shinyai のすべての投稿

成都の風景5

20040828_045.jpg
西南石油学院には、付属のホテル(招待所?)があった。
「石油賓館」(という名前だったと思う)。
ここのレストランで食事をしたのだが、そのときの一枚。
左側の男性がジャスミン茶を入れてくれる人。いろんなアクロバットなスタイルで入れてくれた。

成都の風景3

20040828_036.jpg
西南石油学院の新都区(新興開発地区ということでしょう)キャンパス。中国の大学は急速に変貌を遂げているので、名は体をあらわすとは限らない。西南石油学院もたしかに「石油」の大学だったのだが、今はすでに総合大学になっている。成都市内にある「新都区キャンパス」では、軟件学院(ソフトウェア学部)が主力学部のようだった。

成都の風景2

20040828_025.jpg
繁華街を歩くとこんな様子。
夜になると「ルミナリエ」のような美しいイルミネーションが見られる一角もある(季節限定だったかな)。

成都の風景1

四川省成都市。
大学関係者で行ったのはまだ僕と学長だけなので、周知の意味もかねて8月末に行ったときの様子をお伝えしよう。
20040828_018.jpg
ホテルの窓から写した繁華街の風景。
手前に「太平洋百貨」奥のほうにイトウヨーカドー(伊藤洋貨堂)が見える。
中心街は非常にこぎれいだが、一歩路地裏に入ると工事現場で足場が悪いところも多い。「西部大開発」というのはこのようにして進んでいるのかと実感させられる。

Hotwiredのブログスタート

Hotwiredでブログがスタートした。
小倉弁護士とフリーライターの佐々木俊尚さんのブログがそれぞれ面白い。
小倉先生の「blogの隆盛と匿名主義の克服」は、全体としての論旨にも個人的に賛同できるし、それだけではなく、学生の皆さんに法律家のバランス感覚がどんなものなのか、読んで考えてみてほしい。これは法律家だけに必要なものではなくて、皆さん一人一人に持ってもらいたい感覚でもある。こういうことを自分自身の言葉で伝えられたらと思うが、まだまだ力不足で、うまく伝えられていないし、伝わっていない。
佐々木さんのSkypeの記事も面白い。P2Pを使った音声電話がどこまで浸透するのかは、これから注目だ。NTTなど既存キャリアのSkypeへの冷ややかな反応は、嵐の前の静けさにすぎないのだろうか。本当にこのサービスが既存の音声サービスを駆逐していったら、安定的にあまねく公平なサービスを提供することを原則としてきた電話のサービスは、どうなってしまうのだろう。災害時の通信手段の確保という点からは、遠い将来(ひょっとしたら近い将来)また新たな考慮が必要になってきそうだ。

歩く広告塔

ブラジャケというサービスがあることを知った。
ブックカバーをスタイリッシュな広告で作ってしまおうというもの。
「うちの大学」についても、会場で一番でかい袋をつくって、イベントなどで配ろうというのが、僕の以前からのアイデアなのだが、あんまり皆さんピンとこなかったようだ。街を歩く人が「広告塔」になる、というのは、田舎に暮らしているとたしかにピンとこないのだろう。しかしいかにも広告っぽい広告や、まして宣伝臭たっぷりでここぞとばかりあれもこれもと情報満載の広告というのは、あんまり高い訴求力を持たなくなっているように思う。商品・サービスの性質にもよると思うが。人づてにちらっちらっと見せる余裕こそが、大事だと思う。
直前に書いたことととも関連するが、「意識の隅っこに置かれる」ことを繰り返して、あるとき「そういえば」と思い出してもらえるような広告スタイルこそが、現代人にもっとも訴求するのではないか。たしかに妙に説得的な夜中のテレビショッピングにつられてしまう人もいるんだろうけど。
問題はこの手の「スタイリッシュ」広告というのは、広告を出す側にそういう余裕を要求しながら、しかも結構なお値段になるということだ。