カテゴリー別アーカイブ: 稚内

稚内

稚内市に「樺太記念館」開館へ

稚内の副港市場に、全国樺太連盟から資料提供を受けて、樺太記念館を開設というニュース。

「稚内市樺太記念館」開館へ 資料2千点や映像公開 来年5月末、副港市場内に:どうしん電子版(北海道新聞)

樺太出身者らでつくる全国樺太連盟(本部・東京、西本美嗣会長)からの提供資料を展示するほか、映像資料を公開するスペースも設置。市は観光客をはじめ多くの人が樺太について学ぶ機会となることを期待している。

通年で開館するために、冬場閉館する百年記念塔(稚内公園にある北方記念館)ではなく、副港市場にしたのはよい判断だろう。

お土産・温泉・お食事などが入った日本最北端の複合施設 副港市場

北方記念館も、地味ながらいい展示内容なので、通年展示にできたらいいとは思うが、訪れる人も多いとはいえない。記念館のある「稚内公園」は、高台で見晴らしがよく、日によってはサハリンものぞめる立地だが、冬場そこまでのアクセスを確保するのは容易ではない。

全国樺太連盟が2021年までに解散する計画というのは知らなかった。たしかに、引き揚げ者が高齢化しており、北方領土のように返還を求めているわけでもなく、団体として続けていくのは難しい状況にあるのだろう。

少し調べてみたところ、連盟の西本美嗣会長のインタビューが、2016年の8月、毎日の記事に出ていた。資料の引受けは、稚内のほか、北海道博物館にも期待されている。「副港市場」は商業施設なので、展示する以外の資料をアーカイブする機能はあまり期待できないだろう。稚内市がこれに関してどんな姿勢を示すのか、すべて「札幌に任せる」ということにするのか、「アーカイブの一部も稚内が担う」という立場をとるのか、注目されるところだ。

樺太40年史:後世に 歴史書近く完成 「全国連盟」解散へ続く取り組み /北海道 – 毎日新聞

−−連盟の解散をどう進めていくか。
◆会員から寄贈された資料が8000点ほどある。北海道博物館(札幌市厚別区)や稚内市の北方記念館に引き取ってもらうことになっており、引き継ぎをしっかりしたい。樺太では日本が降伏した後も地上戦や空爆があり、多くの人が亡くなった。遺骨収集は調査が難航しているが、できるだけ協力していく。我々が元気なうちに、できることはやっておきたい。

最北に暮らす若者が映像で語る地域:観光地稚内の日常は、「内地」の人々に何を伝えるか

私の前任校稚内北星学園大学の学生たちが、「私の暮らすまち、稚内。」を短い映像作品にまとめたものが、先月開催されたわっかない白夜映画祭で上映されています。また、このとき上映された作品がYoutubeに公開されています。北海道稚内市は、日本最北端の街です。最北端に暮らす若者のリアルな思いが、映像に現れているように思います。

第1回白夜祭:日本一短い夏至の夜を楽しんで…稚内 – 毎日新聞

私の暮らすまち、稚内。 – YouTube

いくつかの作品を見て、私にとっては、稚内に暮らしていた時の感覚を呼び起こすような懐かしさがあるわけですが、本州(北海道の人たちは、今でも「内地」という言葉を使います)に戻ってきてからの自分の感覚で考えると、「遠い」作品です。この「遠い」という感覚はどういうことなのか、考えてみました。

中央のマスメディアが伝える情報は、地方に行けば行くほど、遠い「東京からの情報」になります。その意味で言うと、稚内で見る「東京からの情報」は、相当に「遠い」です。この「遠さ」を補うのが「地方紙」などの地域メディアですが、これもカバーするエリアが広くなると、遠い「県庁所在地からの情報」を流す存在になります。

北海道の場合には、道庁のある札幌の存在感が大きく、札幌近郊とそれ以外のギャップが大きいです。大学教員として6年間暮らした稚内では、東京ははるか遠くにあり、札幌も結構遠くにある(たしか360キロ離れている)都会です。どちらのニュースも遠い世界の出来事のように感じます(もちろん陸続きの札幌は相対的には近いのですが)。

北海道新聞はブロック紙の一角を占める大手の地方紙ですが、稚内は北海道の中でもさらに遠く離れた「地方」ということになります。地方の中の地方である稚内には、全国紙の取材体制は十分になく、テレビ局もNHKの報道室があるだけでした。「地方の地方」たる地域に関する情報は、札幌や東京のメディアに取材されて伝わっていくことはほとんどなく、稚内や宗谷地域限定の地元紙の中だけで共有されることが多いです。人々のメディア空間は、インターネット時代になって、変わった部分もあるのですが、この「遠さ」を背負ったままであるように感じることが多かったように思います。

一方、都会の人が稚内のことを知らないわけではありません。都会の人から見れば、稚内は「辺境」ですが、同時に宗谷岬があり、カニがあり、近くに利尻・礼文のある「さいはての街」として知られています。いいかえれば観光地として、稚内はある意味「エッジが立った」状態にあり、この角度での情報だけが、いわば「つまみ食い」され、多く流通しています。

結果的に稚内という街は、観光地としてのエッジの立った部分だけが「全国区」となっていますが、この街で暮らす人達のことは、ほとんど知られていません。観光地である地方都市というのは、大なり小なりそうだと思いますが、稚内を始めとする北海道の地方都市の場合には、北海道特有の複雑なメディア構造の下で、この傾向がさらに強まります。結果的には、稚内の人たちも、自分たちのことを中央メディアを通して共有する機会が、非常に乏しくなります。

最北の大学で映像制作の授業が始まったのは、私が赴任した2000年ですが、それから14年、この授業では稚内や宗谷をさまざまな角度から伝え続けています。最初はYoutubのような動画共有サイトはありませんでしたので、当初の作品はどこかにお蔵入りしているようですが、ここ数年の作品はYoutubeにアーカイブされています。映像制作を指導している教員も、私が教えていた時代に学生であったNPO法人のメンバーが担当するようになりました。

稚内北星で制作された動画は、数々の映像賞をとるなど、高い評価をえていますが、地元と都会、それぞれの世間の関心の間隙、谷間に沈みがちな「稚内ローカル」だけを狙った作品ではなく、「内地」の人の関心を意識して作られていたように思います。以下はいくつもの賞を受賞した作品「待合室の片隅で」。建て替えになった稚内駅で営業していた立ち食いそば屋を巡るストーリーで、最北を目指して旅をした人々の心をくすぐりつつ、題材は地元の人々の暮らしです。決して稚内人の関心だけに向けて作られているわけではないと、私は感じています。

今回の作品は、うってかわって非常に「稚内ローカル」な作品です。地元出身の学生たちが、自分たちの思い入れのある場所について、そのストーリーを短い映像で紹介しています。南小学校や南中学校への思いは、稚内人ではない人には「遠い」ものですが、現地で6年暮らした私には懐かしくもあります。観光地ブランドの稚内ではなく、日常の稚内とそこに暮らす人々の思いは、観光地として稚内に来たことがある人や、全く縁のなかった人たちに、何らかの形で「最北」の一断面を伝え、心のなかに何かを残すことができるのか。この動画への反響に、注目したいと思っています。

(Yahoo!ニュース個人より転載)

1962年の稚内:駐留米軍関係者の思い出フィルムから

Youtubeにアップされた1962年頃の稚内の映像。かつてあった、駐留米軍関係者が撮影したもの。

建物は変わっているけれど、稚内の街並みを特徴づけているのはむしろ、湾を取り囲む細長い地形で、その景観はそのまま残っているんだなという印象。冬の吹雪の様子も変わらない。やたらとにぎやかなのは、北門神社祭だろうか。だとすれば、これも今も変わらず。

稚内に住んでいた頃、北洋漁業で賑わっていた時代の話を、いろいろな人から聞いたが、その頃の風景はこんな風だったということか。米軍関係者が切り取った、断片的な映像なので、「賑やかさ」は必ずしも伝わってこないというのが正直なところ。

[rakuten]hokusen:10002249[/rakuten]
[rakuten]marumasa-bussan:10001384[/rakuten]
[rakuten]gourmet-m:10002170[/rakuten]
[rakuten]auc-sidasuisan:10000025[/rakuten]

旧海軍大湊通信隊稚内分遺隊幕別送信所庁舎、雪の重みで壊れる

稚内の旧海軍施設と言えば、宗谷岬の旧海軍望楼。宗谷岬の観光コースにも入っているので、望楼は何度も見たことがあったが、今日ニュースに出てきた、幕別送信所は知らなかった。おそらく恵北の奥の方に人知れず残っているのだろう。

“開戦暗号電報”施設 雪で壊れる NHKニュース

太平洋戦争開戦の際、「ニイタカヤマノボレ」の暗号電報を送った北海道稚内市にある旧日本軍の通信施設として使われた建物が、雪の重みで壊れているのが見つかりました。

壊れていたのは、北海道稚内市の郊外にある旧日本海軍の「幕別送信所」として使われた建物です。
建物の保存に取り組んでいる地元の市民グループが、17日、現地を訪れた際に壊れているのを確認しました。
この建物は、昭和6年に開設されたかつて旧日本軍の送信所で、太平洋戦争開戦の際、「ニイタカヤマノボレ」の暗号電報を送る際に使われました。
建物はれんが造りですでに老朽化していましたが、雪の重みで屋根の大部分が落ち、壁に長さ10メートルほどの亀裂が入りました。

おそらく整備はされていなかった(市民グループが定期的に見回っていた?)だろうし、これから修理するのかどうか、市としても判断に迷うところかもしれない。

 

【稚内】待合室の、片隅で。:市民がつくるTVF(東京ビデオフェスティバル)2012「筑紫哲也賞」

ちょっと前の情報になるがご紹介。
NPO法人ムーブユーが制作した、映像作品「待合室の、片隅で。」が、市民がつくるTVF(東京ビデオフェスティバル)2012で、「筑紫哲也賞」を受賞した。ムーブユーは、前任校稚内北星学園大学の、映像制作の授業からスタートしたNPO法人(一戸も発足以来監事をつとめている)。地元紙で紹介されるなど、地元ではちょっとした話題になっているようだ。

この作品は、稚内駅の建て替えにより閉店することになった立ち食いそば「宗谷」が題材。最北の駅のそばやさんで働く3人の女性とそこを訪れる人々とのふれあいを描いている。大手メディアがなかなか拾ってくれない、最北の街の日常を、ドキュメンタリーとして仕上げる活動は、ムーブユーの存在意義の中核部分であり、この部分での活動がきちんと評価され続けているというのは、大変素晴らしい。

なおこの作品は、「地方の時代」映像祭でも入選している。
ムーブログ: 【受賞】市民がつくるTVF(東京ビデオフェスティバル)2012「筑紫哲也賞」受賞!

ムーブログ: 【受賞】地方の時代映像祭2011入選しました。

筑紫哲也賞! – Life3.0 ~ 短大教員の雑想

暴風雪で稚内が「陸の孤島」に

今日の昼間、元同僚の安藤先生から以下のTweetが流れてきて、驚いた。

え、そんなことあるのか、と思ったが、やはりレアな出来事のよう。90年代、まだ稚内北星短大だった時代に、似たようなことがあったようだが、僕がいた時代にはそこまでのことはなかった。

さいほくネットに、荒れ狂う暴風雪の様子が、動画で公開されている。

【ぷちコミ】今日の稚内は陸の孤島。 (さいほくネット)

稚内に通じる交通網はどこも通行止めになっていて、稚内市内の都市機能もマヒしたようだ。いろいろ検索してみると、コミュニティFMのFMわっぴーがかなり細かく情報を出していたことがうかがえる。市民や各機関のTweetでもさまざまな情報が共有されていたことが分かる。

さて完全に「陸の孤島」となった稚内。これだけの事態ならば、さぞ大きく報じられたかと思い(実際、本州でこんなことがあったら大騒ぎだ)、検索してみると、Google検索にはなにも引っ掛からない。北海道新聞のウェブを見てみると、大雪に関する記事が出ていた。

道内大荒れ 交通網寸断-北海道新聞[道内]

道内は低気圧が急速に発達しながら通過している影響で、15日朝から日本海側を中心に風雪が強まった。16日朝にかけて日本海側などで局地的な大雪、太平洋側やオホーツク海側では強風になるなど、全道的に荒天となる見通しで、札幌管区気象台は警戒を呼びかけている。

 

同気象台によると、15日正午までの12時間の降雪量は上川管内幌加内町で24センチ、同管内上川町層雲峡で21センチ、宗谷管内中頓別町で18センチ。旭川市は8センチ、札幌市は4センチだった。最大風速は襟裳岬で22・5メートルを観測した。

 

この影響でJRは午後1時現在、学園都市線の一部で運転を見合わせているほか、特急など19本が運休や部分運休し、約2千人に影響が出た。旭川市の東旭川駅構内では雪で線路のポイントが切り替わらなくなるトラブルがあった。

 

ハートランドフェリーは奥尻―江差、稚内―利尻・礼文の計12便、津軽海峡フェリーは函館―大間の2便が欠航。

 

というわけで、道内全域で大荒れであったこともあるのか、稚内のあらゆる機能が止まってしまったというニュースは、現時点では道新ですら報じていないようだ(ちなみに道新は稚内支局がある)。

そんな中コミュニティFMのFMわっぴーが活躍、わっぴーはおりしも、念願の出力アップを実現し、近々出力50Wになるそうだ。宗谷岬あたりまでカバーするにはたしかにこれぐらいの出力が必要になる。今回の暴風雪は、まさに大出力で市内全域をカバーする必要性を、タイミング良く示した形となった。

またTwitterも力を発揮した。一次情報は大手のメディアからはほとんど報じられなかったが、わっぴーが活躍し、それを補完する形でTwitterを通じて情報が共有された。日本のニュースで、大手メディアがカバーできないことなどないかのように思われがちだが、実は稚内に限らず、離島などでもカバーされていないニュースは多いはず。地域メディア+Twitterにより、この機能が補完され、コミュニティ内部はもちろんのこと、外側との情報共有も、可能になっているように思う。

新潟のスーパーで稚内の「勇知いも」を発見

今日スーパーで、稚内産のじゃがいも「勇知いも」を見かけた。他の産地のじゃがいもにまぎれて、数袋だけ。

気候上稲作はもちろん、畑作ができる地域も限られる稚内にあって、内陸部の勇知地区で作られていたじゃがいも「勇知いも」は、ほとんど唯一といっていい、畑作物の地域ブランドである(酪農は別)。漁業中心の稚内の中心部は、稚内湾にへばりつくように立地しているのだが、勇知は中心部からかなり(10キロぐらい?)離れた、「郊外」にある。

勇知いもはかつてブランドであったのだが、一度生産者がいなくなり、最近復活に取り組んでいるときいていた。ずっと地元で消費する程度しか制裁されていなかったものが、ようやく、海を越えて新潟までやってきるまでになったというわけだ。

勇知いもの詳しい解説は、以下の悠遊ファームの記事が詳しい。

いちご狩りと自然栽培野菜の悠遊ファーム

かつて、稚内に住み始めたころ、「稚内は寒くて稲作も畑作もできない」と聞き、本当に驚いた。日本にそこまで寒冷な土地があるのかと。その後しばらくして、同僚が内陸の勇知というところに学生を引率するというので、一緒についていって、そこで聞いたのが、このじゃがいもの話。寒冷地での新しい不安を感じていた自分にとって、「勇知いも」は、ちょっとした「救い」だった。今日じゃがいもを見て、その頃の記憶がよみがえった。

以下は、自分もメンバーに名前を連ねている、稚内のNPO法人「Moovu」が、勇知の「ポテト村祭り」を取材してまとめた映像。

この映像を検索したら、「勇知いも」自体をテーマにした動画も出てきた。

稚内の居酒屋「蝦夷の里」がロケットニュース24に登場

稚内でよく行ったお店の一つ「蝦夷の里」が、ロケットニュース24に登場している。
稚内市内にある居酒屋『炉端 蝦夷の里』がしみじみ美味い / 派手さは全くないが焼き魚が絶品 – ロケットニュース24(β)

店内に入ると薄暗い照明のなか、炉端で焼き物を物静かに焼いている店員さんの姿が見える。ここでのオススメは正直特に無いのだが、一つだけ言えることは「何を食べてもうまい」ということだけ。
お酒の種類も少ないし、うに丼やいくら丼のような派手なメニューも無い。だが、何を食べてもしみじみうまい。

ホッケも牡蠣酢もホタテも、どれも懐かしいメニュー。稚内では、カニやらウニやら、派手な定番メニューが観光客に人気だが、この店の地味な(?)メニューのほうが、実際にはおいしいと思う。今はドーミーインの隣なので、このホテルに泊まればアクセスも良いようだ。

大きな地図で見る

/Dashinosuke

稚内の観光イメージキャラクタは、「ゆるキャラ」の「出汁之介」

稚内観光協会が、4月に、イメージキャラクターの「出汁之介」をリリースしていたようだ。

ViewMore FromTagsCommentsSaveShareSendFavorite

ViewMore FromTagsCommentsSaveShareSendFavorite

/Dashinosuke
 

 

続きを読む

DSC 0755-2

礼文空港4月から休止

2003年に稚内からの路線が廃止された礼文空港が、4月から休止することになった。

DSC 0755-2

リンク: 北海道・礼文空港4月から休止 定期便なく管理費かさむ – 47NEWS(よんななニュース).

礼文空港は1978年6月に供用が開始された日本最北端の空港。稚内-礼文を結ぶ航空路線を運航していたエアー北海道が2003年3月末に撤退して以降、個人の小型機や道の防災ヘリなどが年に数回程度利用しているだけだった。

2003年の路線が廃止される際に、たしかムーブユーのメンバーが取材に行ったはずで、それから6年、定期便のない空港は維持されていたようだ。

その間、ほとんど出番のない空港を管理するために、北海道から職員が派遣され常駐していたということか(あるいは、地元から採用していたのだろうか)。