歌詞が想像力を掻き立てる、マカロニえんぴつ「恋人ごっこ」

恋人ごっこ

こちらもラジオ番組を制作する中で見つけた曲。2020年2月にリリースされた曲で、演奏しているマカロニえんぴつは、2012年に、洗足学園音楽大学で結成されたバンドだそうです。

思いを伝えられないもどかしさを抱えた「恋人ごっこ」のことを歌っているのはたしかですが、細かいところはさまざまな解釈が可能で、想像力を掻き立てます。解釈を展開している記事が、いくつかみつかります。繰り返される「もう一度だけ」に、体と心のアンバランスを想像させます。

【マカロニえんぴつ/恋人ごっこ】歌詞の意味を考察!結局どんな運命を選んだの?あなたに対する思いに迫る – 音楽メディアOTOKAKE(オトカケ)

ただ、男性は「あと1回だけ」を何回も、何をやりたかったのでしょうか。

この点についてはご想像におまかせ!

丸投げのまま進めましょう。

とはいえ、こうした思いが綴られることで、男性がしたかったことはもうできなくなったことが伝わってきます。

別れたのか、そもそも両思いのつき合いではなかったのか、少なくとも現在ラブラブ状態ではありません。

叶わなかった運命があるということ。

それにもかかわらず「あと1回だけを何回もやる運命が良かった」という男性の思いが読み取れます。

表面的には「恋人」でいるようでいて、実は何も通じあっていない。なぜそうなるかというと、別の男性の存在があるからで、男性もそれに気がついているけれども、それを承知で「恋人ごっこ」を続けている。上の記事の方はそのような解釈を書かれています。

MVには、ボーカルのはっとりさん(名字が服部なわけではないんですね)とともに、モデルの秋田汐梨さんが出演しています。秋田さんは若干17歳だそうですが、全くそうは見えない大人びた演技で、非常に強く印象に残ります。

マカロニえんぴつは7月24日に新曲「溶けない」の配信リリースが予定されていて、関連記事が出ています。

マカロニえんぴつ、新曲“溶けない”配信リリース決定。セブンティーンアイスWEB動画に書き下ろし(rockinon.com) – Yahoo!ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter

Facebook

AppBank Store

カテゴリー

2020年7月
« 1月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Instagram

Instagram