ハリラヤハンパー

暗くなってから盛り上がる(?)ラマダン始まる


暗くなってから盛り上がる(?)ラマダン始まるICHINOHE Blog

今日からイスラム教徒が断食を行う月、ラマダンがスタート。ラマダンの時期にマレーシアに滞在するのは今回が初めてなので、何が起こるのかなと思っている。みんな日中食事をせずに過ごしているわけで、いろいろ配慮が必要だというのは、よく記事にも出ている。

ラマダン(断食中)のイスラム諸国でのマナー 人前での飲食や喫煙NG – ライブドアニュース

こうした一般的なイスラム諸国での「マナー」に比較すると、マレーシアはよりゆるやかな部類に入るはずだが、実際のところはどうなのか。

今日は初日ということで、半日勤務あるいは休みのところが多いよう(同僚によると、マラッカは休日のようだった)。大学はラマダン期間中、いわばサマータイムのように1時間早く始業し終業するそう。ムスリムの人たちは、朝、日が昇る前に食事をし、夜も日がくれてから食事をすることになるので、こうしたタイムシフトになるようだ。マレーシアの場合、+0800のタイムゾーンにいるために、日の出の時間が遅く、その点で朝は少し楽かもしれない(もちろんその分日暮れが遅くなるが)。

近所で日頃屋台が出ている通りには、いつもの数倍の屋台が出て、毎晩賑わうのだそう。見に行ったら、道の両サイドに屋台通りが拡充されていた。売っているのは、マレーシアのスイーツ、鶏の唐揚げや丸焼き、ジュース、ムルタバなどの粉物各種。見たことがないものもいろいろあって、今後いろいろ挑戦してみたい(衛生状態が気になるので、一気にいろいろ食べるのは避けたほうがいいか)。

近所の屋台がパワーアップ

屋台料理

屋台料理

屋台料理

屋台料理

屋台料理

屋台料理

一方、すでに随分前から、各ホテルはラマダンビュフェという広告を出している。つまり日没後にホテルで、豪華なビュフェを楽しもうということだ。日頃のビュフェに比べても、かなり豪華な食事が楽しめるということのよう。ここにマラッカの大手ホテルのビュフェ企画を一覧にしていた。

Buffet Ramadhan Melaka 2015 Promotion di Hotel Melaka

どれだけすばらしいごちそうが食べられるのか、一度は行ってみようと思っているが、当然お酒は飲まない(飲めない)のであろう。先月マラッカのラマダホテルのシーフードビュフェに行ったが、その日もアルコールを飲んでいる人はいなかった。

数日前にイオンに行ったら、以下の様な「贈答品セット」が陳列されていた。どうもこれは、「ハリラヤハンパー」といって、やはりラマダン明けのギフトのよう。ラマダンはこれからスタートなのだけど、すでにギフトコーナーは設置されているということのようだ。

ハリラヤハンパー

もっと悲壮感漂う月になるのかと思ったが、美味しそうなものがいろいろ目につく。それなりの配慮をすれば、異教徒の自分たちも問題なく過ごすことができそうだ。

以下の記事によると、ラマダンの終わり、ハリラヤ・プアサは三日月が出ているのか確認したところなので、観測状況がテレビで中継されるとか。

お月様の周期をもとにしているイスラム暦では、新月から最初に三日月が出た日が月初めです。ハリラヤ・プアサの到来は、観測所において“肉眼で”これを確認して初めて正式に宣言されます。天候によって確認できなければ翌日におあずけになることも。そのため当日はTV中継まで入って「その時」を待つのです。

マレーシアの旬な情報や旅の魅力をお届けする月刊ウェブ・マガジン “M-style”

残念ながら地上波テレビが見られない環境で過ごしているのだが、この日だけはみんながかたずを飲んで見守る様子をどこかでみたいものだと思う。

※ ラマダンビュフェについて検索していたら、マレーシアのブロガーRebecca Sawさんのブログ記事を発見した。KLのホテルのラマダンビュフェを多く紹介している。どれもとてもおいしそうだ。

Ramadan Buffet | Rebecca Saw