敬和学園大学2013年度卒業式でまるりの答辞


敬和学園大学2013年度卒業式でまるりの答辞ICHINOHE Blog

2011年度から、長らくKeiwa Lunchなどの活動を支えてきた、2010年度入学生が卒業した。3月21日に行われた卒業式では、2012年度から2年にわたってMCをつとめてくれたまるりさんが、卒業生代表に選ばれ、よい答辞を読んでくれた。

途中声をつまらせるシーンが幾度かあり、多くの人々がもらい泣きした。撮影もまた、ゼミのメンバー。

彼女の語る多くの経験の中に、「Keiwa Lunch」や「一戸ゼミ」という固有名詞は出てこなかったけれど、それが含まれていることは明らかだった。活動の中で出会った人々への感謝というのも、別に定型句ではなく、正直な気持ちだろう。

人々に才能を見出してもらいながら、自信を深めた4年間であったのではないか。

卒業した個々の4年生の成長に、自分がどれだけ貢献できたのか。個々のパーソナリティや相性もあるので、自分が手を差し伸べてあげることができた程度は、一様ではない。もう少しがんばって、一緒にやりたかったこともある。

彼女の参加により、ゼミの活動は活発になった。彼女自身も、ゼミのメンバーの成長に大きな貢献をしてくれたということになる。

1381736_510037185763530_732160504_n

10003434_510021012431814_1933532027_n

大学生としての時間は終わった。まるりさんは、4月からも新発田を拠点に活動することになった。社会人生活に慣れてきたら、いろいろな社会活動にも、一緒に取り組んでいけたらと思う。