カテゴリー別アーカイブ: 稚内北星学園大学

最北に暮らす若者が映像で語る地域:観光地稚内の日常は、「内地」の人々に何を伝えるか

私の前任校稚内北星学園大学の学生たちが、「私の暮らすまち、稚内。」を短い映像作品にまとめたものが、先月開催されたわっかない白夜映画祭で上映されています。また、このとき上映された作品がYoutubeに公開されています。北海道稚内市は、日本最北端の街です。最北端に暮らす若者のリアルな思いが、映像に現れているように思います。

第1回白夜祭:日本一短い夏至の夜を楽しんで…稚内 – 毎日新聞

私の暮らすまち、稚内。 – YouTube

いくつかの作品を見て、私にとっては、稚内に暮らしていた時の感覚を呼び起こすような懐かしさがあるわけですが、本州(北海道の人たちは、今でも「内地」という言葉を使います)に戻ってきてからの自分の感覚で考えると、「遠い」作品です。この「遠い」という感覚はどういうことなのか、考えてみました。

中央のマスメディアが伝える情報は、地方に行けば行くほど、遠い「東京からの情報」になります。その意味で言うと、稚内で見る「東京からの情報」は、相当に「遠い」です。この「遠さ」を補うのが「地方紙」などの地域メディアですが、これもカバーするエリアが広くなると、遠い「県庁所在地からの情報」を流す存在になります。

北海道の場合には、道庁のある札幌の存在感が大きく、札幌近郊とそれ以外のギャップが大きいです。大学教員として6年間暮らした稚内では、東京ははるか遠くにあり、札幌も結構遠くにある(たしか360キロ離れている)都会です。どちらのニュースも遠い世界の出来事のように感じます(もちろん陸続きの札幌は相対的には近いのですが)。

北海道新聞はブロック紙の一角を占める大手の地方紙ですが、稚内は北海道の中でもさらに遠く離れた「地方」ということになります。地方の中の地方である稚内には、全国紙の取材体制は十分になく、テレビ局もNHKの報道室があるだけでした。「地方の地方」たる地域に関する情報は、札幌や東京のメディアに取材されて伝わっていくことはほとんどなく、稚内や宗谷地域限定の地元紙の中だけで共有されることが多いです。人々のメディア空間は、インターネット時代になって、変わった部分もあるのですが、この「遠さ」を背負ったままであるように感じることが多かったように思います。

一方、都会の人が稚内のことを知らないわけではありません。都会の人から見れば、稚内は「辺境」ですが、同時に宗谷岬があり、カニがあり、近くに利尻・礼文のある「さいはての街」として知られています。いいかえれば観光地として、稚内はある意味「エッジが立った」状態にあり、この角度での情報だけが、いわば「つまみ食い」され、多く流通しています。

結果的に稚内という街は、観光地としてのエッジの立った部分だけが「全国区」となっていますが、この街で暮らす人達のことは、ほとんど知られていません。観光地である地方都市というのは、大なり小なりそうだと思いますが、稚内を始めとする北海道の地方都市の場合には、北海道特有の複雑なメディア構造の下で、この傾向がさらに強まります。結果的には、稚内の人たちも、自分たちのことを中央メディアを通して共有する機会が、非常に乏しくなります。

最北の大学で映像制作の授業が始まったのは、私が赴任した2000年ですが、それから14年、この授業では稚内や宗谷をさまざまな角度から伝え続けています。最初はYoutubのような動画共有サイトはありませんでしたので、当初の作品はどこかにお蔵入りしているようですが、ここ数年の作品はYoutubeにアーカイブされています。映像制作を指導している教員も、私が教えていた時代に学生であったNPO法人のメンバーが担当するようになりました。

稚内北星で制作された動画は、数々の映像賞をとるなど、高い評価をえていますが、地元と都会、それぞれの世間の関心の間隙、谷間に沈みがちな「稚内ローカル」だけを狙った作品ではなく、「内地」の人の関心を意識して作られていたように思います。以下はいくつもの賞を受賞した作品「待合室の片隅で」。建て替えになった稚内駅で営業していた立ち食いそば屋を巡るストーリーで、最北を目指して旅をした人々の心をくすぐりつつ、題材は地元の人々の暮らしです。決して稚内人の関心だけに向けて作られているわけではないと、私は感じています。

今回の作品は、うってかわって非常に「稚内ローカル」な作品です。地元出身の学生たちが、自分たちの思い入れのある場所について、そのストーリーを短い映像で紹介しています。南小学校や南中学校への思いは、稚内人ではない人には「遠い」ものですが、現地で6年暮らした私には懐かしくもあります。観光地ブランドの稚内ではなく、日常の稚内とそこに暮らす人々の思いは、観光地として稚内に来たことがある人や、全く縁のなかった人たちに、何らかの形で「最北」の一断面を伝え、心のなかに何かを残すことができるのか。この動画への反響に、注目したいと思っています。

(Yahoo!ニュース個人より転載)

自然エネルギーの街 稚内

前任校稚内北星の学生たちが、昨年夏の集中講義で撮影した動画。集中講義の担当は、中央大学総合政策学部の松野良一先生。

風力発電、さらには太陽光発電と、自然エネルギーの町として脚光を浴びる稚内について、コンパクトに解説してくれるこの動画、現在「北海道魅力発信動画コンテスト」に応募している。こちらのコンテストは一般投票を募集している。以下のリンクから投票できる。

体感動画 北海道 魅力発信動画コンテスト|自然エネルギーの街 稚内

松野先生とともに稚内に行った、中央大学の学生たちも、「最北の珍味試食会」という動画で応募している。例の缶詰を試食して珍味度を審査するというもの。

こちらも投票受付中。

体感動画 北海道 魅力発信動画コンテスト|最北の珍味試食会

市民メディア活動―現場からの報告
市民メディア活動―現場からの報告

稚内北星学園大学のはてなダイアリー

前任校の稚内北星学園大学が、学生の様子を伝えるブログを始めたことを知った。
稚内北星学園大学
8月下旬からスタートしていたようで、選ばれたのははてなダイアリー。以前に比べGeekな学風(?)はかなり弱まったと感じていたが、ここではてなダイアリーに行くあたりは、wakhokらしいところと言えるだろう。それなら自分たちのドメインに作るだろうという声もあるだろうが、事務方に「はてな記法」を操らせようというのはやはりwakhokらしいと思う。ついでにTwitterも、とはいかないのかな?
先日行われた10周年記念式典の様子についても書かれていた。
稚内北星学園大学創立10周年記念式典・祝賀会 – 稚内北星学園大学
岩本先生のブログで、参加者数が比較的多かったと書かれていたが、なるほど写真にもたくさんの来場者が写っていた。
カムチャツカの雪: 大学10周年記念式典
前任校の様子を垣間見るチャンネルが、ひとつ増えた。これからが楽しみだ。

wakhok時代のゼミ「忘年会」

すでに昨年の話になるが、2009年12月29日、wakhok時代のゼミの「忘年会」が、札幌で開催された。「忘年会」といっても、すでに母体となるゼミは稚内に存在せず、現役の学生はいないので、ほとんどのメンバーが互いに「お久しぶり」の状態での再会となった。

リンク: イチゼミ忘年会のお知らせ – We are here.

さて、隔年開催の一戸ゼミ忘年会を開催します。(前回)
告知には遅すぎるタイミングですが、お店の予約をしたのも実はつい3時間前だったりします。(5店連続で断られて青ざめたという内緒話あり。)

日時:29日18時から2時間
場所:ぽんぽこ亭

参加者:(卒業年順)
一、千、熊、上、木、山、原、西、神、井、野、

続きを読む

WAKHOK東京サテライト校、市ヶ谷に移転

前任校稚内北星学園大学が、2010年1月1日付で、東京サテライト校での3年編入の募集と、4月からの市ヶ谷への移転を発表している。当初市ヶ谷(正確には曙橋)でスタートし、クロスフィールドのスタートとともに秋葉原ダイビル(UDXの隣)に移転したwakhok東京サテライトだが、再び市ヶ谷に戻ることになったようだ。

リンク: 東京サテライト校・3年次編入生募集のお知らせ : 稚内北星学園大学.

稚内北星学園大学は、秋葉原ダイビル(東京都千代田区)に東京サテライト校を設置しておりますが、2010年 4月からは市ヶ谷(東京都新宿区)にキャンパスを移転します。

来年からおそらくカリキュラムも変わり、オープンウェブの「最先端」を志向していた以前に比べると、かなり基礎にシフトした内容に変わる模様(詳しい発表はまだない)。

東京サテライト校では、IT技術者としての基礎的な技術力を養成します。この目標のため、稚内北星学園大学のカリキュラムは情報処理技術者試験「基本情報技術者試験」と「応用情報技術者試験」の資格取得に対応しています。

続きを読む

稚内北星学園大学 最寄り駅

wakhok、「なかのひと」に登場

どこの組織の人が、自分のページを見ているかがわかる「なかのひと」というサービス。このブログにもずいぶん前から設置している。昨日、このサービスでログを見ていたところ、僕の前任校である「稚内北星学園大学」が表示されていた。

ViewMore FromTagsCommentsSaveShareSendFavorite

稚内北星学園大学 最寄り駅

以前より、稚内北星学園大学から見に来てくださる方はいたはずなので、おそらく回線の切り替えなどで、IPアドレスから大学名が割り出せるようになったのであろう。

ちなみに、現時点でのなかのひとでの「メジャー度」は、「激レア」。敬和学園大学と同じだ。激レアといわれて、あまり気分の良いものではないが、おそらくトラフィックの総量で見ているのであろう。敬和が「激レア」を脱するには時間がかかりそうだが、wakhokはネットユーザが多いので、ほどなくランクアップ(?)することだろう。

上のキャプチャをみて、ネタフルのコグレさんから、かつてwakhokのサマースクールに参加していたことを教えていただいた。

やりとりを総合すると、コグレさんが参加されたのは1996年のようだ。

たぶん担当は、植田龍男先生だろう。

最北端は最先端 〜 稚内北星学園大学

wakhokのウェブがリニューアル

僕の前任校である、wakhok、稚内北星学園大学が、新しいシンボルマークとロゴを採用した模様。ウェブページの色合いも赤茶色に変わった。

最北端は最先端 〜 稚内北星学園大学

from shinyai

このほか、卒業式、入学式での、佐々木学長のメッセージが公開されている。

牧野竜二君が「第1回学生デジタル作品コンテスト」で最優秀賞

以前、阿倍野ヒューマンドキュメンタリーコンテストで、wakhokの研究生、牧野竜二君が入賞したという記事を書いた。この牧野君、今度はアップルジャパン主催の「第1回学生デジタル作品コンテスト」、Podcastingコンテンツの部で、最優秀賞を受賞した。

おめでとうございます。

参考記事:ICHINOHE Blog: 「母校がなくなる日」が阿倍野ヒューマンドキュメンタリーコンテストで入賞

続きを読む

札幌でイチゼミ忘年会

稚内時代のゼミ生たちが、昨年暮れの12月30日に、札幌で忘年会を開催した。僕は宿泊つきじゃないので行かないことにしたのだが、結局朝まで飲んでいたらしいので、宿泊したのと一緒だった。

リンク: We are here. イチゼミ忘年会のお知らせ【終了】.

先日写真のURLが送られてきたので見たが、みんな元気そうで、世代の垣根を越えて交流していたので、安心した。

「企画力・実行力のある集団」であった稚内のイチゼミは、今となっては懐かしい記憶で、敬和で同じ集団を作りたいけれども、作ろうと思ってできるものではないんだなあとつくづく感じる。