んで入っていけると思われたのだろう」とコメント。実際に番組の台本はない(ほとんどない、だったかもしれない)そうで、前日に「この店に行ってください。」といって突撃するのだそう。都内の人に聞くと、「今日は◯時から酒場放浪記の取材が入るんで」といったやりとりを、店の人とすることがあるらしいので、ということは、本人にも事前に情報を入れておくこともできるだろうし、事前打ち合わせも可能なんだろうけど、あえてそれはやらないで、「天然」の古賀さんに突撃させているのかもしれない。

全体的には、江口さんの話芸で、古賀さんの個性がうまく引き出された面白いトークであった。最後の質問が異性の好みを聞く方向に集中したのは、まあ「お約束」だろうけど、うーん、というところ。もう少し日本酒に関する方向に展開したほうが、世代性別を超えた話題になったような気もする。

よくわからなかったのは、撮影・録音が禁止だった件。酔っぱらって近づいてくる人がいないようにしておくのは大事だと思うけど、そこまで厳格にやる必要があったのだろうか(フラッシュ禁止ぐらいでよかったような)。アーケード街の公開ステージでやるわけだから、実際規制することは困難で、たびたび江口さんが「大人の事情で撮影は、、」と言わされていたのは気の毒であった。しかも「事務所のほうから、、、」と江口さんが言ったら、「私事務所はないです。」と古賀さんがしゃべってしまい、じゃあ「誰の都合なんだ?」という状況になっていた。実は本人からNGが出ていたのかもしれないけれど、主催側が過剰に気を使ったのでは?と思ってしまった。うがりすぎだろうか。

それともう一つ、古町どんどんが「店じまい」になっていたのも謎。トークイベントが終わってから、それぞれ個店に飲みに行くのでもよいし、その前に買い物を済ませてからというのでもかまわないけれど、「客寄せ」として期待していたのであれば、時間帯の設定には疑問が残る(ゲストの都合かもしれないが)。そもそも古町どんどんは、静まってしまった商店街に対する「カンフル剤」で、すっかり古町から離れてしまった人々に、「結構楽しいところだな」と思わせるのが目的のはず。だとすれば、昨日久々に古町に集まった古賀ファンは、古賀さんを見て満足したと思うけれど、「魔法」が解けて静かになった(しかも雨が降ってどんよりした)古町を歩いて、帰ることになったわけで、「寂れた古町」という印象を払しょくすることにはつながらなかったのではないか。

少し苦言っぽいことを書いてしまったが、古町らしい「文化的」なよいイベントであったと思う。ソーシャルメディアとの口コミとのうまく連携することなど、いくつか課題は残るけれども、これからもよい企画を続けていって欲しいと思った。

【おんな酒場放浪記】古賀絵里子さん【写真家】 – NAVER まとめ

2/17ソーシャルメディア・デジタルジャーナリズム合同研究会を開催

昨年末にスタートした、情報ネットワーク法学会のソーシャルメディア研究会。私が主査の仕事をさせていただくことになったこの研究会と、上智大学橋場先生から藤代裕之さんに主査がバトンタッチされた、デジタルジャーナリズム研究会が、2月17日に合同で研究会を開催する。

ソーシャルメディア研究会とデジタルジャーナリズム研究会の合同研究会

概要:
WOMマーケティング協議会(WOMJ)ガイドライン委員長である駒沢大学山口浩教授からWOMJガイドライン改訂のポイントを話して頂き、テーマに沿ったディスカッションを行います。第一回目ですので進行などについては当日までに変更があるかもしれません。セミナーではなく討議スタイルで行います。

開催日時:2013年2月17日 14:15~17:30

<スケジュール(予定)>

14時15分 開場
14時30分 開始
17時00分 討議終わり、今後の進め方について
17時30分 終了

<参加資格/費用>

ソーシャルメディアやジャーナリズム、テーマに関心があれば学会員以外でも参加できます。
会場費の負担をお願いします(500円程度を予定)

当日は、WOMマーケティング協議会ガイドライン委員長の山口浩先生から、WOMJガイドライン改訂のポイントについて、解説がある予定だが、山口先生は今週、以下の様な「ステマ」に関するお話をされたようで、Slideshareに資料が公開されている。

また、シノドスにも以下の記事が出ている。

ステルスマーケティングへの「対策」について 山口浩 – SYNODOS JOURNAL(シノドス・ジャーナル) – 朝日新聞社(WEBRONZA)

情報ネットワーク法学会の会員でなくとも、今回の研究会には参加可能。都心での開催で、テーマも法学者限定の話題ではないので、多くの皆さんにご参加いただきたい。お申し込みは、以下のFacebookイベント、または、学会ホームページ掲載のメールアドレスまで。

情報ネットワーク法学会 ソーシャルメディア研究会/デジタルジャーナリズム研究会

Edu × Digi Niigata 20130210

デジタル教科書学会新潟支部のイベントで登壇

2月10日に開催された、デジタル教科書学会新潟支部のイベント「Edu × Digi Niigata 20130210」に参加してきた。

Edu × Digi Niigata 20130210

会場は新潟大学ときめいと。いつもこの会場で行われる小規模イベントの感覚で出かけていったのだが、参加者は100名近く。県外からもたくさんの参加があった。

この学会は、新潟市の小学校で教員をされている片山敏郎先生や新潟大学の上松恵理子が中心になってスタートしたもので、大学教員によりも小中高の教員の参加が多いことが特徴だ。発表された皆さんも、「デジタル教科書」あるいは「デジタル環境」を積極的に教育現場に取り入れて、成果を上げている人ばかりで、非常に勉強になった。大学の情報化は大して進んでいないが、実は「デジタル教科書」の導入を控えて、小学校などでは、準備が進んでいるのではないか。そういう気持ちにさせられた。たぶんそうではなくて、先進的な取り組みをしている人たちが集まっているのだと思うが。大学研究者の皆さんからのお話も、デジタル教科書導入に向けた動きを踏まえた、非常に興味深いお話であった。

自分はあまりおもしろいネタもなかったのだけれども、外野の自分なりの目線で、お話をさせていただいた。「教育の「非同期」化が課題」「『ググればわかる』時代の教育の役割」というフレーズは、少し刺激が強すぎたかもしれないが、いろいろな人と問題意識を共有する機会にはなったと思う。

当日しゃべった音声が、新潟ニッチトークで公開されている。

#ひとりニッチ @shinyai 先生のデジタル教科書シンポジウムの話 #nntalk: 新潟ニッチとーく

Moscone Center West

シックス・アパート関さんの選ぶ海外ITイベント24選は、渡航計画に最適

シックス・アパートの関さんが、年初にアップした記事。関さん自ら、米国各地のイベントカレンダーから、主要なITイベントの予定をピックアップして、まとめてくれている。

Moscone Center West

Photo by N-Q

シックス・アパートが独断と偏見で選ぶ2013年の海外ITイベント24選 – Six Apart ブログ

さて2013年の初記事は、シックス・アパートの関が独断と偏見で選ぶ、2013年のIT海外イベント24選です。といっても実態は、海外出張の予定を立てようと自分がすでに参加予定にしているイベントに加えて、ニューヨークやサンフランシスコの著名な展示会場(東京でいうと、東京ビッグサイトや幕張メッセみたいな場所)であるニューヨークのJavits Center(ジャビッツ・センター)や、サンフランシスコのMoscone Center(モスコーニ・センター)のイベント・スケジュールを見て、ITに関連しそうなものを選んだだけではありますが…。なお欧米のイベントに偏っているのでアジアご担当の方はご注意下さい(笑)。

新潟で暮らしていると、回りにこの手の海外ITイベントにどんどん出ていく人はほとんどいないので、アンテナを張り巡らせることがなければ、そのまま知らずに過ごすこともできる。しかしいまや、ソーシャルメディアを通じて、多くの人が海外に、しかも同じ目的に向かっている様子を知り、しばらくして、どんなイベントが行われているかを知ることが増えた。非常に増えた。で、来年こそは自分も行こうと毎回思う。しかしまた、地元での仕事のスケジュールをうっかり入れてしまい、いつしかイベントのことなど忘れてしまい、直前になって気づくということが、毎年繰り返されている。

せっかく関さんにまとめていただいたので、今年はもう少し計画的に、面白そうなイベントに出かけていくような積極さを持てるようになりたいものだ。アジア方面もこういうまとめ人の方が出てきてくれると、さらに見通しが立てやすい(自分でやれという話もあるが)。

Miss Cut in Campus 20121221

Miss Cut in Campus、敬和学園大学の高井瑛子さんがグランプリに

昨日ラフォーレ原宿新潟で開催されたMiss Cut in Campusで、敬和学園大学4年の高井瑛子さんが見事グランプリに輝いた。このイベントは、FM KENTOの主催によるもの。

Miss Cut in Campus 20121221

Miss CUT IN Campus 2012

先週高井さんに会った時に、「一芸」を披露するところが不安だと言っていたので、その部分だけでもと、ラフォーレに見に行ってきた。おそらくそこが一番のハードルだったのだろうが、アドリブ力をちゃんと発揮して、審査委員長にも風船のプードルをプレゼントするなどして、うまく切り抜けていたと思う。

冒頭部分を見て家に帰ってきてから「ひょっとして優勝するかもしれない」と思い、会場にいたゼミ生にメッセージを送った。「高井さんが優勝したら最前列に出て写真を撮っておいて」。すると4時半過ぎに電話がかかってきた。「優勝しました!」。その後写真が送られてきて、たしかに優勝したことを確認、Facebookで一報を書き込んだところ、多くの敬和生その他関係者からの反応があった。

Miss Cut in Campus, 高井さん優勝おめでとう。 #niigata   #keiwa

Miss Cut in Campus優勝の高井さん。 #keiwa

高井さんはすでに、今回主催しているFM KENTOのフリーペーパーに、何度も登場している。FM KENTOさんが最初の取材にいらしたのは、今のフリーペーパー「Cut in Campus」の前身「Zero Style」の時代、2010年春頃だったと思う。一戸がその前にTwitter関連の取材を受けていたので、お昼休み撮影している際には、被写体になってくれそうな学生に声をかけていた記憶がある。その時高井さんに自分が声をかけたのかどうかは記憶にないが、その後モデルとして高井さんが登場するようになったのはたしかで、このときの取材がきっかけだったのだろう。その意味でも大変感慨深い。この時期にKeiwa Lunchにも出演してもらい、その後、大学広報にも力を貸してもらうようになった。今電車に出ている敬和学園大学の中吊り広告にも登場してくれている。

現在は新潟の地方局NSTでもレポーター役として活躍、4月からの仕事についても、先日うれしい報告をもらった。テレビに出るようになってから、度胸がついたというべきか、話の仕方に安定感が出てきたように感じる。今回の結果も、これまでの経験が、よい方向に作用したのではないか。これだけの出演経験があるので新鮮味に欠けると判断され、「当て馬」的にエントリーナンバー1番なのだと思っていたが、これに関してはよい意味で予想が裏切られた。

先日公開したKeiwastagramの動画でも、冒頭に出演してくれて、他の学生とは一味違う姿を披露してくれている。

高井さんの映像はもう1パターンあり、そちらはKeiwastagramの30秒紹介に使わせてもらった。

Miss CUT IN Campus 2012 – 敬和学園大学 新潟県新発田市にあるリベラル・アーツ大学

inlaw 2012

情報ネットワーク法学会にて分科会「ソーシャルメディアの信頼性」開催

ずいぶん間が開いてしまった。12月1日情報ネットワーク法学会で分科会「ソーシャルメディアの信頼性」を開催、コーディネータをやらせていただいた。

写真は基調講演のもの。分科会の時にはさすがに撮影できていない。
inlaw 2012

この分科会は、情報ネットワーク法学会ソーシャルメディア研究会のスタートをアナウンス、今後の研究の方向性を考える目的も含めつつ開催した。パネラーには、落合洋司さん、藤代裕之さん、山口浩さんに来ていただいた。あっという間に時間が過ぎた。

情報ネットワーク法学会「ソーシャルメディアの信頼性」 – Togetter

最終的には、運営側が、ステマなどの問題を排除し、信頼性を担保するための努力をするにしても限度があり、読み手側のリテラシーにもある程度頼るしかないという結論にいたった。個人的には、リテラシーを一般ユーザ全般に期待するのはほとんど不可能な状態にあると思うが、監視業務を強化すれば果てしなくコストがかかるというのもわかる。

その後、ペニオクのやらせ記事問題が続々と出てきている。事業者がこれらを完全に排除することは不可能だが、「CMでやっているから安心」といってしまう人たちは、タレントがブログで紹介するとあっさり騙される。リテラシー教育で補うにも限界がありそうだ。

というわけで、今後は研究会発足に向けて準備を進めます。積極的にご参加ください。

第12回研究大会開催案内

LINE講習会 20121121

「ECmeeting」でLINE講習会

先週水曜日11月21日、異業種交流会「ECmeeting」の月例会で、LINEについてお話させていただいた。

LINE講習会 20121121

これまでもこの集まりでは、TwitterやFacebookの講習会をやらせていただいていて、しばらく間が空いていたのだけど、LINEについても今回ご依頼いただいた。LINEについての講演依頼はこれが初めてだったので、操作方法はもちろんのことで、関連するアプリ、プライバシー設定、競合サービスなど、周辺事情についても調べ直すよいきっかけとなった。