カテゴリー別アーカイブ: 携帯・デジカメ

変な名前で電話帳登録していると、何かの拍子で相手にバレる

スマートフォンでは、電話をかけてきた相手の電話番号が、結構大きく表示されるようになった。アダ名や印象などで、相手の電話番号を登録しておくと、何かの拍子で相手にバレて、大変なことになる可能性がある。という動画。しかし実際のところ、皆さんこんなことしているのですか?

Do I pick up the phone or not?  (Milano)

1200万件のアドレス情報を送信させたAndroidアプリ製作者を逮捕

Androidアプリの事件、今日はもう一件。今度は警視庁。こちらはゲームアプリだが、電話暗号やメールアドレスを送信させるという動作は同じで、すでに1200万件の流出が確認されていると、各社が報じている。

Do I pick up the phone or not?  (Milano)

By Guillermo Fdez

流出アプリ公開容疑で5人逮捕=スマホから1千万件超―警視庁 – WSJ日本版 – jp.WSJ.com

スマートフォン(多機能携帯電話)から個人情報を勝手に送信するアプリ(ソフト)がインターネット上に公開された事件で、警視庁サイバー犯罪対策課と赤坂署は30日、不正指令電磁的記録供用容疑で、IT関連会社の元会長奥野博勝容疑者(36)=東京都港区赤坂=ら男女5人を逮捕した。同課によると、奥野容疑者は「よく考えてから話す」と認否を留保。他の3人は容疑を認め、1人が否認している。

 アプリは奥野容疑者らが作成し、少なくとも約9万人がダウンロード。それぞれのスマホから、電話帳に登録されていた約1183万件の電話番号やメールアドレスなどがレンタルサーバーに勝手に送信された。同課は、奥野容疑者らが出会い系サイトへの勧誘などに個人情報を使おうとしたとみて捜査する。

このアプリは、「ぴよ盛り the Movie」で、すでに4月に個人情報流出アプリとして報道されている。

Androidの「the Movie」アプリで数万件~数百万件の個人情報が大量流出した可能性あり – GIGAZINE

スマホ情報流出アプリ、5人逮捕…9万人感染 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

個人情報1200万件流出 スマホ用ウイルスで

テレビ朝日の記事によると、奥野容疑者自身が運営する出会い系サイトの勧誘に利用していたとのこと。

Free Train Station Girls Talking on Cell Phones Creative Commons

10年来の番号を捨てて携帯を解約 : ついにiPhoneに一本化

長らく使ってきた「090-28xx-xxxx」の番号を放棄、解約してきた。というわけで、iPhoneの新しい番号一本になりますので、よろしくお願いします。

Free Train Station Girls Talking on Cell Phones Creative Commons

By Pink Sherbet Photography.

この番号は稚内時代から10年近く使ってきた番号(J-Phone時代から使っている)なのだが、最近はほとんど出番もなくなり、持ち歩くこともなくなってしまった。しばらく放置していたら、SIMカードが認識されなくなり、差し込んでいたハードの調子も悪く、ショップに持って行ったらどちらにも不具合があると言われた。というわけで、がんばって復旧する気力が失せたので、思い切って解約ということになった。実際このところ全く持ち歩いていないので、大きな不都合はないが、古い番号しか知らない方には、番号をお知らせする手段がない。

Facebookのプロフィールには、友人限定で番号も掲載してある。そちらからご覧いただければ。

電話番号がわからなくとも、これだけFacebookが普及すれば、一定時期以降に出会った方々なら、メールかFacebook、いずれか十分連絡可能だし、Facebookでつながれば、連絡先も確認してもらえる。平時にはおそらくそれで、全く問題ない。もし問題があるとすれば、訃報の伝達などで、めったに活用されていない電話帳がフル稼働するときぐらいだろう。

LINE

LINEが企業公式アカウントをスタート

無料通話・メールアプリ「LINE」が、企業公式アカウントをスタートさせた。

LINE

日本コカ・コーラ、ローソン、すき家などが初の企業公式アカウントとしてLINEに参加!クーポンなどのお得情報をゲットしよう! : LINE公式ブログ

本日より、LINE公式アカウントに企業のアカウントが登場しました!この企業公式アカウントでは、LINEで「友だち」に追加した人だけがゲットできるクーポンや最新情報などを発信していきます。

  • コカ・コーラ オリンピック応援 アカウント(LINE ID: #cocacolajapan)
  • ローソン公式アカウント(LINE ID: #lawson)
  • すき家公式アカウント(LINE ID: #sukiya)
  • ZIP!公式アカウント(LINE ID: #ziptv)
  • Music Lovers公式アカウント(LINE ID: #musiclovers)

すでに世界4000万、国内1800万のユーザを抱え、先ごろ芸能人の公式アカウントも登場したLINE。論理的には次は企業公式かと思ってはいたが、非常に動きが早い。企業公式アカウントは、潜在的にはFacebookページなどと競合することになりそうだが、どうやったら作ることができるのか。

以下の記事を見ると、なかなかなお値段。

LINE企業向け公式アカウント開始、1000万円で独自スタンプ配信も – ケータイ Watch

LINE公式アカウントを「友だち追加」したユーザーに対して、メッセージを直接配信できる。料金は初期費用が200万円、月額150万円~。1000万円でオリジナルのスタンプを配信することも可能。

 LINE公式アカウントの第1弾としては、日本コカ・コーラ株式会社、株式会社ローソン、株式会社ゼンショー、日本テレビ放送網株式会社の4社が参加。ユーザーは、これらの企業アカウントを「友だち追加」することで、各社のキャンペーンやクーポン、番組情報などを受信できる。

ローソンは、Facebookのチェックイン機能で実施していた、からあげクンのクーポン配布を、早速始めているようだ。

LINEユーザは、TwitterやFacebookのようなソーシャルメディアユーザよりも、もう少しカジュアル層に振れている。ローソン、コカ・コーラといった、カジュアルユーザを含めた広い層にリーチしたい企業としては、非常に魅力的かもしれない。

岡田朋之・松田美佐編『ケータイ社会論』(有斐閣選書)

ケータイを通して現代社会を学ぶ、主として社会学系教員からなる入門書。2002年の『ケータイ学入門』の全面リニューアルという位置付けだ。「社会とケータイのかかわりについて、できるだけ多様な側面から光を当てよう」という趣旨での改定。執筆陣には、新潟大学から、博士研究員の上松恵理子先生、人文社会・教育科学助教の吉田達先生が加わっており、お二人から献本いただいた。どうもありがとうございます。

全体に目を通すに至ってはいないが、目次と、編者のお一人関西大学岡田朋之先生による、第一章を読んだところで、雑感を書いておく。

この本では、「ケータイ」という言葉により、携帯「電話」としてではない多能な側面を表現している。大変興味深いのは、IT、情報化、若者文化、青少年保護、教育といったセクターで、それぞれの(業界の?)立場からケータイが毀誉褒貶にさらされてきた、という見方だ。これに対して本書では、「ケータイをはじめとする情報メディア」が、これらの各領域それ自体を揺るがしている(恐らく教育分野が念頭にある?)中で、いわば部分最適ではなく、トータルな最適化、総合的視点の必要性を強調している。

Say goodbye...

Photo by Cheo70 on Flickr.

実際この本の提示するトピックは多様だ。全体を貫いているのは、「社会的存在としてのケータイ」「当事者の視点」の二つの視点。ケータイは、技術的側面ばかりが注目されがちだが、「さまざまな立場の人々がさまざまな思惑のもとにかかわることで具体化しているもの」であるという意味では、社会的存在であるということ。この視点が一つ目。二つ目の「当事者」というのは、送り手や売り手ではなく、利用者の目線ということ。利用者の目線で見たときには、ケータイをめぐるさまざまな領域の実情が見えてくるということだろう。

章建てとしては、メディアとしてのケータイ、さらには、普及や多機能化に至るケータイの歴史といった、オーソドックスな記述に加えて、コミュニケーション、自己意識、身体感覚と言った側面、家族コミュニケーションのあり方、ケータイと学校教育という側面にも光を当てる。教育とケータイ、もう少し広げて、教育と情報機器、というのは、現在も微妙な緊張関係をはらんでいる。大学で同僚と話していても、電子機器やネットへの理解がネガティブなイメージに固まっていて、なかなかうまく話を進められないことは多い。まして初等中等教育では、こうした緊張関係は現在も非常に強いと聞くし、まさしくこの本の取り組むべき肝の部分だろう。第7章は新潟大学博士研究員の上松恵理子先生のご担当。

終盤はさらに視点を広げ、ケータイがもたらすネットとリアルの交錯(たとえばARなど)、ケータイと監視社会、流行や風俗上のアイテムとしてのケータイ、などのトピックが登場するほか、海外のケータイ事情について、11章で韓国、フィンランド、ケニアが取り上げられている。「監視社会」が新潟大学吉田達先生のご担当。

全体を通読してはいないのだが、印象としては、「社会的存在としてのケータイ」をさまざまな側面から分析するにあたり、ケータイや情報化社会のネガティブな側面にも一定の配慮をしてはいるものの、ことさらに不安をあおる立場には与することなく、ある種の中立性を保っているように感じる。こうした「入門書」が、メディアやネットに比較的ネガティブな立場をとる「文系」の大学・学部の教育課程に導入されていくならば、徐々に大学の教育課程にもよい変化がもたらされるのではなかろうか。

[rakuten]001:9784641281257[/rakuten]

EOS 60Dのモニターキャンペーン終了

AMNさんのキャンペーンで、EOS 60Dを使わせていただいた。ちょうどあわただしい時期で、天気のよい日も少なかったので、存分に試せたとは言い難いものの、ワンランク上のカメラの性能を試すことができた。
Kissシリーズを使っている僕からすると、60Dはワンランク上で、ボディもずしりと重かったが、一世代前の50Dに比べると、幾分レベルと価格を下げて、少し高めのエントリーモデルというのが、60Dの位置づけのようだ。ボディも本体のみで675g。Kiss X4の475gに比べたら重いものの、50Dよりは少し軽くなり、小型化した。
だいぶこなれてきたので、狙っていた人には、買い時と言えるかもしれない。


8円運用のIS01について嘆く動画

auのAndroid端末1号であるIS01が、投げ売り状態になり、ユニバーサルサービス料金の月額8円だけを払って、あとはWi-fiだけで使うというユーザが殺到した。その後Android OSのアップデートがないことが判明した。
という話を扱ったMAD動画。同じ映像を用いた他の作品に比べても、かなり完成度が高い。

au IS01はOSアップデートなし、Android 1.6で終了

BlackBerry用のQikがリリース、iPhone向けもリリース間近か

携帯によるライブキャストを実現するQikがBlackberryに対応したと発表した。

Qik announces streaming video for BlackBerry | Software news, tips and opinions from Download.com editors – Download.com.

これで思い出したが、数日前にRobert Scoble氏が、Qik本社を訪れ、jailbreakしていないiPhoneでQikによる生中継を行っている。Appleにアプリとして申請したかどうかはまだ不明だとしているが、リリース間近と見ていいのかもしれない。

Scobleizer — Tech geek blogger » Blog Archive My first Qik from my iPhone «

IMG 8768

Touch Diamondの快進撃

ブログ界の評判はさんざんだった「ダイアモンドつながり」のイベントから一か月、発売から二週間ほど。EmobileのTouch Diamondは、かなり好調な売れ行きを見せているようだ。

IMG 8768

from shinyai

続きを読む