カテゴリー別アーカイブ: 新潟

Overcrowded Niigata Bandai Area

開店ラッシュの新潟

このところ出たり入ったりであまり新潟に腰を落ち着けていないのだが、その間に新潟市内では新しい店が次々オープン。普段は結構静かな新潟の繁華街が、局地的にものすごいことになっている。

一つは2日にオープンしたラブラ(Lovela)万代。
旧ダイエー跡の一等地に立つビルを、建物はそのままで改装して再オープン。新潟初出店のブランドも多く入っているとはいうものの、全部「初物づくし」というわけにはいかなかったようだ。紀伊国屋書店などいくつかは、別のビルから引っ越してきた状態。どれとどれが「初物」なのか、実はちゃんとわかってないのだが、たぶんLoftとGAPは初物だったと思う。今日用もないのにのぞいてきたが、予想以上の人ごみで、各階のエスカレータの前に列ができるほど。

Overcrowded Niigata Bandai Area

もう一つは駅前にできたジュンク堂。こちらも、ワシントンホテル以外廃墟と化していた(ワシントンホテルは苦しかったと思う)、プラーカというビルの1階と地下1階を確保(他の階もまだ余ってみるみたいだったが)。ラブラに比べると地味だが、こちらも結構客が入っていた。

Biggest Bookstore just opened in Niigata

移転した紀伊国屋もかなり増床したので、新潟の書店の充実度はかなり上がった。ざっと見た感じでは、八重洲ブックセンターと比べて、新潟ジュンク堂はそん色ないかなという感じだった。紀伊国屋はまだよく見てないが、明るくて雰囲気はよくなったものの、本自体はそんなに増えてないかなという印象を持った。

これで専門書を含めて、和書については東京に行くまでもない環境が整ったような感じがする。

ただジュンク堂は、新潟県民の専門書をどれぐらい買うか、という市場調査をひょっとしたら間違っているのかもしれない。そのうち気がついて、だんだん専門書のエリアを狭めていくのかも。

Grass Roll

牧草ロール?

Grass Roll

Grass Roll
Originally uploaded by shinyai.

大学からほどちかく、聖籠町で見かけた。稚内近郊の牧草地には、このように牧草をドラム状に巻いた「牧草ロール」というものがあるのだが、新潟のこれも「牧草ロール」なんだろうか?俵ぐらいの大きさであった。

新発田に行ってみよう「新発田の最大の人材は高校生」

僕が所属する敬和学園大学は、新潟県新発田市というところにあるが、僕自身は新潟市に住んでいる上、大学自体が新発田市のはずれの、もっとも新潟市に近いところにあるので、新発田市内に行くことは少ない。

新発田市の商業施設も、新発田駅を中心とする中心市街地からどんどん郊外に移行してきている。新発田市のまちづくりについて、敬和学園大学の教員として発言することは、どれくらいデリケートかというと、たぶんこれから広がっていくであろう大学外のお付き合いを想定すると、多少ためらいがある、ぐらい。ただ、中心市街地が寂れてきていること自体は、全国共通の現象であるばかりか、大学自体は「周辺」の新興エリアに含まれているので、大学の利益に反することはなさそうだ。

で、以下の記事。文面から地元経済界の方と思われるので、発言は慎重にしつつも。。。

リンク: Yahoo!ブログ – 新発田に行ってみよう「新発田の最大の人材は高校生」

敬和学園大学がまちなかで「新発田学」を構築しつつありますが、高校生の能力をもっと活用するすべを検討してはいかがでしょうか。

 勉強もせず、赤点科目数を競っている一部の学生だって、十二分に能力はあります。勉強が嫌いなだけで、興味・関心があれば、おそろしいくらいに能力を発揮します。
 その最たるものが、携帯電話の利用とメール送信。飽きることなく、継続してやっています。
 好きなら継続力・忍耐力は申し分ないくらいにありますね。

 そんな能力を地域の発展のために生かすため、例えば、土日、おじいちゃんおばあちゃん相手の携帯電話・メール送信教室の開催、振り込め詐欺防止教室、商店の新商品の展示情報の送信、バーチャル商店の構築、新発田市内への観光客の誘致PR、などなど。

 アルバイト感覚で仕事ができるような配慮を、商店主の皆さんがお考えになれば、だいぶ変わってくると思うのですが、いかがでしょうか。

なるほど、通学してくる高校生がただ家に帰してどうするのよ!ってことだ。その発想はよく分かるが、ネット系の活動に高校生を引き込むのは、現状では絶望的だと思う。私の印象であるが、高校の情報教育はそもそも情報科目を「履修漏れ」の対象にしていたわけだし、「なんらのスキルも持たない」で進学してくる大学生が大多数だ。

上にあがっている活動で言えば、「商店の新商品の展示情報の送信」「バーチャル商店の構築」は無理だ。「振り込め詐欺防止教室」はよくわからないが、フィッシング詐欺なんかに引っかかりそうな生徒はたくさんいる。「おじいちゃんおばあちゃん相手の携帯電話・メール送信教室の開催」は、いいかもしれない。絵文字連発の彼らの語法に、おじいちゃんおばあちゃんは面食らいそうだけど。

つまり、現状は相当厳しい。まず第一に、こういうことに高校側が関心を持って、意識的に取り組むことが必要だし(そういう機運はほとんど感じられない)、地域からもそのような働きかけが必要だろう。大学にも(といっても僕だけになりそうだが)、なにかあったらお声かけください。

「情報セキュリティシンポジュウムin新潟」

稚内での一週間が終わり、無事帰着した。
昨日の会合には間に合わなかったが、今日は以下のイベントにこれから参加。うちの近所でこの手のイベントが行われることはめずらしい。

リンク: 「情報セキュリティシンポジュウムin新潟」


        【日 時】 平成19年2月3日(土)16:30~18:00

            
            【会 場】 本学10階大講義室
                  ※駐車場はございませんので、公共交通機関や有料駐車場をご利用ください。
            
            【参加費】 無料

      

 

   

 

 

   

 
 

 

 

 

 

   

 
 

 

 

 

 

 

 

 

   

 
 

 

 

 

 

 

 

【プログラム】
16:30~16:35 開会のご挨拶
NPO新潟情報セキュリティ協会 石黒義久氏
16:35~17:00 講演
新潟県総合政策部情報企画監 松下邦彦氏
テーマ:新潟県の情報政策のこれから
17:00~16:00 講演
内閣官房情報セキュリティセンター参事官 小林正彦氏
テーマ:企業経営における情報セキュリティの重要性

      


      【定 員】 100名(定員に達し次第締め切らせていただきます。)
      
      【お申込】 お申し込みはコチラから

【主 催】 特定非営利活動法人 新潟情報セキュリティ協会

【共 催】 事業創造大学院大学

【後 援】 経済産業省、情報セキュリティ政策会議
      (議長:内閣官房長官、事務局:内閣官房情報セキュリティセンター)、
      新潟県、新潟県警察、新潟市

JR、新潟駅南口に新ビル建設

稚内から引っ越して以後、新聞購読はやめてしまっていたのだが、1週間ほど販売店が「おためし無料」で、新潟日報を配達してくれている。古新聞の処理はどうにもこうにもめんどくさいし、それを考えると結局、購読するほどはいらないのだが、地元情報に疎いので、情報自体は必要だ。やっぱり、新潟日報さん、RSSフィードを導入してほしいです(都合がいい)。

さて、その新聞によると、新潟駅南口の再開発が行われるようだ。
リンク: 新潟日報 「JR、新潟駅南口に新ビル建設」
駅ビルの再開発、GAPの進出(これは別のビルの話)など、新潟の都市開発の話題は、なんとなく札幌を追いかけている感じがする。ただ、この駅ビルは、「地上8階建てで3階までが商業施設、4階以上が駐車場」となり、「商業施設部分の延べ床面積は約1万5000平方メートル」。売場面積。おそらく一回り小さい。

新潟駅の集客能力の見積もり、JRとしてはこれぐらいだということかな。