カテゴリー別アーカイブ: グルメ・クッキング

水沢うどん

群馬県伊香保温泉の近く、イマイチ盛り上がってない街道沿いにある。

週末はかなりの人出があるようだが、平日はほんとにがらがらで、これが本当にうどん愛好家に愛される水沢なのか?という感じだ。

10数軒ある店のうち、二番人気といわれる写真の「田丸屋」(一番手の清水屋はこの日定休日)と、ミクシーでそこそこ評判良かった「丹次亭」で食べてみた。個人的には、田丸屋のこのゴマダレが一番良かった。

日本三大うどんを標榜し、関東にありながら、夕方5時ぐらいにはみんな閉店するようで、「やる気ないなあ」と思っていたのが、まあそれぐらいの時間には首都圏からの客も帰ってしまうのかもしれない。

Bistro de またのり (続き)

見逃せないのが、生牡蠣の通年提供。東京ではオイスターバーが何店舗もしのぎをけずっているが、新潟にはその手の店はまだない。夏場限定の岩がきは、最高なんだが。

実はまたのりの生牡蠣は、ワシントン州からの空輸品。そんなことは書いてないので、誰も気がついてないような気がする。Maimonなら、値段、倍以上しますよ。ひそかなお買い得。

Bistro de またのり

新潟でもヒューガルデンを出す店はいくつかある、ということが最近分かってきた。こうしたマニアックな情報の集積度では、新潟はまだまだ改善の余地がある。
ただ、駅周辺でということになると、どうやらここだけのようだ。食べ物も、○○料理っていう感じではないのだが、どれもきちっとした味。ヒューガルデン目当ての客ということで、すでに店の人にも覚えられつつある。たしかに周りの客を見ると、店の自慢を無視して、エビスなんかを飲んでる人も多い。

お客さんがきたときにご案内するところではないが、常連化の予感。

  • びすとろ DE またのり (ビストロ・ド・マタノリ) 新潟市天神2-1-20  グランティグルパート2 1F
  • 025-244-0221 
  • 不定休 
  • 11:30~14:00 18:00~23:30 

InTheSpiral: Links Oyster Bar (五反田)

年末の忘年会の後、札幌の旭屋書店で、Dancyuの「かき特集」を買った。品川駅にできたものを含めて、東京のオイスターバー数点が紹介されていた。
香港、ニューヨークと、いいオイスターバーを知ってしまい、今度は東京の店にも行ってみたいと思っていた僕は、そこだけはすぐに熟読。
その中で五反田という意外な場所にオイスターバーがあることを発見した。五反田勤務で忘年会にあわせて帰省してきた卒業生に、今度いこうぜい、と誘っていたのだが。
なんとうちのが先に開拓していた。
やられた。。。
あらためて、読み返して、やはり興味津々。
「クマモト」って熊本の牡蠣だと思っていたけど、基本的にはアメリカ産なのであった。