カテゴリー別アーカイブ: おすすめサイト

コンテンツプラットフォーム「note」は、課金できるスマートなサービスとして定着するか?

4月にスタートした新しいサービス「note」が、1ヶ月で順調に注目を集めているという記事が出ています。

ピースオブケイクが運営する個人向けのメディアプラットフォーム「note(ノート)」が、2014年4月のリリースから1か月で、2,000万ページビュー、100万ユニークユーザーを達成した。

ピースオブケイク「note」、リリースから1か月で2,000万PV/100万UU達成 (1/1):MarkeZine(マーケジン)

2,000万ページビュー、100万ユニークユーザーをどのように評価していいのかはよくわかりませんが、生まれたてのサービスとしては、破格の数字であるとは思います。私もアカウントだけ取って、そのままにしてあったのですが、いくつか記事を投稿してみました。

Shinya ICHINOHE (shinyai)|note

noteは、Twitterと同じタイミングでスタートし、英語圏で現在も一定の支持を得ているTumblrというサービスに似ているという印象です。
トーク、イメージ、テキスト、サウンド、ムービーというコンテンツを指定し、ドラッグアンドドロップなどのわかりやすいUIで簡単に投稿できるという仕掛けは、同様のシンプルさでブログに代わる存在として支持を集めている、Tumblrと非常に似ています。従来のブログの考え方と異なり、Twitterのようなフォローが可能で、個別のコンテンツに対して「スキ」をつけることができるという、Tumblrに似たSNSライクな仕掛けも導入されています。

ただし、コンテンツ課金を柔軟にできるというところが、Tumblrと大きく異なる点です。ピースオブケイクCEO 加藤貞顕さんは、インタビューで以下のように答えています。

加藤 noteは、個人向けのメディアプラットフォームです。見た目はちょっとTumblrに似ていて、トークノートはつぶやきに近い感じなんですが、5種類のコンテンツを簡単に投稿することができます。もちろんタダで見せる(公開する)ことができて、フォローでつながり、コメントもできて、「スキ」を付けることもできます。で、noteの特徴は、「ここからは課金されるというライン」を、コンテンツの好きな位置に引けるんです。たとえば、そのラインを一番下に引いたら、実際はすべての内容がタダで読めるから、もはや課金は“投げ銭”として使ってるということになります。

ASCII.jp:メディアプラットフォーム「note」の作り方(前編)

いまのところは、過去に書いた記事などのコンテンツを、有料コンテンツして販売してみて、模様眺めをしている人が多いようです。かつて苦労して書いたコンテンツに、今になってお金を払ってくれる方がいるというのも、たしかに励みになりますね。

「柔軟」なコンテンツ課金というのは2つの意味があります。一つは、上の引用にある通り、「ここから有料」というラインを自分で決められるということです。すべてタダで読めるけれども、「投げ銭」として課金システムを使うことも可能です。もう一つは、値段を日によって変えられるということです。たとえば、最初の10人までは無料で、10個スキがついたらそこからは有料といったことも可能です。じゃあ最初の10人までの誰かが、コピーして投稿してしまったらどうなるかとか、厳密に言えば課題もなくはないのですが、そこまでがっちり固めなくとも、コンテンツへの支持を示してもらうための仕掛けとして「課金」という仕掛けを入れていると考えれば、いいのではないかと思います。

もともとピースオブケイクは「Cakes」という月額課金制のウェブサイトを運営していて、こちらはプロのコンテンツを読み放題にするという仕組みですが、Noteはプロ以外も参加できて課金もできる仕掛け。Cakesはかっちり編集された雑誌からのアナロジーで、Noteは単行本のイメージのようですが、いずれにしても2つは関連したものとして捉えられているようです。

―― cakesを作ったときに、すでにnoteの構想はあったんですか?

加藤 こういう方向性は考えていたんですよ。cakesを全部オープン化するとnoteになるんです。最初はcakesからnoteへと近づけていくことがしたかったんですけれど、noteはnoteでやりだして、そのうちに融合するっていう感じです。

 noteは「買える」っていうことが非常に新しいので、最初はそれだけに絞ったほうが良いと思っています。その代わり、使い勝手はものすごく簡単にしてあって、テキストノート(ブログにあたるもの)なんかは、エディタで書いて、画像を挿れたりして、公開とするとそれで無料で公開されます。有料にするなら、ペイウォールを表示する場所を決めて、ここ以降は100円とか、極限まで簡単にしています。みんながみんな、そんなにコンピューターに強いわけじゃないし、僕自身ブログがそんなに使いやすいと思ったことがなかったので。

ASCII.jp:メディアプラットフォーム「note」の作り方(前編)

加藤さんは「オカンでも使えるようにしなければ」という考えで、noteはかなり簡単に作ってあるそうです。たしかに非常に簡単ですが、「オカンでも使える」かどうかは、これからの普及の仕方で検証されるところでしょう(それぞれの「オカン」のスキル次第でもありますね)。

noteの課金システムは、受け手と送り手が、それぞれ気持ちよく、スマートに有料化対応できるように設計されていると感じます。ネットのコンテンツ課金は、「ウェブは無料」という受け手側の勝手な要求とどうしても衝突してしまいます。その「感覚」なるものが間違いだという主張は当然ありえます。ただ送り手の側も実は、無料でもいいからぜひ見てほしいなあという気持ちと、でも食えるようにそれなりにお金はいただきたいという気持ちでせめぎあっていることが多いのではないでしょうか。しかし有料化すると急に感じ悪く見えてしまうというところがある。買い手の方では、物理的な存在ではない「データ」に対してお金を払うことに、抵抗を感じる人が多いでしょう。この岩盤を崩すのは大変です。この点、Noteは「投げ銭」にしてしまって、中身はすべて見えるけれども、よかったらお金を払ってくれという形にすることもできます。またなによりデザインがスタイリッシュで感覚的に操作できるというのも、売り手と買い手、双方の気持ちを溶かす効果がありそうです。

いしたにまさきさんは、noteでは、受け手と送り手、それぞれの立場でクリエイティブが刺激されると書いています。

noteをやっていると不思議な感覚にとらわれることがあって、それはECとは完全に異質のものです。
だれかがなにかを書くなどしてそれに値段をつけているのを見ている。これは、自分の目利きとしてのクリエイティブを刺激すると同時に書き手のクリエイティブへの刺激ともなっているわけです。

交換ノート17:noteは書き手と読み手のクリエイティブが交差する場所|いしたにまさき|note

テクノロジーを参入障壁と感じることなく、発信力のある人達が、受け手としても送り手としても刺激を受けて、すぐにその発信力を発揮するようになるという仕掛けが、うまく作用し、循環しているということでしょう。課金システムまで含めて、たしかに非常にわかりやすくできていると思います。

とはいえ、若者たちの会話に「note」という言葉が飛び交っているわけではないので、メディアプラットフォームとして成長していくには、これからいくつもの山を越えていく必要があるでしょう。有料コンテンツで実績を挙げていくのは大変です。

ブログ同様にコンテンツはバラして利用できますので、他のソーシャルメディア(今のところFacebookやTwitterと連携)ともつなげながら、少しずつ知名度をあげていくことになるのだと思います。ポイントになりそうなのは、一つは課金でしょうか。現在はクレジットカードのようですが、この裾野を広げつつ、しかしスマートに利用できるようにというのは、まずもって重要な点でしょう。それからもう一つはアプリ。インタビューでは、iOSだとアップルが課金した場合に30%抜いてしまうという話が出ていて、なかなか悩ましいところではありますが、少なくとも当面は、アプリがないとなかなかスマホからのアクセスは増えていかないように思います。

アスキーの記事、前編を読みきったところでプロフィールを見たら、加藤さんは新潟出身だとプロフィールに書いてありました。近くに新潟に来ていただいて、お話をうかがう機会を作りたいと、個人的には思っています。

(Yahoo!ニュース個人掲載記事を転載)

迷える有権者.comのPR動画がすばらしい

迷える無党派層のための、カンタン総選挙早わかりwebサイト「迷える有権者.com」のPRムービー。一人の女性「こくみ」さんを男たちが取りあう「擬人化」ドラマになっている。

webサイト自体も、各政党の「目指す社会」や「TPP」「エネルギー政策」「憲法・外交」などについての立場の違いを図解化していて大変面白いのだが、なんといってもこの宣伝動画のインパクトが大きい。

今日の授業で紹介したところ、政党の違いについてある程度理解している(と思われる)学生は、かなり興味を持ってみてくれたようだ。ニュースに全く興味を持たないで暮らしている学生には、ちょっと理解できない動画だったと思うが。

迷える有権者.com

迷える有権者.com(Facebookページ)

Naritasan Shinshoji 01 成田山新勝寺

安全ちゃん「密教・断食修行で、目指せ脂肪とカルマのない女!」

Tumblrから流れてきた連載記事。「全世界の安全の祈願と、貧困ガールの蜂起を呼びかけるべく08年よりインターネットでの活動」する安全ちゃんが、成田山新勝寺での断食に挑戦するレポート。すばらしい表現力で、「断食」という未知の世界で苦闘するさまを、見事に表現している。

Naritasan Shinshoji 01 成田山新勝寺

Webマガジン幻冬舎: 安全ちゃんの傾国女子修行! 第1回: 密教・断食修行で、目指せ脂肪とカルマのない女! その1

修行中は境内の外へは一歩も出られず、買い物も禁止。更に携帯電話、パソコン、ラジオ等の持ち込みも厳禁なのだという。移動の自由が存在しないだけでなく、外界からの情報をまで遮断されるという、囚人並のストイックさに思わず戦慄。特に不安なのは、ネット環境を絶たれてしまうこと。私は病的なインターネット依存症であり、数日間のこととはいえ、断食のストレスに加えてネッ中症の禁断症状まで出たら発狂しかねない。不安のあまり「断食前には、体を慣らすために3日前からの減食が必要」との説明中、思わず「減インターネットも必要ありますか」と聞きそうに……。
 熟慮の結果、3泊4日の断食にチャレンジすることに。事前の減食では、3日前からお粥だけの食事に切り替え、徐々に量を減らしていく必要があるのだそう。白くてドロドロした液体だけで三日も過ごさなければいけないなんて、嫁入り前の女としては考えるだけで憂鬱……。しかしよく考えると、嫁入り前にこそ白くてドロドロした液体に慣れておくべきという気も?
 というわけで、ここは前向きに、花嫁修業だと思って白くてドロドロした液体を摂取しまくろうと決意。とはいえ、もともとお粥嫌いというわけではないので、減食中お粥オンリーの食事を強いられることについては特に問題はなかった。減食期間中問題だったのは、とにかく減インターネットで、ネット断ちどころか、なぜかネットゲームのアカウントを八年ぶりに再取得し、死者を操るダークフォースの使い手として八面六臂の活躍を遂げてしまった……。私はいったいなにをしているんだ!

Webマガジン幻冬舎: 安全ちゃんの傾国女子修行! 第2回: 密教・断食修行で、目指せ脂肪とカルマのない女! その2

Webマガジン幻冬舎: 安全ちゃんの傾国女子修行! 第3回: 密教・断食修行で、目指せ脂肪とカルマのない女! その3

第4回 密教・断食修行で、目指せ脂肪とカルマのない女! 最終回|安全ちゃんの傾国女子修行!|Webマガジン幻冬舎

断食よりも「断インターネット」の方が辛いというのはよくわかる。自分もそうなるだろう。しかしそれは最初だけのようで、肉体、さらに精神にも、大きな負担になるのはやはり、口に入れるものを断つ方のようだ。

それにしても、断食を始めてから一日でかなり自我が弱体化し、かなり従順で慎み深い性格になった気がする。体が弱っているので動作も静かで丁寧だし、声も妖精のようなウィスパーボイスに変貌。断食道場に来たときは、弱々しくも奥ゆかしい修行者たちの、清楚な死霊さながらの雰囲気に圧倒されたものの、気が付けば私もすっかり死霊側の人間に……。イライラや怒りといったエネルギーを消耗しそうな感情も消えうせ、何か小言を言われても、ひたすら自分を責めるばかり。今誰かに「死ね」と言われたら、本当に死んでしまいそう……。

断食初心者は、歩くのも遅くなり、常に食べ物のことを考えてしまう。成田山は厳格な密教の寺だが、観光名所でもあるため、外出は禁じられていても、楽しく歩いているカップル、さらには、食べ物の匂いに容易に接触してしまう。

私の担当は裏山だ。裏山はなぜかカップルの散策スポットになっており、ところどころで愛という概念を全身で表現しているカップルたちが、公序良俗に反する刺激的なオーラを放っていて心身にダメージが蓄積する。今まで、女人禁制の霊山や宗教施設を見るたび「女がいるだけでくじけるような修行に意味はないのでは?」と修験ボーイズの心の弱さをバカにしていた報いが、今自分に返ってきている……。そして、道中になぜかウナギの看板がやたら多く、隙あらば「ウナギ屋 こちら→」などの甘言を弄して人心を惑わしてくるため、ウナギの魔に吸い込まれぬよう心を強く持たなければならなかった。

安全ちゃんのプロフィールには、動画「革命的オリーブ少女主義者同盟演説」が出てくる。2008年に公開されたこの動画に出ていたのが、安全ちゃんということのようだ。

「ノウハウだけ盗んで独立した」キジ

ノウハウをそっくりそのままいただいて独立する元社員というのは、どこの世界にでもいるということだろう。昔話の世界にもそういう人材(?)がいたというネタ。attripから流れてきた。

「桃太郎業界」における重要な「ノウハウ」とはなんだろう?きびだんごの有効活用?

ノウハウだけ盗んで独立した。と話題のキジ | A!@attrip

Source: bokete.jp via Shinya on Pinterest

 

元ネタは「ボケて」というサイトから来ており、この写真に対してどなたかが考えた「ボケ」のキャプションということのよう。

【ボケ】ノウハウだけ盗んで独立した : ボケて(bokete)

[rakuten]myoko-koide:10000052[/rakuten]
[rakuten]myoko-koide:10000051[/rakuten]
[rakuten]myoko-koide:10000053[/rakuten]
[rakuten]myoko-koide:10000054[/rakuten]

「ふとんに入っているリラックマ」のオムライスが各地で人気

「My356」のユーザー「ひよこ(hiyoko555)」さんが投稿した「ふとんに入っているリラックマ」のオムライス写真。英語圏をはじめ、世界各地で拡散しているという。

 

可愛すぎて食べられない! クマちゃんがお布団でスヤスヤ眠るオムライス写真があまりにもカワイイと猛烈な勢いで世界へ拡散中  – MSN トピックス

調べてみると、ひよこさんは毎日リラックマ作品を投稿している、有名なユーザで、すでに他のメディアでも「リラックマ料理の達人」として紹介されていた。2月から毎日、写真を公開しているようだ。

かわいすぎて食べられない:“リラックマ料理”の達人現る 写真アプリ「My365」で超人気のひよこさん – ねとらぼ

hiyoko555のカレンダー | My365

ひよこ(hiyoko555)さんのリラックマ料理が可愛すぎて神の領域 – NAVER まとめ

これもかわいい。

Source: twitter.com via Shinya on Pinterest

車椅子の女性のためのファッションブランド「XENI」

greenz.jpが、車椅子の女性のためのファッションブランド「XENI」を紹介している。

Home – Xeni

“インクルーシブ”の波がファッションにも!車椅子の女性による、車椅子の女性のためのブランド「Xeni」 | greenz.jp グリーンズ

車椅子に座った場合、人の目が多く向けられるのはバストから上であることに注目し、トップス部分のデザインを華やかに仕上げています。座り続けていると、どうしても胴回りに肉がつきがちになるため、シルエットはゆったりと仕上げ、肉感が出ないようにしてあります。

ボトムスに関しては、座り続けていると、ぐしゃぐしゃとお尻の部分にスカートの布が溜まってくるのを解消すべく、後ろ側は、お尻部分から下を大胆にカットアップ。

パンツの場合は、義足や医療用器具が目立たないよう、同じくシルエットをゆったりととりつつ、くるぶしより下までストンとまっすぐ落ちるようなラインにデザインし、器具が目立たないように配慮しています。

デザイナーのアン・オリバーさんが、自分自身車椅子での生活となったところから、このブランドはスタートしており、当事者でなければわからないような、さまざまな工夫が凝らされている。

「死ぬ前に語られる後悔」トップ5

仮に「後悔する時間」が与えられていれば、だが、緩和病棟で死を前にした人々が後悔すること、トップ5が紹介されている。

ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5 – Pouch[ポーチ]

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さん。彼女によると、死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。また、患者たちが語る後悔には同じものがとても多いということですが、特に死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で多かったものトップ5は以下のようになるそうです。

 

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」

3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」

4. 「友人関係を続けていれば良かった」
5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

自分の性格を冷静に見ると、1や3は思い当たるところがある。もっと思った通りに生きるべきか。4についても思い当たるけれども、これは死ぬ前に思うことではなく、すでに思っていることかもしれない。

これはオーストラリアの病棟での話だが、日本でも同じ兆候が見られるのだろうか。

死ぬ前に後悔する時間が与えられるかどうかわからないけれど、もし過去を振り返る時間が与えられるとするならば、楽しかった時間のことだけを思い出せるよう、日ごろから後悔のない日々を送ることが必要、ということか。「アリ」であれ、「キリギリス」であれ、死ぬ前にはもう片方の生き方をしてみたかった、と思うような気もするけれど。

Tokyo Trooper in Singapore :シンガポールで踊るトゥルーパー

東京のイベントでたびたびトゥルーパー姿で登場する、Danny Chooさんが、メイド服の女性とともにシンガポールへ。シンガポールの街中で、トゥルーパー姿で見事に踊っている。

実は僕は、Danny Chooさんに一度もお会いしたことがないのだが、生のダンスを一度見てみたいと常々思っている。

第4回あなたが選ぶオタク川柳大賞

Twitter経由で見たページ。今まで「あなたが選ぶIT川柳大賞」だったコンテストが、今年から「オタク川柳大賞」になったんだそうだ。

ITネタならなんとかついて行けるが、「オタク」を川柳にされても理解不能だろうなと思いつつ、のぞいてみた。




from shinyai

リンク: 第4回あなたが選ぶオタク川柳大賞結果発表!!|インターリンク.

必ずしも全作品を理解できたわけではないが、大賞作品はダントツにすばらしかった。

台湾でも記事になっている。

大賞作品は「我並沒有問那麼多、你可以不用說這多」と翻訳されている。翻訳して面白さが伝わるだろうか。

オタクと川柳という結びつきは非常に面白いし、IT川柳で自足することなく、思い切って「オタク」に切り替えたのは英断というべきで、主催したインターリンクの好感度もアップするのではないか。顔をしかめる世代もいるだろうか。