カテゴリー別アーカイブ: 書籍・雑誌

新潟出身の漫画家が埼玉をおちょくるマンガ「翔んで埼玉」

新潟出身の漫画家魔夜峰央さんが、1986年に描いたマンガ「翔んで埼玉」が話題だという。埼玉の大学でも授業を担当している自分としても、ぜひネタとして(?)勉強しておこうと思い、早速買って読んでみた。爆笑しながらあっという間に読んでしまった。

新潟出身の漫画家魔夜峰央さんが、1986年に描いたマンガ「翔んで埼玉」が話題だという。埼玉の大学でも授業を担当している自分としても、ぜひネタとして(?)勉強しておこうと思い、早速買って読んでみた。爆笑しながらあっという間に読んでしまった。

表紙には「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」とかなり過激。ほかにも「サイタマラリヤ」「埼玉狩り」など、いや「架空」とはいいながら、これ大丈夫か?という表現が満載だ。昨今の世論は、こういう「笑い」を許さないような気がするのだが、「80年代に描かれたもの」ということでセーフということか。

実はこの復刻版が発売になる前に、ネット上でこの作品が話題になり、中古価格が跳ね上がっていたのだそう。

舞台となっている埼玉もノリノリ(?)のようで、新所沢パルコでは、「翔んで埼玉祭」を開催する。

渋谷パルコに『翔んで埼玉』の巨大看板が出現!「新所沢パルコ」から異例のオファーで、大規模コラボレーションが実現!|株式会社 宝島社のプレスリリース

 また、埼玉県の所沢市、行田市、飯能市の3市長から応援コメントをいただいたほか、上田知事からは「悪名は無名に勝る」といったコメントを寄せられるなど、県内自治体も歓迎ムードに沸いています。さらには、「一緒に新所沢を盛り上げてほしい」との新所沢パルコからのオファーを受け、異例のコラボレーションが実現。“翔んで埼玉祭”と銘打ち、2016年4月28日~5月8日の期間、コラボレーションしたポスターや看板、交通広告、新聞広告の実施、渋谷パルコpart.1 横にも巨大看板が出現するほか、魔夜さんのトークショー&サイン会などのイベントを開催するなど、県民の懐の深さを表しています。

内容は「差別された埼玉県民の逆襲」とでもいうべきもので、逆襲が成功したのか失敗したのかなど、話は完結していないのだが、まあ完結することが重要な内容ではない。80年代の世論の中にあった、「ネタとしての埼玉」を徹底してギャグにしているところがポイントで、それは今でも多くの人達に共有されているところなのだろう。同様に茨城もさらに「下層」の人々として描かれている。ただ当時はほとんど話題にならずに終わった作品なのだそうで、こういうニッチなものが爆発させるには、ソーシャルメディアの口コミが必要だったということなのだろう。

ところで魔夜峰央さんは、新潟出身の漫画家の代表格の一人。漫画の街を自称する新潟市としては、ぜひ新潟も話題にして欲しいところなのだけど、さて、埼玉同様に新潟をおちょくるような内容を描くことはあるのだろうか。新潟については、以下の記事で言及されている。

魔夜峰央さんが語る『翔んで埼玉』未完の本当の理由 〈dot.〉|dot.ドット 朝日新聞出版

――ご出身の新潟県はおちょくっていませんが、どんな県民性を感じていますか?

新潟はとにかく一年中曇っているんですよ。雲一つない青空というのは、所沢に引っ越して生まれて初めて見たような気がします。新潟は大きくてすてきな都市ですが、一年中暗い感じなので、やはり県民性も若干重いんじゃないかなと思いますね。だから下手に新潟をおちょくったりしたら、どわぁ~ん、じゅわぁ~ん、とね……。決してガーガー文句は言わないでしょうけれど、黙って五寸くぎでわら人形を打ってくるんじゃないかと思います(笑)

自分も新潟に来て10年近くたち、学生をはじめ、「ガーガー文句は言わない」人たちと長らく付き合ってきたので、おそらくその間にいくつもの「五寸くぎをわら人形」に打たれてきたのではないか。そんな気分になった。

ともあれ当時、首都圏の中でのおちょくり合いは、たしかに東京発メデイアにはあふれていたが、首都圏の外にある自分たちは、そういうものとは全く関係ないところにいた。こうした首都圏の中でのからかいを遥かに超えた田舎で生活している中では、たとえば青森の人々だと、吉幾三の「おら東京さ行くだ」にあらわれているように、田舎っぷりをむしろ自虐的にアピールしているようなところもあった(あるいは、そのようなアピールする一部勢力を、苦々しく思っている青森県民もいたかもしれない)。

よく作品の中を見ると、一箇所だけ「新潟県人はいいのか」というくだりがあるほか、巻末のコラムでは「裏日本随一の大都会、新潟」という表現が出てきている。「首都圏の中でのおちょくりあいをギャグ化する新潟県人」というおかしさを、魔夜さん自身も感じていたようにも読める。

トンネルを抜けた先にある「裏日本随一の大都会」も、首都圏とは異なる異質な「惑星」として、作品になりそうだが、「どわぁ~ん、じゅわぁ~ん」な体質なので、おそろしくておちょくれないかもしれない。

香港の街歩きに必携の一冊:小柳淳「香港ストリート物語」

たしかシンガポールに行く前に、ガイドブックのコーナーでたまたま見つけて買ったまま、放置してあった本。結構マニアックな香港の街歩きの解説本だ。

 

250ページほどあるうち、最初の50ページほどを読んでみただけが、ここまで読んだだけでも、何度も訪ねた香港について、知らない事柄がたくさんでてきた。

1.香港島のQueen’s Roadは、もともと海沿いに作られていた。

2.香港島の旧市街地はかつてビクトリア市と称されていて、かつての境界線には石柱が今も残っている。

3.第二次アヘン戦争の結果、割譲された九龍半島が割譲され、その際の境界線とされているのが「界限街」。

4.MTRのマークは、九龍と香港の中心市街地の形を模した「エ」の形になっている。

5.九龍半島の目抜き通りNathan Roadは、九龍で唯一の南北を貫く道路。

6.ホリデイ・イン・ゴールデンマイルというホテル、「ゴールデンマイル」というのは、尖沙咀の中心街をかつて「黄金の1マイル」と呼ばれたことから来ている。

7.旺角はかつて農地で、「茫角」と呼ばれ、あるいは、船がよく見えることから「望角」と呼ばれていたが、同じ発音であることからその後「旺角」となった。旺角には「望角堂」という教会が残っている。

このように、日本語本であるにもかかわらず、街路をめぐるたくさんのエピソードが詳細に取材されている。観光で何度も香港に行ったことがあるという人、あるいは、街道にあまり関心のない香港在住者にも、意外な発見があるだろう。

香港を「ブラタモリ」風に散歩したり、カメラを持ってフォトウォークをする際に、この本を持って行くと、いろんな角度から香港の街を楽しめそうだ。

Facebookページがあるようだ。

香港ストリート物語

青函連絡船の時代を知る一冊:金丸大作「写真集 青函連絡船」

実家の本棚から引っ張りだしてみたら、予想外に面白かった一冊。1984年出版なので、廃止される前に出版された本。実家にいた時代にもパラパラめくってみていたはずだが、あまり印象に残っていない。

写真は昭和30年代を中心に掲載されており、青森と函館を往来する人々の姿、船を運行に関わる船員その他の表情などをリアルに伝えている。個人的最も興味深かったのは、景福丸。「景福」といって思い出されるのは、ソウルの「景福宮」なので、韓国と何か関係が?と思ったら、その通り。関釜航路から、青函航路にうつってきた船だそうだ。空襲で、青函航路の船の多くが被害を受け、他の航路から船を確保したそうで、稚泊航路からも「宗谷」が応援に入ったという記述もあった。

景福丸は戦後引退し、函館港に係留され、日本で唯一の船上旅館としてしばらく営業していたという。景福丸が解体後も函館ハーバービューホテルの一角に、船上旅館を運営していた鉄道弘済会によるお土産店「景福」がしばらく残っていたそうだ。

 

「函館市史」通説編4 7編1章コラム14

景福丸 – Wikipedia

景福丸 – 函館鉄道写真館 – Yahoo!ブログ

1984年に出版されたものと同じ写真で再度2006年に出版されたのが、「青函連絡船の記録」だそうだ。

ソラリーマン本送っていただきました。ありがとうございます。  #keiwa

青山裕企「跳ばずにいられないっ!ソラリーマンジャパン・ツアー」(徳間書店)

12月6日に徳間書店から発売された、青山裕企さんの「跳ばずにいられないっ! ソラリーマンジャパン・ツアー」を送っていただいた。どうもありがとうございます。10−11ページに見開きで、自分が敬和のS31教室で飛んでいる写真も掲載していただいていた。撮影当日の昼休みにTwitterで呼びかけただけなのに、学生たちがたくさん教室に集まってくれたので、よい写真が撮れたということだろう。今回は大きく掲載されているので、何人かの学生は、顔も視認できる状態。

ソラリーマン本送っていただきました。ありがとうございます。  #keiwa

ソラリーマン本、全部見えちゃうとアレなので、ここだけ。他にも新潟の人が多数登場します。 #keiwa #niigata

自分以外にも新潟から被写体になっている人は多い。雪景色の中でジャンプしているのもなかなかすばらしい。今回は北海道から九州まで、広い全国を回りながら、地方でも多くのサラリーマンを跳ばせて、作品化されている。ソラリーマン写真の撮り方についても解説しているページがあった。

最後のページには、「Special Thanks」として、敬和学園大学の名前も掲載されている。

東京八重洲での個展もまだ続いている。ぜひ一度うかがいたいと思っているが、どうなるか。

青山裕企さん個展『 [記号的] ⇆ [個性的] 』開催:一戸のソラリーマン写真も展示予定 | ICHINOHE Blog

ビレッジバンガードの紹介記事では、自分の写真が一番上で紹介されていた。

12月6日発売『跳ばずにいられないっ ソラリーマン・ジャパン・ツアー』 : VILLAGE VANGUARD MAGAZINE

青山裕企さん個展『 [記号的] ⇆ [個性的] 』

青山裕企さん個展『 [記号的] ⇆ [個性的] 』開催:一戸のソラリーマン写真も展示予定

2012年11月27日から、東京八重洲の和田画廊にて、青山裕企さん個展『 [記号的] ⇆ [個性的] 』が開催される。

青山裕企さん個展『 [記号的] ⇆ [個性的] 』

メインの作品は、顔を写さない女子高生のフェティッシュな写真のようだが、一戸も撮影していただいた、スーツ姿のはたらくおじさんが飛ぶ写真シリーズ「ソラリーマン」も展示される。先ほど教えていただいたが、一戸が飛んでいる写真も、他の「ソラリーマン」とともに展示されるようだ。

青山裕企

Wada Garou Co., Ltd.

こちらは別アングルの写真。展示される写真はさらに迫力がある。

Solaryman 20120518

12月4日には、『跳ばずにいられないっ! ソラリーマン ジャパン・ツアー』が徳間書店から出版される。こちらにも一戸の写真は収録される予定。この本の出版を記念したレセプションが、12月4日に和田画廊で予定されている。残念ながら自分は出席できそうもないが、ぜひ皆さん行ってきていただきたい。

個展は12月23日まで開催される。

働く人が宙に浮く写真シリーズ「ソラリーマン」で撮影してもらった | ICHINOHE Blog

「ソラリーマン」写真の掲載が決まりました | ICHINOHE Blog

「図説 日本のメディア」買ってきました。問題提起する帯。 #keiwaim

藤竹暁『図説 日本のメディア』 (NHKブックス No.1196)

以前使い勝手の良いデータブックとして重宝していた「図説 日本のマスメディア」が先月大改訂、「マス」がとれて「日本のメディア」として発売になっていた。

「日本のマスメディア」のアマゾンのレビューはなかなか辛口で、「古い世代が古い視点でマスメディアについてまとめたもの」という趣旨のことが書かれている。その趣旨はわからなくはないが、個人的には「マスメディア」に関する本と捉えており、「Web 2.0」以降のことを知るための本としては期待していなかったので、あまり気にはしていなかった。ともあれ、「日本のメディア」として生まれ変わったこの本。どんな仕上がりになっているか。近く購入してみようと思う。

【追記】今朝(10月8日)、ジュンク堂に行って本を買ってきた。帯を見る限り、タイトルは、自分が予想した通りの理由で、変更したようだ。

「図説 日本のメディア」買ってきました。問題提起する帯。 #keiwaim

Solaryman 20120518

「ソラリーマン」写真の掲載が決まりました

写真家青山裕企さんに、飛び上がるサラリーマンの写真シリーズ「ソラリーマン」で、写真を撮っていただいたのだが、今日出版が決まったというお知らせをいただいた。星海社新書から出版される「僕は写真の楽しさを全力で伝えたい」に掲載されるとのこと。

掲載予定の写真も送っていただいたが、エキストラ参加してくれた学生たちも掲載されそうで、これもよかった。新書なので、ひょっとするとカットされてしまうかもしれないが。敬和学園大学のS31教室、多くの学生達になじみのある教室で撮影できたのも、良い記念になるのではないか。

以下は別撮りの写真だが、実際に本に掲載される「本物」はもっと迫力があるので、ぜひ本を手にとってご覧いただければ。

Solaryman 20120518

Monk heading to Gobyo

kobo touchを使いこなすテクニックまとめ

7月19日に発売された楽天の電子ブックリーダーkobo touch。購入した人は多いように思ったが、どうもトラブルというのか、使い方がわかりにくいようで、一部混乱が生じているようだ。

Monk heading to Gobyo

by `◄ccdoh1►

「まだ諦めない!」というNaverまとめページまでできていた。

New Kobo Touch in Tokyo Japan

by Liz Castro

まだ諦めない!kobo Touchを使いこなすテクニックまとめ – NAVER まとめ

[rakuten]001:0681495000043[/rakuten]
[rakuten]001:0681495000074[/rakuten]
[rakuten]001:4560470080033[/rakuten]

往年の雑誌「ラジオパラダイス」を元に作られた書籍「なつかしラジオ大全」発売

高校時代、三才ブックスには大変貢献していたワタクシ(ラジオライフは買ってないけど)。「ラジオパラダイス」も、高校時代の一時期、毎月購入していた。そんな自分を含めて、かつてのラジオファンの心をくすぐる一冊が、三才ブックスから出るようだ(Facebookで教えていただいた)。昔の「資産」を再構成ということか。

深夜ラジオ黄金期振り返る1冊、当時の雑誌「ラジオパラダイス」資料に。 | Narinari.com

バブル真っ只中だった1980年代に“黄金期”を迎え、多くの若者を夢中にさせた深夜ラジオ。そんな“黄金期”を彩った深夜ラジオ番組の数々を、当時発行していた月刊誌「ラジオパラダイス」の記事・写真をもとに振り返る「なつかしラジオ大全」が、三才ブックスより6月28日に発売された。価格は1,143円(税別)。

 

Source: narinari.com via Shinya on Pinterest

 

「ひとつのメインカルチャーとして若者に支持されていた時期のラジオをいま見返すことで、それが現在にどのような影響を与え、そしてどう変貌してきたかについても知ることがでる一冊となっている。」とのことで、単に昔を懐かしむだけではないぞといっているわけだが、買う人は懐かしむ目的で買う人がほとんどだろう。

今では深夜放送の話題が若者の話題の登ることは少なくなり、ラジオを聞く環境のない学生も多い。そこに「radiko」ということなのだが、がんばって他地域のラジオを聞くという楽しみが、radikoの場合にはない(なくはないのだが、ちょっと後ろめたい)。「ラジオパラダイス」では、なぜか(?)全国のラジオ番組の番組表が載っていて、それぞれの地域の番組紹介もあり、「がんばって」聞くモチベーションを高めてくれた。特に地方在住の場合、テレビよりもラジオで、都会の情報や空気を感じている若者も多かったはず。民放が2局しかない時代の青森県で育った自分は、遠くのラジオまで受信できる、AM用の大きな室内アンテナを買って、全国のラジオを聞いていた。日曜の夜は全国のほとんどの局が放送休止となる中、唯一放送していたラジオ大阪の「ぬかるみの世界」がクリアに聞こえたので、青森の「ぬかる民」になった。

大学に合格して上京してからは、ラジオを聞くこともほとんどなくなり、アンテナも、ヤクルトファンで、全国のラジオを聞きたいという大学院の先輩にさしあげた。

今ネット界隈で発言している人の中にも、ハガキ職人だった人は、そこまでいかないまでも、ラジオを良く聞いていた人は多いときく(特に40代以上)。再びラジオの時代が戻ってくるとは思わないが、名物パーソナリティのような役回りが、若い人達の心を支えるというのは、社会的にも重要な機能なので、社会のどこかで、このような機能は吸収されていくんじゃないかなと思う。

Shinsen Station

佐野眞一『東電OL殺人事件』 (新潮文庫)

6月7日に東京高等裁判所が再審を決定した、「東電女性社員殺害事件」。97年当時、センセーショナルな報道があったことは記憶にあるが、あまり強い印象はなかった。おそらく自分の身の回りのことだけで精一杯だったのだろう。

Shinsen Station

Photo by yattsan.

その後ネパールと関わるようになり、ネパール人たちの東京での生活ぶりや日本での彼らの立場についても、いろいろ知るようになった。それでもこの事件について深く追求することはなかったのは、なぜなのだろう。自らの想像力の欠如を、正直恥ずかしく思う。

再審決定を契機として、一体何かがあったのか、ひとまずウェブで調べてみた。どうも佐野眞一氏の本が、かなりこの事件を深く追求しているということがわかったので、本屋の近くを通る機会があって買ってきた。

ウェブを検索するだけでも、事件の概要はもちろんのこと、事件にまつわる場所の写真なども出てくる。神泉界隈は、正直あまり縁のない場所だったが、渋谷にはよく行っていたので、97年当時を思い起こすことはできる。また、マイナリ氏は自分とそんなに年齢の変わらないので、15年間異国の地で彼が受けた苦難は、いかばかりであったかと、あらためて思う。